Home > バンコク☆ジャーニー > ホテル Archive

ホテル Archive

バンコク・痩せタイ・食べタイ vol.1

7月のバンコク旅のテーマはズバリ、「痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ」。新しいバンコク、今おすすめの最新スポットをほんまちゃんが全力でお届けしまーす!

tenfacetenface
tenfacetenface

今回の宿泊先に選んだのはデザイン系ホテルの「tenface」。
これは最新のフィガロタイ特集にも掲載されたファッショナブルなホテルで、わたしは2回目の滞在です。BTSの駅から10分ちょっと、とやや不便な立地ですが、何よりも部屋が広くて、ベッドルームとリビングが別々なのが魅力。これにミニキッチンがついていると最高なんだけれど・・・。ちなみに2ベッドルームだとキッチンがついているらしい。携帯電話があれば、BTSの駅まで迎えにきてくれるサービスも。

tenface bar

レストランやバーも今のタイの若者の最先端、だけれど場所が場所だけにわりとすいていて穴場です。そんなわけで、ワタクシはBarに出没。とくにカクテルがとっても評判がいいんだって。そうそう、タイのカクテルはかなりお酒強めですので、ご注意あれ!

ちなみに今回は、これまた新しいホテルレストランにもいくつかお邪魔してきましたぜ!

MiniBar Royale

アソークのMiniBar RoyaleはCitadenesHotel内にあります。オーセンティックなインテリアが素敵。タイ人で混雑してます。

HANSERHANSER

HANSER HOTELのバーは大人な生演奏を聞きながらおいしいお酒がいただけます。いままでは生演奏だとシェラトンのバーばかりだったけれど、ここも素敵です。若干小さい箱なので、ひとりじめ感たっぷり。

ティーブレイクフルーツ

ちなみにお部屋ではまったりとお茶したり、カットフルーツで簡単な朝食にしています。朝食べてしまうとタイではランチが食べられなくなっちゃうので、これがワタシのお気に入りです。

そうそう、ここのホテルはWiFiが通っているので、ふつうにPCをパチパチできるのもポイント高し!です。ここで原稿を書いたりネットで情報をチェックしたりするので、バンコクでの秘密基地ともいえます。

ホテル選びは旅の目的や趣向に合わせて慎重にチョイスするのがおすすめかしら。

HANSER HOTEL

HANSER

フィガロに載っていた、HANSER HOTEL が気になっていたので、ちょっぴり偵察にバーにお邪魔してみました。

フォーシーズンズやセントレジスがあるエリアは、今どんどん新しいホテルができているHOT SPOT。

ちなみになぜかキャンペーン中で1杯頼んだら、もう1杯やってきました。

HANSER

もうひとついいなぁと思ったのは、生演奏がとってもいいこと。

大人な感じと選曲がわりと有名なものばかりなので、聞いていて楽しいです。

これはまた行きたいかも。

 

HANSER

ただし、この日このホテルには、韓流かタイの有名アイドルが滞在していたみたいで、ホテルのカフェやロビーにはホテルの雰囲気にはちょっと・・・なヤングぅーな出待ちと思われる高校生たちがたくさん。

はじめ、何でこんなにタイのヤングゥーが?

と思ったら、芸能人と思われるグループがでていくのを目の当たりにしまして。

なので、本当はもっと大人でステキチSPOTだったんじゃないかな、と。

なかなかいい感じのHOTELでした。
 

Hotel Bar...

tenface bar

今夜はホテルのおサレBarに顔を出してみました。

オリジナルカクテルが有名なんだって。

たしかに、ビーコンみたいに1杯がたっぷりとしていて、満足度高し。

それにしても、タイのカクテルってアルコール度高めですな・・・。

(まあ、ワタシは好きだけど・・・二ヒヒ)

tenface hotel

tenface

今回、バンコク滞在に選んだのはTEN FACE HOTEL。

バンコク中心部にありながら、小道の奥にあるために、とっても静か。閑静な住宅街にポッとあるために、タクシーの運転手でも知らないことも多い。

先日購入したフィガロタイ特集にも掲載されていて、タイのおしゃれスポットのひとつ。

tenface

実はわたしは以前もここに滞在したことがあって、リビングとベッドルームとがわかれているので、仕事の打ち合わせもできるし、部屋も広いので、バンコクの拠点としてもGOODなお気に入りホテルのひとつ。

tenface

バンコクではとにかく、部屋に引きこもってパチパチするか、外出していることが多いのでそういう使い分けがしやすかったりするのも、好きな理由のひとつかも。

tenface

tenface

tenface

tenface

というわけで、今回も快適に過ごしています。
やっぱりここ、好きかも。

 

Renaissance Phuket #2

プーケット ルネッサンス

今までのプーケットのイメージを払拭してくれるような、パーフェクトなリゾート、Renaissance Phuket. まったりとした時間が写真からも伝わるかしら?本当に素敵だったの!

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

あっ、これはわたくしではありません。
ホテルのプライベートビーチに感動してしまったほんまでした!

あっ、もう少しだけ続きます。ホテルパパラッチしてきましたんで。

Renaissance Phuket #1

プーケット ルネッサンス

ホンマニアな皆さんにはもうご存知の様子ですが・・・リゾートより断然シティ派なわたくし、ほんまです。とにかく、シティのホテルでもひたすらにのんびりできる適当肌代表O型なものでして。

いやしかし!
やっぱりリゾートはリゾートで楽しいな、という発見が今回の旅ではできたのでした。

プーケット ルネッサンス

そう、バンコクから離れ、飛行機で1時間。
プーケットにやってきました。

るんるんるーーーん!
週末トリップです!!!

プーケット ルネッサンス

Renaissance Phuket Resort は空港から車で15分ほどのところにある、静かなエリア。繁華街の反対側で、引きこもり系高級ホテルがずらりとある場所です。

わたしは夜遊び興味ゼロなので、ホテルでのんびりするのが好き。どこにいっても観光はあまりしないかも。

プーケット ルネッサンス

とにかく、超素敵なホテルでして。

そんなホテルの魅力をお伝えするべく・・・くわしくはまた近いうちにレポいたします!!!

つづく。

ミシュランシェフのバンコク1お高いタイランチ、Sra Bua

Sra Bua bangkok

バンコクに今HOTなレストランがOPENしている!と聞いてお出かけしてきたのが、Sra Bua@Kempinski Residences Siam。ぬわんと、ミシュランで星を獲得した外国人のタイ料理シェフの店だという。そもそもミシュラン嫌いで有名な(笑)ほんまでも、バンコクにそんな店があるなら・・・とタイ料理専門ライターのマイペンルイさんと大ファンのセレブ駐妻micaさんとご一緒させていただいてお出かけしてきました。

Sra Bua

とにかくホテルの内装やレストランの箱はとてもすばらしく、ここはバンコクではあるまい!というくらい感動。また、いまだかつてない2000バーツランチ(正確にいうと1500B++なので1800Bだが)=6000円!!!しかもランチで、と聞いて否応にも期待値MAX。はっきりいってタイでは信じられないほど高いです。ディナーだってひとり2000Bってかなり高級な店なのです。

Sra Bua

前菜とメイン、デザートを各2種からひとつずつ選ぶスタイル。
しかし、メニューを見たとたん、正直何かいやな予感が・・・だって前菜もメインもすべてにグリーンカレー、レッドカレーがついている・・・。普通は前菜とメインではまったく違う種類の味のものを出すのが日本人からしたら当然のルール。あれっと思いました。

Sra Bua

その違和感はアペタイザー(前菜の前)で確信に。
すべてしょっぱい!味が濃い!!
それもちょっと濃いとかいうレベルではなく、すんごく濃いのです。

Sra Bua

Sra Bua

メインのロブスターも液体窒素でごまかしただけではあるまいか?!という疑念をもたらすほどでして。

Sra Bua

メインのカレーも涙が出るほどしょっぱい!
わたしも思わず泣きそうに。

人生で一番高くて一番おいしくないと思われるレストランに出会ってしまった・・・。

ああ、ショック。

Sra Bua

あくまでも箱はパーフェクトなのに!
どうしてこんなことになるのかまったく計算があわない・・・。

ほんとうにほんとうに惜しい!
この内装がもったいないよーーーと心の中で絶叫したのであった。

結論。
ミシュランはやっぱり信じない・・・。

Sra Bua

追伸、デザートはおいしかったです。
これはアールグレーのアイスに中国茶のスープ的なものでした。

それにしても、写真はきれいだよね・・・・。(笑)

Kempinski Residences Siam

Kempinski Residences Siam

さてさて、バンコクジャーニーもあと少し。今回は初めてその存在を知ったKempinski Residences Siamにお邪魔してきました。

実はここ、サイアムパラゴンに併設された高級ホテル。
バンコクはびっくりするほどホテルがたくさんあるのだけど、ドイツ系というのは珍しいと思う。

インテリアが非常にわたし好み。

Kempinski Residences Siam

すごく洗練されています。
agodaでチェックしたら、部屋は狭いみたいだけど、料金はわりと手ごろ。3泊すると1泊13351円(本日のレート)。税サービスでプラス20%弱です。とするとざっくり16000円くらい。

Kempinski Residences Siam

でもやっぱり、まだまだ宣伝が徹底されていないようで、ホテルはわりとのんびりムード。

Kempinski Residences Siam

今回はここのタイ料理レストランへランチをしにきました!

レポートはこの後すぐ!!!
 

Renaissance Phuket Resort and Spa

プーケット ルネッサンス

わたしにしてはめずらしく、週末利用してプーケットまでひとっ飛び。
念願のAirAsiaデビューも果たして幸せだけど、それ以上にプーケットリゾートライフも楽しかった。

プーケット ルネッサンス

ホテルのプライベートビーチでまったりと過ごして、食事もおいしいピッツァをいただいてのんびり、ひたすらのんびーり過ごす。

プーケット ルネッサンス

ここはとても静かで人ごみが特に苦手な私にはぴったりの場所。

プーケット ルネッサンス

素敵なビラに滞在して、とにかく夢のような週末を過ごす。
何もしない贅沢ってあると思う。こんな旅なら、どこへでも行けるよね。なんだかずいぶん、緊張していた心もほぐれたみたい。

館内も広く、洗練されていて、とても素敵なので続く・・・かも?

Vertigo@BANYAN TREE BANGKOK

ヴァーティゴ

ヴァーティゴ

定番ではあるのだけれど、一番好きなバー、BANYAN TREE BANGKOKのVertigoへ。
由布子ちゃんとお友達を案内しつつ、かなり満喫。

この日はいつもよりもスモーキーだったけれど、それでもここはバンコク一、ロマンティックなバー。

ぜひ初めてのバンコクにははずせないスポットです。

Oriental Chocolat

オリエンタルショコラ

宝石のような美味なるショコラを今朝はコーヒーと一緒に。

さすが、オリエンタルのショコラ、、、バンコククオリティを超えてます。

とろける口どけでHAPPY度UP!!!

んー、至福のひととき。

プールサイドで

プールサイドで

うっかり、朝と昼を食べ逃して、遅いお昼にプールサイドのカフェでごはん。
ちょっと優雅にパソコンをぱちぱちしながら過ごす午後。

そうです、シーロムのマリオットホテルに滞在中。プールサイドでのんびりとランチしてます。

特にポテトがお気に入り。

天空のBar、VERTIGO

ヴァーティゴ

ヴァーティゴ

バンヤンツリーホテルの最上階にあるヴァーティゴはバンコクで一番お気に入りのバー。なんといっても59階のルーフトップにあるのに、柵がない!というすごいバーなのです。よって360度の景観が楽しめます。

ここはバンコクへ来たら絶対お連れしたいおすすめスポットのひとつ。

ten face Hotel bangkok

ten face

ten face

明日、バリに向けて出発ですが・・・またバンコクに戻ってくる予定。今回泊まっているホテルはTen Face なるバンコクのデザインホテルです。

アートなホテルで部屋も広く、リビングとベッドルームに分かれています。

嬉しいのがBTSの駅までのトゥクトゥクサービス。
24時間対応してくれて便利です。

バンコク市内でもかなり激減したトゥクトゥクですが、やっぱり気持ちがいいですヨ。

Bangkok Hotel なう。

こんばんは、ほんまちゃんです。

ふー、ようやくホテルに無事チェックインできました。プーケットでのトランジットだったのですが、やっぱりローカルすぎてキツイ・・・。(笑)、何もすることがありませんでした・・・なはは。

8時ごろバンコクの空港に到着(日本時間10時ですね)、空港とシティーを使う電車に乗ってみました。結果、快適。いきなりタクシーじゃなくて、とりあえずこの電車に乗ってシティまできて、それからホテルまでタクシーというのもありかと。特にひとりだとおすすめです。

肝心のホテル、今回初めてのところだったのですが、なかなかいい感じにおしゃれです。

またゆっくりレポートしますね。

とりあえず、屋台かレストランで軽くディナーにいってきまーす。
それでは、またねー。

 

オリエンタルホテルにて

オリエンタルホテル

サヨナライツカの舞台にもなった、オリエンタルホテルにも連れて行っていただき・・・トラディショナルタイワールドを堪能。やっぱり歴史ある感じがとても好き。

オリエンタルホテル

映画もそろそろDVDが出たはずだから、チェックしてみようかな。

オリエンタルホテル

楽しいおしゃべりとおいしいカクテルでバンコクの夜はふけていくのであった。

i sawan spa at グランドハイアットエラワン

i sawan spa

無事に31歳になりましたーーー!
ぱちぱちぱちーーー。

i sawan spa

そんなわけで、一足お先にバンコクでSPAへ行ってきました。
今回のスペシャリテは「i sawan spa at グランドハイアットエラワン 」でーーーす。

i sawan spa

6つあるうちのひとつのコテージへ。
もうホテルスパで働いて10年、マッサージは20年近くやっているという担当のおねえさまは、丁寧な英語を話し、おもてなし度高し!!!

そして技術レベルも最高。激うまです。とっても気持ちよく、コリにビビビッと指が入ります。

i sawan spa

i sawan spa

やっぱり素敵だなぁ。
これは確実にリピですね。

あー、最高です!!!

 

i.sawan Residential Spa & Club, Bangkok

spa website
Grand Hyatt Erawan Bangkok

494 Rajdamri Road, Bangkok, Thailand 10330
Tel: +66 2254 1234
Fax: +66 2254 6283

 

グランドハイアットエラワンで朝食を。

グランドハイアットエラワン 朝食

あのまったりとできるロビーでお茶する気分で朝食を。
シルバーのカトラリーがぴかぴか輝いていてそれだけでしあわせになれちゃいます。

たいていは紅茶とたっぷりのフルーツを。
のんびーり、のんびーり。

グランドハイアットの朝食ブッフェは豪華でなんでもあって、楽しいですよー。

グランドハイアットエラワン 朝食

そうそう、えび餃子もまいうーです。
ぷりっ、ぷりっ、でつるんとしたのどごしがたまりませぬ。

グランドハイアットエラワン 朝食

天井を眺めるときれいな光が。
こういう、ゆったりとしたリズムがタイが好きな理由のひとつかも。

んー、しあわせ。
 

グランドハイアットエラワン bangkok

いつもはサービスアパート型ホテルに滞在することが多いのだけれど、今回は半分をグランドハイアット、半分をキッチン付サービスアパート(ついでにネットも使えるのです)にしてみました。

グランドハイアットエラワン

何気にグランドハイアットは初。お茶やごはんをしたことはあったのだけれど、お泊りは初めて。
グランドハイアットエラワンは、このロビーにある木が印象的ですよねー。

なんだかほっとするのが不思議。

グランドハイアットエラワン

とにかく総じてサービスが想像以上にいい、という印象。
なんだか好きになっちゃったかも。

実はこのグランドハイアット、あの赤シャツ騒ぎのときには1ヶ月休業していたとのこと。大好きなトラベルライター寺田直子さんのブログに紹介されていたので、詳しくはそちらをチェックしてみて。

グランドハイアットエラワン

室内も広々としていてまったり。
伝統的なインテリアもわたしが好きなもののひとつ。

とにかく上品で落ち着いているのね、という印象かしら。

グランドハイアットエラワン

バスルームもひろびろ。
外出している間にサッとリネン類を1日に数回取り替えてくれるのはとても感動。

いつでも綺麗でパリッとした状態で使えます。うふふー。

グランドハイアットエラワン

ベッドもすべすべでいつまでも寝ていたい気分。←実際寝てばかりいたけど。

グランドハイアットエラワン

サービスのお兄様のユニフォームもとても素敵です。
タイのあの笑顔がまた癒され度高し、なのよね。

ちなみに宿泊客に日本人はあまりいないもようで、中国や台湾からのお金持ち旅行者がとっても多いような気がしました。

 

ヴァーヴィゴ

これでバンコクレポも最終回。
総集編をやっとまとめられる状態に・・・。

ヴァーヴィゴ

やはり、大好きなバー、「ヴァーヴィゴ」ははずせない場所。
最近は似たようなレストランもできたのだけれど、東京でいえば、パークハイアットのような洗練された素敵な場所なのです。誰も超えられないような。

ヴァーヴィゴ

本当に柵がなく、ものすごい眺めです。
高所恐怖症にとってはこれ以上の罰ゲームはありません!

ヴァーヴィゴ

熱い国にくるとモヒートが飲みたくなります。
んー、しあわせ。
 

ブリストンで朝食を

朝ごはん

朝ごはん

エンポリスイート

エンポリスイート

今回は父の希望で、エンポリスイートに滞在中。
ここはBTSのプロンポンという駅と直結している5つ星ホテルで日本人街なのです。
つまり、日本人にはとっても生活しやすくなっているというわけ。

エンポリスイート

部屋の中はこんな感じ!
さすが、とても洗練されたインテリア。
わたしの大好きなアソークレジデンスをコンパクトにした感じ。

エンポリスイート

今回はこちらに一週間ほど滞在の予定なので、荷物をほどいて、使いやすいようにセッティング。

なかなか快適です!

 

ブリストン レジデンス

ブリストン

今回の滞在は初めの3日間は、このブリストンに滞在。
とにかく部屋が広くて駅からもすぐなので、以前からよく泊まっています。

これはリビング&キッチン。

テレビ横のデスクでパチパチと仕事をしています。
書斎みたいな感じ?

ここは無線LANが通っているので、i-pod touchで常にメールチェックができるのが便利。
とはいえ、返事を書くのはPCなのですが。。。

VERTIGO [バー/バンコク]

VERTIGO

VERTIGO

VERTIGO

ふつうのバンコクの風景

ただいま。
今日も素敵な人との出逢いが・・・うれしい。

ほんまちゃん

さて、普通のバンコクの一日ということで。
すでに年に複数回バンコクに滞在しているので、おなじみスポットがいくつかある。

カフェやレストランや・・・そして現地に住む友人とゴハンしたりして、過ごす。
時にはiPhoneで音楽を聴いたり・・・考え事したり・・・

くつ

100sqr近い部屋は、とても落ち着く。(ちなみにここはアソークレジデンス)
わたしは広い部屋じゃないとなんかダメなのです。

靴を並べて、その日の予定にあわせてチョイスしたり、ワンピースにあわせてみたり。
それもまた楽しい。

バスタイム

朝早くおきて、アロマオイルを数的落として、半身浴も好きな過ごし方。
るるるるーー♪
ハナ歌を歌いながら過ごす。

丁寧においしい紅茶を入れたり、メールチェックしたりして、今日も素敵ないちにちになりそうだなぁとワクワクしながら迎えてます。

これがほんまちゃん流ふつうのバンコクの風景。

Dream Hotel [レストラン/バンコク]

ドリームホテル

ポールスミスが手がけた、NYについで二番目のホテル・・・がここドリームホテル。
わたしの定宿から歩いて30秒なので、ふらりといってみました!

・・・うっ、ピップすぎる・・・・

タイ人のヒップさとNYのヒップさはイコールなのか?
ポールスミス、これでいいのか?!とツッコミたくなる感じでした。

辛口トークでスミマセン!
品のないラブホにみえるのはわたしだけだろうか・・・(ボコッ)

レストランの床はたしかにポールスミスだ!(笑)

ドリームホテル

お茶しようとしたら、コーヒーとビールがほぼ同じ値段だったので、思わずビールを頼んでしまうわたくし。
でももう6時ちかくだったから許されるわよね?

i-phoneでチェックしたら、無線LANが使える!うわーい、それはうれしい。
メールチェック。後は音楽を聴きながらビール!そして読書。

ドリームホテル

レストランの予約時間があったので、そろそろ帰ろうかなー、と
「チェック ビン カァー」(お会計してください)
と伝えると・・・

「ハッピーアワーでもう1杯つくんだよ、今持って行くねー」とまぶしい笑顔で断る隙がなく、しかたなく2杯目もごくごくしてしまうほんまなのでした。

証拠写真。

コーヒーとビールが同じ値段で、しかもビールにするとハッピーアワーでもう一杯・・・。
不思議なシステムだわ、と思わず笑ったほんまなのでした。

コーヒーだったら、もう一杯じゃないわよね?
もしかして、青汁だったら、もう一杯だったりして・・・・(そんなわけない)

定宿 [アソークレジデンス/バンコク]

バンコクのホテルについたら、まずすること。
パッキングを解いて、自分の居心地のいいようにセットアップすること。

ダイアンはしわにならずに着心地もいいので、旅のアイテムには欠かせない。
というわけで、クローゼットにぱぱぱっと並べる。

アソークレジデンス

最近の定宿はアソークの駅から徒歩5分の位置にあるアソークレジデンス。
とにかく部屋が広くて、部屋に長い時間いるわたしにとってはすごく嬉しい。
キッチンも洗濯機もついていて、まさに住む感覚を味わえるのです。

アソークレジデンス

アソークレジデンス

ベッドもほどよい固さでぐっすり眠れます。
んー、快適。

アソークレジデンス

やっぱり、ここが大好きです!

洗濯機つきは便利かも?

洗濯機

ちょっとコーヒーブレイク。

滞在中に困ることといえば、洗濯物ですよね?わたしはたいてい手洗いで済ませちゃうのですが、今回は広いキッチンのしたにこんなものがついてました。

そうです、洗濯機。サービスアパートメントに洗濯機!すばらしいですね。うん。

わたしも数々のサービスアパートにお泊りしてきましたが、洗濯機つきは初めて。ちなみに位置からすると食器乾燥機?な感じ。スーパーで洗剤と柔軟剤を買ってきて早速チェックしてみました。どぴゅー。

ガコンガコン、とやっぱり外国製な感じはあるものの、ダイアルは洗う素材に合わせて変えるようになっているし、意外と使い方もかんたん。家電芸人ばりにしいていうと、洗濯時間が長い!んもーまだなんかいっ!と思わず突っ込んじゃう。しかもこちらはハウスキーピングもしてもらわなきゃだし、タイムマネージメントが・・・(ボコッ)

初日に買ったキャンバスバッグが汚れてきたので、試しにガコンガコンまわすと・・・あらん、ちゃんと綺麗になってます。感激。

というわけで、旅行から帰るといつも洗濯しなきゃー、となるのだけれど、今回はそれもなし。これまた気が楽ですよね。

わたしは外国製の洗濯機とか使ったことがなかったので、なかなか面白かったかも?

ほんまちゃんのミントティースペシャル

ミントティー

ほんまちゃんはフレッシュハーブティーが大好き。日本ではビーコンでいただくレモングラスティーが大好物なんだけれど、ハーブが豊富なバンコクにいるのだから、とフレッシュミントティーを作ってみることに。

ミントティー

レシピは超簡単!
ティーバックのミントティーとフレッシュミント、そしてお砂糖。ポイントは砂糖をたっぷりいれること。ポットにスティックシュガー(太いやつ)を1本。これがフレッシュミントのえぐさを中和させてくれるのです。ミントは枝から摘んだら、香りが出るようにすこし揉みます。

ミントティー

そしてでっきあがりーーー。いい香りで癒される最高の一杯の完成です。

ベットルームの秘密

おはよーございますぅぅぅ!
どうやら今日はバンコクの祝日のようです。バンコクは今週末はソンクランというお祭りでお休みウィークとなっているようです。たくさんのお店もクローズしちゃうから、今のうちにチェックしておかないと。

さてさて、一日のほとんどをすごすベッドルームについてあんまりレポしていなかったですよね?

ふかふかでまくらが4つもあって、シーツもさらさらの上質な手触りで、大変心地いいのです。
ときどきベッドの上で本を読んだりもしますよ。

ちなみにダブルベッドで横に寝てもだいじょーぶ!じゃじゃーん、証拠写真!
最近、タイマー写真覚えました!
これすごく楽しい!ウヒヒ。いろいろとアホな写真が撮れそうでわくわくどきどきしますねぇ。

そうです、わたしのどでかアップ写真も見なくて済みますよ、おほほ。

だらんだらん
 
ちなみにちゃんと撮るとこんな感じね。
このホテル(レジデンス)はほんとにありえないくらいセンスがいい!
他のところはもっと悪趣味というか・・・がんばってるけど、なにか違うんでないかい?
とツッコンでしまうときがあります。

ベッド

というわけで、本日はのんびりの予定です!

ネット・アディクト

ルーター

わたしの愛するもののひとつに「インターネット」がある。

世界中どこへいってもネットのない生活というのがわたしには考えられないし、仕事柄やっぱりどうしても必要になってくる。というか毎日定期的にメールをチェックしないと落ち着かないのだ。

実は今滞在しているホテルは、ネットは別料金でエクストラチャージが結構な額かかるのだが、でもやっぱりネットが出来ないと安心できないので、お願いすることにしたのでした。

そしたらすごい驚きの事態が!ぬわんとネットの契約をしたら、専用のスタッフがルーターを持って部屋にやってきたのだ。

なぬーーー!
そういう手法ですか!

さすがにルーター設置はホテル滞在では初めてかも。おかげでさくさく見られる回線をゲットでき、満足度高し。正直やっぱり無線より有線のほうがわたくしは好きです。

そんなわけで、環境が整ってひとりほくそえんでおります。そのわりにあんまり使っていないような気もするけどね・・・。でもいざというとき、安心して情報を取りにいける、という保険だと思ってます。

BANGKOK TIMES

バンコクの景色

こんにちは、ほんまちゃんです。
こちらはもうこの時間になると暑いのですが、クーラーが苦手なので必要に応じて温度設定をしたり、つけたり消したりを繰り返しています。

バンコクでは東京以上にゆったりとした時間がながれています。

まったりソファ

今日はお気に入りの読書スペースをご紹介!
このソファはちょうどいいかんじのオットマンつきのソファでベッドルームにあります。ここでのんびりと本を読んだり、考え事をしたりして過ごします。

リビング

で、もうひとつがこの広いリビングのソファ!
読書にも気分転換が必要なので、ベッドルームに飽きたらこちらに移動して本を読みます。

バンコクでは紅茶はあまりおいしくないので、自分で入れます。たぶん、葉の量が少なくて、いい茶葉が入ってこない&外国のものは高いのです。ワインもすごく高いんですよ。ブルゴーニュなんかは怖くて買えません。なんせマイペンライ、の国ですから、残念ながら保存の知識はまだまだのようです。

日本の約3倍くらいかな。
1000円のワインなら、3000円くらいだと思われます。うーむ、ビールにしよう、ビールに。(笑)ちなみにビールは1缶100円くらいです。

ちなみにアルコールは2時から5時の間は購入禁止です。このルール、いつみても笑います。意味不明でして。でも意外と不便です。
 

広すぎる・・・

ホテル

ぶっちゃけ、部屋が広すぎて使いこなせません・・・。
どうすればいいんでしょうか。

ただいま、アソークレジデンス@ASOK

冷蔵庫もキッチンもリビングもダイニングも広すぎます。
バストイレは2部屋。

えー、ひとりぼっちですが・・・?自他共に認めるひとり好きでもちょっともてあましてます。

たいてい、ベッドルームにPCを持ち込んでカチカチやっているので、ベッドルームに引きこもりです。
はっきり言って、ベットルームとバスだけでも普通の広いホテルの部屋状態です。

ヒットミー早く来ないかな・・・。

プルマンdays

ホテルの部屋もしもわたしが学生だったとしたら、こんなホテルには泊まらない。もっと自由に、もっと安い旅行を楽しんだはずだと思う。
実際、お金なんてなかったしね。

でもないからこそ、時間だけは沢山あって、いろんなことを感じることが出来たんじゃないかって。ない、ということは実はとても必要なことなんじゃないか、とちょっと大人な発言をしてみる。

強がり?
強がりだってウエルカム、だ。

ホテルのソファで、もうすっかり大人になったほんまちゃんはどちらかというと時間の方がない、という現実にぶち当たるわけで。(正直言うとどちらもない、という方が正しいのだが)せっかくのお休みならば快適に過ごすために、たまには贅沢をしよう、と。
バンコクはとても安いし、そういうところでゴージャスな体験をしておくのは必要なのだ。

シャネルで、このカメリアはナンなのよ?という結末。
ハハハ、成田の免税店でシャネルの化粧品を買うのが実は定番なのだ。
ただ単に安いから、というオチなんだけどね。今回は発売されたばかりの美白ファンデーションと下地、限定のカメリア型のアイシャドーを。今シーズンはすっかり美白がトレンドのようで、どのブランドも美白、美白、美白だ。

ついでに買おうと思っていた白鳳堂のメークブラシも機内で購入。
もう5年近く使ってるシュウウエムラは自宅用にしたくて、持ち歩き用にフルセットをゲット。

ビバ、散財。
そうそう、遣わないと働く気力もわかないしね・・・ってそんなオチでいいのだろうか、、、まっ、いっか。

バンコクの旅はエステ三昧にグルメ三昧に美容三昧・・・ということで。
たまには自分も美しくしないとね。おほほ。

サマーセットホテル

sumset01.jpg

先日滞在したときに目をつけていたサマーセットホテルへと移動してきました。
ここはネットも通じるし、うー、快適です。
というわけで、無事ネットライフも再開です。

当初の予定を変更し、帰るまでこちらに滞在することにしたので、あとはのんびりするだけ。
ここはよくいくランスアン通り近くなので、引きこもりつつ、お散歩に出かけたり出来そうです。

sumset02.jpg

ほんまファミリーのようなリピーターにはホテルよりもサービスアパートのようなキッチン付きのほうがリラックスできて良いのではないかと思います。
最高に快適です。

というわけで、なんとかやってます。

15 プールデビューと映画

06bang_15_pool.jpg

予告通り、あのあとサービスアパートのプールでぱしゃぱしゃしてきました。
30分くらい泳ぎました。うううーーー。
そしてシャワーを浴びてお風呂でまったり。
バスタブにはharnnのアロマオイルを入れて部屋中アロマでいっぱいにしてます。
これが最高!

その後もう一度メークして、映画館へ・・・。
ガーン。
プラダ時間変更されてるるるるる。

毎日一回、しかも夕方の中途半端な時間ですか!

ギャフン。

仕方がないのでエンポリをウロウロ。でスケッチブックを購入。
ほんまちゃんバンコクガイドでも作ります。たぶん。

すごすごと帰ってきました。

映画はできたら明日、行ってみようかな・・・。

って、今何かが足りないことに気がついた!
ビアよ、ビィィィア!

でもタイに来てからお酒が弱くなった気がする・・。気のせい?

10 ソンブーンとバンヤンツリーバー

06bang_10_hightea1.jpg

さてさて、今日もかなり充実しておりました。
毎日、スタバで本を読み、頭に浮かんだことをメモしてます。
こんなひと時が最高に気持ちがいいです。

06bang_10_st1.jpg

出掛けに軽くヌードルを作って、外出。本日もランソアン・スタバオフィス(勝手に命名)へと通っています。

そもそもほんまちゃんはどこへ行っても観光名所は行きません。
大抵地元のカフェへ行ったり、スーパーへいったり、ホテルでボケーとしてます。
それがほんまちゃんにとってのバカンスです。

なので、大抵はフリープランのツアーか、個人旅行です。

つまり、場所はどこでもいいんですね。日本以外なら。携帯が通じないところなら。

06bang_10_hightea2.jpg

スタバの後は・・・先日ジャストルッキングだけだった、ハイティーへ。
紅茶をオーダー。80-90B(ポット)だから、300円くらいかな。
ちょっと奥まったところで分かりにくいからなのか、とても静かでセンスがいい一軒家カフェ。
ぼーと読書したり、隣のフラワーショップを眺めたり。
ここはバンコクでもヨーロッパでもない感じが気に入ってます。

スイーツもおいしそうだったよ。
そして、お花のセンスがいい。
バンコクではここくらいじゃないかしら。

HIGH TEA  ハイティー
68/1, Lang Suan Road, Lumpini Patumwan, Bangkok 10110, THAILAND
TEL 66-02-652-1244
FAX 66-02-652-1277
WEBSITE [ウェブサイト]

さらにまた、マッサージへ。バライコーンとよむのかな。
ハイティーの奥。
ここで、20分だけのショートコースがあって、(まさにてもみん感覚!)それをやってみました。
きもちいーー♪
長いコースを3日一度よりも、ショートコースを毎日続けるほうが利く気がするほんまちゃんです。
ほんと、バンコクはエステ&マッサージ最高!

06bang_10_son1.jpg

そしてまたまたスタバへ戻り、夕ご飯はソンブーンというカニカレー(とはいっても蟹と卵の辛い炒め物ってかんじかな、これが激うまっ)の有名へ行ってきました。
ここは、タイ&チャイニーズって感じのお店で、ガイドブックで有名です。日本人も多かったかな。
本当においしかった。ただの蒸しえびですら激うま。

06bang_10_son2.jpg

おなかいっぱいで幸せ。

Somboon Seafood  ソンブーン
169/7-11 Suriwong Rd., Bangkok, Thailand
TEL 66-2233-3104/66-2234-4499
参考サイト [ウェブサイト]

その後、バンヤンツリーのバー、ヴァーティゴへ。
本当にすごい高層の屋上。なのにオープンエア。いつでも飛び降りることができます。そういう状態。日本ではおそらくありえないので、かなり感動。
こんなところがあったとは・・・。バンヤンツリーはスパがとても有名なんだけど、それ以外はまったくノンチェックだったわ!

ワインをグラスでいただいて、すごく素敵な夜景をオープンエアで。
いや、本当にすごいよ・・・。あまりの綺麗さに写真を撮り忘れた・・・。ガーン。

Vertigo  ヴァーティゴ
21/100 South Sathon Road Sathon, Bangkok 10120 Thailand
TEL 66-0-2-6791200
FAX 66 0 2 6791199
WEBSITE [ウェブサイト]
HOTEL SITE [ウェブサイト]

そんなわけで、バンコクの最高級はすごいことになってます。
帰り間際にすごいスコール!ひぇぇぇぇ!
でもこれはこれでかなり楽しい♪とお気楽なほんまなのでした。

09 アフタヌーンティー

06bang_09_st2.jpg

はふー、毎日充実のほんまちゃんです。
というか気がついたら、1日が終わってます。ほとんど読書したり、ぽわーと考え事したり、何か食べたり、寝たりしているだけですけど。

06bang_09_st1.jpg

06bang_09_st3.jpg

今日は、一軒家スタバへまたまたお出かけして、その後、今回初めて屋台でラーメンをすすり(B25)ました。

06bang_09_yatai.jpg

その後グランドハイアット・エラワンでアフタヌーンティー。マダム、まだむ?ほんまちゃん。イエス!マダム!!

06bang_09_tea1.jpg

グランドハイアットで本を読んだり、空想したりして、マッタリとしていたのですが、お会計の時、クレジットカードのサインをみて、ビビられました。
絶対、タイ人だと思ったのに・・・インド人?と聞かれました。
いや、日本人ですよ。
そしてカードのサインは漢字なほんまです。(そっちのほうが真似されないんだって・・・本当?)

06bang_09_tea2.jpg

インドで漢字はないだろーー、とひとりツッコミしたかったけど、お上品なフリをしていたのでやめました。(笑)

ふう、大変だよ、ほんまちゃんも・・・。(笑)

これから隣の駅のトンローにご飯を食べに行きます。うっしし。

後ほど写真もアップしとくね。ではね。

05 ほんまちゃん流タイクッキング

今日のディナーはパッタイ(タイ風やきそば、たぶん)!をつくってみました。
うーん、作り方はほんまちゃん流です。わっはは。マイペンライ!(どうにかなるよの意)

材料は・・・お米の麺にたまねぎ、にんじん、きのこ、空芯菜、えび、卵の白身、パクチー、しお、こしょう、オイル、唐辛子とにんにくの調味料。

それらを適当な大きさに切って、下準備。
あっ、でもまずはじめにするのはえびの下処理。
背腸を丁寧にとって、卵白と混ぜる。塩、こしょうも忘れずに。
ほたてなども、卵白とあえておくとプリプリになっておいしいんだよ。
気をつけるのはこのくらい。

06bang_05_cook01.jpg

野菜を切り終わったら、フライパンにオイルをたっぷりめにひいて、えびをグリル。
ほどよいやわらかさで一度お皿に引き上げます。
次はあまった卵白を弱火で半熟に。ふわふわに仕上げるのがポイント!

そしたら、今度はお湯をはって、お米の麺を固めにゆでます。
これはすぐですね。でもってそれもお皿に非難させてね。

さてさて、いよいよ仕上げです。

オイルをフライパンにたっぷりたっぷり、ひいてにんにくと唐辛子の調味料で香りをつけます。
固めの野菜からいためて、次々に投入!塩コショウは多目かな。
火が全体的に通ったら麺を加えて、少しお水も入れます。オイルはたっぷりであることが大切です。
ペペロンチーノみたいにね。(笑)

で、仕上げはえびと卵白のいためたものをいれて、パクチーの刻んだものを飾って終了。

お好みでライムを搾ってね。
ほんまちゃんは2/3くらい食べたところで入れるのが好き。

06bang_05_cook03.jpg

さてさて、お味はどうでしょう・・・。

もぐもぐ。にんまり。

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてね。

一緒にライム水も・・・。
ライムって本当に好きなのでした。
うまー。

02 my room

こんばんはーー、ほんまちゃんです。

今日も一日バタバタとしていました。まだバンコクになじめないでいます。
でもすぐに慣れるでしょう。少しずつ感覚を取り戻し始めてます。

さてさて、今回はマイルームをご紹介いたします。パチパチパチ。
決して豪華ではありませんがなかなか快適です。
なんといっても、サービスアパートなのでお掃除は毎日メイドさまがやってくれます。
こんなに素敵な一人暮らし体験にわくわくしてます。

06bang_020.jpg

こんなかんじですね。
バンコクはサラッというと、物価が日本の1/3ほどです。
スパ王国なんです。

06bang_021.jpg

ちなみにこのアパートはひと月約15万円くらいです。40平米弱だったと思います。
場所は駅徒歩5分、日本人がたくさん住むエリアです。

06bang_025.jpg

ダブルベットにキッチン、ダイニングテーブル、パソコンテーブル、シャワーブースにバスタブ、トイレなんていう構成です。

ひとりには本当にちょうどいい大きさですね。

そんなわけで、Bangkok一人暮らしレポでした。

まだ書きたいことがたくさんでーーす。

メトロポリタンホテル・バンコク

met03.jpg

今日のディナーはちょっぴりおしゃれをして、バンコクで一番ホットな?メトロポリタンホテルのメインダイニングへ。
入り口からかなりデザインされている。ちょっぴり感動。

met02.jpg

そうです、ここが来てみたかったメトロポリタンです。

met09.jpg

メインダイニングのCy'anは、情報があまりなくて、すごく迷ったのだけど、結構よかったかな。
バンコクにいながら、アメリカやヨーロッパの食事がいただける。

met04.jpg

お料理としてはイタリアン・地中海キュイジーヌって感じです。
あっ、あまり地中海は感じませんでした。嘘つきました!!
普通にキュイジーヌな感じ。

met05.jpg

甘くて酸っぱくて、複雑なお味。

met06.jpg

前菜に、オイスター3種、ヒラマサのメインにトウロンポーチックなメイン、トマトサラダのサイドメニュー。
ワインはスパークリングをボトルで。
後は、ペリエ。

met07.jpg

かなりおなかがいっぱいで残してしまった・・・。

控えめに頼んだつもりだったのだけど、多いです。ウヒーー。

えーと、お会計はふたりで15000円くらいでした。
値段設定が高いのかなー、レストランはすいていました。
私たちを除いて3組くらい。それもすべて欧米人。

この後、Metバーにもいきましたよーん。うふふ。

Davisストリート

road01.jpg

ここだけ、タイではありません・・・。
デービスホテルはただいま増殖中。

別棟ができて、世界観が出てきました。
このホテルの前だけ、アメリカンな感じです。

最新記事・もっと読む!
8月  7月  6月 

Home > バンコク☆ジャーニー > ホテル Archive

AVEDAのスカルプヘッドスパ

2011年秋。夏のダメージケアはAVEDAで解決!極上ヘッドスパでパーフェクトなスカルプケア体験してみよう!そしてこのシーズンには手放せないダメージレメディシリーズ。ツインズそろってヘビロテしてます。
AVEDA
AVEDA ボタニカルスカルプスパ! new
AVEDAでスカルプケア。 new
いい天気! new
タイの台所新聞インタビュー
Classy
タイの台所新聞「インタビュー」にほんまちゃん登場させていただいてます!
glam+three

ほんまツインズ、Glamのthree特集に出演中!「肌を着替えて新しい私」に!
Glam、three特集
glam×THREEに登場中! new
BALLY

今年のBALLYはスクールガールの逆襲!8月4日に銀座店OPEN。かなり評判いいですヨ!
BALLY SITE
PR BLOG
FaceBook
BALLY 160!!! new
BALLY meets 新宿伊勢丹!
BALLY萌え
MAUBOUSSIN

MAUBOUSSINのジュエリー、めいっぱい堪能しました!
MAUBOUSSIN SITE
MAUBOUSSIN Night new
MAUBOUSSINギャラリー
MAUBOUSSIN PARTY
FURLA

9月3日に銀座店リニューアルOPEN!本当にフルラが好きなファッショニスタを集めてのPARTYも開催予定!等身大アイテムをゲットすべし!
FURLA SITE
FaceBook
FURLA PARTY Time... new
FURLA,FURLA,FURLA! new
今夜は・・・
FURLA PARTY !!!
mocaで連載

バンコクマガジン「moca」で連載させていただいてます。祝1周年!4月号からボリュームアップ!1Pまるごとhommaniaでかわいい誌面にリニューアル!
連載のお知らせ
オフィシャルサイト
掲載記事
華奢な女をジュエリーで演出
P77をチェックしてねん new
大人のガールズゴルフ
日焼け止めコレクション!
ジンジャーで女子力UP!!
NO SWEETS NO LIFE!!
TOKYOブランドレポ!
実はわたしも“アージョ”です!
LANDS OF Eden

LANDS OF Eden、デビューコレクション!この秋いよいよ登場!
LANDSOFEden SITE
Twitter
After Party new
LANDS OF Eden, 9.17. new
LANDS OF Eden Deview...
バンコク・痩せタイ・食べタイ
bangkok07.jpg
バンコクからTOKYOなう。
今回のテーマはズバリ、痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ。そんなバンコクの旅をお届けします。
7月のバンコク滞在ALL
バンコク☆ジャーニーALL
バンコクまとめ vol.3 new
バンコクまとめ vol.2 new
バンコクまとめ vol.1 new

map
かわいいバンコクおいしいバンコク[バンコクマップ]

moca
mocaでも毎月コラム連載中!
史上最強のジンジャーレモネード

今年発売された進化したジンジャーシロップにただいま本気でハマり中!おいしすぎるやろーー!
ヴェーダヴィー・ジンジャーシロップ
ヴェーダヴィー3姉妹 new
Every morning,,,love it.
デジイチデビュー
baccarat meet vedavie ♥
今日も・・・
日本の夏を涼しげに
大人のガールズGOLF

今度こそ本気でゴルフ上手になる!おとなのガールズ達に贈る愛と涙と根性と冷や汗の女子のためのゴルフライフレポート!
GOLFサンクチュアリ広尾
Golf Partner
ガールズゴルフライフALL

NEW POST
来週こそは・・・
ゴルフを始めるなら・・・
ゴルフ、お預け状態
昨日のレッスン
昨日も・・・
ウチッパ2
ごるれん2:落書きメモ
大人のためのゴルフ:Lesson.2
うちっぱ1:落書きメモ
ウチッパ1:フェミナ
オロシタテ。
ごるれん1:落書きメモ
大人のためのゴルフ:Lesson.1
GOLFサンクチュアリ広尾で体験レッスン!
GUAMでGOLF
史上最強の女子カメラ

【お盆休みまでの限定復活!】
世界最小、最軽量の一眼レフカメラ。夏休みの思い出はNEX-C3で残そう!7月のhommaniaは、NEX-C3でお届けしました。
NEX-C3
SONYのサイトに登場中。 new
デジイチデビューにぴったり
NEX-C3体験レビュー!
NEX-C3は史上最強の女子向けカメラ
NEX-C3が我が家にやってきた!(期間限定)
腹グレー募金

hommaniaでは3月11日以降に発生したアフィリエイト報酬の全額を寄付する(日本赤十字社)キャンペーンを開催中。女子のブツヨクとショクヨクで日本を元気にしよう!
なお「腹グレー募金」は本音トークを楽しむ女子会から命名したもので、楽しみながら募金するの意です。

8月3日現在
11,732

ASTALIFT
アスタリフトのトライアルキットで1500円が寄付されます。アスタリフトは個人的にも大好きな「定番」ものなので、この機会にぜひお試ししてみて。絶対、損はさせません!

OZの女子飲みでは1回につき300円が寄付されます。
5800円個室ヘアエステ!
8800円カルジェルネイル
5800円のSPエステ
4800円のプリフィクス
4500円飲み放題
露天8800円憧れ温泉宿
8800円のプレミアムステイ

楽天市場では購入金額の1%が寄付されます。
楽天市場

2011年のタビ

大人のグアム
大人のグアムALL
[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]


2011年GWのツインズ大阪の旅。 大阪タビ日記ALL


2011年GWのツインズ名古屋デビューの旅。
名古屋なう!ALL


GW前半のお台場STAYの記事をまとめてみました!
なんちゃってヌーヨークALL


2011年バンコク旅
バンコク☆ジャーニーALL

日経ビジネスリーダー

ビジネスリーダーから圧倒的支持を集める日本No.1の経済・経営情報誌「日経ビジネス」ReadingのReaderをさせていただいてます。女性目線の気になる記事をご紹介できたらと思っています。
オフィシャルサイト
Twitter
FACEBOOK
「日経ビジネス」Reading、Readerになりました!
2010年のタビ

オンナノコのための極上バリ


2010年秋の恋するイタリア旅
世界一周

マイクロソフト「ウインドウズフォン」を持って世界一周(カナダ・ブラジル・南アフリカ・オーストラリア・カンボジア)しちゃいました!
世界一周ツインズ旅
 特集ページサイトアップ!
世界一周紀行はこちら。
(SpecialThanks Microsoft)
 携帯更新:MSN世界一周ブログ
CaptureYourStyle

アルファ ロメオ MiToキャンペーンにhitmeが登場!
欲しいリスト


新しくなったトリア、大変評判がよろしいようで。

Return to page top