Home > バンコク☆ジャーニー > おすすめ Archive

おすすめ Archive

No.5 Massage

No.5 Massage

最終日の仕上げは、夏のサンダル子需要に備えて、足の角質ケアをしたくて、ランスアンのNo.5 Massageへ。

ほかの店でも大丈夫かと思ってフットスパをお願いしたら、角質ケアじゃなかった!という悲しい結末にここであきらめたらおしまいだワ、とばかりにギリギリ駆け込みケア。

やっぱり、ここの角質ケアは丁寧で最高です。

今のワタクシの足裏、めちゃくちゃとぅるとぅるデス。

はー、最高。はー幸せ。

全体的にちょっぴり値上げされているような気がするので、価格は目安程度にどうぞ。

なお、コチラもWiFiが使えるのでマッサージ中もメールチェックしたりできるのが幸せ。もちろん、日本語もバッチリ通じるので、バンコクビギナーにもおすすめです。

 

Massage No.5(タイマッサージ)

【住所】76/10 Soi Langsuan, Ploenchit Rd., Lumpini, Bangkok 10330
(BTSチットロムより徒歩5分、または地下鉄シーロム駅より徒歩10分。ランスワン通りソイ5向かい)
【電話】0-2684-1203(日本語、英語)
【営業時間】10時~24時(定休日なし)

【メニュー例】
●フット・スクラブ・マッサージ
1.5時間 400B

シャンガリラ・レストラン

シャンガリラ・レストラン

シーロムのサラデーン駅すぐのところにとってもとってもおいしい飲茶のお店があるというので、最終日のランチにシャンガリラ・レストランに連れて行っていただいちゃいました。

シャンガリラ・レストラン

うわー、ひとつひとつの飲茶の味がめちゃくちゃいい!
何を食べてもおいしいーーー!

シャンガリラ・レストラン

1つ1つの点心はわりと大きめでなんとかひとくちに収まるくらいでして。というわけで、大口開けてパクぱくパク。

おっと、失礼しました!

シャンガリラ・レストラン

きゃー、久しぶりにダックちゃんだーーー!
わーいわーいわーい!

やっぱりとってもおいしい。
ここは絶対再訪しなくちゃ。

シャンガリラ・レストラン

はぜの仲間?だという高級淡水魚も。

こちらはサンデーンにある支店のようです。どうやらチョンノンシーにも本店があるらしいので、そちらにも行ってみようかな、と。客層もとってもよくていい感じ。シーロムエリア、やっぱりいいお店がたくさんあるんですね。まだまだ研究の余地があるなぁ。

ランチからおいしいものをモグモグして、幸せのひととき。以下の住所は本店のものですが、サラデーンが見つからないので念のため・・・。

 

Shangarila Restaurant(シャンガリラ・レストラン)

154/4-7 Silom Rd., Sriwong, Bangrak, Bangkok
02-234-9147-9
営業時間:7:00~21:00
定休日:なし
アクセス:BTSチョンノンシー2番出口下車徒歩5分。シーロムプラザの向かい

Boon Restaurant bangkok

Boon Restaurant

今回の最後の晩餐、迷いに迷ってシーロムエリアのチョンノンシーにある「Boon Restaurant」へ。そうです、あの餃子やサンの目の前の店です。

編集部のAちゃん情報に基づいてオーダーしてみたら・・・本当においしい!

Boon Restaurant

メニューに載っていないのにみんなオーダーするという(笑)、チキンをゆでて裂いたもの。これがちょっと塩分強めでお酒のつまみに最高!
ここ、絶対両親が好きだと思う。今度連れてきてあげよう、と誓ったのでした。

Boon Restaurant

あとは、海老のマギーソース。
ぱりぱりと揚げた海老を甘酸っぱいマギーソース(?)であえたもので、これもパリパリさと海老のジューシーさがパーフェクト。信じられないほどおいしいです。

今検索したら、マギーソースは薄いおしょうゆみたいな味らしいです。そういえば、パッケージスーパーで見かけたことあるよ・・・!そうか、これだったんだ!

もちろんビールをオーダーして、至福のディナー。

かなりお気に入りのレストランです!!!

 

Boon Restaurant

Silom Rd, Suriyawong, Bang Rak, Bangkok, 10500

屋台のヌードル

屋台のヌードル

バンコクに来たら、一度は屋台のヌードル。

わたしはランスアンにあるヌードルをいつも食べます。

30バーツ。

今回も堪能しました。

軽い1杯なので、ほかのものもつまめます。

ちょこっとランチにおすすめ。

バンコクでショウロンポウを堪能!

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

ショウロンポウの名店といえば、台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)。バンコクのセントラルワールドの7Fにもできたよーーー、ということで先日お出かけしてきました。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

本当は大人数で飲茶を食べるのがいいんだろうけど、わたしはひとりだったので、ショウロンポーと肉&野菜マンをひとつオーダーしてみました。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

お店に併設されている工房でひとつひとつ丁寧に作られています。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

ひとつからオーダーできる肉まんは皮がめちゃくちゃおいしい。蒸し加減もバッチリ。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

ショウロンポーは肉汁が皮の下にたまっているのがわかりますか?もう、ね、超ジューシーです。

鼎泰豊(ディンタイフォン)

思っていたよりも小さめだったので、10個入りでもよかったかもな・・・。(笑)

やっぱり、ショウロンポーをがっつり食べるのが正解かな。飲茶が食べたくなったら、アクセスもいいのでぜひお出かけしてみて。

全部で230バーツ強でした。(ショウロンポー 145B / 肉まん 28B / お茶 25B) +税サービス

 

鼎泰豊(ディンタイフォン)
ウェブサイト

CentralWorld Shopping Centre B704, B705, B706,
B717 Level 7 No.4, 4/1-4/2, 4/4 Rajdamri Road,
Patumwan,Bangkok 10330, Thailand
TEL:66-02-646-1282

LYON でランチデビュー!

LYON バンコク フレンチ

バンコクで13年、フレンチ料理店をつづけているというLYONへお出かけしてきました。

フレンチキュイジーヌ、とはいったもののとてもトラディショナルなフレンチ。

わたしはかなり好きだな。

ちなみにランチは5コースで480バーツ。税・サービス込みで600バーツ。1800円くらい。お得ですよーー。

LYON バンコク フレンチ

内装がシックで上品。
そして客層が今だかつてないほどいいのです。

タイのお金持ちのマダムの集団とか・・・ファミリーとか、、、とにかく素敵な人が多いです。

LYON バンコク フレンチ

シーフードサラダは、魚介の火の入れ方上手です。
丁寧に処理してあるのがわかります。

LYON バンコク フレンチ

海老のスープ。
海老のおいしさがぎゅーと詰まっています。

LYON バンコク フレンチ

かにのグラタンだったかな・・・?
チーズたっぷりでガツン、ときます。

LYON バンコク フレンチ

牛のヒレ肉ステーキ。
レアにしてみたのですが、全体的にピンク色の焼き加減でおいしかった。

LYON バンコク フレンチ

デザートはアイスクリームにベリー系のソース。
若干甘めだけど、フレンチのデザートってみんな甘いもんね。これってタイ人好みなんだろうなぁと思って食べてました。

全体的に仕事が丁寧で、シンプルに素材の味を生かしているって感じのフレンチ。たいてい、バンコクのフレンチってゴテゴテとやりすぎ感があるのです。地味だけど、いい仕事していて、バンコクのグルメアワードをたくさん獲得しているのも納得。この引き算ができるのって貴重だと思いますワ。

バンコクでイチバンおすすめのフレンチですな。


LYON

32/2 Corner of Soi Ruam Rudee 2,
Ploenchit Rd., Lumpini, Patumwan,
0-2253-8141,2650-7852
11:30~14:00(月~土)18:30~23:30(22:00ラスト オーダー)

ランチ:480バーツ(5コースのみ)

バナナウォールナッツの逆襲。

バナナウォールナッツ

昨日お出かけした激安フットマッサージやさんの並びにこのパンやさんがありまして。

今日もふらりとおじゃましてしまいましたワ。

そして何かnew one をゲットしようとふらふらしていると・・・「バナナウォールナッツ」が!

どう考えても一人じゃ多い量。

このほかに2つ買いたいパンもあったけど・・・

でもどう考えても、ここタイでバナナとウォールナッツは絶対おいしいはず。

というわけで、残すのを覚悟で購入すると、、、

激う まっっ。
(夜、部屋でワインを飲みながらつまんだノダ←我慢ができないタイプ)

きゃー、甘さ控えめでウォールナッツの歯ごたえが最高!

バンコクに住んでいたら、毎日これを食べたいかも。

そのくらい気に入ってしまいました。

そんなわけで、今日はこれとフルーツとコーヒーで朝ごはん、です。

金と銀の・・・

ビアチャン

ビアチャン。
象さんマークのビール、結構いろいろな種類があるんですよ。

タイは暑いからビールがすすむ・・・のよね。

さて、と。
そろそろ遅めのランチとお買い物にいこうかしらん。

うーむ、何を食べようかな・・・。

ほんまちゃんおすすめのタイ食材土産!

タイ食材

バンコクに来たら、アジアごはんに欠かせない調味料やスパイスを購入して帰るのがおすすめ。

これはミニサイズのチリオイルとナンプラー。

お土産にもいいし、自分で使ってもいい。

プチサイズなので、アジアごはんがマイブームのうちにちゃんと使いきれるのがうれしい。

タイ食材

あまり料理が得意ではない・・・という人やお土産用にかんたんにアジアごはんが作れるこちらもかなりおすすめ。

そう、あの恵比寿にあるタイ料理やさんOne Dish Thai の会社の調味料。

ちゃんと日本人好み but 本格的なタイ料理がおいしくつくれるので、わたしはこれをどっさり購入して帰っています。1箱200円くらい(65バーツ)でお手ごろです。伊勢丹が品揃えが豊富ですよーーー。(バンコクにはなかなか行けない・・・という方は恵比寿のお店でも購入できます)

タイ食材

それから、クミンやカレー粉、ターメリック、、、などのスパイスも。とってもお手ごろ価格なので、お料理が楽しくなること間違いなし!

タイ食材

そしてスイートバジルの乾燥したもの、こぶみかんの葉の乾燥、そして大唐辛子。全部ドライなので、とっても軽いのがうれしいですよね。これで日本に戻ってもタイ料理パーリーができるのです!

IWANE 1975 Japanese Bakery Bangkok

IWANE

先日、ASOKをふらふらしていてみつけたパン屋さん。
オサレなお店だったので、のぞいてみることに。

なんと、日本人のパン屋さんだったようです。
知らなかったわーーー!

というわけで、あんぱん(25バーツ)をひとつお買い上げしてみました。

食べてみたら、薄皮のあんぱんであんがぎっしり。

おいしいーーー!

朝ごはんにコーヒーとともにいただきました。

今度はいろいろと購入してみようっと。

 

IWANE bangkok


IWANE 1975

ウェブサイト
Facebook

Sukumvit 23, Bangkok, Thailand 10110
0818215280
営業時間:
7:30~20:00

LYON, Bangkok

LYON バンコク フレンチ

今日のランチはLYONデビュー。

バンコクでもっとも有名なフレンチ。

実はホテルからすぐ。

コンラッドの目の前にあります。

正直言ってあまり期待していなかったのだけれど、気に入りました。

何よりも客層がとってもいい!

またゆっくりレポートします。

カオマンガイへの道!

秘密のカオマンガイ

さて、しつこくお届けしてきたカオマンガイのお店。
(当日お店のレポはこちら)

とーってもおいしくて、いつもタイ人のおきゃくさんでいっぱい。
ちなみに英語がちょっぴり話せるおねえさん(娘さんかな?)がいたので、いままで聞けなかった電話番号をゲットできましたぜ!

ホテルの人にクロントーイ市場に行きたいのでタクシーお願いします、実はこの近くにあるおいしいカオマンガイのお店に行くの、、、というとすごく驚かれます。カオマンガイならどこででも食べられるじゃない、と。(笑)

でもここのカオマンガイは変わりがないくらい美味。わざわざ行く価値あり、です。

カシコーン銀行

タクシーでいく場合は、クロントーイ市場のラーマ4世通りにあるカシコーン銀行(クロントーイ支店)にお願いします、と伝えてみてね。ここを目印にするのがベストです。

お店自体はこのカシコーンよりもクロントーイ駅寄りにあります。

クロントーイ駅

地下鉄で行く場合は、地下鉄クロントーイ駅の1番出口から出て、クロントーイ市場方面にてくてくと歩いていきます。そうだなぁ、300-400mくらいまっすぐ、といった感じかしら。

臓物煮込みの店

隣も結構有名な庶民的レストラン(モツの煮込み?)らしく、アロイマークが!
そのうち、カオマンガイのお店にもアロイマークがつくことでしょう。

カオマンガイ


秘密のカオマンガイのお店

OPEN:6:30am-10:00pm
TEL: 081-899-8036

住所:
ラーマ4世通りにある、クロントーイ駅とクロントーイ市場の間

カオマンガイ、OPEN!!!

カオマンガイ

今回の目的のひとつは移転してしまった大好きなカオマンガイをみつけること。クロントーイのラーマ4通り沿いにある、と聞いて行ってみました。

案外すんなりとみつかりまして。

カオマンガイの屋台のおじさん。
バンコクでイチバン好きなひとかもしれない・・・。(笑)

わたしはすごくおいしいものを作れるひとを無条件で尊敬&愛してしまうのです。(食いしん坊の性)

秘密のカオマンガイ

味のほうはもちろん、絶品です!
あー、どうしてこんなにおいしいんだろう。

カオマンガイ

お店の前にいつもの屋台がどーんとあって、客席がこんな感じ。

いままでのことを考えると、かなり大きな進歩。
清潔でとってもいい感じ。

カオマンガイ

ちなみに価格はひとつ40バーツ。
あげたタイプとゆでたタイプをふたつ載せても40バーツぽいな・・・。(あくまでカンですけど)

次のPOSTで行きかたを解説しますね。

鼎泰豊(ディンタイフォン)

鼎泰豊(ディンタイフォン)

バンコクに鼎泰豊(ディンタイフォン)ができた、と聞いて、早速ランチにお出かけしてきました。

米紙ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の1つとして掲載された世界的に有名な台湾の点心料理専門 店鼎泰豊(ディンタイフォン)。

やっぱり洗練されていて、おいしかったです。

おやつ代わりにちょっと食べるのにもいいし、たのしい選択肢がひとつ増えたかも。

セントラルワールドにあるのも、アクセスがよくて便利。

詳しくはまたのちほど。

 

チャットチャック Weekend Market

チャットチャック

先日ちょろりと紹介した、バンコクの名物、チャットチャックウィークエンドマーケット。

と、とにかく広い・・・です。

そして、熱い!

わたしは暑さが落ち着く4時ごろに行ったのですが、それでも暑い!

いつかここを攻略できるのかな・・・と行く度に思うのだけれど、全然無理ですね。

チャットチャック

今回も相当迷いました。

なので、まずはインフォメーションやネットなどで、ウィークエンドマーケットの地図をもらってお出かけするのがおすすめです。無防備にちょろちょろと動き回るのは自殺行為・・・。(←わたしです、ボコッ)

チャットチャック

わかりますか?
小さいお店がこれでもかーーーと詰まってます。
一度いいなぁと思ったものは即交渉して購入しましょう。

チャットチャック

チャットチャック

なにやら人だかりが・・・と思ったらココナッツミルクのアイスのお店でした。
最近人気らしく、わたしも参戦してみることに。

チャットチャック

じゃじゃーーん。
実はわたくし、ココナッツジュースが苦手なのですが、ミルクは好き。

アイス、とってもおいしかったです。

ちなみにこれを買うと無料でココナッツジュースもついてきます。

Yes, But,,,, やっぱり苦手。(笑)

ぜひウィークエンドマーケットで見つけたらチャレンジしてみて。
 

Cafe de LAOS

Cafe de LAOS

バンコクではじめてのランチはマイペンルイちゃんとMoca編集部の美女とご一緒させていただきました。いままで、バンコクでラオスのお料理って食べたことないなぁ・・・と。ちなみにイーサン料理とのMIXです。とはいえ、何がラオス料理なのって質問にも答えられないんですが・・・(汗;)

Cafe de LAOS

お店自体はとってもオーセンティックで古きよきタイランド。
わたしはとっても好き。

またお店の店員さんもとっても丁寧で親切。

地味だけれど、とってもいいお店だと思いますな。

Cafe de LAOS

Cafe de LAOS

マンゴーのソムタム。
パパイヤよりも歯でかんだときにふんわりとフルーツの香りが広がっておいしい。
これ、好きだなぁ・・・。

Cafe de LAOS

屋台などでもよく見かける、こちらのソーセージ。
柑橘系をたっぷりとお肉自体にまぶしているのかな、、、と思ったら、この酸味は発酵によるものらしい。ほほー、知らなかった!実はあまり食べたことがなかったし、こんなに酸味が利いているとはちょっと意外。でもやっぱり発酵していることで味わいがとっても深くておいしかったですよー。

Cafe de LAOS

そして、これまたはじめまして、のピータンのフライ。
ピータンって油で揚げると、より卵っぽい食感と香りになる気がする。これはピータンが苦手って人もいけるかも。とってもおいしいです。

 

Cafe de LAOS

豚ののどのお肉は弾力のある噛み応えがうれしい。
シンプルだけど、いくらでも行けそうなほのかに甘い味付け。

シーロムのかなり川沿いにあるこちら、今度は夜もゆっくりお邪魔したいかも。

 

Cafe de Laos

16, Silom 19 Road,
Tel.
02 - 635 - 2338 - 9

秘密のカオマンガイ、堪能中!

秘密のカオマンガイ

無事に、今日のランチは大好物のカオマンガイへ。

やっぱり、ここはとっても美味。

以前はランスアンの奥地にあったのだけれど、移転して、綺麗なお店になっていました。

おじさんはわたしのことを覚えてくれていて、とてもよくしてくれるので、今回の再会はとてもうれしかったなぁ。

というわけで、詳しくはまた明日レポートするね。
 

ヘルスランド

ヘルスランド

エカマイを歩いていたら・・・ヘルスランドを発見!
そういえば、知ってはいるけれど、まだ行ったことなかったなぁ・・・とふと思い立って入ってみることに。

ヘルスランド

おおおーーー、想像以上にゴージャスな感じ。
客層はかなりワールドワイドでして、タイ人も外国人も、そして日本人もMIXって感じかと。

ヘルスランド

ひろびろとしていて、非常に気持ちがいいです。

ヘルスランド

個室も清潔でゴージャス感あり。
おおおーーー、知らなかったけど、さすが有名マッサージ、人気の秘密はこんなところにあったのね。

わたしはラベンダーのオイルで全身のむくみを解消。

担当してくれた女性もとっても笑顔が素敵で英語も通じるし、いい感じ。

なんといってもプッシュの圧がワタシ好みでして、かなり気に入っちゃいました。

これからはここに通う確立がUPかも。

ヘルスランド

どの人に当たっても、レベルが高い、との評判ですが、エカマイ店に来たら、また彼女にお願いしようっと。

 

Health Land Spa & Massage
エカマイ店

住所:
96/1 Soi Sukhumvit 63 (Ekamai) Sukhumvit Rd Bangkok
TEL:
02-392-2233
営業時間:
9:00~23:00
料金:アロマオイルマッサージ
1.5時間 850B
アクセス:BTSエカマイから徒歩10分

トンリー・デビュー!

トンリー

やっとお邪魔できましたーーー!

スクンビット・ソイ20にあるおいしいガイトート(チキンのからあげ)のお店。

トンリー

本当にやわらかくて、美味!
これは癖になりますなぁ・・・ハート。

トンリー

これがものすごくビールにあうので、ついつい進んじゃいました。二ヒヒ。

トンリー

きのこのトムヤム炒めもすごくおいしい!

お店の人もとっても丁寧で英語メニューも完備。

るるるーん、素敵なお店を発掘できて幸せなのでした。

 

ビアヒマ、ふたたび。

ビアヒマ

凍ったビールに新鮮でおいしい海鮮料理、のビアヒマへ。

今までは車で連れてきてもらっていて、ここがどこにあるのかまったくわかっていなかったのだけれど、タイフードライターのるいちゃんに聞いて、なんとかたどり着けました。

るいちゃん、本当にありがとう。

ちなみにるいちゃんのニックネーム「マイペンルイ」なのだけれど、タイ語で「マイペンライ」なんとかなるさー、大丈夫的な意味の造語。とってもキュートでしょ?

本人もかわいらしいbutパワフルな方なんですよーー。

ビアヒマ

だーい好きな蝦蛄。
日本ではこんなに大きな蝦蛄は食べられません。

ビアヒマ

タクシーに乗ってカタコトのタイ語が話せる人ならたどりつけるかと。

 

White Cafe

WhiteCafe

以前から気になっていたWhite Cafe へ。
トンローのかなり奥にあるカフェ&レストラン。
 

WhiteCafe

モダンで、いまどきなつくりが素敵で、居心地がいい。
どこかへ旅行したときに、そんなお気に入りの場所があるだけでとってもリラックスできるもの。

WhiteCafe

WhiteCafe

WhiteCafe

フレッシュキーウィジュースをごくごく。

ちょっぴり生き返る瞬間なのでした。
 

55ポチャナー。

55ポチャナー

牡蠣の卵とじ、オースワンの名店、トンローの55ポチャナーへ。

すごくローカルなお店(食堂)なのだけど、わたしはわりと好きでよく行っています。

火の通し加減がほかの店よりもずーと洗練されていて、ここ以上においしいオースワンを知らないのよねぇ。

55ポチャナー

定番の空芯菜を炒めたのはガーリックがたっぷり。
辛味が強くて、刺激的なので、これを食べるとタイに来たなぁーー、という気がするのです。

55ポチャナー

ここで初めて頂いたえび春雨、クゥンオップウンセン。
これがまた絶品で、定番メニューになりそうな予感。

シンハビールといっしょに初めての夜は過ぎて行ったのでした。

ビアヒマ

今日は終日打ち合わせで、あまり更新できなくてごめんなさい!
ちなみにこれからディナーの予定。

ビアヒマ

一番好きなタイレストランのビアヒマはいまだにひとりでは行けないお店のひとつ。もちろん、タイ語のみでしかオーダーできないのと、海鮮タイ料理なので、大勢で来るのがベスト。

いつもタイ人でいっぱいです。

こちらでは高級な海鮮で予算はひとり5000円くらい。でもすごく大きいしゃことか、カニのゆでたものとかが信じられないほど美味。

ビアヒマ

ビアヒマ

ビアヒマ

ビアヒマ

そして何より、このシャリシャリの凍ったビールがなんとも言えず・・・大好き。暑いバンコクではこれ絶対人気が出そうだと思うけど、想像以上に難しいらしく、ほかのレストランでは見たことがありません。むふふ。

ビアヒマ

基本的に生の貝系は避けるのが原則のタイですが、わたしはいっちゃいます。(ここでは初めて食べたけど)ここはタイの牡蠣で、市内にある輸入もののオイスターバーとはまた全然違う味。日本の牡蠣に近いです。

超新鮮でぷりぷり。今までバンコクのオイスターバーで食べた中で一番かも。

ビアヒマ

ラストは口がさっぱりとするこの黒蜜系のデザートで仕上げ。
幸せのひととき。

タイ料理@ソイ39

タイ料理 ソイ39

スクンビットソイ39は、わたしにとってもとてもなじみのある通り。というのも、プロンポンと呼ばれる日本人御用達エリアにあり、わたしのお気に入りスポットがいくつもある。このレストランの並びにはよく行く、駐妻御用達のローカルネイルと美容室のお店、ゲーガイがあり、何度も前を通っていたのだった。でもどうしてか、この店には入ったことがなかったのよね。しかし、店名はわからず。(笑)

タイ料理 ソイ39

どうやら、由緒正しきタイ料理の老舗の支店らしく、壁には一面に新聞に掲載された記事が張り巡らされている。おいしいタイ料理の店があるというので、mocaの編集部にお邪魔したときにつれてきてもらったのだった。うふふ、ラッキー!注文は完全タイ語のため、現地に住んでいてもオーダーが難しいとのこと。タイ人スタッフにおすすめメニューをタイ語で書いてもらってそれを持ってきたので、ちゃっかりそのメモをいただいて帰ってきちゃった。(最後の写真参照)

タイ料理 ソイ39

特においしいのは、このポークチョップ。あんかけソースって珍しいですな。ちなみにポークは信じられないほどやわらかくて美味。こちらは辛くないので、日本人は大好きかと。

タイ料理 ソイ39

これはほぼカニの身が詰まったコロッケ。おいしいーー!
メモによると、プーチャーというらしい!?

タイ料理 ソイ39

これがまた辛いのだけど、パクチーも乗っていて最高にワタシ好み。えびです、エビ。

タイ料理 ソイ39

梅干入りのスープもこれまたすっきりとしていて美味。

タイ料理 ソイ39

もう、どうして今までこんなおいしいお店の前を素通りしていたんだろう・・・。今度両親を連れてきてあげよう、と心に誓ったのであった。むふふ。

ほんと、素敵なお店を発掘するたびに幸せになれる単純なほんまなのであった。

Vertigo@BANYAN TREE BANGKOK

ヴァーティゴ

ヴァーティゴ

定番ではあるのだけれど、一番好きなバー、BANYAN TREE BANGKOKのVertigoへ。
由布子ちゃんとお友達を案内しつつ、かなり満喫。

この日はいつもよりもスモーキーだったけれど、それでもここはバンコク一、ロマンティックなバー。

ぜひ初めてのバンコクにははずせないスポットです。

カルマカメットTeaRoom

カルマカメット

バンコクへ来ると、ここでゆっくりとハーブティーをいただく。

カルマカメットというアロマブランドのTearoomなので、かなりコアな場所なのだけれど、サイアムモーニングデュウというMix harb Teaにガムシロップをちょっぴり加えていただくのが定番。

ひとつ180Bとややお高めではあるのだけれど、これは2人でシェアできます。本当は2人用だけど、わたしはゆっくりゆっくりいただいてリラックスタイムを過ごしています。

カルマカメット

今回はお高いエステにはなんとなく行く気分ではなくて、もっぱら街のマッサージばかり行ってました。またいつでも来られるし・・・バンコクは本当に慣れているので、東京にいるのとほぼ変わらない感覚で過ごせます。

お気に入りスポットがいくつもあるので、ほんと便利です。

ちなみにこのTeaRoomはセントラルワールドのForever21やZaraの並びにポップアップストアのような形で存在しています。反対側はショップになっていて、グッズも入手できます。ぜひチェックしてみて。

Oriental Chocolat

オリエンタルショコラ

宝石のような美味なるショコラを今朝はコーヒーと一緒に。

さすが、オリエンタルのショコラ、、、バンコククオリティを超えてます。

とろける口どけでHAPPY度UP!!!

んー、至福のひととき。

愛しいカオマンガイ

カオマンガイ

今回の滞在で初めて、大だいダイ好きなカオマンガイを食することに成功!ほんと、おいしーーー (^ - ^)

ここ以外では食べる気がせず。美味です。

バンコクに来ると、ついついタクシーで移動。なぜかカオマンガイよりも高い・・・。

マイペンライ、です。

というわけで、最終日にギリギリ駆け込みカオマンガイでした!

ヌードル、ヌードル、ヌードル!

ヌードル



おはようございます、ほんまちゃんです。
バンコクに来たら、絶対食べたいもの。

それがタイヌードル。

フードコートでも、屋台でもお店によって味が全然違います。

おいしいところを見つけて、自分のおなじみの店を作りましょう!

たいてい1杯30B(100円くらい)のところが多いですよー。

 

DEAN & DELUCA Bangkok

ディーン&デルーカ

実はバンコクにもDEAN & DELUCAができたのです。
ずーと気になっていて、行きたいなぁと思っていたので、お出かけしてきました。

ラテをオーダーしたら、フォーシーズンズのマークが!(笑)

リッツカールトンレジデンスのところに建っているのに・・・。

けれど、さすがDEAN & DELUCA。バンコク一、おいしいラテが出てきました。

ディーン&デルーカ

天井が高くて、きもちいいです。

店内はかなり混雑していて、リッチなタイ人や外人のお客さんであふれかえっています。製品はセレクトはなくて、すべてDEAN & DELUCAブランドのもの。

お気に入りスポットができたので、今回はここでカフェワークしようと思っています。

今夜はここのデリをテイクアウトしようかな・・・。

カルマカメットでお茶タイム

カルマカメット

バンコクのセントラルワールドにあるカルマカメットが復活。
早速お茶タイムを楽しみました。

ここのハーブティーは2人分でセットなのだけど、いつもたっぷりお茶をいただいています。

天空のBar、VERTIGO

ヴァーティゴ

ヴァーティゴ

バンヤンツリーホテルの最上階にあるヴァーティゴはバンコクで一番お気に入りのバー。なんといっても59階のルーフトップにあるのに、柵がない!というすごいバーなのです。よって360度の景観が楽しめます。

ここはバンコクへ来たら絶対お連れしたいおすすめスポットのひとつ。

Harvey

harvey

以前から気になっていた「harvey」のランチへGO!
もちろん、おひとりさまですが、何か?

トンローのソイ9の奥を曲がって100mくらいのところにあります。

harvey

ここはカルフォルニア・キュイジーヌのレストランでいろいろなグルメの賞を総なめしているというレストランなのだけど、基本的にはイタリアンの要素が強い感じ。最近のキュイジーヌって基本的に何でもあり、だからもはやカテゴリーはあまり気にしなくていいかもね。

harvey

お昼だけど、せっかくなのでグラスワインをお願いしてみました。
このちょっぴりアミューズ&パン&バター3種がおいしい。バターとトリュフバター、トマトの3種。それぞれ非常に繊細なつくり。

harvey

2コースランチが390B、3コースが490B。
わたしは3コースをチョイスしました。

1皿目がパスタ。
かにとバジルのバランスが最高!
タイで食べたパスタの中でイチバンかも。

あっさりとしています。

harvey

メインは牛ほほ肉。
かなりこってり、しっかりとした味。
これも美味。

harvey

店内には大きなワインセラーがあったり、リッチなタイ人がランチしていたりと、セレブなお店です。

harvey

デザートはピーチヨーグルトケーキ。
正直、パスタとメインのクオリティからするとやや劣る印象のデザート。

個人的には次回は前菜とパスタ、メインでいいかも。
もしかしたら、2コースもありかな。

ぜひ再訪したい、すごくお気に入りの店。

 

Harvey

129 Sukhumvit 55, Thonglor Soi 9,
Sukhumvit Road, Klongton-Nua, Bangkok 10110
T. 662 712 9911
F. 662 712 7123
e-mail : rsvn@harvey.in.th

ソントン・レストラン

ソントン

ソントン

バンコクへ来たら、必ず1度はお邪魔するタイ&海鮮中華のソントンレストラン。
スクンビットソイ24とラーマ4世通りが交差するところにある、有名店らしい。

なぜか日本のガイドブックにはあまり載っていないんだけど、我が家はよくここに来ます。

今夜はプーパッポンカリーとエビのスチーム、空芯菜の炒め物、そしてビール。

美味でございます。うふふ。

Bootsでボディクリーム

boots ボディクリーム

今回、掘り出したもののひとつ。
ラベンダーのBootsブランドのクリーム。

これが程よい固さのテクスチャーであっという間に 肌になじみます。 そしてラベンダーのいい香り。 パッケージもかわいいので、今回はお土産にこれを いくつかゲットして帰ろうかな、と思ってます。

るるるーーん。

ふかひれでお肌ぷりぷり

ふかひれ

大好きなふかひれのお店に連れてきてもらっちゃいました。

日本ではなかなか食べる機会の少ないふかひれですが バンコクに来ると時々お邪魔しています。 バンコクでももちろん、超高級なのですが、日本と比べると わりと手ごろなのかも?

濃厚なスープであっという間におなかがいっぱいになるんだよね。 幸せ。
もちろん、本日のお肌はぴかぴかなり。

 

Surawong Kieak Shark Fin Cuisine
สุริวงศ์ เกี๊ยก หูฉลาม
ギヤックフカヒレレストラン

294/3-4, Surawong Rd, Bangrak,Bangkok 10500
02-236-1747
10時30分から22時30分

カオマンガイ、再び

カオマンガイ

今回の滞在初の平日、ということで大好きなカオマンガイの屋台へ。
偶然お店でヒットミーに遭遇。 ふたりで堪能してきました。

ブリストン



今回もいつも滞在しているサービスアパートにしてみました。 Bliston Hotelというところね。
建物自体はそんなに新しくないんだけど、 オーセンティックなつくりと部屋が広いのでなんとなく落ち着くんですよ。 ちなみにネットもFREE WiFiだから安心。 トラベルエージェント経由でいつも予約しています。

ここは中心地へも歩きで行けるし、スーパーもデパートもあるので、 初心者にもおすすめ。 日本人滞在者も比較的多いです。 ちなみにこちらのカオマンガイやさんも徒歩10分くらいの距離で わたしにとってはタイでの隠れ家という感じかな。

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca
220/4 Sukhumvit Soi1 Wattana Bangkok 10110
02-253-3190

ten face Hotel bangkok

ten face

ten face

明日、バリに向けて出発ですが・・・またバンコクに戻ってくる予定。今回泊まっているホテルはTen Face なるバンコクのデザインホテルです。

アートなホテルで部屋も広く、リビングとベッドルームに分かれています。

嬉しいのがBTSの駅までのトゥクトゥクサービス。
24時間対応してくれて便利です。

バンコク市内でもかなり激減したトゥクトゥクですが、やっぱり気持ちがいいですヨ。

オリエンタルホテルにて

オリエンタルホテル

サヨナライツカの舞台にもなった、オリエンタルホテルにも連れて行っていただき・・・トラディショナルタイワールドを堪能。やっぱり歴史ある感じがとても好き。

オリエンタルホテル

映画もそろそろDVDが出たはずだから、チェックしてみようかな。

オリエンタルホテル

楽しいおしゃべりとおいしいカクテルでバンコクの夜はふけていくのであった。

どっぷりと、facebar。

facebar

本当に久しぶりのfacebar。
ここのエントランスが好き。

facebar

最近は欧米人のたまり場と化している模様・・・。
ここはなんだかほっとするんだよね。

facebar

お決まりのモヒートと何を食べてもおいしいデザートプレート(チーズケーキ)をいただき、至福のひととき。最近は東京にいてもバンコクにいても、なんだか暮らしているような気持ちになるから不思議。

facebar

それは慣れたともいえるし、知りすぎたともいえる気がする。
とはいえ、どこにいても幸せなのは変わらないんだけどね。ウヒヒ。

ちなみにヒットミーの視点だとこうなる・・・。
 

最終日は55ポチャナーで

55ポチャナー

最終日はトンローにある55ポチャナーへ。
ここの牡蠣と玉子とじ(オースワン)が絶品!

タイ料理にはビール!
ということで具合が悪くてもあくまでビール党はやめられません!

55ポチャナー

55ポチャナー

ヤムウンセンもオーダーしたら、意外とおなかいっぱいになり、撃沈。
パッタイも別の屋台で食べたかったのにーーー!

55ポチャナー

というわけで、カクテルとデザートを食べにまた移動です!

ちなみにヒットミーの視点だとこうなる・・・。

お気に入り屋台のバーミー

屋台のバーミー

やっぱりここのバーミー(ラーメン)もはずせません。
量が少なめなのでスタバとバーミーでちょうどいいんだよね。

やっぱりいつでもおいしい。
 

ギャックふかひれでぷりっぷり

キアック ふかひれ

日本では高級すぎてなかなか食べられないふかひれちゃんに連れて行ってもらいました。
うふふ。

ふー、あつあつですぜーーー

ギァック ふかひれ

このあつあつのところにパクチーをどっさり。
絶対おいしいーーー、そしてマスタードをたらすのも重要だとか。
うー、おいちいーーー。

ギャック ふかひれ

いろいろと頼んでくれたのだけど、おなかいっぱいで全然食べられず。力がほしい!うううー。

ギャック ふかひれ

〆はあわびごはん。
うわー、あわびもおいしい!

なんだろー、この高級づくしは!!!
贅沢です。ほんとうにありがとう。

幸せでスキップしそうな夜。もちろんこれだけでは終わりません、ええ。

TO DIE FOR bangkok,

トゥダイフォー

トゥダイフォー

トゥダイフォー

 

TO DIE FOR BAR & RESTAURANT
Website

H1 Place Soi Thonglor.
Sukhumvit 55, Vadhana.
Bangkok 10110
Tel. 0-2381-4714 Fax. 0-2381-4715
E-mail : TDF1_S@yahoo.co.th
Hi5 : todieforstardog.hi5.com

Love, ビアヒマ

ビアヒマ

こちらに住む友人に連れて行ってもらったビアヒマ。
毎回バンコクに行くたびに「どこに行きたい?」には「ビアヒマ!」と答えるくらい大好きなお店。

ビアヒマ

しゃりしゃりの凍ったビールがおいしい。
ほんとうにほんとうにおいしいのダ。

ビアヒマ

それから高級なしゃこ。
日本ではちいさいものをお鮨でいただくのだけれど、バンコクでは巨大なしゃこをガーリックと一緒にあげてパリパリにしていただきます。んー、いつ食べてもおいしい!

ビアヒマ

ビアヒマ

お野菜や貝も美味なりーーー!
ここだけはいつも自分ではいけないので、連れてきていただくのだけれど、バンコクで大好きなお店のひとつ。つれてきてくれる友人にはいつも感謝です。うふふー。

Ohana Fresh CaféでFree WiFiデート

カフェOhana

スクンビット ソイ24にあるOhana Fresh Caféはオーストラリアスタイルのカフェ。
すごくまったりとできるカフェのひとつ。

特にカプチーノがおいしかったかな。

カフェOhana

店内にはなぜか木・・・これはエラワンか?(笑)
リッチなタイ人のたまり場のような状態に。
なぜか日本人の姿はあまり見かけず・・・。

うれしいFree WiFiなので、こちらでPC持参でパチパチしてゆったりお茶してすごすのは、かなりおすすめなデートコースです。

takecare で まつげパーマ

takecare まつげパーマ

ここのところ・・・(って2回目だけど)バンコクへ行くとまつげパーマをかけるのが習慣に。日本でもやっているんだけどねー。なにしろ下向きのまつげが「バービー」になるのが気持ちよくて、そして日本よりも丁寧で安いのです。るるるーん。

わたしのおなじみはBTSプロンポン駅降りてすぐのTake Care ソイ33のお店。ここはとてもきれいでそして日本語も通じますよーー。タイ語ペラペラの日本人の女性?がいるのです。

takecare まつげパーマ

TakeCareは、ネイルで有名なんです・・・こんな王女さまソファで手と足両方の施術が可能です。欧米人や日本人に人気。マニュキュアもペディキュアもたしか500バーツ(1500円)ほど。日本で考えたら相当お安いですよね。

takecare まつげパーマ

ちなみにエクステンションもやってくれます。たぶん、100本で5000円くらい。日本の半額くらいかしら?

わたしはまつげパーマ500バーツ、1500円。清潔で丁寧なのでうれしいのです。わたしは幸運にも奥の個室にて。うふふー。

これでバンコクでも「まつげだけバービー」ライフ再開です。びゅんびゅんでつけまつげしてるみたいよ?

グランドハイアットエラワンで朝食を。

グランドハイアットエラワン 朝食

あのまったりとできるロビーでお茶する気分で朝食を。
シルバーのカトラリーがぴかぴか輝いていてそれだけでしあわせになれちゃいます。

たいていは紅茶とたっぷりのフルーツを。
のんびーり、のんびーり。

グランドハイアットの朝食ブッフェは豪華でなんでもあって、楽しいですよー。

グランドハイアットエラワン 朝食

そうそう、えび餃子もまいうーです。
ぷりっ、ぷりっ、でつるんとしたのどごしがたまりませぬ。

グランドハイアットエラワン 朝食

天井を眺めるときれいな光が。
こういう、ゆったりとしたリズムがタイが好きな理由のひとつかも。

んー、しあわせ。
 

グランドハイアットエラワン bangkok

いつもはサービスアパート型ホテルに滞在することが多いのだけれど、今回は半分をグランドハイアット、半分をキッチン付サービスアパート(ついでにネットも使えるのです)にしてみました。

グランドハイアットエラワン

何気にグランドハイアットは初。お茶やごはんをしたことはあったのだけれど、お泊りは初めて。
グランドハイアットエラワンは、このロビーにある木が印象的ですよねー。

なんだかほっとするのが不思議。

グランドハイアットエラワン

とにかく総じてサービスが想像以上にいい、という印象。
なんだか好きになっちゃったかも。

実はこのグランドハイアット、あの赤シャツ騒ぎのときには1ヶ月休業していたとのこと。大好きなトラベルライター寺田直子さんのブログに紹介されていたので、詳しくはそちらをチェックしてみて。

グランドハイアットエラワン

室内も広々としていてまったり。
伝統的なインテリアもわたしが好きなもののひとつ。

とにかく上品で落ち着いているのね、という印象かしら。

グランドハイアットエラワン

バスルームもひろびろ。
外出している間にサッとリネン類を1日に数回取り替えてくれるのはとても感動。

いつでも綺麗でパリッとした状態で使えます。うふふー。

グランドハイアットエラワン

ベッドもすべすべでいつまでも寝ていたい気分。←実際寝てばかりいたけど。

グランドハイアットエラワン

サービスのお兄様のユニフォームもとても素敵です。
タイのあの笑顔がまた癒され度高し、なのよね。

ちなみに宿泊客に日本人はあまりいないもようで、中国や台湾からのお金持ち旅行者がとっても多いような気がしました。

 

携帯のセッティングゥー

携帯

まずは携帯の開通。 わたしはいつもプリペイドのsimとチャージを使っているので、空港の専用ブースでこのセットを購入。

199Bなので、600円くらい。
simカードを挿すだけで特別な設定はいらないので便利です。 これでぐっとバンコクライフが快適に。

本体はカルフールなどで3000円くらいから購入できますよーー。

カルジェルデビュー

nail

久しぶりのブログ更新ですみません!
ほんまちゃんです。

ちょっぴり風邪の具合がよろしくなく・・・パワフル更新できずにここ数日過ごしておりました。

というわけで、少しずつですが、バンコクライフをみなさまにお届けいたします。

昨日はカルジェルデビュー。
ぬわんと、タイ航空のCAさんが趣味でやっているというカルジェルに潜入。

ものすごく上手です。

なんでもタイと日本を行き来しながらスクールに通っているとのこと。

ついには教える免許まで取ったという方で、びっくり。

すごいバイタリティです。

そんなわけで、つるつるのネイルはおてんばなわたくしめにもぴったり。

とにかく楽チンです。

 

 

ヴァーヴィゴ

これでバンコクレポも最終回。
総集編をやっとまとめられる状態に・・・。

ヴァーヴィゴ

やはり、大好きなバー、「ヴァーヴィゴ」ははずせない場所。
最近は似たようなレストランもできたのだけれど、東京でいえば、パークハイアットのような洗練された素敵な場所なのです。誰も超えられないような。

ヴァーヴィゴ

本当に柵がなく、ものすごい眺めです。
高所恐怖症にとってはこれ以上の罰ゲームはありません!

ヴァーヴィゴ

熱い国にくるとモヒートが飲みたくなります。
んー、しあわせ。
 

Faceはおあずけ

FACE

今回、Faceにもチャレンジしたのだけれど・・・。
この夜はパーリーのため、バーはクローズしていました。

うえーん、行きたかったのになぁ。

というわけで、仕方なく、屋台でつまみを買い、ホテルの部屋で二次会を開催したのでした。(涙)

 

アンジェリーナ Bangkok

アンジェリーナ

アンジェリーナ

大好きなアンジェリーナのモンブランをバンコクでもパクパク。
おいしいのです。濃厚でスイートなお味です。

アンジェリーナ

アンジェリーナ

これはスフレカレー。
カレーがスフレ状になっているのです。

タイスパイスが効いていて、まいうーです。ええ。

今度はお料理もいっぱい頂いてみよう!!!

 

2011.08.07 追記:残念ながらアンジェリーナはすでに撤退してしまいました・・・。

スノービール

スノービール

バンコクで大好きなお店のひとつにバンコクに住む友人に連れて行っていただきました。
うわーい!

スノービール

ここは半凍ったビールが飲めるお店なのです。
もちろんそれだけじゃなくて・・・シーフードが激うま!

スノービール

特にすきなのはこの大きな蝦蛄。
しゃぶりつきます。
うーまーいーぞーー!!!

スノービール

蒸したえびも絶妙でおいしい!きゃあ、幸せ!!!

スノービール

豆苗のいためたものも歯ざわりが凄くいいんです。
空芯菜のいためたものもおいしいけれど、これもおいしいの。

奥がムール貝のバジル蒸し。おいしい。

スノービール

そしてそして、これですよ。
かにをさらりと蒸したもの。
あ、甘いーーー!!!
殻も思ったより堅くなくてすぐにパリッと割れます。
やわらかい蟹の身が「こんにちはー」です。

ビールも海鮮も激うま!!!

あー、生きてて良かった!!!

幸せすぎます。んー、最高!

コランボディソープ

コランボディソープ

とびきりセンスのいいオーナーが作り上げた「Coranspa」オリジナルプロダクトのデビュー品がこのボディーソープ。無添加で非常に肌に優しいつくりです。

さすがきめ細かいぞ、日本人!!!

肌の弱い方へのお土産にもグッドルッキング+使い心地よしなこの子はおすすめです。

もちろんわたしも3本お買い上げ。

今はCoranSpaでしかお買い上げできませんが、ゆくゆくはデパートなどでも販売されちゃうかも?
期待の商品です。

コランスパ coranspa bangkok

コランスパ



今回も最終日にはもちろん、コランスパへ。
やっぱりここは技術と雰囲気と値段のバランスが最高。

いつも予約がいっぱいなので、早めに予約がおすすめです。

ちなみにオーナーがアメブロでブログを書いていて、それがとてもかわいいのです。

 

コランスパ



いままではお庭&かなりオープンな部屋がかわいらしいロッジ風に改装されており、緑に囲まれながら施術が受けられるのが最高!!!

おひとりさまだとこのこじんまりとしたロッジ2部屋のうちどちらかになる可能性大。

 

コランスパ



こんなかんじでガラス張りにブラインド+薄いカーテンで中に入ると外のお庭がぼやけて見えて素敵。
中の様子は近づいてじーと見ないと見えないので、これは絶妙の透け具合!

 

コランスパ



バンコクでは信じられないほどの教育の高さと礼儀正しさで、どの人もとてもいい感じ。
今回の人はツボをしっかりと抑えてくれつつ、ほどよく滑らかな感じでMAXにリラックス。

 

コランスパ



ちなみに今回は全身スクラブと海洋クリームマッサージ2時間です。このコースはわたしにとってど真ん中なコース。

フェイシャル系は日ごろから自分でわりとケアしているので、やっぱり手の届かないボディがいいんだよね。程よい堅さのスクラブは肌にも優しそう。

 

コランスパ



今年オープンしたばかりのカフェもとても素敵。

あー、最高にリラックスするなぁ!!!

というわけで、素敵な時間を過ごしたのでした。

実はコランブランドのボディソープが発売されたので、それもお買い上げしちゃいました。
無添加でとても肌によさそうな製品です。

詳しくはのちほどーーね。(ウインク)・・・つづく。

 

hommania+blog ではさまざまな情報を公開。まいにちガッツリ更新中。
今年もどうぞよろしくね。うふふ。

 

Twitterも はじめてます!フォロー大歓迎。
Facebookは 面識のある方のみお友達認定させていただいてます。
google+もはじめました!


HP作成&運用サービス「hommania」 も好評いただいてます!

 

55ポチャナー再び

55ポチャナー

トンローの駅を降りるとこんな風に道端で野菜を売ってます。
現地のひとはわりとここで野菜を買ったりしてましたね。

スーパーよりも安いんでしょうか?
タイの人たちは道の露天で買うことが自然みたいで、なかなか独特の素敵な文化だと思います。

55ポチャナー

55ポチャナーは癖のないタイ料理が多いので、日本人に大人気なのですが・・・この店の名物といえば・・・そうです、牡蠣オムレツです。

片栗粉と卵と牡蠣、そしてもやしのシンプルな材料でできているのですが、そのトロトロ具合とあつあつさがここは最高なんです。

滞在中2回も訪れましたからね。ちなみにこの貝は赤貝です。
ちゃんと赤貝の香りがふわり、とします。

55ポチャナー

この湯気伝わってますか?
とにかくジュージューと音をたて、もくもくと湯気がたった状態で席に運ばれてくるんです!

この時点でもうテンションUP!!!

牡蠣オムレツ狙いのあなたはぜひこちらへどうぞ。

ソントンレストラン

ソントンレストラン

スクンビットソイ24とラーマ4世通りの交差するあたりにあるタイ海鮮料理のお店。
ここではエビの蒸したものとプーパッポンカリーをいただきます。

ソントンレストラン

かにカレー(プーパッポンカリー)は日本人なら誰でも好きな味。
これにはごはんが合います。
ごはんと一緒に食べないと損した気分ですね。(笑)

ソントンレストラン

今回は大人数でいったので、大きなごはんがどーーんってやってきました。
スゴイ量だよーーー!

ソントンレストラン

牡蠣オムレツもタイ海鮮料理ではメジャーなひとしな。
これもおいしいけれど、この牡蠣オムレツならもっとおいしいお店があるんです!

ソントンレストラン

綺麗に並べられたエビスチーム。
辛いタレがまた美味でいくらでもいけちゃうんだよねー。

海鮮だいすきなわたしは、タイとの相性がいいんでしょうね!

アイスモンスター

アイスモンスター

生のフルーツたっぷりの繊細なカキ氷、アイスモンスター。ヒットミーがお気に入りで大絶賛していたので、チャレンジしてみることに。たしかにおいしい。何にせよ、これだけマンゴーが乗っていて、50B、150円というのは驚きのコスパですよねー。

アイスモンスター

地元の学生で大混雑していて、みんな大きなサイズを食べてました。いいなー、こういう放課後いいなぁ、とオバちゃん全開でうらやましげに見つめていたのでした。

ちなみにわたしがいったのは、セントラルワールドの一番上の階にあるアイスモンスターです。探してみてね。

ダディとタイスキのオンパレード!

ダディ

コンバンハ、ほんまちゃんです。これは、めったに登場しないダディです、どうも。ちなみにこのピンクのポロシャツはマーケットでお買い上げしたそうです。人ごみにまぎれてもすぐに見つかるので非常にありがたいです。(笑)

最終日は父の好きなタイスキのMKGOLDへ。
父は屋台などはどちらかと言うと苦手で、タイスキを毎日食べても飽きない・・・というタイプなのです。
黙っていると、ずーとお豆腐ばかり食べてます。コカ、コカ、MK・・・という恐ろしいタイスキオンパレードです!

わたしはMKGOLDのエビワンタンが大好物なので、ものすごく嬉しかったですが・・・。

久しぶりに父とタイへ旅行に来ました。
あー、なんだかすごい親孝行をした気分。(笑)

たいていカタコトのタイ語を話し、オーダーをするのはわたくしの役目です。
もちろん、お会計は父の役目ですが・・・。

最高の夜でした。ムヒヒ。

おすすめトンロー屋台!

トンロー屋台

BTSトンロー駅下車すぐのスクンビット、ソイ38にずらりと屋台が並んでいる。わたしはたまに観光気分でここに行くのだけれど、正直味がいまいち?と思ってました。安いし、いかにも屋台だし、とにかく屋台が集まっていて、なんでもある。なかなか使い勝手はいいんだけど。

けど、今回はおいしい屋台を発見。ちょうどこの屋台の真ん中に位置する、赤とピンクのチェックのテーブルクロスがかけられた店はかなりおいしいです。

特にパッタイは感動するおいしさ。次回もリピートしちゃおう、と思ってます。もしも屋台も堪能したい、という方がいましたら、ぜひチェックしてみてくださいね!全力でおすすめ。もちろん混んでいて、自分の番がくるまでかなり待たされます。

とにかく、この写真をヒントに宝探し気分でみつけてみてください。もちろん、テイクアウトもできるので、ホテルの部屋でまったりと食すのもおすすめです!

スーパーやコンビニでビールを買い、2品くらい買えば、あっという間に立派なディナーです!
 

秘密のカオマンガイへの道

本当はもっとちゃんとしたレポをするつもりだったのですが・・・取り急ぎ、秘密のカオマンガイ屋台への道を写真にてレポートしますね。

まず、BTSチットロムを下車し、ランスアン通りをずーと直進します。タイでは小道をソイと呼ぶのですが、このランスアンの「ソイ7」のところを入ります。

このランスアン通りの行き止まり?はルンピニー公園なのですが、このソイ7はかなり公園よりです。緑のKマークのカシコーン銀行を超えたちょっと先なので、もしタクシーで行かれる際はランスアンの「カシコーン銀行」を目印にされるといいかもしれません。

カオマンガイ

ランスアン通りにこの表示がでています。
コレを見つけたら、左へ曲がります。

カオマンガイ

ちなみに、この「ソイ7」は見つけづらいので、このでっかい「赤看板」を目印にするのもおすすめ。この道をぐんぐんと進みます。

カオマンガイ

道の途中に個人商店みたいなコンビニと、このレストランが並んでいます。このレストランのとなりがまた小道になっているので、それを曲がってまっすぐ進みます。

カオマンガイ

かなり・・・狭い道に屋台がずらりと並んでいるので、正直入りづらいと思うのですが、大丈夫です。ぐんぐん進みましょう。

カオマンガイ

そして100mくらい進むと・・・カオマンガイ屋台の登場です。11:30を過ぎるとこの店だけやたら混んでいるのですぐにわかります。

もしも並んでいるひとがいたら・・・紙とペンがおいてありますので、タイ語でカオマンガイと書いて、さらに数も記入し、ショーケースの左がわにあるメモ刺しにさして順番がくるのを待ちます。

ちなみにタイ語がわからない場合はとりあえず、イラストや名前を書くようにして、なんでもいいからメモを刺しましょう。そろそろ自分の番かなー、と思ったら屋台に近づき、「カオマンガイ」とアピールすればOKです。(混んでいなければ、わりと丁寧に対応してくれます)

カオマンガイ

順番が来る前に席を確保できたら、横にある苦瓜のスープを飲んで待ちましょう。これはセルフサービスですが、飲み放題です。(笑)さっぱりとしていておいしいですよ。

カオマンガイ

そしていよいよカオマンガイにありつけました!
ごはんもチキンも信じられないうまさです。

ぜひぜひ楽しんでください!

あっ、ちなみに料金は35Bです。
奥にプライスが載っていて、安心です。(タイ語だけだけどね)

 

2011.08.07追記:カオマンガイ屋台は引越ししました!くわしくは新・カオマンガイへの道!へ。

カルマカメット、ふたたび。

カルマカメット、ふたたび。

あー、このハーブティー、販売してくれたらいいのに!
と願っていたら、本当に販売されてました。(笑)
すごい、願えばかなうものだ!

というわけで、おひとつゲット。

カルマカメットはそもそも、ウィークエンドマーケット発祥のアロマブランド。
それがついには、アロマグッズだけでなく、ホテルやカフェまで展開するように
なったのです。エキゾチックでアジアンなデザインはかなりいい感じ。

65グラム入りのお茶が1500円くらいだからすごく高いのですが、
でもパッケージもしっかりしているので、おみやげにおすすめです。
もちろん、アロマキャンドルも充実してます。
 

ヤムタム

ヤムタム

今日の遅めランチは迷いに迷った挙句、セントラルワールド内の「YAMTAM」へ。
もう随分前に好きだったデービスホテルの隣にあった頃からのファン。
最近、デービスの店はCLOSEしてしまったらしいけれど、相変わらずおいしい。
トムヤムヌードルをいただきました!

ヤムタム

あー、おいしい!
かなりおいしい!

昔、子供だった頃はトムヤムクンのよさなんて全然分からなかったのになぁ。
今ではその味の複雑さにこれがどれだけすごいかってことに唸ってしまうのです。

ソムタムサラダも絶品です。

癖がなくて、日本人に限らず、外人さんにおすすめですね。

マガジンワールド

マガジンワールド

マガジンワールド

サイアムスクエアのパラゴンの中にこんな雑誌が自由に読めるエリアを発見。
ちなみに日本の雑誌はRAYとScawaiiがきています。

お土産に買って帰ろうかなー♪
 

55ポチャナー(55食堂)

55ポチャナー

55ポチャナー

安くておいしいタイ料理なら、トンローにある「55ポチャナー」もおすすめ。
わりと、タイに住んでいる現地採用組の日本人御用達との情報も。

シンプルで洗練された味わいは日本人好きするのも納得です!
もちろん、お安いですしね。うふふー。

ジムトンプソンTeahouse

ジムトンプソン

実ははじめて、ジムトンプソンの家へ。(博物館のようなところ)

ジムトンプソンは誰よりも早く、タイシルクのすばらしさを発見し、ブランドとして育て上げたタイの英雄のような存在。

そして失踪というミステリアスな最後を遂げた人。

ジムトンプソン

ずーと、ここのティーハウスへ行ってみたいとおもっていたので、MBKのついでにふらりと。
ジムトンプソンティーをオーダーして、ふうー、と一息。

洗練されたオリエンタルな雰囲気を持つ素敵なカフェ。

ジムトンプソン

ジムトンプソン

たしか、140バーツくらいにサービス税。
とにかく美しいので、一度はお出かけする価値があるかも?

意外とクローズが早いので、チェックを忘れずにね。

 

THOMPSON BAR & RESTAURANT
JIM THOMPSON HOUSE

ウェブサイト

6/1 Soi Kasemsan 2,
Rama 1 Road, Bangkok
Tel: (662) 612 3601
Open from 9.00 to 19.00
(last food order 18.00)

カルマカメット ハーブティー!

カルマカメット

セントラルワールドにある「カルマカメット」へ。
ここはこの間見つけたものすごくおいしいハーブティーやさん。

ふたり用のハーブティーが200Bくらい。
日本円だと600円くらいかな。

カルマカメット

デパートにひょっこり登場したような店なんだけれど、これがまたすごくいいのです。

カルマカメット

わたしは大抵このおうさまソファーに腰掛けて、読書したり、企画書を書いていたりします。

カルマカメット

たっぷりをひとりでペロリと平らげてしまうのです!
すごく洗練された味でおいしい。
高いけど、ついつい足しげく通ってます。

いつかこのお茶を販売してくれたらいいのになぁ・・・。

場所はセントラルワールドのザラのとなり、という感じ。
ぜひバンコク穴場スポットとしてハーブティー好きの方はチェケラ☆してみてくださいね。

大戸屋

大戸屋

ランチに大戸屋へ。
たまには和食も食べたくなります。

わたしは大戸屋ではいつも焼き魚定食系をオーダーします。

こちらではわりと高級目の和食やさんとして認知されています。

おいしゅうございました!

ブリストンで朝食を

朝ごはん

朝ごはん

MK GOLD

MKGOLD

アテンドでお出かけしたタイスキの「MK GOLD」
ここはタイ料理がちょっと苦手・・・なんて人にも超おすすめのレストラン。
海鮮鍋です。1日目に登場したコカレストランと同じ種類です。

MK GOLD

MK GOLD

麗しのカオマンガイ

カオマンガイ

バンコクで一番好きかもしれないカオマンガイの屋台へ早速おでかけしてきました!
今回は問い合わせNO.1のこの屋台にも皆さんもお出かけできるように、TOKYOに戻ったらMAPをアップいたしますので、楽しみにしていてください。

それにしてもやっぱりおいしい。

このカオマンガイ、35バーツ。

安い!うまい!バンコクのローカルフードです。

あー、しあわせ。

ブリストン レジデンス

ブリストン

今回の滞在は初めの3日間は、このブリストンに滞在。
とにかく部屋が広くて駅からもすぐなので、以前からよく泊まっています。

これはリビング&キッチン。

テレビ横のデスクでパチパチと仕事をしています。
書斎みたいな感じ?

ここは無線LANが通っているので、i-pod touchで常にメールチェックができるのが便利。
とはいえ、返事を書くのはPCなのですが。。。

つやつやネイル

ネイル

とりあえず、いつものローカルネイルやさんでマニュキュアとペディキュア、それぞれのケアも。
マニュキュアが120バーツ。
ペディキュアが130バーツ。

合計250バーツ。

パパとヒットミーはネイルとそしてカラーもしてました。
わたしは最近黒髪が好きなのでカラーはなし。

そのあいだに、銀行へ行って口座が開けないか挑戦。
実は今回の裏テーマはこれだったのです。


年に何度もくるんだから、いちいち両替するのも面倒だし。
というわけで、口座をつくることができました。

これでATMでお金を下ろせばいいんだわ。
というわけで、ちょっぴりまたマニアに近づけましたとさ。

またゆっくり口座については記事を書きますね。
 

 

ソントン・レストラン

バンコクへ行くと、毎日タイ料理を食べる。
タイ料理を大量に食べることになるわけだけれど、それがまったく気にならない。
バンコクへ行くとタイ人スイッチが入るというわけでもなく、純粋にタイ料理がおいしいから。

ソントン

中でも海鮮系タイは最も好きなもののひとつ。
ここ、ソントンはもう何年も通っている地元の料理やさんなの。

それが今回、お店が綺麗になっていて、びっくり。
もっとね、汚いほんと、定食屋みたいなところだったのに!

ソントン

エビスチームは必ずオーダーしてね。
我が家の定番。

ソントン

そしてプーパッポンカリー。
かにのカレー炒め。

殻ごとたっぷりのかにが美味でございます。
お店によって味が違うのよ。

美味しいものを食べて、自分を幸せにするのが最高のバカンスだとわたしは信じているのだ。
バカンスしすぎ・・・と注意はよく受けますが・・・。あははー。

VERTIGO [バー/バンコク]

VERTIGO

VERTIGO

VERTIGO

ふつうのバンコクの風景

ただいま。
今日も素敵な人との出逢いが・・・うれしい。

ほんまちゃん

さて、普通のバンコクの一日ということで。
すでに年に複数回バンコクに滞在しているので、おなじみスポットがいくつかある。

カフェやレストランや・・・そして現地に住む友人とゴハンしたりして、過ごす。
時にはiPhoneで音楽を聴いたり・・・考え事したり・・・

くつ

100sqr近い部屋は、とても落ち着く。(ちなみにここはアソークレジデンス)
わたしは広い部屋じゃないとなんかダメなのです。

靴を並べて、その日の予定にあわせてチョイスしたり、ワンピースにあわせてみたり。
それもまた楽しい。

バスタイム

朝早くおきて、アロマオイルを数的落として、半身浴も好きな過ごし方。
るるるるーー♪
ハナ歌を歌いながら過ごす。

丁寧においしい紅茶を入れたり、メールチェックしたりして、今日も素敵ないちにちになりそうだなぁとワクワクしながら迎えてます。

これがほんまちゃん流ふつうのバンコクの風景。

coran spa bangkok

ここのところ、気に入ってよく通っているのはcoran spa.
THAI Air のタイバーゲンの撮影でも使われているのが、実はここなのです。

わたしも最近気がついたんだけど。

とにかく、丁寧できめ細かいサービスがバンコクいちだと思う。
しかも今は50%オフ中。

超おすすめです。

coranspa

ちなみに、このあいだのタラソ4時間レポはここね。

はじめて訪れたときはこっちでした。

ちなみにコランスパについての検索結果はここにまとめてあります。

coranspa

coranspa

coranspa

ル・ブリュー [フレンチ/バンコク]

ル・ブリュー

ル・ブリュー

ル・ブリュー

ル・ブリュー

ル・ブリュー

Karmakamet カルマカメット[ティーハウス/バンコク]

カルマカメット バンコク

今回の旅で発掘したお店「カルマカメット」
そもそもはアロマブランドで、ここのところバンコクでの認知度がすごい勢いでアップしているらしい。たしかにアジアンをテーマに非常にどっしりとしたつくりで、プロダクツも面白い。
実はサムイ島にホテルもあるらしい・・・。

カルマカメット バンコク

オーダーしたのは、ブレンドのハーブティー。
これがなかなかどうして。。。おいしい!
実はホットの紅茶はふたりぶん。
ひとりでも二人分、180バーツ。
スタバ2杯分なのだけれど、私自身はハーブティーふぇちなのでたっぷり、おいしくいただけるのであれば問題なし!

カルマカメット バンコク

実はサイアムのデパートの中にあります。
ほんとは一軒家カフェならもっといいんだけどね。

でも、かなりおすすめ。気に入っちゃいました。うふふ。

 

カオマンガイ戦争に勝利!

カオマンガイ戦争

バンコクで初めて食べたのは、大好きなカオマンガイ。ラブ。
ここのカオマンガイは毎日食べたい、というくらい好きなのです。

カオマンガイ戦争カオマンガイ戦争

いやしかし・・・平日のランチタイムとなると地元の人でごったがえし・・・「カオマンガイ戦争」が勃発する恐ろしい店なのです。

カオマンガイ戦争

う、うまー。
やっぱりここは最高ね!

 

バンコク通信 bangkok part4

バンコク通信

ここ数年、毎年最低1度はバンコクへ旅行しているのだけれど、行くたびにすごい勢いで何かが変わっていたりする。今回は・・・ファッションかもしれない。綺麗にお化粧して、ヒールの靴を履いているオンナノコを見かけるようになった。タイ人はスリムで綺麗な人が多いので、これからすごいスピードで美女度がアップしていくだろうと予想していたりする。

バンコク通信

今回は最後の滞在の数日はソンクランという水掛祭りのシーズン。旧正月で暑い日が多いので、水をかけちゃえ!という発想だと聞いたことがある。ちなみに水をかけられると幸せになれるらしい。戦いと呼ぶ人もいる。水鉄砲でゲームみたいに掛け合うのだ。コドモは大喜びね。

バンコク通信

と、そんな時にちょうどバンコクではデモが再発し、大騒ぎに。「非常事態宣言」まで発令されたのでした!ASEANのミーティングがパタヤであってそれが妨害され、その余波がバンコク首都でも。一時はクーデターか?と大騒ぎだったり・・・生きているといろんなことがありますねぇ。

でも基本、バンコクはのんびりとしているパーソナリティなのとやはり流血自体に抵抗がある国民性なので、思っている以上に平和ですよ。詳しくはタイの非常事態宣言レポ①タイの非常事態宣言レポ②をチェックしてみてね。
 

バンコク通信

バンコク通信 bangkok part3

バンコク通信

おいしいものを食べて、エステに行きまくる!
これがガールズのバンコクでの正しい過ごし方!

いつも行っているスパ「バライコーン」はそれなりにいいのだけれど、少しレベルが落ちてきたと思う。そのかわり、今回は「コランスパ」を発掘できた。最後の日の4時間スパはタラソテラピー初体験でとても良かったし、夜スパもリラックスできてとてもいい。唯一の大ミスもあったけれど、そういうこともあるわよね。次回のときにちゃんとスタッフに情報が伝わっていて、フォローがあったというのも大きいと思う。マネージメントがしっかりしてたのは高ポイント。そして初めての「ランチwithスパ」も贅沢な気分になれすごくいいデス。好みに合わせてチョイスしてみて。すべてのコースはコランスパサイトでチェックできるよ。

バンコク通信

嗚呼!なんと自堕落で悪いオンナでしょう!けれど、たまには・・・バンコクに来たときは思いっきり贅沢することにしてる。長い間滞在していると現地通貨の感覚がついてきて、いちいち何かを買うたびに「これは高いかな?」と思うようになってしまう。

バンコク通信

そしてもちろん、食べまくる!でもお肉というよりも野菜や魚介が多いので、意外とヘルシー。それもまたオンナノコ向きだと思う。食べることは実は美とも大きなつながりがあって、きちんとしたものをちゃんと採っているということが美しさのみなもとだと思う。おいしく頂くことが心の満足に繋がり、ハッピーになり、表情に表れる。

しゃこのガーリック揚げと凍ったビールは毎回おいしいし、初挑戦のふかひれもたっぷりと入っていて、肌ぷりぷり。

バンコク通信

そして、海鮮タイ中華もうまし!なのよーーー。ここはいつも行く「ソントン」。2階が別の店?というくらい綺麗になっていて、びっくり。ますますいい店になっちゃった!ここはプーパッポンカリー(かにカレー)とエビスチームと空芯菜が最高!いや何を食べてもおいしいの!

バンコク通信

ぜひ、チャレンジしてみて。

バンコク通信 bangkok part2

バンコク通信

バンコクの魅力のひとつは間違いなく食。グルメです。わたしはやはり、アジアのグルメのレベルというのはとても豊かで高いと思っていて、その理由のひとつに複雑味のある味わいであること、たっぷりの野菜にお肉やお魚、それがいろいろなスパイスによって何層にもなってやってくる。そういうお皿が多いです。やはり、とても豊かな地なんだ、と。アジアは世界一豊かであるとわたしは思っています。だからとても寛容で、どこか幸福さが感じられるのではないか、と。

バンコク通信

たとえば、このバンコクいちのカオマンガイのおいしさといったら!悶絶しますよ。チキンのスープで炊き上げられたこのごはんは高いお米を使っているわけじゃないのに、おいしい。蒸したものも、揚げたものもまた食感が違うし、出てくるソースも違う!そしてたっぷりとしていてお腹が一杯になる。これが一皿100円。日本だったら10倍以上で売れると思う。

バンコク通信

海鮮系のタイ中華はとにかく蟹やらエビやらこれでもかーーというほどの大盤振る舞いだし、塩コショウの味付けも間違いない。たしかににんにくを多様していたりはするけれど、それでもハーブやスパイスを複数使用して作るソースはどれも見事な味わい。

バンコク通信

とにかく、バンコクビギナーにはいろいろなものを食べてみてね、とお伝えしたい。高級な店でも、地元の人が行く店でも、屋台でも本当にすべておいしいところを見つけられるし、十分に満足していただけると思う。サービスについては日本の高級店には負けるけれども、少なくともチェーン店のレベルならクリアしてくれると思います。

とにかく、グルメな旅、というのもバンコクのよさのひとつですね!

バンコク通信 bangkok part1

バンコク通信

ボクのどこが好き?

バンコクに聞かれたら・・・わたしはなんて答えるんだろう・・・とずーと考えていた。
たとえばその答えのひとつには、暖かくてすごしやすいところとか、食べ物がおいしいところとか、スパがたくさんあってレベルが高いこととか、コストパフォーマンスがいいところとか。そういういくつかの答えを簡単に見つけることが出来るけれども。でも正直そんな答えじゃないような気もする。

好きなことに理由はいらないのよ?

少し困った顔をしてそんな風に答えるかもしれない。きっと本当に好きってことは理屈じゃなくて、本能的なものかもしれない・・・と思う。どうしてかわからないけれど、とにかく好きなんだもの、と。

ここに来ると、懐かしいような・・・前向きな気持ちになれる。同時にがんばらなきゃ、というパワーももらえる。きっと、わたしにとってのパワースポットなのかもね。新しい自分になれる土地。ありのままの自分でいいんだ、とそんな当たり前のことに気がつかせてくれる。自分を甘やかしちゃおう、と寛容な自分になれる。

けれどなぜかここは住む場所じゃなくて、帰る場所。リラックスしに戻る場所なのだ。ノットホームタウン。きっと縁のある場所なんだと思う。いいところも悪いところも知っているけど、嫌いにはなれない。

ただ純粋に、まっすぐに好きだといえるもののひとつ。

たらそてらぴー Coran spa bangkok

バンコクでの最終日はお気に入りスパのタラソテラピー4時間コースを受けてきました。もちろん、コランスパでね。(過去の記事、コランスパ CORAN SPA bangkokもチェックすべし)

うーーー、リラックス!
うーーー、最高デス。

タラソテラピー

さすがに4時間コースというのは初めてで、間にお茶タイムまであるのデス。

タラソテラピー、デビューです。
このコースはフランスから製品を取り寄せているそうです。初めのボディソルトもジャリジャリとして程よい刺激。シャワーを浴びるとオイル分が肌をしっとりさせてくれます。

次は海草パック・・・次は・・・ソルトハーバルボール・・・次はクリームマッサージ・・・と続きマス。おうまい、エンドレス!

タラソテラピー

一番感動したのは、クリームボディマッサージで、PONDSのクリームクレンジングでフェイスヨガというのをやったでしょう?あれのボディ版なのです。オイルの代わりにクリーム。贅沢でしょ?
それがまた、なめらかでいい感じなのです。これはちょっと売りにできますね。(今度何かで使おう・・・ムヒヒ)

タラソテラピー

そういえばPONDSとバンコクのつながりは結構あって、前に1ヶ月ほどバンコク滞在した後に「ドルチェビータ」がはじまったのよね。ああ、懐かしい。でもやっぱり運命かも?と思ったりします。

バンコクのスパでは変わったメニューというのがあまりないので、ここのタラソはほんといいかもしれないですね。ここはハマムなんかもあって、試してみたいところ。レベルも高いです。
もちろんお高いエステなので、それなりの値段はしますが、日本に比べたらそんなの・・・という感じですので、超おすすめです。

たぶん、日本だったらこのコース、5万円くらいにはなっちゃうよね・・・。

CORAN boutique spa
27/1-2, Soi 13 Sukhumvit Road, Klongtoey-nua, Wattana, Bangkok 10110,Thailand
02-651-1588(+66-2-651-1588)
Website

屋台のバーミー

屋台のバーミー

屋台のバーミー

実は屋台で食べるバーミーとかカオマンガイが好き。

たいてい1杯90円くらいで軽めなのだけれど、ちょっと小腹がすいたときにずるずるしてます。たいてい指差しで「これこれ」とか「バーミー」とかっていうと「はいはい、ちょっとまってねー」なんて感じでみんな親切にしてくれます。

お店によって味が違っていて、好きな店には高い交通費をかけてタクシーとか電車に乗ってわざわざお出かけしたりします。

衛生的にヤバいのでは・・・と心配される方もいると思うのですが、わたしはじぇんじぇん大丈夫。一度もお腹壊したことはありません。第一、神経質になりすぎて無菌ルームから一歩も出られないなんてそんなの嫌だわ、と思います。まー、辛い思いをしたことがないから言える言葉なのかもしれないんですけれどね、あははー。

Cafe ルノートル

ルノートル

ルノートル

ホントのコーヒー・ブレイク。(笑)

カフェ・ルノートルのコーヒーとデザート。バンコクではデザートは日本人には甘すぎて辛いのです。でもルノートルのはおいしい。もちろん甘いのだけれど、素材自体がいいみたいで、フランスでお茶している気分になれます。

ところで、このラテの絵柄は何でしょう?
いまだに微妙でわかるような・・・わからないような、すっきりとしない気分です。

【ルノートル】
61 Natural Ville, Langsuan Rd., Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330
トンロー店、サイアムパラゴン店、ソフィテルシーロム店等もあるよー
TEL: 0-2250-7050-1
WOM

夜スパ

夜スパ

予約の電話をしたら、夜の7時半からしか空いていないんです、と大人気のようす。たしかにここはなかなか素敵な今回ベスト1のスパ。しかたないか、と夜スパ開催を決定。ヒットミーとお出かけしてきました。

ちなみに今日は4時間のスペシャルコースを昼過ぎから予約済み。最後の日はスパでだらだらして過ごすのラ。むふふー。

ちなみに昨日は予約していたコースと別のものが提供された・・・若干イライラ。だってそのコース、前回受けたのとほぼ一緒だったのです。今日も一部同じようなコースなのに!バカー。しつこく確認しなきゃいけないのです。せっかくのいいサービスも台無し。気をつけねば。うん。

ただいま今日のコースを一部変更しようか思案中・・・。

それでも夜スパはとてもリラックスできて、時間も有効に使えるし、かなりおすすめかも。ちょっとムリを言ってホテルまで向かえにきてもらっているしね。

とにかく、タイではサービスを買え!というのがわたしのオススメです。欲しいものはあまりないから、やっぱりスパなどに投資するのがいいと思われます。ということでまた昼スパに続くのであった。

Cafe work...

カフェ

バンコクで人気のあるアパレルブランドが経営するカフェでしばし休憩。たまにはスタバ以外も行くのですよ、ウヒヒ。混雑した店内でちょっとした仕事を片付けていたりする。チキチキチキ。

カフェ

どうやらここは味とオサレさと価格のバランスがいいようで、たくさんお店があるし、いつ行っても混んでいる。わたしはフレッシュレモンシェイクをオーダー。いわゆる甘くないフルーツシェイクですね。日本語訳がシェイクが「振動」になっていたのが可笑しかったけれど。

カフェ

さっぱりとしていておいしい。暑いこの国では最高ですよん。そしてやっぱり気分も変わるしね。ミントもちょうどいいアクセントでやっぱり味がいいんだ、と感激したのでした。また行ってみよう!

カオマンガイ戦争!

現在、ソンクラン祭りでジモティー向けの店はクローズしてます。どうも、ほんまちゃんです。おそらく、本日はソンクラン(水掛まつり)のスタートです。びしょぬれになる可能性あり・・・。恐ろしいです、ええ。

でもソンクランよりも恐ろしいのは・・・そうです、カオマンガイ戦争なのです。

わたしが大好きなカオマンガイのお店に先日初めてまっ昼間から参戦してみました。うおーーー、超盛り上がってます。ここの店は奥まったところにあるのですが、ここ一角だけ信じられない温度になってます。激あつっ!人だかりです。まさに奪い合い!

どうやら、混雑時にはオーダー内容をメモにかいてメモフォルダーにさして順番を待つ・・・なんていうルールらしいのですが・・・もう売り切れそうなカオマンガイを横目にタイ語がかけないほんまちゃんはメモを書けず・・・うーうーうー・・・ぎゃふん!

完敗・・・。タイ語でメモって・・・超レベル高し!

ちなみにいつもは指差しで屋台のおじさんが対応してくれます。やはりカオマンガイ戦争にはタイ語必須!生まれて初めて本気でタイ語を勉強すべし、と心に誓いました。そのくらいカオマンガイ戦争は心に火をつけます。くぅー、ぐや゛じい゛ーーーー。

というわけで、カオマンガイゲットまでの道のりはまだまだ長いのであった。とほほ。

ル・ブリュー [フレンチ/バンコク]

じゃじゃーーん!バンコクで一番好きなフレンチでランチなのだーー。といってもバターでギトギトなフレンチではなく、さっぱりといただけます。でもきちんとした洗練されたお味なのです。ぐふふー。噂ではここのシェフはミシュランレストランのシェフだったとか?たしかにちゃんとしてます。はい。こじんまりとした広さもわたくし好み。

ママンにかわいくおねだりして、昼間っからワインもオーダー。やっぱり必要ですよね?

ル・ブリュー

ヒットミーとママンとほんまちゃんのスリーショット!

 

ル・ブリュー

前菜はかにのサラダをチョイス!蟹だーいすき。というわけで、リストから即決定!

ル・ブリュー

メインは珍しくお肉に。レアで。バンコクでは珍しく、上質で熟成されたもの。うまー、ちょろけます。火加減もバッチリだすーー。

ル・ブリュー

デザートはショコラフォンダン。バンコクのショコラは激アマッが定番なのですが、これは輸入ものね。ちゃんと濃厚なカカオの香りがして、甘さも控えめでとろけるショコラにしばし放心状態。くぅー、しあわせ。

ル・ブリュー

ベリーのアイスも濃厚です。もうおなかいっぱいーーだよぉぅ、食べられないよぉぉ、と思いながらペロリと平らげてしまいました・・・。チカラあるなー、ほんまちゃん!

ル・ブリュー

わたしはラテにしたのだけれど、おとななヒットミーがエスプレッソを。グッドルッキングだったので載せてみました。

ちなみにランチは800バーツ弱にプラス税サービス17%デス。ひとり3000円というところかな?それにワインが5000円強くらいだったかな。

たまにはバンコクでも贅沢にフレンチも楽しいですよーー。日本で考えたらかなり安いよね?タイ料理に飽きたら、フレンチも超おすすめです。

ソントンレストラン [タイ中華/バンコク]

大好きなソントンレストランへ行ってきました。

ここはバンコクに来るたびに訪れるタイ中華料理でシーフードのお店です。わたしはいつもプーパッポンカリーと空芯菜の炒め物、海老の蒸したものをいただきます。今回は4人でお邪魔したのでたくさん食べられて嬉しい!

ソントン

ソントン

うまー。うまーーー。何を食べてもおいしいです。うん。

ソントン

ソントン

ソントン

でも何よりも2階部分が改装されて綺麗になっていたことがびっくりだったけどね。ははは。しあわせ。

極上スパ!

コランスパ

ただいまー。今朝はひる前からスパへ行ってきました。しあわせ。ウヒヒ。

詳しくはまたのちほどレポしたいと思いますが・・・とても気に入りました。なんていうか、がんばりすぎていないのがすごくよくて、リラックスできるんですよーー。そして技術もしっかりしているし、使っているプロダクトもきちんとしてます。これはかなり・・・いいです!もう一度くらいはお出かけしようと思ってます。

ちなみにわたしのコースは全身アロママッサージにタイハーバルボールにフェイシャルにランチがついたプラン。極楽じゃーー、しあわせ。

ふつうのタイマッサージもあるみたいだから、それもまたいいかも。滞在しているレジデンスから歩いて10分かからなそうな場所にありますです。今度はお迎えじゃなくてあるいてみようかな。

今はノーメークでだらだらとネットをしております。だってぇ、メークしたら勿体ない気がして。とかいいつつ、またメークしてお出かけするつもり。早くしないとママンとの集合時間になっちゃうわーー。

では詳細レポをどうぞお楽しみに。

檸檬のころと揚げカオマンガイ

揚げカオマンガイ

揚げカオマンガイ

ヒットミーが持ってきた「檸檬のころ」を奪って読破。若い作家が最近はとても流行っていて、わたしはわりとそれらの作品を読んでいると思うのだけれど、いいなぁと思うのは島本理生だけかも。すいません、完璧に個人的な趣味のハナシです。はい。

ヒットミーが来たのでおいしいところ食べに行こうか?なんて話をしているのに渋滞がいやだ、という理由でなぜかお家ごはん三昧。つまらん。

ブログネタがないやんけーー!

でも明日の夜はマムー合流なので、あちこちごはんに行けることでしょう。はやくこないかなぁぁ。

フレッシュフルーツとお茶で読書がとても楽しくて、やっぱりバンコクに来たらフルーツをたっぷり食べなきゃよね、とにんまりしながら過ごしてます。もちろんビールも飲んでいるけれど、たいした量じゃないと思う。なにしろ、ビールを飲むと一気に疲れが出てしまう気がして。つまらないでしょ?

ちなみに重い思いをしてせっせとビールを買いに走るほんまちゃんを尻目に買っても来ないビールを次々と開けているヒットミー・・・。ゆるせん!←人間が小さくて結構!

バンコクではビールを買うのはとてもとても大変なのですよ。時間限定でしかもおうちまで運ばなきゃいけないのだ。飲み物って重いのよ!

しかし、そんな声は届かず・・・気持ちよさそうに寝息をたてているヒットミーなのであった・・・。ちっ。

FaceCafe

Face

わたしの大好きなレストラン、FACEはタイ料理とインド料理、そして日本料理にスパが併設された複合施設なのだ。バンコクらしからぬ洗練された空間は欧米独特の洗練された雰囲気とアジアらしいスタイルとが上手にミックスされた空間。バリっぽいかもしれないね。(といいながらバリにはまだ行ったことがないのだが)

Face

ちなみに、この席は少し高くなっていて靴を脱いであがるアジアンスタイル。そして低めのテーブル。窓からはたくさんの光が差し込んできて、またと ころどころにうっそうとしたグリーンが見えて癒される。そして足が伸ばせてリラックスできるのだ。ここのデザートもとびきりおいしい。

Face

ここにはたいてい夜にお邪魔するので、夕方のこのすこし明るい時間帯ははじめて。以前はペストリーブティックがあり、そこにお昼すぎにお茶しに来たことはあったのだけれど、今回はペストリーはやめて、すしバーを4ヶ月前にオープンしたとのことを支配人らしき欧米人が教えてくれた。

Face

えー と、わたしはここは半年ぶりくらいだから、前に訪れたときのちょっと後にオープンしたことになるのかな。ちなみにすしバーの日本人シェフも紹介してもらっ た。どこから来たの?と聞かれ、「日本よ」と答えると・・・「本当?うーむ、ラテンぽい感じがするのにな・・・どう思う?(とオモムロにタイ人スタッフに 聞く・・・)そして、じゃあパスポートチェックだな」、と悪い顔をして微笑んだのだった。わたしは欧米人のこういうおちゃめで可愛らしいところは好き。と いうわけで、トラフィックでタクシーがなかなか来なかったので、日本人シェフにチェックしてもらおう、とすしバーに案内してもらったのだった。

Face

雰囲気のある、リゾートにいるような気分がここバンコクでも味わえるのです。超おすすめ。

貧乳なのに肩が凝る件について

FACE

こんばんは、今日の夕方ヒットミーがぶじホテルに到着いたしました。この写真はさいごのひとりバンコクを満喫、の図。大好きなFACEでひとりラテをすすってリラックス、癒されてました。すると・・・そんな心を察してかスコールが!この写真でわかるかな?

ところで、前々から不思議に思っていたのですが、わたしの肩こりは尋常じゃないです。よくムネが豊かな人は肩こりがヒドイという噂を聞いたことがありますよね、でもなぜに貧乳なのに肩こりがひどいんだろう?ずーとPCをいじっているからかなぁ、とか気を遣いすぎるから(クレームはただいま締め切りました!)いろいろ考えてみているのですが、まだ答えがでません。

ところで、そもそもの肉質が強いってことはあるんでしょうか。というかむくみやすいんだと思う。まいにちムクムクしてるのを感じてます。ううう。

というわけで姉思いのほんまちゃんは、取り急ぎヒットミーをそそのかして激痛足ツボに拉致してみました。うー、二回目だけど今日はさらにパワーアップの強さでチビりました。でも終わった後がすごく楽なんですよ。ぷはー、極楽じゃ!今日はマッサージ2クールして、シャンプーブローもしてもらったし、るんるんです。でもホント、今日の渋滞はすごかったです。

では明日はまたレポを書きますね。ららばい!

ギャックシャークフィン [ふかひれ/バンコク]

ふかひれ

実は何度もバンコクに来ているのに、ふかひれは初めて。
たっぷりのふかひれにもやしとパクチーを入れていただく。

超濃厚なスープとふかひれが絶品!

おいしい!

うー、しあわせ。

翌日肌がぷるるんーーー。

あわびごはん

ちなみにこれはあわびごはん。
いい出汁がでていてこれもおいしいの。

ホックシャークフィン

いやー、ほんとバンコクは食い倒れの街なのです。

サクラに焦がれる

さばしお定食

こんばんは、東京はサクラが満開だとの情報を得て、焦がれているほんまです、どうも。
淡くてはかなくてひらひらとするサクラを今年も見たかったなぁと思いつつ、けれど想像することでサクラに恋焦がれることでより季節を楽しめるということもあるのではないか、と思うのです。

欲しいものすべてが手に入ってしまったとしたら、それはやっぱりつまらない、と思うの。
素敵でキラキラしていて、うわー綺麗、みたいなものがきっと世の中にはたくさんあって、大好きなんだけれど、手に入らない・・・でもちゃんと心の中にはある。それをはかないとか、貴重とかいうのではないでしょうか。

と格好つけたことをいいながら、久しぶりに和食でも食べてみるか、と大戸屋へ。バンコクでは大戸屋は立派な和食やさんです。しかもひとつひとつ炭火で焼いているからおいしいです。サクラのアイスまであって食べたかったのにおなかがいっぱいで断念。サクラに焦がれただけで終わってしまいました。ははは。

ところで、ここは日本人のたまり場と化しているのですが、となりに座った現地在住の日本人夫妻に
「ほら、みてみろよ、食べ方が綺麗だから、タイ人じゃなくて2世だよ・・・」とか噂され、その人たちのオーダーが来るまでまさにガン見されてしまいました・・・。いや、オーダーしたものが来てからもかなりガン見。ピ、ピー!見すぎですよーー!

あのー、日本人デス。
通じてます。ガン見されてるのも気づいてます。食べ方綺麗だからって2世ってなによーー、プンプン。
でも途中からあまりにおかしくてニヤついてしまいました。カードで払ったからわたしの日本語のサインをみて(サインしているときですらガン見されていた)、「あっ、日本人だった」と後にした店で語り合っていることでしょう!ウヒヒ、してやったり!

その後、マッサージやさんにいくもフルブッキングで断られました。ガビーン!しかたなく、タクシーでお家へGO!

そんなサクラに焦がれる月曜日。

まったりと過ごすお昼どき

アンジェリーナのモンブラン

じゃじゃーん、大好きなアンジェリーナのモンブラン。
出来立てフレッシュをぱくつくのが最高です。

味はほぼ日本のものと一緒です。しっかり甘くて、フランスって感じです。ルイボスティーと一緒に。

部屋からの眺め

窓から差し込む光にふと見上げてみるといい天気。
今の時間がバンコクでは一番暑いのです。

11時から13時くらいかな。
でも・・・あっ、雨がふってきた!

ペディキュア

そして読書に音楽を聴いて、手作りドレッシングにサラダ、フルーツなんかをたっぷりいただいてます。
んー、しあわせ。極楽じゃ!

これからバスタイムと読書を楽しんで、どこにマッサージに出かけようか悩むことにします。
ぐふふー。

BANGKOK TIMES

バンコクの景色

こんにちは、ほんまちゃんです。
こちらはもうこの時間になると暑いのですが、クーラーが苦手なので必要に応じて温度設定をしたり、つけたり消したりを繰り返しています。

バンコクでは東京以上にゆったりとした時間がながれています。

まったりソファ

今日はお気に入りの読書スペースをご紹介!
このソファはちょうどいいかんじのオットマンつきのソファでベッドルームにあります。ここでのんびりと本を読んだり、考え事をしたりして過ごします。

リビング

で、もうひとつがこの広いリビングのソファ!
読書にも気分転換が必要なので、ベッドルームに飽きたらこちらに移動して本を読みます。

バンコクでは紅茶はあまりおいしくないので、自分で入れます。たぶん、葉の量が少なくて、いい茶葉が入ってこない&外国のものは高いのです。ワインもすごく高いんですよ。ブルゴーニュなんかは怖くて買えません。なんせマイペンライ、の国ですから、残念ながら保存の知識はまだまだのようです。

日本の約3倍くらいかな。
1000円のワインなら、3000円くらいだと思われます。うーむ、ビールにしよう、ビールに。(笑)ちなみにビールは1缶100円くらいです。

ちなみにアルコールは2時から5時の間は購入禁止です。このルール、いつみても笑います。意味不明でして。でも意外と不便です。
 

広すぎる・・・

ホテル

ぶっちゃけ、部屋が広すぎて使いこなせません・・・。
どうすればいいんでしょうか。

ただいま、アソークレジデンス@ASOK

冷蔵庫もキッチンもリビングもダイニングも広すぎます。
バストイレは2部屋。

えー、ひとりぼっちですが・・・?自他共に認めるひとり好きでもちょっともてあましてます。

たいてい、ベッドルームにPCを持ち込んでカチカチやっているので、ベッドルームに引きこもりです。
はっきり言って、ベットルームとバスだけでも普通の広いホテルの部屋状態です。

ヒットミー早く来ないかな・・・。

ネイルはオンナノコの密かな楽しみです!

先日、大ファンのNさんにオトコノコはネイルって実はそんなに見てないよ、的な発言をされ驚いたほんまちゃんです。
でもたしかにそうかも・・・となんだか妙に納得してしまった。
ギラギラのネイルはどうかと思うけど(私は落ち着かない)、やっぱりネイルというのは自分のためにするものだと思う。
ほんまちゃんは常にPCをカチカチしているので、ネイルが視界に入る割合ってものすごく多いわけですよ。
そうすると、先端が綺麗だとほっとするのだ。
いつも視界に入るものは美しくあってほしいもんね。ふふふー。

ネイル

というわけで、最近はセルフネイル派なほんまちゃんですが、バンコクではネイルサロンへ行きます。
綺麗にケアしてもらって、誰かにネイルを塗ってもらうのってやっぱり嬉しい。

ペディキュア
というわけで、こんな足を皆様に披露するのはちと犯罪な気もするけど・・・、えいっ。(笑)

ちなみにネイルはバンコクに持参します。OPIのやつね。
昨日はかかとの角質もバッチリとっていただいたので、つるつるです。
これで夏も無事乗り切れるかな。

ネイルはオンナノコの密かな楽しみです!
 

タイ専用・・・?

到着して驚いたこと。
それは・・・今回こそケータイを買おうと日本で下調べして、バンコクでヒットミーと合流したら・・・。
すでにケータイを買っていたこと。

んがーーー、恐るべし、ツインズパワー。

で、さんざん見せびらかされてうんざりして、スーパーへ行くと・・・あら、ケータイ売ってる!
しかも結構安い。
なので、ついついほんまちゃんも予定通りケータイを購入しちゃいました。
やっぱりあると便利だしね。うふふ。

タイのケータイ

というわけでタイ専用ケータイデビューです。
我が家はバンコクにはよく来るのと、「解散」形式で街をうろうろするので、ひとり一台あると便利なのだ。
うふふ。

ヒットミーに設定をしてもらい、なんとか番号もゲットできたし。
安いおもちゃをゲットしたほんまファミリーなのであった。

ちなみに、バンコクではプリペイド式が普通なので、残高が足りなくなったらプリペイドを買えばいいの。
楽チン。

タイケータイ
というわけで、今日から早速ケータイ生活スタートです。

告白・・・。

こんにちは、ほんまちゃんです。
昨日は友達と近所のホルモン焼きやさんへ行ってきました。
あの、グレープフルーツサワーがおいしいところね。むふふ。
これから10日間連続で怒涛の帰国パーリーがあります。

ぷっ、うそです。予定があるだけです。

さてさて、実はバンコクで初体験したことがあります・・・。

それは・・・それは・・・

男性にエステをしてもらうこと!

「マダーム、男性でもよろしいでしょうか・・・」と聞かれた時にはドキッとしたけど、たまにはチャレンジングなこともいいのではないか、と思えたのはおおらかお国柄のせい?

きゃー、これってほんまちゃん的にはありえないーーー。
んが、過去の反省も含めて、気にしないようにして(笑)オイルマッサージしてもらいました。うへへへ。

でね、それがまたうまーーい、のです。
この人今までで一番上手なんですけど・・・。
おそるべしタイランド!

バライコーン男性施術者そして、レセプションも担当していていつも話をしている人だったのだ。
手がものすごく大きくて、動きがなめらかなのよぅ。
しかも丁寧で、繊細に気を遣い、礼儀正しい。わたしね、こういうひと好き。

今度からこの人を指名しようっと。1度見られたらもう何度でも一緒でしょ。意外と男らしいのだ。うへへへ。
おいおい、さっきまでの拒否反応はなんだったんだよ、と自分ツッコミ。
すぐに鞍替えしてしまうほんまちゃんなのであった。

 

プルマンdays

ホテルの部屋もしもわたしが学生だったとしたら、こんなホテルには泊まらない。もっと自由に、もっと安い旅行を楽しんだはずだと思う。
実際、お金なんてなかったしね。

でもないからこそ、時間だけは沢山あって、いろんなことを感じることが出来たんじゃないかって。ない、ということは実はとても必要なことなんじゃないか、とちょっと大人な発言をしてみる。

強がり?
強がりだってウエルカム、だ。

ホテルのソファで、もうすっかり大人になったほんまちゃんはどちらかというと時間の方がない、という現実にぶち当たるわけで。(正直言うとどちらもない、という方が正しいのだが)せっかくのお休みならば快適に過ごすために、たまには贅沢をしよう、と。
バンコクはとても安いし、そういうところでゴージャスな体験をしておくのは必要なのだ。

シャネルで、このカメリアはナンなのよ?という結末。
ハハハ、成田の免税店でシャネルの化粧品を買うのが実は定番なのだ。
ただ単に安いから、というオチなんだけどね。今回は発売されたばかりの美白ファンデーションと下地、限定のカメリア型のアイシャドーを。今シーズンはすっかり美白がトレンドのようで、どのブランドも美白、美白、美白だ。

ついでに買おうと思っていた白鳳堂のメークブラシも機内で購入。
もう5年近く使ってるシュウウエムラは自宅用にしたくて、持ち歩き用にフルセットをゲット。

ビバ、散財。
そうそう、遣わないと働く気力もわかないしね・・・ってそんなオチでいいのだろうか、、、まっ、いっか。

バンコクの旅はエステ三昧にグルメ三昧に美容三昧・・・ということで。
たまには自分も美しくしないとね。おほほ。

プチ・エグゼクティブ

どうも、ほんまちゃんです。
もうすっかりバンコクでちやほやされたことは忘れ去られてます。幸運なことにバンコクにいるとこんなわたしでも美女扱いにされるので非常に気分がいいです。うへへ。

で、東京に戻ってくると、世の中の世知辛さが身にしみる毎日。でも一瞬でも美女体験ができるのでファニーフェイスのみなさん、オススメですぜ。にやり。

さてさて、実は今回の滞在はたまには「エグゼクティブ」体験をしよう、と10月に出来たばかりの5つ星ホテル、PullmanBangkokのエグゼルームをリザベイションしたわたしたち。
(あっ、若干ルー語になっているのは気にしないで。おほほ)

ラウンジで朝食をチェックインもチェックアウトも専用ラウンジで。すいすい~ですよ。
朝食も、カクテルタイムも、エブリディ、エブリタイム、ステキなサービスをうけていたのでした。
ふへー、こんなエグゼ体験は嬉しいかも。

で、一番のお気に入りは最新式マッサージマシーン。超気持ちがいいのです!いやだー、離れたくない。(笑)

このシートは奪い合いといいながら、そんなにはホテルにいなかったのだけど、それでも丁寧なサービスを受けられたのでやっぱりエグゼにしてよかったかも。何よりザワザワしていないのが好き。

まぁ、ラウンジでのステキな出逢いはなかったけど・・・。すいません、期待に答えられなくて。そんな実力ありまへん。

乾杯それでも、大好きなバンヤンツリーの屋上バーで夜景を見ながらカクテルを飲んでみたり、夜景きれいねん、とロマンチックなシチュエーションをめいっぱい楽しんできたのでした。パーフェクトなお店選びです、うん。
プチエグゼ値上昇チュウ。

夜景とあいちゃんと本当に本当に、こんなステキなセレブタイムを過ごせるのも、親友のあいちゃんと駐在しているお友達Tサマのおかげなのです。ほんまちゃんって本当に幸運だわ。いつもステキな人が傍にいてくれることが嬉しくて。感謝しても足りないのよ。ステキでスマート。わたしの周りにはね、好きな人しかいないの。プライベートでは好きな人以外とはつきあわない。そう決めているのだ。

本当の意味でのエグゼクティブってそういうステキな人に囲まれていることだとつくづく感じる夜なのでした。
 

旅の終わり

いよいよもうすぐ帰国です。
本当にお休みはあっという間なのよねん。

屋台
フォー
パイナップル今日はホテルでだらだらと過ごして、スパへ行きオイルマッサージをして
お気に入りの屋台でラーメンを食べて、デパートでスパ製品を購入。イヒヒ。

で夜はローカルなタイシーフードでプーパッポンカリー(カニカレー炒め)とえびスチームを食べてホテルに帰ってきました。

んー、充実。うへへへ。

プーパッポンカリー
エビスチームとそんなわけでそろそろ空港に向かいまーす。
お風呂にも入ってリフレッシュしてます。

帰ったら詳しくレポしますねーー。

ではでは・・・。


タイガービール
↑タイガービール・ガールが注文を取りに来たので、タイガービールにしてみました、の図。

ワールドツアー・チュウ

どうも、ワールドツアー中のほんまです。
タイトなスケジュールの都合上、あまりブログ更新できてません。

ジャパンツアーに戻ったらゆっくりレポしますね。
昨日はおいしいとりごはんの屋台を教えていただいて、食べに行ってきました。
本当にすごく分かりづらい場所にあるんだけど、おいしいのだ。

バンコクに来るたびに食べにいこうっと。

とりごはん

というわけで、相変わらずスパ三昧してます。
そしてホテルのラウンジで軽くワインを飲んだり・・・夜は屋台で春雨サラダを食べたり、パッタイを堪能して、大好きなFACEBARへ。
完璧に酔っぱらいました。ハハハ。

Face
というわけで、いよいよ今日の夜にはバンコクを離れます。いやだーー、ジャパンツアーに戻りたくないよぅぅ。

face
 

ルックライク。

どうも、ほんまちゃんです。
両替をするたびに念入りに一万円札をチェックされるとです。

・・・すいません、日本人に見えなくて。
サインを見て、顔を見て、念入りにお札をチェックされ、ようやく開放されるわたしの身になっていただきたいと切に願う今日この頃です。

visa.jpg

さて、今夜は一番のお気に入りのFACEバーへ行ってきました。
帰りにスイーツまでお持ち帰り。
ここのジェラートは絶品です。ケーキもタイの中ではレベル高し。

以前から、この近くの屋台街にマムーが行きたいといっていたので、ついていきまちた。
屋台もおいしかったです。さっぱりとしていて、お疲れ気味の胃にちょうど良いね。
コストパフォーマンスとしてはやっぱりタイに来たらタイ料理を食べるべきだと悟ったほんまちゃんです。
でもたまには豪華なところも行くけどね。ウヒヒ。
一番のオススメはチャイニーズタイ料理のシーフードですね。激うま。

me01.jpg

屋台仕様にちょっとカジュアルで。面白いトップスでしょ?
いよいよ明日の夜ここを離れます。
でももう一泊分追加して夜までだらだらと出来るので、楽だと思いまーす。

omiya.jpg

お土産はタイ料理セットを買いました。
何が皆さんのところに行くかはわかりませんが、お楽しみに。
バレンタインなので、キスチョコも買いましたー。
男性陣にはもれなくついてきます。(笑)あはは。

ってこのままだとネタバレしちゃうな。

サマーセットホテル

sumset01.jpg

先日滞在したときに目をつけていたサマーセットホテルへと移動してきました。
ここはネットも通じるし、うー、快適です。
というわけで、無事ネットライフも再開です。

当初の予定を変更し、帰るまでこちらに滞在することにしたので、あとはのんびりするだけ。
ここはよくいくランスアン通り近くなので、引きこもりつつ、お散歩に出かけたり出来そうです。

sumset02.jpg

ほんまファミリーのようなリピーターにはホテルよりもサービスアパートのようなキッチン付きのほうがリラックスできて良いのではないかと思います。
最高に快適です。

というわけで、なんとかやってます。

16 LE BEAULIEU

またしてもやってしまいました!
すごくすごくすごく素敵なレストランを発掘してしまった。

今日はフレンチ、地中海よりのレストランです。

(I try to write English....but I am not sure. I did ones best...I need so many time! help trancerator service. please you haveing full imagination, Thank you. )

I have done it again!
I have excavated a very very very wonderful restaurant.
It is French, a restaurant from the Mediterranean Sea today.

06bang_16_be1.jpg
↑これは前菜のフレッシュクラブケーキ。しいたけの上にたっぷりの蟹。ホロホロ感があってでもすごくやわらかい。口に入れるとほどける感じ。レモングラスの入ったソースも絶品。ラストノーツにさっぱりとしたレモングラス。ああ、いくらでも食べられそう。

↑This is a fresh club cake. The crab which is plentiful on a mushroom. There is "Holo Holo" feeling and is very soft. A feeling to come loose when I can enter an entrance. The sauce which a lemon grass was in is an unrivaled article. It is frank lemon grass in last notes. Oh, I seem to be no matter how edible.

私の知る限り、バンコクでパーフェクトなレストランのひとつであることはまちがいないです。
まず、お店。バンコクの有名なデザイナーが手がけていて、高級感もあるし、壁のスカイブルーがすごくいいの。席数も多くないし、アットホームなサービスが展開できる感じ。サイトから写真のリンクがあるからぜひぜひチェックしてみて。

It is certain that it is one of the restaurants which are perfect in Bangkok as far as I know it.

At first it is a shop. A famous designer of Bangkok deals, and there is a sense of quality, and sky blue of a wall is very good.
The feeling that the service that with much number of the seats, and is athome can develop.
Because there is a link of a photograph from a site, try to check it !

06bang_16_be2.jpg
↑リブステーキ、ミディアムレア。バッチリの火加減と選び抜かれたお肉。うまー。きのこがたっぷり。お肉の脂ときのこが中和されておいしい。デコレーションも完璧。美しくて、おいしい料理はバンコクではとても難しいの。こんな店があること自体、信じられない。すごいクオリティ!

↑A lib steak, medium. Is perfect; heat and the meat that was kept on choosing you. dddd,delicious!!! many mushroom is plentiful. beef oil and mushroom of meat are neutralized and are delicious. The decorations are perfect, too. I think it is too difficult to find... beautiful, and delicious cooking in Bangkok. I can not believe there being such a shop in itself. Terrible quality!

サービス。ひとりでランチに来ているような変わった客は私一人だったのだけど、サービスマネージャーがどう、大丈夫?とかまめに声をかけてくれるの。メニューを選ぶときもおすすめは?なんて聞いたらうーむ、これは結構ヘビーだよ、だから前菜は軽めがいいんじゃない?なんてことをいってくれたりとか。

Service.
Many visitor coming to a lunch, but I am alone, and service manager recommend manythings. When choose a menu...recommendation is perfect. It was cool!

欧米人がほとんどで、ビジネスランチもしていたよ。

Westerners were come to oftenand did a lunch-meeting.

06bang_16_be3.jpg
↑これはデザートのクレープ。ごく薄いクレープ。端はパリパリ。中はメレンゲベースのカスタードでこれまた火の通し方が完璧。トロトロ。なので、クレープの中は濃厚なカスタードと生地が一緒になってやわらかい食感。ソースはマンゴー。よってシャーベットもマンゴー。これもケチのつけようがないの!

This is crepe of dessert. Extremely thin crepe. An edge is brand-new. Average be elaborate with custard of a meringue base, and consecutive fire is perfect again. Gently. A feeling of appetite which cloth marries heavy custard in crepe, and is tender. A source is a mango. Therefore, sherbet is a mango, too.

ランチは2コースでB390 3コースで B450、エグゼクティブが B650だったかな。
すべて食後のコーヒーまたは紅茶付き。あとは、ミネラルウォーターとかワイン代プラス。
税サービスが17%加算だから・・・

Lunch was 3style. 2 or 3course, B390 and B450, an executive B650.
It is include with coffee or tea, after a meal.
It is mineral water or wine charges plus afterward.
We need to tax and service chage.( it is 17% addition)

わたしはだいたいB600弱でした。
いや、ほんと、大満足。
ポーションもたっぷりで、日本人なら2コースで十分。
もう一度、ランチにいって、そのときはワインも頼んじゃおうかな。
もちろん、チャンスをつくって夜にも行くつもり。
だって、ロングのドレスも持ってきたんだもん。
ここは、ランチだというのにみんなちゃんとおしゃれをしてきていて、ますますほんまちゃんの好きなツボを押さえとります。どんなお客さんが来ているかっていうのも、ほんと大切なのよ。

my accounts is around B600.
I say trues, it was so satisfaction.

A portion is OK, and a Japanese is enough in two courses.
I am sure, have lunch with wine next time.

Of course I make a chance and intend to go at the night.
because a long dress, I have !

Though it is a lunch, all custmar are dressed up. It was so lovely.
it is very inportant point that my favorite.

ちなみに今日はシルクサテンのストレッチの利いたベアトップにカーデでドレスダウン。
よかった・・・今までで一番おしゃれしてたの。いい勘が働いたかも・・・。(笑)

ディナーはひとりB2000-2500くらいかな。(日本円だと、7500円くらい?)

I wear black dress with knit.
I'm lucky...just a little dress up style today...I think.

Maybe dinner price are B2000-2500 per person.

バンコクでは超一流の値段であることは間違いないけど、
東京でこんなレベルのお料理がでてきたら・・・少なくとも、倍くらいの価値はあると思う。

食材や厨房の50-60%くらいはフランスや外国から輸入しているんだって。

I am sure, it was high cost in bangkok, but good price I think.
If I have same leavel dishes, in TOKYO, we need B5000 or more.

Many Materials comes over sea.

4ヶ月前にオープンしたばかりで、宣伝はしていなくて、ぜんぶ口コミだけってのもいい。

サービスの人の名刺もいただいちゃったし、予約しやすいわ。忘れられないうちにもう一度行こうっと。
ああ、掘り出し感アリアリで幸せ。

The restaurant open just 4month ago. No Advertising, just Word of mouth.(people)

I having survice maneger card, I am so happy because I can reserve sheet easy.
I will go...near the time.
It make me Happy, I could find fine restaurant!


06bang_16_be4.gif

おっと、そろそろ映画の時間。続きは帰ってきてからね。
びっくりしたんだけどね、こちらは映画の時間が毎日変わるのよ!ありえる?

ではでは、またね。

OH! I need to go, for a movie theater. A running time is change every day. is it Ok?
I can't believe it.

So, see you next time


LE BEAULIEU ル・ブリュー
50 Sukhumvit soi 19 Bangkok 10110 THAILAND at Sofitel Residence
TEL 02-204-2004
FAX 02-204-2005
WEBSITE [ウェブサイト]

13 FACEとマーケット

06bang_13_flo.jpg

カフェ・ジェロットの帰り道、ふらふらと歩いていると巨大スーパーを発見。
ああ、やったわ!
本当にスーパーって大好きなの。
最近、エンポリにしか行っていなかったから、こういう普通のスーパーに憧れてたの。(意味不明)
ちなみに、チェーン店みたいなお店もいくつか入っていて、大戸屋とかピッツァとか、スタバとか。

オフィスデポちっくな店では、ステッドラーのペンを衝動買い。
なぜにタイでステッドラー?!って感じではあるけど、ちょっとお安いみたい。
お土産にもちょこっと買ったので、運がよければ入ってます。

06bang_13_face2.jpg

その後、夜に素敵なカフェにいったのでご紹介♪
FACEという3店舗くらい集まった、とてもすてきなレストランがあって、そこでデザートとお茶を。
ここ、今まで行った中で一番いいかも・・・。
ここもお気に入りリスト入り。マミーを連れて行こう。

06bang_13_face1.jpg

やっぱり、素敵なレストランとか探せばあるんだなぁ。
本当に、いろいろと教えてくださるTさまに感謝☆

11 giustoとharnn

ああっっ、力作の投稿が・・・1時間の努力が・・・泡になって消えました。人魚姫状態。うえーん。
気を取り直して再投稿!
こんなのに負けないわ。(笑)

今日はニュートラルのコラムでも紹介した、イタリアンのgiustoへ。
ここのお店は前回の掘り出しレストランで、とても好きなのです。
一人では高級店のディナーは大変難しいので、
(だってワインも空けられないし、つまんないじゃない。
しかも一人でもたいてい2人席を占領しちゃうし。
申し訳なくて、お財布にもお店にも、私にも優しい。)
ランチに行くことにしました。これってグッドアイディア!
ただの暇人だし。

これからはランチ豪遊に決定☆

さてさて、本日のメニュー。ランチコースは自分が好きなように組み合わせができます。
今日はわたしは3コース。(約500B→日本円だと1600円くらいかな)

前菜にパスタ、デザートです。これにお茶をプラスすればかなりヘビーなランチに。
ほかにも、メインのコースもありました。

まずは前菜から、シーザーサラダ。
チキンが軽くローストしてあってローズマリーが利いてる!

06bang_11_guist1.jpg

パスタはピッツァかパスタから選べるのだけど、ピッツァは前回食べたときに激まずだったので避けるべし。やっぱり周りの人もみなパスタを頼んでたもん。
本日はカルボナーラをチョイスしてみました。お味はもちろん濃厚。

06bang_11_guist2.jpg

デザートはストロベリーソースのかかったチーズケーキ。
げ、激甘。がっつりメインとはあうかもしれないな。
でもデコレーションも綺麗だし、ストロベリーソースも濃くておいしかったよ。

06bang_11_guist3.jpg

店内は日本人の駐妻さまも優雅にランチをしていらっしゃいました。
店内もとても落ち着いた高級店といった感じで、サービスも洗練されていて、大満足。
ほんまちゃんはこの店がすきなのです。
天窓から差し込む光も素敵だし、ライティングも、壁に飾ってある現代的な絵もいい感じ。

06bang_11_guist4.jpg

マミーがこちらについたらまた連れて行ってあげよう♪
それまでにほかの店もリサーチしておかなくちゃ。

わたしってば本当に親孝行!(ただの言い訳というヒットミーの声は無視!)

というわけで、当然お店を出たときには苦しくて苦しくて・・・。
そのままタクシーで帰りそうになりました。(笑)

でも、もうひとつの目的であったチューズリーショップへ。
ここはバッグで有名なナラヤの元祖なお店。
でも、結局収穫なし・・・。
だって我が家にはナラヤのバッグであふれているんだもん。
小物の整理とかに便利なんだよ。

そして、やっぱりまだおなかがいっぱいで、なにもする気が起きない。

とりあえず最寄り駅のエンポリで腹ごなしをすることに。
お友達へのプレゼントでharnnのアロマグッズをおとな買い。
やっぱり、いいものはいいのです。

お土産のポリシーとしてほんまちゃんが貰ってほしいものをあげたいので(自己満足)
すごく悩んでしまうの。
バンコクでは洗練されたものはあまりないので、結局は世界展開しているharnnのようなブランドを買ってしまう私。ローカルで掘り出せたときは最高に嬉しいんだけど、そんなことはほぼない。(笑)これは今までの経験。

これである程度買い込むことができたので安心。

もちろん、自分にもどっさり。アロマバンザイ!

夜はまだおなかがすかないので、サラダとビールを。
しあわせーー。

10 ソンブーンとバンヤンツリーバー

06bang_10_hightea1.jpg

さてさて、今日もかなり充実しておりました。
毎日、スタバで本を読み、頭に浮かんだことをメモしてます。
こんなひと時が最高に気持ちがいいです。

06bang_10_st1.jpg

出掛けに軽くヌードルを作って、外出。本日もランソアン・スタバオフィス(勝手に命名)へと通っています。

そもそもほんまちゃんはどこへ行っても観光名所は行きません。
大抵地元のカフェへ行ったり、スーパーへいったり、ホテルでボケーとしてます。
それがほんまちゃんにとってのバカンスです。

なので、大抵はフリープランのツアーか、個人旅行です。

つまり、場所はどこでもいいんですね。日本以外なら。携帯が通じないところなら。

06bang_10_hightea2.jpg

スタバの後は・・・先日ジャストルッキングだけだった、ハイティーへ。
紅茶をオーダー。80-90B(ポット)だから、300円くらいかな。
ちょっと奥まったところで分かりにくいからなのか、とても静かでセンスがいい一軒家カフェ。
ぼーと読書したり、隣のフラワーショップを眺めたり。
ここはバンコクでもヨーロッパでもない感じが気に入ってます。

スイーツもおいしそうだったよ。
そして、お花のセンスがいい。
バンコクではここくらいじゃないかしら。

HIGH TEA  ハイティー
68/1, Lang Suan Road, Lumpini Patumwan, Bangkok 10110, THAILAND
TEL 66-02-652-1244
FAX 66-02-652-1277
WEBSITE [ウェブサイト]

さらにまた、マッサージへ。バライコーンとよむのかな。
ハイティーの奥。
ここで、20分だけのショートコースがあって、(まさにてもみん感覚!)それをやってみました。
きもちいーー♪
長いコースを3日一度よりも、ショートコースを毎日続けるほうが利く気がするほんまちゃんです。
ほんと、バンコクはエステ&マッサージ最高!

06bang_10_son1.jpg

そしてまたまたスタバへ戻り、夕ご飯はソンブーンというカニカレー(とはいっても蟹と卵の辛い炒め物ってかんじかな、これが激うまっ)の有名へ行ってきました。
ここは、タイ&チャイニーズって感じのお店で、ガイドブックで有名です。日本人も多かったかな。
本当においしかった。ただの蒸しえびですら激うま。

06bang_10_son2.jpg

おなかいっぱいで幸せ。

Somboon Seafood  ソンブーン
169/7-11 Suriwong Rd., Bangkok, Thailand
TEL 66-2233-3104/66-2234-4499
参考サイト [ウェブサイト]

その後、バンヤンツリーのバー、ヴァーティゴへ。
本当にすごい高層の屋上。なのにオープンエア。いつでも飛び降りることができます。そういう状態。日本ではおそらくありえないので、かなり感動。
こんなところがあったとは・・・。バンヤンツリーはスパがとても有名なんだけど、それ以外はまったくノンチェックだったわ!

ワインをグラスでいただいて、すごく素敵な夜景をオープンエアで。
いや、本当にすごいよ・・・。あまりの綺麗さに写真を撮り忘れた・・・。ガーン。

Vertigo  ヴァーティゴ
21/100 South Sathon Road Sathon, Bangkok 10120 Thailand
TEL 66-0-2-6791200
FAX 66 0 2 6791199
WEBSITE [ウェブサイト]
HOTEL SITE [ウェブサイト]

そんなわけで、バンコクの最高級はすごいことになってます。
帰り間際にすごいスコール!ひぇぇぇぇ!
でもこれはこれでかなり楽しい♪とお気楽なほんまなのでした。

06 大戸屋とバジルとジャズバー

日曜日。近くのエンポリウムへお買い物。
自炊用に魚介類を買いたいのとただ単にふらふらしたいのと、何か見つかるといいなぁという期待と。

06bang_06_odrink.jpg

ランチに最近タイで流行っているという、大戸屋へ。
ちゃんとしすぎていてびっくりするくらい、おいしい和食。
タイに来て初めての日本食なのでした。

タイの飲み物はものすごく甘くて、いつも軽く後悔するのだけど、アイスティーを頼んだらシロップとレモンが別々にやってきて、グー。

でも、どうやら日本茶が無料でサービスされているようだった・・・。ガビーン。早く言ってよ・・・。

06bang_06_osanma.jpg

三陸から送られてきたというさんまの塩焼き定食。
秋刀魚の焼き加減がパーフェクトで、日本の大戸屋よりもおいしい。
店内のガイドを読んだら、炭火で焼いているそう。
ごはんも、とろろごはん(プラス60バーツ)にできたりして、楽しい。
全部で370Bくらいだから、高級な日本食ということになっているらしい。
味もパーフェクトな日本食で、恋しくなったら御用達、決定!

06bang_06_jazz.jpg

そして、夕方には美女友、Oさんのお友達のTさまがバンコクに駐在しているというので、紹介していただいて、案内していただくことに。うわーい、涼花さんありがとう!

シェラトンの有名なタイ料理のバジルとジャズバーへ連れて行っていただいた。
ひさしぶりにひとりごはん脱出で、いろいろなお話を聞くことができて楽しかった。

バンコクlover:giusto!giusto!giusto!

明日はいよいよバンコクを離れて東京へ。
こんなに何にもしなかったのに、バカンスはあっという間にすぎていくのです・・・。ううう。

というわけで、今日は最後の晩餐。

マミーがイタリアンが食べたいというので、いろいろとネットで検索。
しかし、これっというものが見つからない。

そんなわけで、ホテルのコンシェルジュを利用。
ここで働いているお兄さんたちはすごく品がいい。この人たち絶対育ちいいよなぁ、と思う。

そのお兄さんお勧めのイタリアンがgiustなのだった。

giusto01.jpg

タクシーで移動。看板はシンプルなのに、お店はかなりゴージャス。

giusto02.jpg

すでにお店はお客さんでいっぱい。
バンコクで初めてこんなに込んでいる店を見つけました。
そして、すばらしいサービス。
やっぱり、探せばこんな店があるのね。

giusto03.jpg

私たちは赤ワインを飲もう、とトスカーナのワインを適当に選んだら・・・私が好きなイタリアワインがやってきた。
あーー、これうちにストックしてあるやつだよん。
なんだか運命を感じる。(笑)

giusto04.jpg

お料理は一皿がかなり多い。
サーモンとオレンジの前菜、最高です。この時点でこの後のお料理かなり楽しみです。

giusto05.jpg

次は牛、豚、ラム、チキンの4種のグリルと野菜サラダ。
うーーー、うーー、うまぁぁぃ。
なんなの、この焼き加減。味付け。盛り付け。
信じられないくらい、おいしい。
これ、日本で食べるよりもおいしいかも。いや、おいしい。かなり感激。
量もシェアしたら、すこしずつでまさにほんまちゃん好みなのでした。

giusto06.jpg

あとは、マルゲリータピッツァ。
これは・・・いまいち。頼んではいけないものを頼んじゃった感じ。うがーー。

giusto07.jpg

この店は毎回、バンコクへ来たら行くことにしますです。

giusto08.jpg

ちなみに、ここはふたりで12000くらい。
ちょっとうれしいレストランなのでした。

メトロポリタンホテル・バンコク

met03.jpg

今日のディナーはちょっぴりおしゃれをして、バンコクで一番ホットな?メトロポリタンホテルのメインダイニングへ。
入り口からかなりデザインされている。ちょっぴり感動。

met02.jpg

そうです、ここが来てみたかったメトロポリタンです。

met09.jpg

メインダイニングのCy'anは、情報があまりなくて、すごく迷ったのだけど、結構よかったかな。
バンコクにいながら、アメリカやヨーロッパの食事がいただける。

met04.jpg

お料理としてはイタリアン・地中海キュイジーヌって感じです。
あっ、あまり地中海は感じませんでした。嘘つきました!!
普通にキュイジーヌな感じ。

met05.jpg

甘くて酸っぱくて、複雑なお味。

met06.jpg

前菜に、オイスター3種、ヒラマサのメインにトウロンポーチックなメイン、トマトサラダのサイドメニュー。
ワインはスパークリングをボトルで。
後は、ペリエ。

met07.jpg

かなりおなかがいっぱいで残してしまった・・・。

控えめに頼んだつもりだったのだけど、多いです。ウヒーー。

えーと、お会計はふたりで15000円くらいでした。
値段設定が高いのかなー、レストランはすいていました。
私たちを除いて3組くらい。それもすべて欧米人。

この後、Metバーにもいきましたよーん。うふふ。

ヤムタムでヌードル&ソムタムランチ

こんにちは。ぼけーとひたすらしております。
オイルマッサージで肌がピカピカになりましたーービバ、ビバ。

さて、次はネイルです。マニュキュアとペディキュアとケアをしてもらう。
大満足。

後は、シャンプーとブローをしてもらおう!!
自分のことを自分でしなくていい贅沢。

たまにはいいよね、ご褒美、ご褒美。

yt01.jpg

さて、ちょっと小腹がすいたので、ヌードルを。
ホテルに併設されている、キャンプデービスというショップモールにあるヌードルへ。
ここは地元のタイリッチと見られる若者で激混み!!

yt02.jpg

おいしい。

シーフードヌードルに春雨麺をチョイス。
ソムタム(青いパパイヤのサラダ)にはピーナツと乾燥えびがはいっていて、食感がいい。
これは日本で食べても絶対売れます。

yt03.jpg

この店はすごく洗練されていて、おいしい。こんなファーストフードぽい、カフェっぽいのに。
ああ、ホテルからほとんど歩いてません。
最寄り駅すらまだいってないよ。(笑)

yt04.jpg

bangkok info:

Yum & Tum
88 Sukhumvit 24,
Klongteoy, Bangkok 10110,
Thailand

- タイのヌードルとスパイシーサラダの店
open 11:00 a.m. - 9:30 p.m. daily

最新記事・もっと読む!
8月  7月  6月 

Home > バンコク☆ジャーニー > おすすめ Archive

AVEDAのスカルプヘッドスパ

2011年秋。夏のダメージケアはAVEDAで解決!極上ヘッドスパでパーフェクトなスカルプケア体験してみよう!そしてこのシーズンには手放せないダメージレメディシリーズ。ツインズそろってヘビロテしてます。
AVEDA
AVEDA ボタニカルスカルプスパ! new
AVEDAでスカルプケア。 new
いい天気! new
タイの台所新聞インタビュー
Classy
タイの台所新聞「インタビュー」にほんまちゃん登場させていただいてます!
glam+three

ほんまツインズ、Glamのthree特集に出演中!「肌を着替えて新しい私」に!
Glam、three特集
glam×THREEに登場中! new
BALLY

今年のBALLYはスクールガールの逆襲!8月4日に銀座店OPEN。かなり評判いいですヨ!
BALLY SITE
PR BLOG
FaceBook
BALLY 160!!! new
BALLY meets 新宿伊勢丹!
BALLY萌え
MAUBOUSSIN

MAUBOUSSINのジュエリー、めいっぱい堪能しました!
MAUBOUSSIN SITE
MAUBOUSSIN Night new
MAUBOUSSINギャラリー
MAUBOUSSIN PARTY
FURLA

9月3日に銀座店リニューアルOPEN!本当にフルラが好きなファッショニスタを集めてのPARTYも開催予定!等身大アイテムをゲットすべし!
FURLA SITE
FaceBook
FURLA PARTY Time... new
FURLA,FURLA,FURLA! new
今夜は・・・
FURLA PARTY !!!
mocaで連載

バンコクマガジン「moca」で連載させていただいてます。祝1周年!4月号からボリュームアップ!1Pまるごとhommaniaでかわいい誌面にリニューアル!
連載のお知らせ
オフィシャルサイト
掲載記事
華奢な女をジュエリーで演出
P77をチェックしてねん new
大人のガールズゴルフ
日焼け止めコレクション!
ジンジャーで女子力UP!!
NO SWEETS NO LIFE!!
TOKYOブランドレポ!
実はわたしも“アージョ”です!
LANDS OF Eden

LANDS OF Eden、デビューコレクション!この秋いよいよ登場!
LANDSOFEden SITE
Twitter
After Party new
LANDS OF Eden, 9.17. new
LANDS OF Eden Deview...
バンコク・痩せタイ・食べタイ
bangkok07.jpg
バンコクからTOKYOなう。
今回のテーマはズバリ、痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ。そんなバンコクの旅をお届けします。
7月のバンコク滞在ALL
バンコク☆ジャーニーALL
バンコクまとめ vol.3 new
バンコクまとめ vol.2 new
バンコクまとめ vol.1 new

map
かわいいバンコクおいしいバンコク[バンコクマップ]

moca
mocaでも毎月コラム連載中!
史上最強のジンジャーレモネード

今年発売された進化したジンジャーシロップにただいま本気でハマり中!おいしすぎるやろーー!
ヴェーダヴィー・ジンジャーシロップ
ヴェーダヴィー3姉妹 new
Every morning,,,love it.
デジイチデビュー
baccarat meet vedavie ♥
今日も・・・
日本の夏を涼しげに
大人のガールズGOLF

今度こそ本気でゴルフ上手になる!おとなのガールズ達に贈る愛と涙と根性と冷や汗の女子のためのゴルフライフレポート!
GOLFサンクチュアリ広尾
Golf Partner
ガールズゴルフライフALL

NEW POST
来週こそは・・・
ゴルフを始めるなら・・・
ゴルフ、お預け状態
昨日のレッスン
昨日も・・・
ウチッパ2
ごるれん2:落書きメモ
大人のためのゴルフ:Lesson.2
うちっぱ1:落書きメモ
ウチッパ1:フェミナ
オロシタテ。
ごるれん1:落書きメモ
大人のためのゴルフ:Lesson.1
GOLFサンクチュアリ広尾で体験レッスン!
GUAMでGOLF
史上最強の女子カメラ

【お盆休みまでの限定復活!】
世界最小、最軽量の一眼レフカメラ。夏休みの思い出はNEX-C3で残そう!7月のhommaniaは、NEX-C3でお届けしました。
NEX-C3
SONYのサイトに登場中。 new
デジイチデビューにぴったり
NEX-C3体験レビュー!
NEX-C3は史上最強の女子向けカメラ
NEX-C3が我が家にやってきた!(期間限定)
腹グレー募金

hommaniaでは3月11日以降に発生したアフィリエイト報酬の全額を寄付する(日本赤十字社)キャンペーンを開催中。女子のブツヨクとショクヨクで日本を元気にしよう!
なお「腹グレー募金」は本音トークを楽しむ女子会から命名したもので、楽しみながら募金するの意です。

8月3日現在
11,732

ASTALIFT
アスタリフトのトライアルキットで1500円が寄付されます。アスタリフトは個人的にも大好きな「定番」ものなので、この機会にぜひお試ししてみて。絶対、損はさせません!

OZの女子飲みでは1回につき300円が寄付されます。
5800円個室ヘアエステ!
8800円カルジェルネイル
5800円のSPエステ
4800円のプリフィクス
4500円飲み放題
露天8800円憧れ温泉宿
8800円のプレミアムステイ

楽天市場では購入金額の1%が寄付されます。
楽天市場

2011年のタビ

大人のグアム
大人のグアムALL
[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]


2011年GWのツインズ大阪の旅。 大阪タビ日記ALL


2011年GWのツインズ名古屋デビューの旅。
名古屋なう!ALL


GW前半のお台場STAYの記事をまとめてみました!
なんちゃってヌーヨークALL


2011年バンコク旅
バンコク☆ジャーニーALL

日経ビジネスリーダー

ビジネスリーダーから圧倒的支持を集める日本No.1の経済・経営情報誌「日経ビジネス」ReadingのReaderをさせていただいてます。女性目線の気になる記事をご紹介できたらと思っています。
オフィシャルサイト
Twitter
FACEBOOK
「日経ビジネス」Reading、Readerになりました!
2010年のタビ

オンナノコのための極上バリ


2010年秋の恋するイタリア旅
世界一周

マイクロソフト「ウインドウズフォン」を持って世界一周(カナダ・ブラジル・南アフリカ・オーストラリア・カンボジア)しちゃいました!
世界一周ツインズ旅
 特集ページサイトアップ!
世界一周紀行はこちら。
(SpecialThanks Microsoft)
 携帯更新:MSN世界一周ブログ
CaptureYourStyle

アルファ ロメオ MiToキャンペーンにhitmeが登場!
欲しいリスト


新しくなったトリア、大変評判がよろしいようで。

Return to page top