Home > タビニッキ Archive

タビニッキ Archive

mocaでブログ特集!

moca

今月のMocaは「ブログで楽しむタイLife♥」特集。

ブログ大好き!なワタクシにはたまらない企画となっております。いろいろなタイブロガーさんが登場していてワクワクします。

あー、またバンコクに行きたくなっちゃった!!!

moca

さて、実はそんなブログ特集にhommaniaも写真が綺麗なブログとして紹介いただいています。おおおー、かえってスミマセン!

わたしもバンコクの最新情報はBlogでチェックすることが多いので、これを機にいろいろな方がバンコクですてきなブログをはじめてくれたらいいなぁ、と思っとります。

ぜひMocaをチェックしてみて!!!

 

タイの想い出を写真に!

バンコクの写真

さいきん、めっきりと写真プリントしなくなったなぁ・・・。
するときはMYプリンターで出力。

とっても便利な時代です。

とはいえ、ばたばたと忙しくしているとプリンターのインクを入れ替えたり・・・用紙セットしたり、プリンターに指示を出すことさえ煩わしく。

というわけで、ネットで写真現像サービスを利用してみました。

おー、なんて楽チン!

これで、バンコクおすすめスポットでも作ろうかな・・・。

いつか、ほんまちゃんと行くバンコクツアーも企画したいものです。
ツアーコンダクターデビューも近い・・・かも?!

痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ

バンコクからTOKYOなう。
今回のテーマはズバリ、痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ。そんなバンコクの旅をお届けします。


7月のバンコク滞在ALL
バンコク☆ジャーニーALL


バンコクまとめ vol.3 new
バンコクまとめ vol.2 new
バンコクまとめ vol.1 new


超カンタン、タイカレー!
バンコク×パパラッチ
オサレ系カットサロン!
バスに乗って
No.5 Massage
ぶたの屋タイ
May Massage
スクンビットソイ23
スピードカット店が登場!
旅先のオサレ
スタバdeフルーツ
バンコク・引きこもりごはん
シャンガリラ・レストラン
ヘルスランドでタイマッサージ
最終日のネイル
Tea Break...
レッドドラゴンフルーツ
Boon Restaurant
フライトの友。
Taxi
最終日の足取り。
TOKYOなう。
ワナカームでごはん
遼寧餃子館
ディーン&デルーカでコーヒー
屋台のヌードル
バンコクでショウロンポウ
LYON でランチ
バナナウォールナッツの逆襲
バンコクにもいよいよ登場!
ベアミネラル愛用中。
金と銀の・・・
おすすめタイ食材
南国朝ごはん
IWANE 1975
HANSER HOTEL
失敗・・・
LYON, Bangkok
バンコクコーデ
新・カオマンガイへの道!
カオマンガイLOVE
鼎泰豊(ディンタイフォン)
カフェワーク
甘党には・・
チャトチャック
Cafe de LAOS
MiniBar Royale
秘密のカオマンガイ
ヘルスランド
トゥン・フンジャラーム
MK GOLD
トンリー
今日は
フラガモ。
ビアヒマ
White Cafe
Hotel Bar
戦利品。
ゴルフ、お預け状態・・・
コーデ
ウィークエンドマーケット
tenface hotel
Local Massage!!!
55ポチャナー。
無事に

バンコク・痩せタイ・食べタイ vol.3

今回のバンコク旅のテーマはズバリ、「痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ」。新しいバンコク、今おすすめの最新スポットをほんまちゃんが全力でお届けしていまーす!

Vol.3の今回はお買い物編をご紹介しますよー。(vol.1vol.2もチェックしてみてー)正直、バンコクでは買い物よりもマッサージや食べることに集中しています。欲しいものってそもそもワタシ、あまりないんです。あったら即決で買ってしまうし。

チャットチャック戦利品
フラガモフラガモ

でも久しぶりにチャットチャックのウィークエンドマーケットで掘り出しました!プラスティックでできたフラットシューズ。その名もフラガモです!まだマーケットのちゃんとしたお店にはありません。フリマみたいな店だけ。しかもたくさん在庫がないので、なんとかかき集めたネイビーとピンクの少量のみお土産に買えました。

タイ食材グリーンカレーキット One Dish Asia

お土産には、チリオイルペーストが今回はいちおし!タイ版のコチュジャンみたいな感じで、炒め物にいれたり、何にでも使えそうです。ナムプラーとセットにすれば、とにかく万能!また簡単においしいタイ料理が作れるキットもすごく喜ばれます。日本語のレシピがついているから、英語が苦手でも全然大丈夫!パッケージも洗練されていて、評判がいいんですよ。伊勢丹の取り揃えが豊富かな。このメーカーでないとだめですから、注意すべし!

バナナウォールナッツIWANE

それと、びっくりしたのがIWANE 1975で見つけたバナナウォールナッツの逆襲パンが本当に美味です。これだけでも毎日食べ続けられます!わたしなんて帰国日に買って日本に持って帰って、お家で冷凍保存しちゃいました。それくらい好き。

ビアチャン

そうそう、バンコクは暑いのでビールがおいしいです。
ビアシン、ビアチャン・・・といろいろとあるのですが、個人的にはライト以外がおすすめです。購入する時には注意してね。それと、ビールは購入できる時間が限られているので冷蔵庫にキープするのがおすすめ。

バンコク・痩せタイ・食べタイ vol.2

今回のバンコク旅のテーマはズバリ、「痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ」。新しいバンコク、今おすすめの最新スポットをほんまちゃんが全力でお届けしまーす!

Vol.2の今回は初めて訪れたおいしいタイ料理のお店をご紹介しますね。(vol.1はこっち)

WhiteCafeWhiteCafe

まずはトンローにあるWhite Cafe
この日はドリンクだけだったけれど、実はこの店、タイ料理もおいしいのだそう。ガラス張りのキッチンはとっても気持ちがよくて、天井も高く、夜にはお客さんでいっぱい。WiFiも使えます。

トンリートンリー

スクンビットソイ20にあるトンリーは中華系のタイ料理。
お店自体は小さくて超ローカルですが、シンプルな味付けでいつも人でいっぱい!ガイトート(チキンのから揚げ)をつまみにビールが最高においしいです!あとはきのこのトムヤム炒めをいただきました。

Cafe de LAOSCafe de LAOS

オーセンティックな雰囲気でいただくタイ料理なら、Cafe de Laos。マンゴーのソムタムがかなり好き。でも何を食べても癖がなくて、おいしいです。

Boon RestaurantBoon Restaurant

そして今回の一押しは、このBoonポチャナー。お酒のおつまみ的なものが最高に美味です。あー、今思い出してもまた食べたくなっちゃう!

LYON バンコク フレンチLYON バンコク フレンチ

そうそう、ホテル近くにある名門フレンチ、Lyonもおいしいです。非常に繊細でオーソドックスなお味です。バンコクではこのオーソドックスが難しいんですよ。ランチは絶対お得!

シャンガリラ・レストランシャンガリラ・レストラン

また現地に住む方に連れて行っていただいた、シャンガリラ・レストランの点心のおいしいことといったら!絶対リピート確実ですな。

今回はかなり精力的に新しいお店を発掘できました。もちろん、タイ通の方に教えていただいて行った店ばかりなので、当たりが多いんです。グルメはやっぱり信頼できる口コミを頼りにするのがベストですよねーーー。みなさんも発掘したらほんまちゃんのまでタレコミお待ちしてまーす!

バンコク・痩せタイ・食べタイ vol.1

7月のバンコク旅のテーマはズバリ、「痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ」。新しいバンコク、今おすすめの最新スポットをほんまちゃんが全力でお届けしまーす!

tenfacetenface
tenfacetenface

今回の宿泊先に選んだのはデザイン系ホテルの「tenface」。
これは最新のフィガロタイ特集にも掲載されたファッショナブルなホテルで、わたしは2回目の滞在です。BTSの駅から10分ちょっと、とやや不便な立地ですが、何よりも部屋が広くて、ベッドルームとリビングが別々なのが魅力。これにミニキッチンがついていると最高なんだけれど・・・。ちなみに2ベッドルームだとキッチンがついているらしい。携帯電話があれば、BTSの駅まで迎えにきてくれるサービスも。

tenface bar

レストランやバーも今のタイの若者の最先端、だけれど場所が場所だけにわりとすいていて穴場です。そんなわけで、ワタクシはBarに出没。とくにカクテルがとっても評判がいいんだって。そうそう、タイのカクテルはかなりお酒強めですので、ご注意あれ!

ちなみに今回は、これまた新しいホテルレストランにもいくつかお邪魔してきましたぜ!

MiniBar Royale

アソークのMiniBar RoyaleはCitadenesHotel内にあります。オーセンティックなインテリアが素敵。タイ人で混雑してます。

HANSERHANSER

HANSER HOTELのバーは大人な生演奏を聞きながらおいしいお酒がいただけます。いままでは生演奏だとシェラトンのバーばかりだったけれど、ここも素敵です。若干小さい箱なので、ひとりじめ感たっぷり。

ティーブレイクフルーツ

ちなみにお部屋ではまったりとお茶したり、カットフルーツで簡単な朝食にしています。朝食べてしまうとタイではランチが食べられなくなっちゃうので、これがワタシのお気に入りです。

そうそう、ここのホテルはWiFiが通っているので、ふつうにPCをパチパチできるのもポイント高し!です。ここで原稿を書いたりネットで情報をチェックしたりするので、バンコクでの秘密基地ともいえます。

ホテル選びは旅の目的や趣向に合わせて慎重にチョイスするのがおすすめかしら。

超カンタン、タイカレー!

グリーンカレーキット One Dish Asia

いやあ、今日も暑い!
何度シャワーを浴びても足りませぬ・・・。

というわけで暑いついでに本日のランチはHOTなタイグリーンカレー!

けっこうスッとした顔(色)をしているこのグリーンカレーですが、レッドカレーよりぜんぜん辛いんですよ!なめているとひどい目にあうので、お気をつけを。まあ、ワタクシはもはやグリーンしか愛せませんが・・・。(笑)

グリーンカレーキット One Dish Asia

実はいつもおみやげで渡してしまうので、自分で作ったことがない!のを思い出して、試食してみました。グリーンカレーのパッケージを開くとこんな感じ。ちなみに1袋で2-3人分です。

カレーペーストとこぶみかんの葉、ココナッツパウダー(お湯に溶かす)、ナンプラー、そして日本(アジア各地)語の作り方レシピ。

グリーンカレーキット One Dish Asia

わたしは野菜をたっぷり食べたいので、かなりたっぷり入れちゃってます。たまねぎ、エリンギ、キャベツ、チキン、を。さらに唐辛子とチリオイル、を。

ちなみに本来のレシピはお湯で溶いてココナッツミルクを作ってから、これに加えるのですが、私は水を大目にして鍋に投入、ふつふつとしてきたらパウダーをいれました。こんなテキトーな作り方をしてもぜんぜん大丈夫!めちゃくちゃおいしいです!うふふー。

グリーンカレーキット One Dish Asia

じやじゃーん、完成!
汁系なのでもっとわんぐりしたお皿に入れるべきでしたね・・・失敗、失敗。
(おきゃくさまがいるときはもっと綺麗に盛り付けます、テキトーでごめん)

でもお味はカラ旨い!
なにこれー、タイ料理食べに行かなくても十分おいしいワ。

2-3人なら、このシリーズを2-3つ買えば、おいしいタイ料理PARTYができちゃいますね。しかも超簡単だし!!!

なんだかなー、お土産にあげたくなくなっちゃったよ・・・。
みんな、ゆるちて。
(ボコッ、う、嘘だってば、ちゃんと差し上げます!)

バンコク×パパラッチ

バンコク パパラッチ

バンコクで歩きながら見つけた、素敵な風景。

バンコク パパラッチ

広告の中心はFacebookとtwitter。

バンコク パパラッチ

犬の目線

バンコク パパラッチ 

そしておそろいの服。
美ビットな屋台。

すべてがバンコクシック。

オサレ系カットサロンを発見!

カットサロン

バンコクの路面店になんだかステキチなカットサロンを発見!

カットサロン

メンズ向けのようなのですが、気になったのでパチリ。

これからどんどんこういう素敵な店が増えていきそうですよーーー。

 

Neversay Cutz
Facebook

Between Soi Sukhumvit 49 & 51,
Khlong Tan Nuea Thanon Sukhumvit Vadhana,
Bangkok 10110
02 662 6781

バスに乗って

赤バス赤バス

私がバンコクで唯一乗れるバス。
それがトンローの赤バス。

このバスはとにかく本数がたくさん出ているのと、ただひたすらにトンローの1本大通りを行ったりきたりするだけのもの。1回、5.5バーツ。(たしか)

トンローは本当に長いので、このバスに乗ってWhiteCafeへ行ってみました。うふふ。

降りたいところでボタンを押すと適当なところで止めてくれます。
やっぱりある程度いきたい場所がわかっていないと、ビクビクしちゃうけど。

信号

そして初めて見た、押しボタンの説明。
いや、ボタンだけは結構あるのですが、こんな感じのやつは初めてだったので、おもわずパチリ。

道をテクテクと歩いていると、結構面白いものに出会うんですよーーー!

No.5 Massage

No.5 Massage

最終日の仕上げは、夏のサンダル子需要に備えて、足の角質ケアをしたくて、ランスアンのNo.5 Massageへ。

ほかの店でも大丈夫かと思ってフットスパをお願いしたら、角質ケアじゃなかった!という悲しい結末にここであきらめたらおしまいだワ、とばかりにギリギリ駆け込みケア。

やっぱり、ここの角質ケアは丁寧で最高です。

今のワタクシの足裏、めちゃくちゃとぅるとぅるデス。

はー、最高。はー幸せ。

全体的にちょっぴり値上げされているような気がするので、価格は目安程度にどうぞ。

なお、コチラもWiFiが使えるのでマッサージ中もメールチェックしたりできるのが幸せ。もちろん、日本語もバッチリ通じるので、バンコクビギナーにもおすすめです。

 

Massage No.5(タイマッサージ)

【住所】76/10 Soi Langsuan, Ploenchit Rd., Lumpini, Bangkok 10330
(BTSチットロムより徒歩5分、または地下鉄シーロム駅より徒歩10分。ランスワン通りソイ5向かい)
【電話】0-2684-1203(日本語、英語)
【営業時間】10時~24時(定休日なし)

【メニュー例】
●フット・スクラブ・マッサージ
1.5時間 400B

ぶたの屋タイ

チャットチャックのかわいい看板

 

チャトチャック・ウィークエンドマーケットでみつけたかわいい看板の焼きトンやさん。トンといっても練物な焼きトンですが・・・。

看板が洗練されているせいか、混んでました。

1本10Bという安さと看板のかわいさで他店と差別化してます。

こういうシンプルなことの大切さを感じた「屋タイ」でした!

May Massage

May Massage

結構アグレッシブに激安マッサージを探してみたりするワタクシ、ほんまです。

バンコクは"値段=うまさ"というよりも、"お店のゴージャスさ=値段"だったりするので、注意が必要です。いろいろとブログを見ていると「スペシャルマッサージ」なる裏サービスがある店もあるらしいのですが、女子の場合、それはないのでよっぽどでない限り大丈夫かと。万が一「ヤバイ」と感じたときにはすぐに抗議するのをお忘れなく。まあ、その点フットマッサージなら安全ですな。新しい店はまずフットから受けてみるのは大事デス。客層とやたら大目のチップを渡していないかを個人的には確認してます。(って何のアドバイスだよ?)

こういうのってマッサージする人はどうやって判断してるんだろう?と素朴に考えてしまうほんまです。

May Massage

ちなみに3回、フットスパ(女)、フットマッサージ(男)、オイルマッサージ(女/ハーンのオイル持参)にいってみたのですが、ここはやっぱりフットマッサージがおすすめかな。ちなみに希望があれば男性・女性の指名も可能です。さすがにオイルで男性は無理!でしょ?

ちなみにフットマッサージしてくれたDeeくん、めっちゃ力強くて強めがお好きな方にはおすすめです。
 

May Massage
24/12 Sukhumvit Soi 23
02-258-0760
9:00am-12:00am

ちなみに以前紹介したヒットミーがみつけた店はこちら。すぐ近くです。

May Massage
139/1 Sukhumvit Soi 21
081-318-6942
9:00am-12:00am

スクンビットソイ23

スクンビットソイ23

いままで、ぜんぜん知らなかったのだけど、BTSアソークとMRTスクンビットからすぐのソイ23への近道の通りは欧米人向けのナイトスポットだったようです。

たまたま激安マッサージやパン屋さんやminibarに行くのに通るのでパチリとしてみました。

夜はこんな感じで大盛り上がりですが・・・

スクンビットソイ23

昼はこんな感じ。

でも昼夜限らず屋台は結構出ていて、面白そう・・・。

昼と夜の落差ありすぎ。(笑)

バンコクはもしかしたら、女性のほうが安心かもしれません。女性は夜遊びほとんどする必要がないし(ワタシだけか?)こんな通りを通っても案外大丈夫でした。

まあ、知り合いの日本人に出会ったら、相手はちょっと気まずいかもしれませんけど、ね。

バンコクにもスピードカット店が登場!

スピードカット

おはようございまーーす!
ふう、やっと今回のバンコク記事ももうそろそろ完了しそう。

今回の旅でみつけた「!」を紹介しまーす。

そう、スピードカットの店。
100B(約300円)でヘアカットしてくれるお店です。

今までこんなスタイルの美容室は見たことがないからびっくり。やはり日本のタイ進出でしょうか?(でもちょっと調べたらQBハウスはタイ撤退したらしいし・・・?)

まずはお金を払ってカットを待つのも日本と同じスタイル。

スピードカット

BTSの駅と直結してるから、便利ですよね。
そして清潔な感じで外人でも入れそうなところが今後伸びる期待値をUPさせてます。

トンローのBTS店が1店舗目で、今年の5月20日OPEN、ビクトリーモニュメントにもお店ができたらしく、今後電車の駅直結でどんどんお店を展開していくつもりのようですよーー。
 

JUST CUT
ウェブサイト

 

旅先のオサレ

バンコクコーデ

旅行中でも、ステキチなレストランに行くときにはおしゃれをして出かけたいもの。

それでも暑い国なのである程度の涼しさも重要。

ということでシルクサテンのゴージャス感と軽快をMIXしたコーデ。

これにダイアンのクラッチをあわせてお出かけ。

バンコク

相変わらず渋滞しているけれど、ヒールでカツカツとバンコクの街を闊歩するのもまた楽しい。

疲れたら、タクシーに乗ればすむというのも楽チン。

もちろん、いつでもカフェがたくさんあるし、バンコクにはお気に入りの場所もたくさんあるから、ここでなら東京とぜんぜん変わらない生活ができる。だから時々、深呼吸をしにバンコクにやってくるのかもしれないなぁ。

スタバdeフルーツ

スタバ ランスアン

スタバ ランスアン

おなかはいっぱいだけど、ちょっと休憩したい・・・と思って、大好きなスタバのランスアンへ。

フルーツカクテルがあるのをはじめて発見して、オーダーしてみることに。

パッションフルーツが全体にかかっていて、美味。

これは酵素もたっぷりでうれしいかも。

しばしの潤いタイム。

うるるーーん。

バンコク・引きこもりごはん

引きこもりごはん

バンコクは本当に便利。
東京にいるのと変わらない・・・いやそれ以上に便利なのです。

なにせ物価も安いし、人も明るくて親切な人が多いし。

というわけで、ホテルの部屋に引きこもってお仕事デーな、とある1日の風景。

引きこもりごはん

冷蔵庫にはキンキンに冷やしたビールを入れておくのは鉄則。
6時を過ぎたら、自分ルールにより、ビール解禁。

暑いから、これがまたおいしいノダ。

ちなみにバンコクでは1100-1400までと1700-2400までしかお酒は買えません。なので、ある程度はストックしておかないと不便。さらに選挙の時などスペシャルな日には終日買えないこともあります。よって注意が必要です。

こればかりはマイペンライじゃないところがちょっと個人的には面白いと思うのですが・・・。

引きこもりごはん

そんなわけで、おうちごはんでは高級スーパーで自分が好きなものを好きなだけ入れてOKな量り売りお惣菜をテイクアウトしたりします。これならちょっとずつ色々食べられるしね。

というわけで、引きこもりご飯もまた、たまには楽しいものです。

シャンガリラ・レストラン

シャンガリラ・レストラン

シーロムのサラデーン駅すぐのところにとってもとってもおいしい飲茶のお店があるというので、最終日のランチにシャンガリラ・レストランに連れて行っていただいちゃいました。

シャンガリラ・レストラン

うわー、ひとつひとつの飲茶の味がめちゃくちゃいい!
何を食べてもおいしいーーー!

シャンガリラ・レストラン

1つ1つの点心はわりと大きめでなんとかひとくちに収まるくらいでして。というわけで、大口開けてパクぱくパク。

おっと、失礼しました!

シャンガリラ・レストラン

きゃー、久しぶりにダックちゃんだーーー!
わーいわーいわーい!

やっぱりとってもおいしい。
ここは絶対再訪しなくちゃ。

シャンガリラ・レストラン

はぜの仲間?だという高級淡水魚も。

こちらはサンデーンにある支店のようです。どうやらチョンノンシーにも本店があるらしいので、そちらにも行ってみようかな、と。客層もとってもよくていい感じ。シーロムエリア、やっぱりいいお店がたくさんあるんですね。まだまだ研究の余地があるなぁ。

ランチからおいしいものをモグモグして、幸せのひととき。以下の住所は本店のものですが、サラデーンが見つからないので念のため・・・。

 

Shangarila Restaurant(シャンガリラ・レストラン)

154/4-7 Silom Rd., Sriwong, Bangrak, Bangkok
02-234-9147-9
営業時間:7:00~21:00
定休日:なし
アクセス:BTSチョンノンシー2番出口下車徒歩5分。シーロムプラザの向かい

ヘルスランドでタイマッサージ

ヘルスランド

先日のオイルマッサージが思いのほかよかったので、ヘルスランド@ASOKのタイマッサージにもお出かけしてみることに。

ヘルスランド

ASOK店はEkkamai店と比べるとやや劣る感じはするのだけれど、それでもアクセスの便利さからするとやっぱり貴重です。

ヘルスランド

ヘルスランドは個室なので、周りを気にせずにすむというのはポイント高し。

ヘルスランド

とはいえ、うーむ、やっぱりオイルマッサージの方が好みかも。
これもまた運というか施術する人との相性だから何ともいえないんだけれど。

というわけで、どうせ行くなら、やっぱりエカマイ店のお気に入りの彼女のところへ行こう、と決意を新たにしたのでした。二ヒヒ。

最終日のネイル

ネイル

バンコクでは初日と最終日にネイルに行くのが定番デス。
なので旅行に行くときにはいつも好きなOPIとパラドゥを持参。サロンにマイネイルを持ち込んでおります。

わたしは自分でヌリヌリする派なのでジェルネイルにはしていないのだけれど、バンコクでもジェルネイル流行っていますよーー。とかいいつつまだ普通のネイルが主ですが。

というわけで、さすがに自分ではケアはできず・・・時々こうしてバンコクでケアしてます。

いつも、プロンポンにあるゲーガイという駐妻御用達のローカルで激安なサロンに行ってるのですが・・・ぬわんとOPIコースができていたという衝撃!いつもより50B高いんだけど、そんなところまで来ましたか!とちょっと感動。すごいぞ、ゲーガイ。

とはいえ、結構無頓着なワタクシは旅行中ネイルがはげることもあるので、やっぱり自分のネイルを持っていきますけれど、ね。自分のならばちょこちょこっと直せるので、そんな点もグーです。

帰国直前のネイルはちょっぴり控えめなピンクベージュです。

Tea Break...

ティーブレイク

バンコクでもローズヒップTeaを。
紅茶は自分で入れたほうがバンコクではダントツにおいしいので、Tea Timeはお部屋でまったりと。

大好きなマナオをがっつり絞り入れていただきます。

というわけで、飲んだ気分で引き続きがんばりまーす!

レッドドラゴンフルーツ

レッドドラゴンフルーツ

今回はキッチンなしのお部屋での滞在だったので、フルーツもカットされたものを購入して、朝はフルーツバナナウォールナッツパンをもぐもぐしながらPCワーク。

そのお供で作ってみたのがこちら。
レッドドラゴンフルーツとミントのソーダ。

この色、レッドドラゴンフルーツだけの色なんですよ。すごいでしょ?

レッドドラゴンフルーツ

普通、ドラゴンフルーツって白なんだけれど、たまに赤いものも発見できます。赤いほうが甘みが強いのでわたしはレッドドラゴンフルーツのほうが好き。

お砂糖を入れるとミントのエグミが取れておいしく飲めるんですよ。生ハーブ系にはお砂糖が有効です。というわけで、材料はこんな感じ。

ミントとレッドドラゴンフルーツをあえたら何か新しい物ができるかも。色合いもきれいだし・・・という独り言でした。なはは。

Boon Restaurant bangkok

Boon Restaurant

今回の最後の晩餐、迷いに迷ってシーロムエリアのチョンノンシーにある「Boon Restaurant」へ。そうです、あの餃子やサンの目の前の店です。

編集部のAちゃん情報に基づいてオーダーしてみたら・・・本当においしい!

Boon Restaurant

メニューに載っていないのにみんなオーダーするという(笑)、チキンをゆでて裂いたもの。これがちょっと塩分強めでお酒のつまみに最高!
ここ、絶対両親が好きだと思う。今度連れてきてあげよう、と誓ったのでした。

Boon Restaurant

あとは、海老のマギーソース。
ぱりぱりと揚げた海老を甘酸っぱいマギーソース(?)であえたもので、これもパリパリさと海老のジューシーさがパーフェクト。信じられないほどおいしいです。

今検索したら、マギーソースは薄いおしょうゆみたいな味らしいです。そういえば、パッケージスーパーで見かけたことあるよ・・・!そうか、これだったんだ!

もちろんビールをオーダーして、至福のディナー。

かなりお気に入りのレストランです!!!

 

Boon Restaurant

Silom Rd, Suriyawong, Bang Rak, Bangkok, 10500

フライトの友。

フライト

フライト

おはようございます、ほんまちゃんです。

突然ですが、フライトを快適に過ごすコツ、というのはひとそれぞれあるものです。というわけで、ほんまちゃん流のすごし方をご紹介しましょう!

まず、マストなのが「蒸気でアイマスク」。ラベンダーの香りをヘビロテしてます。これがあると明るい機内でも爆睡できます。わたしは映画は見ても1本くらいで、基本は寝て過ごす派なのでこれには本当に頼りっぱなしです。

それから、シートマスク。
機内で地味にコソコソと隠れて保湿してます。なんといっても機内は乾燥します。だから手軽で捨てられるシートマスクはとっても便利。(ただし、ちょっと見た目が怖いので毎回ドキドキしながらパパパっとやってます←小心者)
さすがに国内便ではしないけど、ね。

それからむくみ防止ソックス。そしてお水。とにかく、がぶがぶしてます。後は空気枕。これが1つあるとぜんぜん快適さが違います。

というわけで、自分好みの快適GOODSを探してみてくださいな。

フラガモ・フィーバー!

フラガモ

というわけで、今回のお土産はフラガモになりました。

サイズが24cm付近の人にしか差し上げられないのですが、いくつか購入してきました。

写真のは私の分です・・・。(笑)
ネイビーのはヒットミーのだけど。
普段ピンヒールしか履かない癖にスミマセン!

まだ扱っている店が本当に少なくて、これを見つけるのも一苦労。ピンクとネイビーだけ複数購入できたので、これを見ているお友達のあなた、運がよければゲットできるかも?ちなみに超ゴム臭いです。(笑)

残念ながらサイズが合わない人にはおいしいタイ料理GOODSをゲットしてますので、こちらも楽しみにしていてね。

Taxi

タクシー

タクシー

私はふだんあまりタクシーに乗らない。
都心の道にあまり詳しくないのと、なんとなくあの空間が苦手なのだ。

でも、バンコクへ行くと常にといっていいほどタクシーに乗る。

夜、ひとりでタクシーに乗るのはあまりおすすめできない、とみな口をそろえていうのだけれど、それでもやっぱり便利なので結構使っているかもしれない。

わたしはほんとうにカタコトでしかタイ語を話すことができないのだけれど、意外と目的地に到着できたりすることに奇跡を感じてますが、なんとかなるのも道をよく知っているからなのかな、と言う気もするんだよねー。バンコクで道を知ってさえいれば、タクシーはとっても便利に使えます。初乗りも100円くらいからだし、たいてい300円(100バーツ)でどこへでもいけます。

時々メーターじゃなくて、交渉してくるひともいるけど、わたしはそういう時は別のタクシーを拾います。すべてにいえることだけれど、正直者が得する世の中になるように、気をつけて生きています。自分は旅行者だし、お金もあるからどうでもいいでしょ、というのは絶対おかしいと思う。

いつもそうだけれど、自分が一番、自分の民族が一番優れているだなんてわたしは思わない。人には必ずいいところと悪いところがあって、一概に括らないようにしているし、いつもいいところを見習うように、じぶんの今の状況に甘えないようにしなくちゃ、と考えています。

簡単なようにみえることが一番難しい。

世界へ行くとなおさら鮮やかにそれが見える気がするんです。

最終日の足取り。

ディーン&デルーカ

ディーン&デルーカ

ディーン&デルーカ

またまたしつこいけど、ディーン&デルーカでお茶。

最終日は朝から雨が止まらずにバンコクにしては珍しく降り続ける雨。

移動しづらいのが玉にキズ、だけど・・・ランチ前にバンコクのサラデーンにある会社さんにご挨拶に行き、ランチをご一緒させていただき、スクンビットに戻り、ネイルを直して、SPAでオイルマッサージへ。

またシーロムに戻り、餃子やサンの前にある店でリベンジ。
その後またディーン&デルーカで夜お茶。

そしてまたまたしつこくフットケアしにランスアンのマッサージへ。

無駄にばたばた過ごしている気もしなくもないけれど、最後までバンコクを楽しみました。

空港のイミグレは久しぶりに混雑していたけれど、時間にはぜんぜん余裕で間に合って、お買い物もして無事搭乗。

深夜便だと最終日もバンコクをフルで楽しめるから、たいていいつもこの日程で帰ります。

それぞれはまた細かく報告しますぜ!
とりあえず、今は睡魔と闘い中・・・。

やっぱり自宅PCだと作業が早いノダ。

ワナカームでごはん

ワナカーム アソーク

昨夜は部屋を出るのが遅くなってしまったせいもあって、10時くらいに食事をしようと思ったら・・・タイ食堂→コカ→ワナカームと漂流しまくってなんとかごはんにありつけました。

まあ、のんびりしていたワタシがいけないんですが・・・。

揚げ麺のえびあんかけ(120B)と

ワナカーム アソーク

あの、プラー・タレー(200B)がお店にあるのをはじめてみたのでオーダーしてみました。というか、プラー・クンですな、これ。海老しか入ってないよーーー!(笑)

あと、マナオ・パン(レモンアイスドリンク)もお願いしてみました。

ワナカーム アソーク

アソークにある、ワナカーム、緑のどんぶりのアロイマーク(おいしいお店のマーク)が見えて気になっていたので行ってみました。超オーセンティックな店構えで、たしかにお料理もおいしかったよーーー。

ちなみに日本語メニューもありましたぜ。
店内にはタイ人と日本人グループがそれぞれ1組ずつおりました。ぜひアソーク付近にいるときには行ってみてね。

遼寧餃子館(リャオニン)

チャイニーズ

なんとなく、気になっていた餃子やさんへディーン&デルーカついでにランチしに行ってみました。

餃子

羽根つき焼き餃子と

海鮮焼きそば

海鮮焼きそばをオーダー。

いい意味でも悪い意味でも、ザ・チャイニーズなお味。

いや、おいしいんだけど、わざわざ出かけるほどでもないような・・・ぶつぶつ。

というわけで、帰りにディーンでお茶したのでした。

ディーン&デルーカでコーヒーを。

ディーン&デルーカ

実はバンコクでイチバンおいしいコーヒーはディーン&デルーカだと思う・・・。

リッツカールトンの1Fにあるのだけれど、いつもタイ人や外国人でいっぱい。

ラテを頼むとチョコレートがついてくるのもうれしい。

幸せなコーヒータイムでした。

 

屋台のヌードル

屋台のヌードル

バンコクに来たら、一度は屋台のヌードル。

わたしはランスアンにあるヌードルをいつも食べます。

30バーツ。

今回も堪能しました。

軽い1杯なので、ほかのものもつまめます。

ちょこっとランチにおすすめ。

バンコクでショウロンポウを堪能!

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

ショウロンポウの名店といえば、台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)。バンコクのセントラルワールドの7Fにもできたよーーー、ということで先日お出かけしてきました。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

本当は大人数で飲茶を食べるのがいいんだろうけど、わたしはひとりだったので、ショウロンポーと肉&野菜マンをひとつオーダーしてみました。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

お店に併設されている工房でひとつひとつ丁寧に作られています。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

ひとつからオーダーできる肉まんは皮がめちゃくちゃおいしい。蒸し加減もバッチリ。

鼎泰豊(ディンタイフォン) ショウロンポウ

ショウロンポーは肉汁が皮の下にたまっているのがわかりますか?もう、ね、超ジューシーです。

鼎泰豊(ディンタイフォン)

思っていたよりも小さめだったので、10個入りでもよかったかもな・・・。(笑)

やっぱり、ショウロンポーをがっつり食べるのが正解かな。飲茶が食べたくなったら、アクセスもいいのでぜひお出かけしてみて。

全部で230バーツ強でした。(ショウロンポー 145B / 肉まん 28B / お茶 25B) +税サービス

 

鼎泰豊(ディンタイフォン)
ウェブサイト

CentralWorld Shopping Centre B704, B705, B706,
B717 Level 7 No.4, 4/1-4/2, 4/4 Rajdamri Road,
Patumwan,Bangkok 10330, Thailand
TEL:66-02-646-1282

LYON でランチデビュー!

LYON バンコク フレンチ

バンコクで13年、フレンチ料理店をつづけているというLYONへお出かけしてきました。

フレンチキュイジーヌ、とはいったもののとてもトラディショナルなフレンチ。

わたしはかなり好きだな。

ちなみにランチは5コースで480バーツ。税・サービス込みで600バーツ。1800円くらい。お得ですよーー。

LYON バンコク フレンチ

内装がシックで上品。
そして客層が今だかつてないほどいいのです。

タイのお金持ちのマダムの集団とか・・・ファミリーとか、、、とにかく素敵な人が多いです。

LYON バンコク フレンチ

シーフードサラダは、魚介の火の入れ方上手です。
丁寧に処理してあるのがわかります。

LYON バンコク フレンチ

海老のスープ。
海老のおいしさがぎゅーと詰まっています。

LYON バンコク フレンチ

かにのグラタンだったかな・・・?
チーズたっぷりでガツン、ときます。

LYON バンコク フレンチ

牛のヒレ肉ステーキ。
レアにしてみたのですが、全体的にピンク色の焼き加減でおいしかった。

LYON バンコク フレンチ

デザートはアイスクリームにベリー系のソース。
若干甘めだけど、フレンチのデザートってみんな甘いもんね。これってタイ人好みなんだろうなぁと思って食べてました。

全体的に仕事が丁寧で、シンプルに素材の味を生かしているって感じのフレンチ。たいてい、バンコクのフレンチってゴテゴテとやりすぎ感があるのです。地味だけど、いい仕事していて、バンコクのグルメアワードをたくさん獲得しているのも納得。この引き算ができるのって貴重だと思いますワ。

バンコクでイチバンおすすめのフレンチですな。


LYON

32/2 Corner of Soi Ruam Rudee 2,
Ploenchit Rd., Lumpini, Patumwan,
0-2253-8141,2650-7852
11:30~14:00(月~土)18:30~23:30(22:00ラスト オーダー)

ランチ:480バーツ(5コースのみ)

バナナウォールナッツの逆襲。

バナナウォールナッツ

昨日お出かけした激安フットマッサージやさんの並びにこのパンやさんがありまして。

今日もふらりとおじゃましてしまいましたワ。

そして何かnew one をゲットしようとふらふらしていると・・・「バナナウォールナッツ」が!

どう考えても一人じゃ多い量。

このほかに2つ買いたいパンもあったけど・・・

でもどう考えても、ここタイでバナナとウォールナッツは絶対おいしいはず。

というわけで、残すのを覚悟で購入すると、、、

激う まっっ。
(夜、部屋でワインを飲みながらつまんだノダ←我慢ができないタイプ)

きゃー、甘さ控えめでウォールナッツの歯ごたえが最高!

バンコクに住んでいたら、毎日これを食べたいかも。

そのくらい気に入ってしまいました。

そんなわけで、今日はこれとフルーツとコーヒーで朝ごはん、です。

バンコクにもいよいよ登場!

ユニクロ

サイアムのセントラルワールドを歩いていたら・・・「ユニクロ カミングスーン」の告知を発見!

そうか、いよいよバンコクにもユニクロが・・・、と感無量。

秋に上陸、だそうです。

ベアミネラル愛用中。

ベアミネラル

バンコクでも愛用しております、ベアミネラル

日焼けはしたくないけれど、汗をかいたり、エステをしたりすることも多いので、肌に優しくでもきちんとカバーしてくれるミネラルファンデは手放せないんです。

バカンス気分のときにべったりとしたファンデはつけたくないもの。

バカンスにもGOODなベアミネラル、超おすすめですよーーー。

ベアミネラル

肌にいいだけではなく、超かんたんなのもうれしいところ。

キャップに1回分のパウダーを出して・・・付属のブラシできゅっきゅっきゅっと押し付けるようにします。

ベアミネラル

ブラシにパウダーがいきわたったら、そのまま肌へ。

わたしは日焼け止めと下地をつけて、コンシーラーでばっちりカバーしてからベアミネラルで仕上げています。

ベアミネラル

じゃじゃーーん、完成!

こんな感じでばっちり綺麗にメーク完了です。

重すぎず、自然な感じがいいでしょ?

バンコク滞在中もフル活動してくれてます。二ヒヒ。

 

金と銀の・・・

ビアチャン

ビアチャン。
象さんマークのビール、結構いろいろな種類があるんですよ。

タイは暑いからビールがすすむ・・・のよね。

さて、と。
そろそろ遅めのランチとお買い物にいこうかしらん。

うーむ、何を食べようかな・・・。

ほんまちゃんおすすめのタイ食材土産!

タイ食材

バンコクに来たら、アジアごはんに欠かせない調味料やスパイスを購入して帰るのがおすすめ。

これはミニサイズのチリオイルとナンプラー。

お土産にもいいし、自分で使ってもいい。

プチサイズなので、アジアごはんがマイブームのうちにちゃんと使いきれるのがうれしい。

タイ食材

あまり料理が得意ではない・・・という人やお土産用にかんたんにアジアごはんが作れるこちらもかなりおすすめ。

そう、あの恵比寿にあるタイ料理やさんOne Dish Thai の会社の調味料。

ちゃんと日本人好み but 本格的なタイ料理がおいしくつくれるので、わたしはこれをどっさり購入して帰っています。1箱200円くらい(65バーツ)でお手ごろです。伊勢丹が品揃えが豊富ですよーーー。(バンコクにはなかなか行けない・・・という方は恵比寿のお店でも購入できます)

タイ食材

それから、クミンやカレー粉、ターメリック、、、などのスパイスも。とってもお手ごろ価格なので、お料理が楽しくなること間違いなし!

タイ食材

そしてスイートバジルの乾燥したもの、こぶみかんの葉の乾燥、そして大唐辛子。全部ドライなので、とっても軽いのがうれしいですよね。これで日本に戻ってもタイ料理パーリーができるのです!

南国ならではの朝ごはん

フルーツ

とにかく、バンコクに来たら、フルーツ三昧。
生のフルーツには酵素がたっぷりだから、体にもGood !!!

朝はたっぷりのフルーツとローズヒップで潤す。

旅行者にはデパートで販売しているカットフルーツを購入するのがおすすめですよー。

あー、しあわせ。

IWANE 1975 Japanese Bakery Bangkok

IWANE

先日、ASOKをふらふらしていてみつけたパン屋さん。
オサレなお店だったので、のぞいてみることに。

なんと、日本人のパン屋さんだったようです。
知らなかったわーーー!

というわけで、あんぱん(25バーツ)をひとつお買い上げしてみました。

食べてみたら、薄皮のあんぱんであんがぎっしり。

おいしいーーー!

朝ごはんにコーヒーとともにいただきました。

今度はいろいろと購入してみようっと。

 

IWANE bangkok


IWANE 1975

ウェブサイト
Facebook

Sukumvit 23, Bangkok, Thailand 10110
0818215280
営業時間:
7:30~20:00

HANSER HOTEL

HANSER

フィガロに載っていた、HANSER HOTEL が気になっていたので、ちょっぴり偵察にバーにお邪魔してみました。

フォーシーズンズやセントレジスがあるエリアは、今どんどん新しいホテルができているHOT SPOT。

ちなみになぜかキャンペーン中で1杯頼んだら、もう1杯やってきました。

HANSER

もうひとついいなぁと思ったのは、生演奏がとってもいいこと。

大人な感じと選曲がわりと有名なものばかりなので、聞いていて楽しいです。

これはまた行きたいかも。

 

HANSER

ただし、この日このホテルには、韓流かタイの有名アイドルが滞在していたみたいで、ホテルのカフェやロビーにはホテルの雰囲気にはちょっと・・・なヤングぅーな出待ちと思われる高校生たちがたくさん。

はじめ、何でこんなにタイのヤングゥーが?

と思ったら、芸能人と思われるグループがでていくのを目の当たりにしまして。

なので、本当はもっと大人でステキチSPOTだったんじゃないかな、と。

なかなかいい感じのHOTELでした。
 

失敗・・・

マッサージ

今日はホテルの近くにあるWiFiが通じるマッサージへ。

WiFiにつられたのと、コンラッドのすぐそばというのが悪かったのかもしれない・・・。

久しぶりに失敗・・・。

マッサージは新しいお店はむずかしいですな。

フットマッサージ1時間・・・ちょっぴり欲求不満中。

これからオイルマッサージへ行くか迷い中・・・。

LYON, Bangkok

LYON バンコク フレンチ

今日のランチはLYONデビュー。

バンコクでもっとも有名なフレンチ。

実はホテルからすぐ。

コンラッドの目の前にあります。

正直言ってあまり期待していなかったのだけれど、気に入りました。

何よりも客層がとってもいい!

またゆっくりレポートします。

今日のバンコクコーデ@ウエストジュエリー

ウエストジュエリー

こんにちはー、ほんまちゃんです。
ただいまこちらはランチタイム。

さて、今日はどこへいこうかしらん?

ちなみにホンジツのコーデはこんな感じ。

腕の日焼け対策で、薄手の長袖ブルマンスリーブとショートパンツ。
どちらもHAN AHN SOONのものです。

ショートパンツは大人でもいけるものを探していて、やっとこれをゲットしました。

ウエストジュエリー

ポイントはトレインのウエストジュエリー
カジュアル版です。

今月発売のCanCamにも掲載されたらしい、今オサレブロガーの間で流行中。

ウエストジュエリー

わたしの目線からだとこんな感じ。
でかベルトだと目立ちすぎるので、繊細なウエストジュエリーがちょうどマッチ。

すこしたるませて、ヒップハング気味がおすすめ。

それでは、これで行ってきまーす!!!

カオマンガイへの道!

秘密のカオマンガイ

さて、しつこくお届けしてきたカオマンガイのお店。
(当日お店のレポはこちら)

とーってもおいしくて、いつもタイ人のおきゃくさんでいっぱい。
ちなみに英語がちょっぴり話せるおねえさん(娘さんかな?)がいたので、いままで聞けなかった電話番号をゲットできましたぜ!

ホテルの人にクロントーイ市場に行きたいのでタクシーお願いします、実はこの近くにあるおいしいカオマンガイのお店に行くの、、、というとすごく驚かれます。カオマンガイならどこででも食べられるじゃない、と。(笑)

でもここのカオマンガイは変わりがないくらい美味。わざわざ行く価値あり、です。

カシコーン銀行

タクシーでいく場合は、クロントーイ市場のラーマ4世通りにあるカシコーン銀行(クロントーイ支店)にお願いします、と伝えてみてね。ここを目印にするのがベストです。

お店自体はこのカシコーンよりもクロントーイ駅寄りにあります。

クロントーイ駅

地下鉄で行く場合は、地下鉄クロントーイ駅の1番出口から出て、クロントーイ市場方面にてくてくと歩いていきます。そうだなぁ、300-400mくらいまっすぐ、といった感じかしら。

臓物煮込みの店

隣も結構有名な庶民的レストラン(モツの煮込み?)らしく、アロイマークが!
そのうち、カオマンガイのお店にもアロイマークがつくことでしょう。

カオマンガイ


秘密のカオマンガイのお店

OPEN:6:30am-10:00pm
TEL: 081-899-8036

住所:
ラーマ4世通りにある、クロントーイ駅とクロントーイ市場の間

カオマンガイ、OPEN!!!

カオマンガイ

今回の目的のひとつは移転してしまった大好きなカオマンガイをみつけること。クロントーイのラーマ4通り沿いにある、と聞いて行ってみました。

案外すんなりとみつかりまして。

カオマンガイの屋台のおじさん。
バンコクでイチバン好きなひとかもしれない・・・。(笑)

わたしはすごくおいしいものを作れるひとを無条件で尊敬&愛してしまうのです。(食いしん坊の性)

秘密のカオマンガイ

味のほうはもちろん、絶品です!
あー、どうしてこんなにおいしいんだろう。

カオマンガイ

お店の前にいつもの屋台がどーんとあって、客席がこんな感じ。

いままでのことを考えると、かなり大きな進歩。
清潔でとってもいい感じ。

カオマンガイ

ちなみに価格はひとつ40バーツ。
あげたタイプとゆでたタイプをふたつ載せても40バーツぽいな・・・。(あくまでカンですけど)

次のPOSTで行きかたを解説しますね。

鼎泰豊(ディンタイフォン)

鼎泰豊(ディンタイフォン)

バンコクに鼎泰豊(ディンタイフォン)ができた、と聞いて、早速ランチにお出かけしてきました。

米紙ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の1つとして掲載された世界的に有名な台湾の点心料理専門 店鼎泰豊(ディンタイフォン)。

やっぱり洗練されていて、おいしかったです。

おやつ代わりにちょっと食べるのにもいいし、たのしい選択肢がひとつ増えたかも。

セントラルワールドにあるのも、アクセスがよくて便利。

詳しくはまたのちほど。

 

バンコクでも、カフェワーク中。

カフェワーク

今日は今回の滞在で初めてノートPC持参で街をぷらぷら。
あー、BAGが重い・・・。

というわけで、サイアムスクエアの小さなお店が連なるカフェでちょいとカフェワーク。

カフェワーク

キーウィが最近マイブームなんだけれど、ここのスムージーはヨーグルト風味で思ったよりもおいしい。ちょっと得した気分。

まったりとパチパチしております。

 

甘党にはたまらない・・・?

ダンキンドーナツ

バンコクはほかのアジアと同様に甘党が多いようでして。

あちこちであまいものをゲットできます。

屋台にもあるし、ドーナツ屋さんもいっぱい。

さて、バンコクはそろそろランチタイム。
時差は+2時間なのです。

午前中にまとめて仕事を片付けたり、メールをしたりしています。

今日からひとりバンコクなので、のんびりとマイペースにすごせそうです。さて、何を食べようかしら。

チャットチャック Weekend Market

チャットチャック

先日ちょろりと紹介した、バンコクの名物、チャットチャックウィークエンドマーケット。

と、とにかく広い・・・です。

そして、熱い!

わたしは暑さが落ち着く4時ごろに行ったのですが、それでも暑い!

いつかここを攻略できるのかな・・・と行く度に思うのだけれど、全然無理ですね。

チャットチャック

今回も相当迷いました。

なので、まずはインフォメーションやネットなどで、ウィークエンドマーケットの地図をもらってお出かけするのがおすすめです。無防備にちょろちょろと動き回るのは自殺行為・・・。(←わたしです、ボコッ)

チャットチャック

わかりますか?
小さいお店がこれでもかーーーと詰まってます。
一度いいなぁと思ったものは即交渉して購入しましょう。

チャットチャック

チャットチャック

なにやら人だかりが・・・と思ったらココナッツミルクのアイスのお店でした。
最近人気らしく、わたしも参戦してみることに。

チャットチャック

じゃじゃーーん。
実はわたくし、ココナッツジュースが苦手なのですが、ミルクは好き。

アイス、とってもおいしかったです。

ちなみにこれを買うと無料でココナッツジュースもついてきます。

Yes, But,,,, やっぱり苦手。(笑)

ぜひウィークエンドマーケットで見つけたらチャレンジしてみて。
 

Cafe de LAOS

Cafe de LAOS

バンコクではじめてのランチはマイペンルイちゃんとMoca編集部の美女とご一緒させていただきました。いままで、バンコクでラオスのお料理って食べたことないなぁ・・・と。ちなみにイーサン料理とのMIXです。とはいえ、何がラオス料理なのって質問にも答えられないんですが・・・(汗;)

Cafe de LAOS

お店自体はとってもオーセンティックで古きよきタイランド。
わたしはとっても好き。

またお店の店員さんもとっても丁寧で親切。

地味だけれど、とってもいいお店だと思いますな。

Cafe de LAOS

Cafe de LAOS

マンゴーのソムタム。
パパイヤよりも歯でかんだときにふんわりとフルーツの香りが広がっておいしい。
これ、好きだなぁ・・・。

Cafe de LAOS

屋台などでもよく見かける、こちらのソーセージ。
柑橘系をたっぷりとお肉自体にまぶしているのかな、、、と思ったら、この酸味は発酵によるものらしい。ほほー、知らなかった!実はあまり食べたことがなかったし、こんなに酸味が利いているとはちょっと意外。でもやっぱり発酵していることで味わいがとっても深くておいしかったですよー。

Cafe de LAOS

そして、これまたはじめまして、のピータンのフライ。
ピータンって油で揚げると、より卵っぽい食感と香りになる気がする。これはピータンが苦手って人もいけるかも。とってもおいしいです。

 

Cafe de LAOS

豚ののどのお肉は弾力のある噛み応えがうれしい。
シンプルだけど、いくらでも行けそうなほのかに甘い味付け。

シーロムのかなり川沿いにあるこちら、今度は夜もゆっくりお邪魔したいかも。

 

Cafe de Laos

16, Silom 19 Road,
Tel.
02 - 635 - 2338 - 9

MiniBar Royale

MiniBar Royale

今夜はどうもPCの調子がご機嫌ななめ、でして。

やっと、ブログUPができるように。

せっかくこちょこちょと記事UPしようと思ったのにな。

今日も新規開拓中。

気になっていたアソークのMiniBar Royaleへ。

パッションフルーツにミント、スパークリングウォーターのドリンクをオーダーしてみました。B120。

とってもおいしくて、オーセンチックなカフェといった感じ。

こちらもまた明日ゆっくりレポートしますね。

秘密のカオマンガイ、堪能中!

秘密のカオマンガイ

無事に、今日のランチは大好物のカオマンガイへ。

やっぱり、ここはとっても美味。

以前はランスアンの奥地にあったのだけれど、移転して、綺麗なお店になっていました。

おじさんはわたしのことを覚えてくれていて、とてもよくしてくれるので、今回の再会はとてもうれしかったなぁ。

というわけで、詳しくはまた明日レポートするね。
 

いってきまーす

さて、というわけで、そろそろランチタイム。

大好きなカオマンガイの店が移転してしまったので、今日はそちらを見つけにお出かけしてきます。

またホテルに戻ったら、今日のレポをしますねーーー。

それではいってきまーす!!!

 

ヘルスランド

ヘルスランド

エカマイを歩いていたら・・・ヘルスランドを発見!
そういえば、知ってはいるけれど、まだ行ったことなかったなぁ・・・とふと思い立って入ってみることに。

ヘルスランド

おおおーーー、想像以上にゴージャスな感じ。
客層はかなりワールドワイドでして、タイ人も外国人も、そして日本人もMIXって感じかと。

ヘルスランド

ひろびろとしていて、非常に気持ちがいいです。

ヘルスランド

個室も清潔でゴージャス感あり。
おおおーーー、知らなかったけど、さすが有名マッサージ、人気の秘密はこんなところにあったのね。

わたしはラベンダーのオイルで全身のむくみを解消。

担当してくれた女性もとっても笑顔が素敵で英語も通じるし、いい感じ。

なんといってもプッシュの圧がワタシ好みでして、かなり気に入っちゃいました。

これからはここに通う確立がUPかも。

ヘルスランド

どの人に当たっても、レベルが高い、との評判ですが、エカマイ店に来たら、また彼女にお願いしようっと。

 

Health Land Spa & Massage
エカマイ店

住所:
96/1 Soi Sukhumvit 63 (Ekamai) Sukhumvit Rd Bangkok
TEL:
02-392-2233
営業時間:
9:00~23:00
料金:アロマオイルマッサージ
1.5時間 850B
アクセス:BTSエカマイから徒歩10分

トゥン・フンジャラーム

トゥン・フンジャラーム

実はワタクシ、そんなにふかひれに興味がなかったもので、バンコクではギャックしかお出かけしたことがなかったので、今回はローカルなふかひれもチャレンジしてみよう・・・ということでトゥン・フンジャラームへお邪魔してみました。

トゥン・フンジャラーム

じゃじゃーーん。
とってもお手ごろ価格でふかひれが楽しめます。

これなら何度も来られるね。

ただ、ふかひれの味自体はぶっちゃけ、ギャックのほうが高いだけあって、おいしいかと。

あくまでも、カジュアルに楽しみたいときにグーかな、という印象。

トゥン・フンジャラーム

たまご豆腐的なお料理もとってもおいしくて、日本人も数組いたので、とっても有名なお店なのかも。

ぜひプラカノン付近に来たときには寄ってみてくださいね。

 

トゥン・フンジャラーム

202 Sukhumbit soi71

TEL:
02-711-9771
089-672-1867

OPEN:
1700-300

MK GOLD @Ekkamai

MK GOLD

昨夜はMK GOLDへ。
いつもはシーロムエリアのサンディーンのお店へ行くのだけれど、実はスクンビットにいることが多いので、エカマイ店にしてみたのでした。

MK GOLD

ここも広々としていて気持ちのいい、使い勝手のよいお店。
わたしはここのえびワンタンが大好きで、何度もオーダーしてしまいます。

もちろん、相棒はビール!

そしてどうしてこの写真かというと・・・食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れたことに帰る直前に気がついたから。(笑)

MK GOLD

アクセスのいいエカマイ店、これからも来てしまいそうです。むふふ。

 

トンリー・デビュー!

トンリー

やっとお邪魔できましたーーー!

スクンビット・ソイ20にあるおいしいガイトート(チキンのからあげ)のお店。

トンリー

本当にやわらかくて、美味!
これは癖になりますなぁ・・・ハート。

トンリー

これがものすごくビールにあうので、ついつい進んじゃいました。二ヒヒ。

トンリー

きのこのトムヤム炒めもすごくおいしい!

お店の人もとっても丁寧で英語メニューも完備。

るるるーん、素敵なお店を発掘できて幸せなのでした。

 

今日は・・・

ほんまちゃん

いろいろと手続きをするために、銀行へ。
そしてまた別の支店へ行き・・・なんとか今回のミッションをクリア。やっぱり銀行はひとつの支店を使い倒すのが正解だと思い知ったのでした。

ふうー。

ランチは以前から気になっていた「トンリー」でフライドチキンを。

その後、これまた初めてエカマイにある「ヘルスランド」でオイルマッサージ。
これがまた超上手で感動。毎日オイルマッサージに通って、たまりにたまった疲れを癒そうかと妄想中。

というわけで、メークかなり薄いデスな・・・。スイマセヌ。

スタバでお茶して、WiFi目当てで入ったレストランでみごとWiFiがつながらず・・・今日は外出中にメールチェックができなかったワ。

ディナーはエカマイにあるMK GOLDでタイスキ。

お店に入ったとたん、すごいスコール。
帰る頃には軽く洪水。(笑)

それぞれ詳しくレポする予定なのでお楽しみに。

あくまでも、フラガモ!

フラガモ

お気づきだと思いますが・・・(^ + ^)
こちらフラガモのフラットシューズ。

フェラガモではありません!
あくまでも、フラガモ。

マーケットで見つけたのだけれど、非常にかわいいのです。
今週末、またお土産用に大量に買いに行こうかな・・・、と。

素材がプラスティックなので、スコールの多いタイでも大活躍。

シンプルなので、オフィス使いもできるかも?

フラガモ

今日はこれを履いて出かけてみようっと。

ビアヒマ、ふたたび。

ビアヒマ

凍ったビールに新鮮でおいしい海鮮料理、のビアヒマへ。

今までは車で連れてきてもらっていて、ここがどこにあるのかまったくわかっていなかったのだけれど、タイフードライターのるいちゃんに聞いて、なんとかたどり着けました。

るいちゃん、本当にありがとう。

ちなみにるいちゃんのニックネーム「マイペンルイ」なのだけれど、タイ語で「マイペンライ」なんとかなるさー、大丈夫的な意味の造語。とってもキュートでしょ?

本人もかわいらしいbutパワフルな方なんですよーー。

ビアヒマ

だーい好きな蝦蛄。
日本ではこんなに大きな蝦蛄は食べられません。

ビアヒマ

タクシーに乗ってカタコトのタイ語が話せる人ならたどりつけるかと。

 

White Cafe

WhiteCafe

以前から気になっていたWhite Cafe へ。
トンローのかなり奥にあるカフェ&レストラン。
 

WhiteCafe

モダンで、いまどきなつくりが素敵で、居心地がいい。
どこかへ旅行したときに、そんなお気に入りの場所があるだけでとってもリラックスできるもの。

WhiteCafe

WhiteCafe

WhiteCafe

フレッシュキーウィジュースをごくごく。

ちょっぴり生き返る瞬間なのでした。
 

Hotel Bar...

tenface bar

今夜はホテルのおサレBarに顔を出してみました。

オリジナルカクテルが有名なんだって。

たしかに、ビーコンみたいに1杯がたっぷりとしていて、満足度高し。

それにしても、タイのカクテルってアルコール度高めですな・・・。

(まあ、ワタシは好きだけど・・・二ヒヒ)

マーケットでの戦利品!!

戦利品

ウィークエンドマーケットでゲットしたもの。
うふふ。

キュートなアイテムを見つけられて、ちょっぴりHAPPY。

詳しくはまたレポしまーす。

 

今日のバンコクコーデ。

ファッション

おはようございます。
東京とバンコクの時差は2時間。

今、こちらは午前9時。

ちょっとずつ体もそんな時間に慣れてきたころ。

こちらは朝から雨が降っていて、わりと涼しいです。
こんな感じのファッションにしようかな・・・。

さて、今日も素敵な一日になりますように。
 

ウィークエンドマーケット

チャットチャック

今日は久しぶりにウィークエンド・マーケットへ。

相変わらず、ここは迷いまくる・・・ワ。

お目当ての店にたどり着くのは容易ではないけれど、一期一会の出会いも絶対ある場所。

運命の品なら、絶対出会うはず・・・といつも心に留めているのだけれど、なかなかそんな出会いも少ない。もしも気に入ったものがあったら即購入が鉄則。

今夜はチャットチャックからタクシーで15分くらいの大好きな海鮮タイ料理へ。

結構、有意義な毎日を過ごしています。

tenface hotel

tenface

今回、バンコク滞在に選んだのはTEN FACE HOTEL。

バンコク中心部にありながら、小道の奥にあるために、とっても静か。閑静な住宅街にポッとあるために、タクシーの運転手でも知らないことも多い。

先日購入したフィガロタイ特集にも掲載されていて、タイのおしゃれスポットのひとつ。

tenface

実はわたしは以前もここに滞在したことがあって、リビングとベッドルームとがわかれているので、仕事の打ち合わせもできるし、部屋も広いので、バンコクの拠点としてもGOODなお気に入りホテルのひとつ。

tenface

バンコクではとにかく、部屋に引きこもってパチパチするか、外出していることが多いのでそういう使い分けがしやすかったりするのも、好きな理由のひとつかも。

tenface

tenface

tenface

tenface

というわけで、今回も快適に過ごしています。
やっぱりここ、好きかも。

 

Local Massage!!!

マッサージ

ここのところ、ハマりにハマっている超ローカルなマッサージへ。

実はここ、昨晩の55ポチャナーからすぐ、なのです。

ファミリーでやっているのか、マッサージしてくれる人が限られていて、当たり外れがなく、いつ行っても上手で大満足、です。

ここなら毎日でも通えるワ。

というわけで、初日はフットマッサージでフライトの疲れを癒したのでした。

55ポチャナー。

55ポチャナー

牡蠣の卵とじ、オースワンの名店、トンローの55ポチャナーへ。

すごくローカルなお店(食堂)なのだけど、わたしはわりと好きでよく行っています。

火の通し加減がほかの店よりもずーと洗練されていて、ここ以上においしいオースワンを知らないのよねぇ。

55ポチャナー

定番の空芯菜を炒めたのはガーリックがたっぷり。
辛味が強くて、刺激的なので、これを食べるとタイに来たなぁーー、という気がするのです。

55ポチャナー

ここで初めて頂いたえび春雨、クゥンオップウンセン。
これがまた絶品で、定番メニューになりそうな予感。

シンハビールといっしょに初めての夜は過ぎて行ったのでした。

無事に・・・

tenface

バンコクに到着。ホテルにチェックインできました。

こちらはクーラーが効きすぎていて死にそうーーー!!!

これから食事とマッサージしに行きます。

わーい、わーい、ちょっぴりテンションUPです。

では行ってきまーす。

 

なんちゃってヌーヨーク!

名古屋なう!

大阪タビ日記

創作チャモロ料理のコンテスト

MAILA TA FAN BOKA Clinary

創作チャモロ料理のコンテストの「MAILA TA FAN BOKA Clinary」の行われた、アウトレット(余った時間で即決して、BCBGを購入)は、グアムの有名スポット。今年で2回目だという今回のコンテストのテーマは・・・チキン・茄子・バナナ!

アマチュアとプロフェッショナルのチームが各4組、計8チームが参加して、一般投票と審査員による投票で優勝が決定されます。

MAILA TA FAN BOKA Clinary

料理人も一般審査員もいっぱいでものすごい盛り上がり!もちろん、ワタクシも投票に参加してきました。

MAILA TA FAN BOKA ClinaryMAILA TA FAN BOKA Clinary

MAILA TA FAN BOKA Clinary

審査員用には綺麗に盛り付けたお皿が・・・

MAILA TA FAN BOKA Clinary

そして、わたしたちにはこんなかわいいカップで提供されています。ちょっとずつ色々と食べられて幸せ。

そして、審査の結果・・・

審査員投票では、Mount Carmelという学校の学生チーム「MADD DAWGS」が優勝、一般投票ではグアムの有名レストラン(ホントはここに行きたかった・・・)PROAでした。

おおおー、ぱちぱちぱち。おめでとうございまーす!

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

サンドキャッスル@グアム

サンドキャッスルサンドキャッスル

 グアムで何かエンターテイメントを、と思うなら、サンドキャッスルがおすすめ。メインストリートにあって、Outrigger Hotelからもすぐ。とっても便利です。

そして、ショーはまるでラスベガスにいるような気分に浸れます。

正直、かなりゴージャスなロビー&シアターでして。期待以上(←失礼)だったので、わたしも驚いたほど。わたしたちは一番奥のゴージャスなBoxシートだったので、全体が見渡せて素敵でした。

ちなみに普通は写真撮影NGですが、この日はプレスということで特別の撮影許可をいただいております。ご承知くださいませー。

サンドキャッスル

ショーの中身はというと・・・マジックショーありの・・・

サンドキャッスル

セクシーダンスありの・・・

サンドキャッスル

中国雑技団ありーの、

サンドキャッスル

えいっ、とこんな技ありーのの、盛りだくさんな内容。

サンドキャッスル

 ブルーノート同様にドリンクをいただきながら見られるのがうれしい。ちなみに食事とセットのプランもあるので、エンターテイメントな夜のすごし方もできますね。

サンドキャッスル

この日も大変盛況で、観光客にはおなじみのSPOTのようですよーー。ぜひグアムで現代的なエンターテイメントを楽しみたい方はどうぞーーー。

 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

おすすめ!Nova's Blog

グアムではたくさんのPower Bloggerさんと仲良くなったのだけど、中でもわたしのお気に入りBlogger はソウルでカメラマンをしているNova のBlog。あのNaverからもPower Blogger認定されている、超人気ブロガーさんなのです。あっ、韓流イケメン好きのみなさまにも喜んでいただけるかと・・・。笑顔がめちゃくちゃキュートなんです!絶対チェックすべし!!!

Nova's Blog

そして、さすがカメラマンだけあって、ひとつひとつの写真がすごく綺麗!最近はボラカイによくお出かけしているみたい。(どうやらまた今日からボラカイらしい・・・羨ましい!)

ちなみにgoogle先生に助けを借りて日本語訳するとかなり内容もわかるので、ぜひチェックしてみて。彼はとても英語が堪能で、優しい、素敵な人だったよーーー!

もちろん、ブログは韓国語でも、写真が綺麗なので十分楽しめるかと。私は早速RSS登録してバッチリチェックしてます。

Nova's Photo

そしてグリーンポロでレタスの取材をしているときにNovaが撮ってくれた1枚。この写真、とっても気に入ってます。
Special Thanks and copyright Nova.

[ Special Thanks, グアム政府観光局 & Nova ]

グアムカルチャー&エコパークで、うるるん体験!

グアムカルチャーテーマパーク

今月末OPEN予定のグアムカルチャー&エコパークへ。一足お先にプレビューさせていただきます!実はここ、メインエリアからすぐ、というとってもいい立地に建っていながら、グアム先住民である「チャモロ」体験ができてしまうテーマパーク。

そう、あのうるるん滞在記のような体験ができちゃう、とっても素敵な施設。

グアムカルチャーテーマパークグアムカルチャーテーマパーク

ラッテ・ストーンはグアムに伝わるモニュメントで、建物の土台に使われていた、とかお墓や亡くなった人の精霊が宿る、とかいろんな伝説があるらしいけれど、実際のところはわかっていないらしい。

ちなみに貝殻でできた笛や杖にはチャモロで有名な人の顔が彫られているようです。

グアムカルチャーテーマパーク

グアムカルチャーテーマパーク

ものすごい緑に囲まれて、緑の道を進むと村人との出会いが!

グアムカルチャーテーマパーク

こんな風にチャモロの村を再現した施設、それがグアムカルチャー&エコパーク

グアムカルチャーテーマパーク

ばななの葉で蒸し焼きにしたお料理を披露してくれたり、

グアムカルチャーテーマパークグアムカルチャーテーマパーク

まるでお祭りみたいに、わたしたちのことを歓迎してくれているみたい。うれしい!

グアムカルチャーテーマパーク

おうちは高床式のものと、それより低い家と2種類あって、男性は低い家で共同生活をおくり、高い床の家は女性の住まいだったそう。

グアムカルチャーテーマパーク

グアムカルチャーテーマパーク

体の彫られたタトゥーはよくよく見ると、月の満ち欠けであったりして、この時代のチャモロの人たちがどうやって自然とともに暮らしていたかを想像できて楽しい。

こうしてみると、タトゥーにはとてもとても深い意味があったのだろうなぁ、そしてそんな意味あるタトゥーはとても格好いい、と素直にそう思っちゃいました。

知らないことを知ること。
自分に足りないことを知ること。

今もグアムカルチャー&エコパークは建設中。すこしずつすこしずつ色々な施設がOPENするから、何度も通って当時のチャモロの人々を知ることができたら、最高の体験だし、楽しいよね。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

まぼろしのレタスを捜索せよ!

グアムレタス

というわけで、まんまとグアムレタスと恋に落ちたワタクシ。これは意地でもこのレタスを見つけねば・・・とスーパーに行くたびにレタスチェック。

実際に売っているところもみたいしね。

グアムレタス

そんなわけで、唯一このグアムレタスを発見できたのが、ヌードルの朝ごはんを食べた「デデドの朝市」のとなりにあったスーパー。

グアムレタス

じゃじゃーん、ここです、ここ!
2段目のまるいボールみたいなパッケージに入っていて、超かわいい!まさにワタシがブーケのようなレタス、というにはこんな理由が!上に張ってあるポスターをみると10種類あるみたいね。

グアムレタス

わたしは3種のレタスが混ざった、まさにブーケなものを購入しました。たしか、5ドル弱くらいだったかな。これを最後の日の夜、この旅で仲良くなったIKUKOさんとGLOBE-TROTTERちゃんとみんなで、グレープフルーツをドレッシング代わりにしていただきました!やっぱり美味。

グアムレタス

ちなみにRoomParty2回目。(1回目はかなりゴージャス!!!)
連日にわたり、ガールズトークしまくりの3人。ふたりとも本当にかわいい人であっという間にFanになったほんまなのでした。

あー、やっぱり女子飲み楽しすぎ!

 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

グアムのレタスファーム

レタスファーム

グアムでレタスゥぅぅ?
初めてそう聞いたときに思わず顔をしかめたほんまです。どうも。

グアムでおいしい生野菜を食べたり、見たことすらなかったので、正直かなり疑ってました。でも何事も体験してみないとわからないもの。ほんとうにほんとうにすばらしかったので、気合を入れてレポしますぜ!

ちなみにグアムでレタスを栽培しているのはここしかありません。なので、グアムのレタスファームといえばここ。それ以外の生野菜はすべてアメリカからの輸入物。いわゆるカット野菜が多いかも。

グアムレタス

ワタクシ、到着するなりサラダをいただいたのですが・・・ぶっとびました!おいしいーーー、おいしすぎるーー!この時点でかなり満腹だったのですが、生野菜に飢えていたようでして。パクパクおかわりまでしちゃいました。ちなみにこちらはゴルゴンゾーラとオレンジ、ナッツのサラダ。

ドレッシングもサラダの組み合わせも、洗練されていたのはやっぱりセンスあるおハイソ(そもそもスカイダイブを経営)なご夫婦がやっているからかも。

レタスファーム

印象に残ったのは、この真っ白いネットで囲まれたハウス。網目は虫が入ってこないほど細かいメッシュで、しかも風を通し、直射日光を軽減するので、このハウス内はそんなに暑くないのだとか。まだビジネスをスタートして1年くらい。最新のテクノロジーを取り入れた水耕栽培です。

レタスファーム

まずは種の植え付けから。この専用の箱にMIXされた専用の肥料をいれます。シルバーのお盆にはびっしりとレタスの種を掃除機のようなもので満遍なく(ここが大切!)吸いつけ、この箱の上に落とします。この状態で芽が出るまで2週間おきます。

レタスファームレタスファーム

作業はこの覆われたトラックの荷台のような部屋で行われるそう。シルバーのお盆の先に丸いパイプがついているの、わかるかな?ここに掃除機のようなバキュームを取り付けるんだって。

レタスファーム

そして別の倉庫では、ミネラルウォーター(きれいな水)に栄養剤を混ぜて、レタスのための、スペシャルドリンクを造ります。

レタスファーム

そしてグリーンのハウスで、まず植え付けの済んだ苗を2週間ほど育てます。

レタスファーム

グリーンハウスで育てられた苗はしかるべき時期が来た時点でシャッター付(!)のホワイトハウスに移され、さらに2週間から4週間ほど(もちろん種類によってばらつきがある)育てられ、出荷されます。このホワイトハウスには水を送るポンプが張り巡らされ、24時間スペシャルドリンクの水を与えられるそう。

レタスファーム

グアムの気候(スコールが多く、虫がいっぱい)だと土栽培はうまくいかない、よって生野菜はいままで作れなかったようですが、彼のおかげで安全で(オーガニックではないが、ほぼそれに近い水準)おいしいレタスを市場に出せるように。

レタスファーム

青梗菜やレタスも5種類以上。中でも、3種の種を配合して1株で3種の野菜になっているブーケのようなレタスが印象的。市場では1束4-5ドルで販売されているそう。

レタスファーム

すべてが整理整頓され、美しく並べ育てられた野菜は虫食いもなく、すくすくと育っています。その姿は綺麗でまるで芸術品をみているよう。これは数年後、グアムを代表するビジネスに成長していそうです。

追って、スーパーで見つけたレタスファームのレタス&レタス・ルームパーリーの様子もお伝えしますよーーー!

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

ハマモトフルーツワールド@Food

ハマモトフルーツ園

大人の女子タビなら、やっぱりおいしいフルーツは欠かせません!

というわけで、ランチ&フルーツ付のハマモトフルーツワールドへお出かけしてきました。ちなみにこちらの観光コース、ひとり$65(12月までなら$52)でランチとフルーツバイキングとトラムでの探検がついてます。ホテル送迎つきだから、便利ですよー!

ハマモトフルーツ園

まずはBBQランチ。
日本人経営のせいか、他店よりもお料理が和風な味付けなので、日本人にはうれしい。とってもおいしかった!!!

ハマモトフルーツ園

とにかくいたるところに緑、みどり、グリーン!!!

ハマモトフルーツ園

トラムツアーから帰るとレモンにシロップを入れたジュースがとってもおいしい!これ何杯でもいけますよーー!(太っ腹のお代わり自由)

ハマモトフルーツ園

そして、園内で取れたフルーツ、フルーツ、フルーツ!フルーツふぇちのワタクシにはたまらないひととき。特に完熟パパイヤのおいしいこと!ぱくぱく食べちゃいました。

ハマモトフルーツ園

あー、フルーツっていいね、しあわせね、とみんなで目がハートに。追って楽しいトラムツアーもご紹介するねー!

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

グアムで一番好きなもの

グアムレタス

グアムで一番おいしい、好きなものは?と聞かれたら迷わずワタシはここのレタス、だと答える。グアムで唯一、レタスを作っているところ。信じられないくらい現代的でモダンな設備。

レタスなのに芸術品みたいに美しくて、おいしい。

詳しくはまた後で。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

うぎゃー#$'+!"%$'&$!$!!

爬虫類

今回のタビ、かわいいグアムに住む動物たちとのふれあいも。ぶっちゃけ爬虫類とか全然OKなわたくしは「きゃー、抱きたい、抱きたいーーー!」と自ら猛アプローチ。

爪が結構しっかりしているので、ひっかかれやすいかもなぁと思いつつ、かわいいやつめっ、なーんて思いながら一緒に遊んでもらっていると・・・

うぎゃー#$'+!"%$'&$!$!!

爬虫類

ワタクシの髪食べてます!頭のテッペンに上りたかったのか?黒い髪が大好きなのか?そのあたりは謎ですが・・・弄ばれてます、ワタクシ。ひどい顔だな、、、。とかいいながらもちょっと嬉しいほんまです。ぐふふ。

そしてこの様子を眺めながら大爆笑して、しかもジョシの叫び声が聞こえていたのに助けもせず・・・激写していたのが・・・カリスマブロガー「エアロプレイン」クン。いや、実は本当に素敵な方ですよ、、、、いつもはとってもやさしい兄貴分的存在です。いつもはね。(笑)

というわけで、アニキがこのショーゲキ写真を撮ってくれたので、みなさまにご紹介。

ちなみにアニキの顔が気になるという方はこちらのエントリーをチェックすべし!いやー、笑った!真剣に笑っちゃったもんねー!

グアムではこんなハプニングもとっても楽しいです。(最後は綺麗にまとめた、風?)

[ Special Thanks, グアム政府観光局 & エアロプレイン ]

Christian's Mango Farm @guam

クリスチャンマンゴー

食べるのが大好きなワタクシ。実は生産者さんを訪ねる旅も大好き。(山形庄内ではそんな旅もしてました、てへへ)今回はマンゴーの季節ということで、実際にマンゴー農家さんにお邪魔してきました!

クリスチャンズマンゴー グアム

どーん!
マンゴー山盛り!!!

これがまた完璧に完熟モノなので、日本で食べるのと全然味が違う!たぶんグアムのスーパーで購入するのとも違うんだろうなぁ・・・。

クリスチャンズマンゴー グアム

試食もさせていただいちゃいました。うまし!

クリスチャンズマンゴー グアムクリスチャンズマンゴー グアム

日差しがかなりきついグアム。
今年は雨が多くてマンゴーは不作な年らしいけど、Christian's Mango Farmさんではたくさん綺麗なマンゴーが実ってました。マンゴーってこんな風になっているんですね。感動♥

クリスチャンズマンゴー グアム

いかにも職人ですけどー、なパパと、底抜けに明るいママ。(黒シャツ)この組み合わせは最強かも・・・。完全に奥さんの尻に敷かれていそう・・・と勝手な妄想中。

クリスチャンズマンゴー グアムクリスチャンズマンゴー グアム

マンゴーの苗は丈夫な元となる別の植物の木にマンゴーの枝を接ぎ木してつくるのだそう。農業って本当に奥が深い。いろんな組み合わせがあるから、厳密に言うと品種としてはみんなバラバラらしいけど。それでもこのパパ、本当に日本人のような繊細な神経をお持ちのようで、丁寧にていねいに接ぎ木を実演してくれてました。

そうそう、直接いけばマンゴーも譲ってくれるようなので、ぜひマンゴーシーズンにグアムへ行ったら遊びに行ってみて。すごくいいオーナーさんだったから、歓迎してくれるはず。

JOHNNY CASTRO
789-8058
797-9445

フルーツの販売と苗の販売、そしてレッスンといろいろと学べそうです。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

夜のお散歩

夜のお散歩

治安がいいグアムでは、大通りならばふらふらと夜でも散歩できちゃいます。とはいえ、あくまでも外国なので人通りの多い場所だけにしておいたほうが無難ですが・・・。

グアムに到着した日の夜、ビールをゲットすべく、近くのJP Superstoreへ。グッドルッキングさで瓶のビールを5本を選ぶ。そしてなぜか店員にナンパされる・・・。

もうひとつ謎なのは、レジでお会計をするときにいつも泊まっているホテルの名前を聞かれること。あれはなぜに?POSに手入力でいれるのかな・・・。

とグアムの謎がふかまりつつある1日目の夜。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

チャモロヴィレッジ@Market

チャモロヴィレッジ

グアムにもナイトマーケットがあるのです。それも超ローカルな。それが毎週水曜日の夜に開催されるチャモロヴィレッジ。(金曜日の夜もやっているらしいという情報もあるけど、どうやら今は水曜日だけのようです)
dinner編はこちらをチェキラ

チャモロヴィレッジ

真ん中にあるメインのタワーではグアムダンスがFREEで見られます。のみものや食べ物を周りのお店でゲットして席を取っておけば、それでグアムダンスをカジュアルに楽しむことができます。

チャモロヴィレッジ

まわりのお店は本当にさまざまで、まるでフリーマーケットのような手作り感が面白い!

チャモロヴィレッジ

チャモロヴィレッジ

チャモロヴィレッジ

レストランらしきレストランはグリルのこの店くらいかな・・・。

チャモロヴィレッジ

ちなみに、たこ焼き(らしきもの)まで売っていてかなりビックリ!まさかこんなところで再会するとは!お客さんでものすごい行列ができてました。ひょえー!

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Love, K-mart !!!

Kマート

外国へ行くと、必ずその国のスーパーへ行くのが好き。
いかにもなお土産やさんにはまったく興味がないワタクシだけれど、その国の生活をチェックするなら絶対ぜったい、スーパーは行くべし。

Kマート

グアムなら断然、Kマート
安くて広くて何でも揃う。

Kマート

うろうろとカートを押しながら、鼻歌まじりにうろちょろする。おなかがすいたらフードコートで軽くピッツァをつまんでもいい。

Kマート

わたしは予告通り、マンゴーとドリトス、チョコレーズンを購入。
ついでにワインも。

意外と生鮮食品が少なかったけど、ぜひ一度はKマート。

たぶん、グアムがもっと好きになるはず。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Special Thanks, 素顔天使 from Hong Kong

素顔天使

 

実は、今回のグアム旅行で一番うれしかったのは、各国の有名ブロガーさんと交流できたことかもしれない。言葉の壁もあって、なかなか違う国(特に英語以外)のブログを発掘するのは難しいんだけれど、こうして直接会うことができて、カタコトの英語でコミュニケーションできたりすると急に身近に感じるから不思議。

仲良くなった香港のブロガー、素顔天使が早速Blogで紹介してくれたようで、その記事を紹介するね!

中国語はgoogle先生の力を借りたのでかなりあいまいな解釈なんだけど、、、

どうやら香港で有名な日本人とのハーフのAV女優さん(小澤瑪莉亞)に似ている(ハーフ顔だと香港ではみんな小澤瑪莉亞さんのように見える)らしく、影で「小澤瑪莉亞」と呼ばれていたらしい。(苦笑)

キュートな裏話を紹介してくれたおかげ(?)で、ものすごい勢いで香港からのアクセスUPしてます。

ありがとう、素顔天使!

わたしもお友達になって連絡先を交換した数名の世界のブロガーさんをこれから紹介させていただきまーす!こちらもグアムレポートとあわせてお楽しみに。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Bath Room Paparazzi !!!

バスルーム

旅するときも、いつものお気に入りのバスグッズとともに出かけるのがマイルール。なんでもそうだけれど、食べるもの、自分の肌に触れるものは丁寧にていねいに選ぶことが大切だと私は思うのです。

そんなわけで、グアムに連れて行ったバスグッズをパパラッチしてみましたぜ!!!

ドゥラメール

雨季で湿度の高いアジアを旅することが多いので、梅雨用のヘアケアセット、AVEDAは必携。どこにいくのも一緒なのダ!

ドゥラメール

そしてトラベルサイズのドゥラメール。
すいすいと肌になじむのはさすが、といつも思う。買うときには「えいっ」と多少の勇気が必要だけれど、ベストセラーのワケは使ってみればすぐにわかるものなのです。わたしは夜にメークを落とした後に使っています。

ASTALIFT

そしてアスタリフト。毎朝のケアはこれ。ローズの香りが朝の気分にぴったりで、もう何度もヘビロテしています。惜しみなく使えて、香りもよく、品質が高いのが好き。

ジョーマローン オレンジブロッサム

そしてジョーマローン。
今までノーマークだったオレンジブロッサムにただいまハマり中。
シュッシュッしまくってます。

AVEDA

そして毎日のストレートヘアーにはこの子。スムーズインフュージョンシリーズのプレップスムーサーとグロスストレイトナー。

簡単にストレートヘアーができちゃうので旅先でもバッチリですよーー!

 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

チャロモヴィレッチディナー

チャモロヴィレッジ

大人のグアム。いよいよ記事も充実してきましたワ。
まだまだたくさんレポートしたいことがあるので、今週いっぱい続きます。もうしばらくお付き合いくださいませー。

チャモロビレッジ

先日紹介したチャモロヴィレッジ。初日の夜にお邪魔したので、グアムの伝統料理に触れたのもこの日がはじめて。わくわくしてます。

チャモロヴィレッジ

チャロモヴィレッチは、とても人気がある場所。観光客や地元の人で混雑してます。ちなみにここなら、ローカルな市場と伝統的なダンスがFreeで見られます。おなかがすいたらヴィレッジ内の屋台でこれまたローカルな食事にありつけるというすばらしい場所。

グアムに来たらMUSTですよーー!

チャモロヴィレッジ

初日はフィエスタ(お祭り)料理。グアムでは特別なときにみんなでホストの家に集まってご馳走を食べる、ただの食事としての位置づけではなく、大切な文化なんですよー。

それでは、伝統的なグアムの郷土料理をご紹介しましょう!

チャモロヴィレッジ

レッドライスと呼ばれるごはんはケチャップライスではなく、木の実「アチョーテ」を入れたごはんなのだとか。でも味はなぜか薄いケチャップライスみたいな感じ。面白いです。グアムの伝統料理といえばこれははずせません。

チャモロヴィレッジ

そして肉系はBBQスタイル。わりといろいろなバリエーションがありますが、甘いタレは基本かな。

チャモロヴィレッジ

これはケラグエン。いろいろなタイプのものがありますが、これはお魚。生魚なのでカルパッチョみたいな感じ。サイコロ状にカットしてレモンと唐辛子が入っていて、ピリリとした味です。もちろん、魚に限らず、チキンやビーフ、えびなどケラグエンにはどんな食材でも使われるほどバリエーションが多いです。

チャモロヴィレッジ

そんなわけで、チョコチョコとお皿に盛り付けて、早速いただきまーーす!
もぐもぐもぐ。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

ポロシャツ

ポロシャツ

こんばんは、ほんまちゃんです。いやあ、久しぶりに学生に戻った気分でポロシャツ。今回の旅、世界各国から約60名が参加していたので、5日のうち2日間は指定のポロシャツ着用でツアーでして。

超なつかし気分で思わずパチリ。ちょっと若返った気分。るるるーん。

この格好でどこへ行ったか・・・はまた明日に続く(のか?)

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

BLUE OCEAN

グアムの海

グアムの一番の魅力はやっぱり、海!
そして白い砂浜。

冷たい飲み物(ビール)とフルーツ、そして本を片手にビーチに繰り出せば、どこでもスペシャルシートに。

バルコニー

もちろん、砂浜だけでなく、ナイスビューのお部屋のバルコニーでも同様。砂まみれにならないから、ネイルをぬりぬりして、読書タイム・・・が幸せ。

こんな時間がなによりのご馳走なのです。

 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

お出かけ@グアム

hommaniaなミナサマならすでにご存知だと思うのだけれど、ワタクシ異様に旅する機会の多い身でして。追い詰められると、30分でパッキングができるという得意技を自慢(いや、実はグズなだけですが・・・)していたら、その技を公開せよ、との指令。

JASPPER

どんなものを持っていっているかというと・・・整理下手なので、とにかく便利なグッズに頼るというのが鉄則でして。JASPPERのマルチケースにはEチケットや前もって調べた現地情報、行きたいお店をプリントアウトしたもの、搭乗券、パスポート・・・クレジットカードと現金、そしてホテルのカードキーとなんでも挟んで、1点集中型管理。名刺も20枚くらい入れておくとこれひとつで後は何ももたなくてもOK!手帳&メモ帳もついてます。(バンコクでも紹介してたね)

一応現金は薄い布製のお財布と2つに分けて管理。これが想像以上に便利でして。一度使うとその便利さに手放せなくなります。しかもキラキラしていてかわいいし。パーリーの時にはクラッチ代わりにもなります。(実は黒も持ってます!)

今回もパーリーの時に持っていたら、各国のBloggerさんに可愛いね、と褒められちゃいました。うふふ。褒められ率高し!!!

お出かけBAG

そしてコンパクトなのにたっぷりとした収納力のあるKeiko+KeikoのミニサブBAG。ほんとにこんなに入っちゃうのーーー!?というくらい入る。冷房対策のストールにサングラス、日焼け止めにハンカチ、JASPPERにお財布・・・。とにかくじゃんじゃん入るのに超コンパクト。

ほんまちゃん

ロンシャン フラットシューズ

というわけで、早速、軽くてコンパクトなBAGを手に街をぶらぶらしてきまーす!
 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Hafa adai !!

Hafa adai

Hafa adai !!

はグアムで挨拶の言葉。

グアムでは英語だけではなく現地の「チャモロ語」という言語があるのだ。そりゃそうだ、どう考えてもグアムは地理的にアジアである。(←しつこい)

顔立ちはアジアとスペインとアメリカの混血な感じ。
どことなく懐かしい感じもする。

1日目はHafa adai !!の意味がようやくわかり、3日目には「Hafa adai !!」と返せるようになっていた。

グアムにお出かけの際はこの「Hafa adai !!」を覚えていくべし。
ちなみに発音は「ハーフアデイ」ですよー。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Outrigger Hotel@グアム

アウトリガーホテル グアムアウトリガーホテル グアム

アウトリガーホテル グアム

アウトリガーホテル グアム

今回宿泊したアウトリガーホテル@グアム。
街の中心中の中心で食事をするにも買い物するにもとっても便利な場所。

モダンなインテリアでリゾート滞在型ホテルとしてはかなり秀逸かと。とにかくわたしが泊まったお部屋は広くて、ゴージャスな気分に。

バスタブは以前の古いタイプのもののようだったけれど、ベッドルームやリビングはリニューアルで新しくなっていたので、ホテルライフも存分に楽しめましたYO。

価格も$183くらいからあるようなので、自分好みの部屋を選べるのがうれしい。

日本語もかなり通じるので、海外&英語に自信がなくても問題なしですよー!

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

GUAM ♥ Paradaise

グアム

グアムにはやっぱり独特のゆったりとした時間が流れていて。実はせかせかとした性格のワタクシ、いままではこうしたゆったりモードというのがなんとなく苦手でして。ハワイもグアムも意図的に避けていた感もあり。けれど、やっぱり食わず嫌いはよろしくないな、と。

結構楽しめました、グアム。
グアムは東南アジア圏にありながらアメリカなので、まるで米軍基地に迷い込んだ気がしたほんまです。

グアム

食べるものはザ・アメリカ。
けれど、日本食が食べたいのであれば、結構充実しているようです。街中には日本語があふれているし、和食料理やさんもたくさんあります。タコベルなどタコス好きにはたまらない。

グアム

今グアムは、マンゴーのシーズンが始まったばかり。
タイでのマンゴーに比べるとかなり小ぶり。半分以下の大きさで価格はやっぱりアメリカ価格なのが残念。そう、アジアなのに物価が高いのが玉にキズかな。

グアム

とにかくグアムの楽しさは暖かい気候と英語と日本語が通じるところ、みんなのんびーりとしていて、自分の生活を楽しんでいるところ。そうか、そんなにがつがつ働いて精神的に追い詰められたりしなくても、こんな生き方もあるよねー、と思う。そういう癒し効果が高いからグアムが好きになるのかな?そしてとにかく日本から近いというのも大きいポイントかも。3連休あれば簡単に来られちゃうし。

グアム

海外に来るっていうのはいまや全然特別なことじゃない。世界をひとつひとつ丁寧にみていけば、新たな発見は必ずある。そして「初めて」ということを大切にしなきゃね。人は移動距離に比例して成長するものだ、と誰か頭のいい人が言っていた。たぶんそれは視野を広げるということ。そして寛容になるってことじゃないかってわたしは思う。

絶対こうでなければならないってことなんて実はひとつもないんだ、と世界を知れば知るほどそう思うように なるものじゃないかしら。だから私は今日もまた、旅をする。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

GUAMでGOLF

グアム

常夏&リゾートのグアム、当然ゴルフ場もたくさんあります。

ゴルフ

今回は時間がなくて行けなかったけど、初心者でもぜんぜんOKな9ホールプレーができるところもいっぱい!ゴルフデビュー目的の旅もグアムでなら適えられるかも。

ゴル練

そして、ゴルフクラブはやっぱり新しいものを持参したい。かわいくて機能もバッチリのエアロテックがいいかなぁ。

なーんて、今からグアムdeゴルフの妄想計画をしていまーす!あっ、その前に練習ダワ。あはは。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

JALでグアムへ

JAL

今回のフライトはJAL。
実はANAマイラーのわたくし、JALはそんなに乗らないのです・・・。

再生中のJAL、以前よりもひとつひとつ丁寧な対応になったような気がします。行きのフライトはわりと年配のフライトアテンダントさんが多かったような。

パーソナルTVで、久しぶりに映画を見ました。ナタリーの「抱きたいカンケイ」。かなり笑ってしまうシーンが多くて、ザ・アメリカンコメディだと思いながらもナタリーがこういう役をやるのか・・・と意外に思う。

JAL

3.5時間という短時間フライトだけど、簡単な(しかも結構おいしい)お弁当が。これでホント十分だよね。そういえば、羽田便のANAのバンコクのお弁当はまずかったな・・・と思い返す。

JALにはなんとかがんばって、生き残ってANAと切磋琢磨して欲しい、と勝手なことを思う。

うとうとしたり、パクパクしたり、映画をみたりするともうすぐに常夏の島に到着。あー、楽チン。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

GUAMの旅@準備編

ほんまちゃん

こんにちは、ほんまちゃんです。
グアムでの大人の休日をUPする前に、グアム旅行に行く前にチェックしておきたいポイントをまとめてみました!

グアムではのんびーり過ごすから、リサーチしなくてもいい!なんて思ってませんか?旅を成功させるか否かは下準備にかかってる、といっても過言ではありません!というわけで、ワタシのような面倒くさがりさんのためのワンポイントアドバイス、ぜひ参考にどうぞ。
 

POINT 1.

両替は日本で!

米ドルは日本で両替したほうが断然レートがいい、のです。(一般的に、アメリカ・ヨーロッパ以外は現地で両替がお得ですが・・・)

わたしは成田空港のTravelexでJCBのクレジットカード払いで約3万円ほど両替しました。(クレジットカード払いできるのはTravelexでJCBのみです)。ちなみにザッとですが、1ドル85円くらい。ちなみにグアムで両替すると1ドル89円ほどだったようです。(グアムの銀行でも同様のレート)1ドルあたり4-5円お得ですよーー!

もちろん、クレジットカードでほぼ支払えるのですが、とはいっても手元に現金がないのは不安&今は円高なので、余ってもとっておけばいいので、大目に両替しましたYO。そうそう、もちろんクレジットカードの持参はMUST。

POINT 2.

グアムは税金ゼロ!

グアムはTax Freeの国。つまり税金がかかりません。なので、ブランド品も税金ゼロ。価格自体はそんなに安くありませんが、税金分お得です。

POINT 3.

フライトは成田から3.5時間。

日本からの直行便はJALとコンチネンタル、デルタの3社のみ。

POINT 4.

アメリカ製の化粧品やネイル(OPI)はかなりお得!

何も買うものがないでしょ?というのも実は誤解。ロクシタンやエスティーローダー、MACなどザ・アメリカブランドの商品は日本の価格と比べてお得です。ちなみにOPIのネイルは$10なので、OPI好きにはたまらないかも。(←ワタクシ)

POINT 5.

運転できる人は免許証持参

グアムでは足があるかないかはかなり行動に違いが。日本の免許証でレンタカーが借りられるそうなので、一応、免許証は持参しましょう。ちなみに日本語がかなり通じるので、英語NGな方でも大丈夫。ナビは島自体が小さいため、使えないらしいですが、道自体は単純なので、少し走れば感覚がつかめそうです。

POINT 6.

おいしいワインが飲みたい場合は持参すべし

ビールは安価でたくさん売っていますが、正直いいワインの品揃えはいまいち。逆に1000-1500円程度のリーズナブルなワインはわりと揃っています。お気に入りのおいしいワインが飲みたい場合は持参がベストでしょう。

POINT 7.

インターネットはWiFiが結構使える!

ホテル内やFree WiFiのカフェなどが無料で使えることがあるので、現地の情報を仕入れたいとかメールチェック、ブログの更新をしたい方はPC持参がベストですよー。

POINT 8.

日焼け止め・サングラス・帽子・傘

日焼け止めは絶対、絶対、ぜーったい必要。グアムの日差しは半端ないです。あとはサングラス、傘、帽子などがあれば便利。傘は突然雨が降ることも多いので濡れるのがいやなら必須かな。もちろん、ビーチで遊ぶなら水着もお忘れなく。(Tシャツ・短パンもあれば便利)

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

FIJI Water

FIJI Water

やっぱり、グアムは常夏の島。
強い日差しと雨季ならではの蒸し暑さにはおいしいお水が一番のごちそう。

グアムで飲んだ一番おいしいお水がFIJI Water。

ハワイのものとか、フィリピンのものとか、フィジーのものとか・・・とにかく色々な国の品物が入っているのがグアムの面白いところ。この懐の深さ、いろいろな文化を受け入れる寛容性がグアムの特徴かも?

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

ただいま!

ネイル

無事に成田に到着。
3時間半のフライトとはいえ、飛行機はやっぱりぐったりするね・・・。フライトの2時間前には空港に到着、フライト時間、成田から自宅までの距離と計算したらやっぱりそれなりにかかるわけで。

写真はグアムで買ったネイルロンシャンのフラットシューズの色がおそろいだったことに電車で気がついた、の図。(笑)

とはいえ、かなりグアム堪能できました!

来週はたんまりとグアムレポートお届けしますので、お楽しみに。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

バーガーキングゥー

バーガーキング

空港の待ち時間でランチ。
生まれて初めて、バーガーキング食べました。

ポテトだけだけど・・・(笑)

これからフライトです。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

チェックアウト

夕日

12時に無事チェックアウト。
今はホテルのロビーでネットして集合時間待ち。

写真はグアムの綺麗な夕日。あー、これからフライトだ・・・。

また戻ったらゆっくりレポートします。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

戦利品。

最終日

今回のグアム、5日間の日程ということもあって、けっこうゆっくりできるかな・・・と思ったけど、やはり持ってきた本は1冊も読み終えることができず。

とはいえ、昨日グアムのアウトレットでこっそりゲットしたBCBGのトップスとワンピがかわいくて、早速活用しています。

ワンピース BCBG

写真のTOPSはしっかりとしたシルク生地でPARTYにも使えそうだし、ジャージー素材のワンピもこれからかなり活躍してくれそう。

何も買わないかも、と思っていたのに掘り出し物に出会えて、大満足。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Last Night...

砂浜

いよいよ今夜はグアム最後の夜。

今回参加した世界各国のメディアとみんなでディナー。

目の前は真っ白な砂浜で、夕暮れも、日が落ちて真っ暗な海もとってもロマンチック。

ふらりとグアムデートしたいね、とみんなでガールズトーク。

いつか、実現しますように。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

イランイラン

イランイラン

イランイランのお花はグアムのハマモトフルーツワールドにて頂きました!実はイランイランの香り、だーい好きなのです。

お花は本当にかぐわしいイランイランの香りがして、クラクラしました。

とっても幸せ気分。

そしてこんなお花だったのね、と改めて感激。

グアム、恐るべし!

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

アサイチの朝ごはん

朝市の朝ごはん

朝市の朝ごはん

朝市の朝ごはん

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

デデドの朝市

デデドの朝市

今朝はちょっぴり早起きして、デデドの朝市へ。
土日の朝に開催されているもので、ちょっとフリーマーケットみたいな感じ。

洋服、小物、食べ物、野菜などがたくさん売られています。

デデドの朝市

デデドの朝市

さすが、南国。
バナナもたくさん。

ここのディスプレーがかわいくて、思わずパチリ。

デデドの朝市

まだ朝9時前だというのに強い光で街中を照らしてます。ハイビスカスもそこら中に咲いていて綺麗ですよー。

こんな風に散歩がてら朝市を楽しむのも素敵なグアムの過ごし方かと。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Room Party

パーリー

パーリー

昨夜は唯一のFREE Dinner Time。
グアム料理に少し飽きてきたので、ひとやすみすることに。

お部屋でワインパーリーを開催。

フルーツやドライマンゴー、ドリトスなどを購入してご一緒している美女が購入したケーキスタンドに盛り付けたら・・・超豪華に!

Room Party のスタートです。

そんなわけで、グアムでもガールズトークで夜は更けていくのでした・・・。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

OPI

052705.jpg

欲しかった真っ赤なネイルは完売していて購入できないことが判明。

カーキ色のOPIを新調しました。

るるるーん。

 早速ぬりぬりしました。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

今日のLunch

ランチ

ランチ

ランチ

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

Chamorro Cultural & EcoPark Princess

チャモロ

今日の午前中は来月末にSoft OPEN予定の「グアムカルチャー&エコパーク
」にお先にお邪魔してきましたーー!

これはスペシャルショット。

残念ながらワタクシではなく、グアムカルチャー&エコパーク
に住むプリンセスのショット。セクシーで素敵でしょ?

詳しくはまた後ほどレポートします。ウヒヒ。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

morning Time

コーヒー

毎朝おきてイチバンにすること。
それはコーヒーを入れて、PCを立ち上げること。

TOKYOと変わりない朝。

でもそこはグアム。
なんとなくゆっくりとした時間が流れています。

ちょっぴりリフレッシュしたくなったら、まずはグアム、もよさそうです。特にあまり海外に行ったことがないという人には最適。日本語もかなり通じるし、みんなとってものんびりとしていて、優しいです。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

ボイジャーズクラブ

ボイジャーズクラブ

ボイジャーズクラブ

ボイジャーズクラブ

おはようございます、ほんまちゃんです。昨日はかなり早く寝てしまった・・・のですが、おかげで今日はスッキリ。

さてさて、まだ紹介していなかった「ボイジャーズクラブ」の紹介を。

初日にふらりとしてきたいわゆるOutrigger クラブラウンジのボイジャーズクラブ。朝と夕方にちょっとしたものをいただけます。

初日にビール&ワインを楽しんできました。うーん、快適。

今日の夜はFREEの予定なので、一緒に参加しているBloggerさんと一緒にまた行ってみるつもり。

クラブラウンジどこにも出かけなくていいので、とっても便利で楽しいですヨ。

 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

世界の・・・

グアムツアー

今回のグアムの旅、実はアジアを中心とする世界各国の有名なBlogger、Media、Facebookユーザーが集まり、グアムの魅力をたくさんの人に伝えようよ、というキャンペーン。

その名も

MAILA TA FAN BOKA

つまり、

来て、食べて、楽しむグアム。

とそんな意味らしい。

とにかく、グアムの食を中心とした旅になっております。ゆえに、食べて食べて食べまくる日々。日本からの参加者がイチバン多く、次が韓国。

韓国の参加者にひとりとってもかわいい人がいて、話をしてみたら韓国でレースクイーンをしているんだって。写真まで見せてもらっちゃった!

わたしは相変わらす、日本人に見えない・・・を連呼されまくり。

やっと少しずつほかの参加者となじめてきました。あはは。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

ただいま・・・

こんばんは、ほんまちゃんです。
無事、今日の日程を終え、ホテルに戻りました。ハードだったけど、とっても楽しかった!とにかく食べまくりの一日でした。

ビール

とりあえず、ビールでひと息。

ふー、しあわせ。

これからゆっくりバスに浸かって、ボロボロになったネイルを直して、ごろごろと読書タイムの予定。詳しくはまた後でUPしまーす。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

2日目、スタートです

アウトリガー

おはようございまーーす。
わたしはこれから終日お出かけです。

なかなか時間がなく、記事UPできないなー、と思いつつもベストを尽くします!

また出先で更新できるチャンスがあれば、ガンガンしますからねー。

それでは、いってきまーす。

Mangoes Love!!!

マンゴー

実は日本でもフィリピン産のドライマンゴーを成城石井で買って、いつもモグモグしているのですが・・・たぶんこれ、同じものかな、と試しにビールとともに購入。

ビンゴ!

やっぱりうまし!これがお土産第一候補です。フィリピン産だけど。わたし、何があってもおいしいものしか買って帰りませんからーーー!!!

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

チャモロヴィレッジ

チャモロビレッジ

・・・というわけで、行ってきました、チャモロヴィレッジ。
どうやら水曜日だけではなく、金曜日もやっているととかいないとか?
(やはり、調査の結果水曜日だけでした。要チユウイ!)

超ローカルなお土産やさんや屋台がぐわっと集まっている感じ。

真ん中のタワーの下には大きなホールがあって、そこで周りの店で購入した食べ物をグアムダンスを見ながら食べられたりして、とても面白かった。

チャモロビレッジ

グアムって本当に不思議な場所。アメリカでもあるし、アジアでもあるし。MIXされた文化なのね。

日本からわずか3.5時間という距離のせいか、観光客の70%は日本人なんだって。

チャモロビレッジ

いくつも並ぶ屋台はすごい行列の店もそうでない店も。BBQの店が多いのはアメリカ文化のせい?

人もたくさん来ていたので、人気の観光スポットですよーー!
時間を見つけて続編もUPしまーす。
 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

いってきまーす!

アウトリガー

アウトリガー

これから、水曜日の夜のみ行われる、チャモロビレッジに行ってきまーす。

詳しくはのちほどーー。

 

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

I'm here!!!

こんにちは、ほんまちゃんです。

到着しましたーーー!
そうです、ワタクシ・・・グアムに来ております。

何気にファーストタイムでございまして。ちょっぴりワクワク。

ちなみに部屋、めちゃくちゃ広いです・・・。

アウトリガー

これから5日間、こちらに滞在です。す、すいません、セレブゥで!(ボコッ)

グアムでのセレブゥ but フレンドリーな魅力をお伝えするべく、今回はタビ出張です。せひ今度のナツタビの参考にどうぞーー。

[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]

なりたなう!

成田

久しぶりに早起きして、なりたへ。
そうです、朝からビール・・・

ということは?

そうです、これからフライトです。ホンジツよりタビ出張です。今回は近距離なのですぐに爆睡しなくっちゃ。

成田

旅には必須のマルチケースカバー、JASPPER。ピンクでキラキラのボーダースパンコールがお気に入り。可愛いでしょ?わたしはわりとシンプルな服が多いので、ファッションのポイントとしても活躍。むふふ。

けど、この子、可愛いだけじゃありません!すっごく便利。

パスポート、Eチケットや日程表、クレジットカードや現金・・・などなどこまごましたものがこれに全部収納できちゃうので、最悪これさえ忘れなければOK、という1点集中型の超整理術。

わたしのようにどこか抜けている人にはおすすめかと。ちなみにこれ、手帳としても使えるので、今年はこれを手帳がわりに使ってます。

そんなわけで、今日もこれを片手に行ってきまーす!

また現地からレポートしまーす。

魯庵 名古屋

魯庵

名古屋STAYの際にお邪魔した魯庵さん、まだレポできていませんでした!
本当にほんとに素敵なお店だったので、気合を入れてレポートです。

魯庵

名古屋の中心地から歩いていける距離にあるのですが、やや住宅街なのか、レストランの周りはとっても静か。しかし、とても洗練されているので、お店を見つけられないということはないでしょうね。

魯庵

本当に隅々まで心配りがされたお皿。
まずは前菜ということで、貝と魚のカルパッチョを。

これがまた、悶絶するおいしさでして。

どれも好きだったけど、でもこの貝のカルパッチョが一番わたし好みかしら。

魯庵

ハマグリとホワイトアスパラは、口にいれたとたん、はまぐりのお出汁が口に広がって、ホワイトアスパラのしゃきしゃきとした歯ざわりと香りがまたベストマッチ!

魯庵

魯庵

フォアグラのパイ包みはパリパリで甘い。
絶妙のバランス。

魯庵

平貝のグリルはお野菜もしっかりおいしい。

全体的に火の通し具合が完璧で、名古屋にもいいお店ってあるんだなぁ・・・と感動。

ぜひ名古屋を訪れた時には再訪したいですね。

それにしても、ワインのセレクトといい、お皿のセレクトといい、完成度の高いお店でした。

IZUMI PINCHO

IZUMI PINCHO

IZUMI PINCHO

名古屋に住む友人につれていってもらった「IZUMI PINCHO」。

なんでも、泉という場所にあるレストランだから「IZUMI PINCHO」
・・・もちろん、あの方を想像しましたが何か?

わたしは「ピンチョス」とついつい勝手に"子"的なものをつけて呼んでます。お料理も不思議な串焼きがたくさんあって、楽しいです。ちょっと食べてすぐまた次の店へ・・・少しの滞在で多くの店を味わう秘密のワザです。

OSAKA 三越伊勢丹パトロール

大阪 三越伊勢丹

とにかく、びっくりするくらい広い・・・ステーションシティ。(ルクアと三越伊勢丹を総称してこう呼ぶらしい)

大阪 三越伊勢丹

関西初上陸のラッシュ!
普段、東京にいるわたしの感覚だと、もうとっくに関西に上陸しているんだろうなぁ・・・というものが実は初めてだった、ということが少なくない。

大阪 三越伊勢丹

クリスピークリームドーナツもモツロン、初。
そしてお決まりのひとひとひと!!!

大阪 三越伊勢丹

ペニンシュラブティックも入ってるなんてすごいねーーー!

大阪 三越伊勢丹

とにかく、写真をチェックしたら、食べ物系の店しか激写していない・・・というていたらく。あはは!

わざわざ東京に来なくても、大阪の食はさらにバラエティーに富んだラインナップ、ということで、大阪グルメ、ますます目が離せません!!!

メーグル!

実はこんな便利なバスがあったことを知らなかったのですが・・・たまたま徳川園から帰ろうとしたときにバス停を発見!

えええーーー、と覗いてみると、それは「メーグル」でした。

メーグル

偶然、わたしは地下鉄とバスの1日券を購入していて、ガイドブックにそれをはさんでいたので、美術館が割り引きになった(受付のお姉さんが教えてくれた)り、メーグルもそのチケットで乗れました。むふふ。

どこまでラッキー体質なんだろう、あたし。(心でありがとう、と唱えました)

メーグル

メーグルは普通のバスより綺麗なようだし、窓も大きくて名古屋の景色もよく見えます。また観光名所をルートで案内してくれるので便利!

もっと早く知ってたら、朝からこれに乗って観光したのにな。

メーグル

そんなわけで、あっという間に栄付近に到着。

快適なバスの旅でした。

Starbucks Addict !!

スターバックス 大阪

大阪でも、名古屋でも、泊まるホテルの前にはいつも、スターバックス!
こんな立地なら、朝ごはんは常にスターバックスでOK,というわたくしたち、ほんまツインズ。

なんとなく、おいしいコーヒーを簡単手軽に楽しめるから、Starbucks Addict !!しちゃうのです。

スターバックス 大阪

そんなわけで、狙っていたパン屋に振られ・・・結局はスターバックスのお世話に。

スターバックス 大阪

スターバックスでしか買えない、強めの炭酸が嬉しい、ロスバッハーのスパークリングが最近のお気に入り。これで酔える気がする・・・うふふ。

大阪三越伊勢丹:Jo Malone

長いトンネルを抜けると・・・そこは雪国だった・・・

大阪 三越伊勢丹

わけではなく、長い行列の先には入り口があり、その玄関となる初めの店舗がジョーマローンだったのだ。

大阪 三越伊勢丹

本当に入り口すぐのジョーマローンさま。
そうです、モチロン、関西初上陸。

うまれたてほやほやの店舗です。

大阪 三越伊勢丹

でも、やっぱりツウな関西ファッショニスタのみなさん、ちゃんとジョーマローンを知っていらっしゃるようでして。この日もお店はたくさんの人でにぎわっていました。

大阪 三越伊勢丹

ティーシリーズも関西用に在庫が用意されていたようで、並んでましたYO。
どうしても・・・という人は大阪でゲットできますよーー!

大阪 三越伊勢丹

というわけで、プレオープンとオープン初日、翌日の3日間、数量限定で出ているというコロンのコンバーニングセットをゲットしちゃいました。前からこれが欲しいと思っていたので、ラッキー★

これでいろいろと試してみて、気に入ったものは大きいボトルを購入しようと思ってます。

るるるーん。

551

551

551

大阪名物、いっても過言ではない、551の肉まん。なぜに大阪から戻る新幹線ではこの551の袋を下げている人がこんなに多いのでしょうか?

とかいいつつも、ワタクシメもゲット。

でも普通にお店で売っているものは、基本その日中に消費せよ、とのこと。
というわけで、誰かに差し上げるのは憚られますが・・・家族用ならいいよね?

というわけで、厳重に冷蔵庫に保管して、自宅に戻ってすぐ冷凍。そんなわけで、ただいま我が家の冷凍庫に眠ってます。明日の朝にでもいただこうかな、ムフフ。

ぶらり、徳川園。

徳川園 牡丹

徳川園

徳川園

季節の和の花を愛でながら、ゆっくりお散歩。
大好きな大輪の牡丹が見ごろ。

深呼吸して、いつもの3倍くらいゆっくりと園内を歩く。

自分が日本人なんだってことを意識する。

今度は着物姿で訪れたい、かも。
 

Oh,SAKA!!

大阪

大阪

大阪

大阪

大阪

大阪

大阪

そんなわけで、大阪へ行くなら「なんば」へ・・・と皆クチを揃えてご指導くださるので、早速リサーチ開始!

たしかに、TVでみた道頓堀とか、かに道楽とか、グリコの看板とか?とにかくぎゅーっとザ・大阪な街並が面白い!くいだおれ人形も見れたし。あれってすごいキャラクターですよね。

たこやきを食べて、なんば花月へ行って、ぷらぷらお散歩も楽しい。そして串揚げも食べたかったけど、断念。

そしてお土産どうしようか?
という話になり、それはOPENしたての三越伊勢丹になんでも揃っているに違いない!とデパートへ繰り出すことに。むふふ、いよいよ伊勢丹デビューです!

ソース文化

大阪

おはようございまーーす!
今朝は雨でちょっぴり寒いです・・・。

しかし、大阪で激写したこの写真を見たら元気になってきました!!!

大阪はソースの文化なんですね。
これってお土産用?それとも普通なんでしょうか?

重そう(液体)なので、購入はしなかったのですが、ソース専門店とか、お好み焼きやさんで好きな大阪ソースが選べる店とか面白いかもしれません。

すでにあったらぜひ教えてください!

Odaiba さんぽ

お台場

そうか、お台場は「リゾー島」だったんだ!
というわけで、おのぼりさん状態でお台場さんぽ。

お台場

お台場

お台場

お台場

なんちゃってヌーヨークの旅

お台場のタビ

よく考えたら、お台場ツアーの記事をほとんどPOSTしていなかったほんまです、どうも。というわけで、先にこちらをUPしまーす!

実は1週間前までGWの予定がゼロだった、ワタクシ。
というのも毎年引きこもって仕事をするという過ごし方をしてますね、たいてい。ちなみに去年は世界一周していました。二ヒヒ。もうあれから1年経つのですね。

今年は震災の影響もあって、かなり空いてようだったので、思いつきで2泊ほどお台場STAYしてみました。

お台場のタビ

目の前がフジテレビ(笑)のホテルでまったりーー。
なんかホテルって楽しいよね。加湿器を持ってきてもらったり、ホテルでDVD観たり・・・、お家にいるとついつい仕事をしてしまうので、まったく気分が違うのです。

お台場のタビ 

ゆっくりバスタブに浸かってみたり、とにかく普段の何気ないことが楽しい。むふふ。

HOTEL

近いので、いつでも少ない荷物で移動できるのもいいし、いつもの電車に乗っているのに、なんか旅気分。

表参道

とかいいつつ、表参道をふらふらしたり・・・はいつも通り。なんでやねん!残念ながらランチしようと思った246+1食堂はお休みでした。また近いうちにおじゃましまーす!

けれど、なんだか楽しい1日。

徳川園&徳川美術館

徳川園

と、そんなワケで、名古屋に来たのでたまには観光でもしてみようかな、と徳川園へ。
地下鉄に乗って20分くらい?のところに最寄り駅がありまーす。

駅前は意外と閑散としている感じ。
とはいえ、この日はGWの間の平日のせいかも?

徳川園

徳川園まで歩いて10分ほどということで、お散歩してみることに。
今はつつじが旬ということで、道の脇にも大輪のつつじが!
満開です。

徳川園

いかにも日本的な塀が現れたら一安心。
とはいえ、この塀が見えてから門にたどり着くまでが結構な距離でして。

徳川園

徳川園にはレストランもあるので、しっぽりと過ごすのが楽しそうですね。

徳川園

さて、門が見えてきました。間から見えるのが美術館。徳川家のお宝がたくさん見られるはずです。どきどきどき。

徳川園

門をくぐったら、美術館です。
わたしは閉館1時間前くらいだったので、さらりとチェックしてきました。

刀などには興味がないのですが、当時の巻物や着物、お茶道具など細工系が本当に美しくて、昔もこんなに美しい職人技が生きていたのだと思うと、もしかしたら昔の方がずーと優雅な暮らしだったんじゃないかしら、と思うことがあります。

徳川園

ほうーとため息をつきつつ、次はお庭を探検いたしまーす!
徳川園探索、まだまだ続きまーーす!!!
 

セントレジス伝説のパンケーキ

セントレジス

セントレジスの名物といえば、ブラッディマリー。

ブラッディマリーの伝統は、フェルナンド・プトワがセント レジス ホテル ニューヨークのバーテンダーとして働き始めた1934年、パリで作っていたトマトジュースとウォッカのカクテルを再現した時から始まったとか。

セントレジスのパンケーキ

ちなみにフランス人シェフの作るパンケーキも有名ということで、せっかくなのでチャレンジしてみることに。ぶっちゃけ写真のパンケーキをイメージしていたのだけど、結構変わり果てた姿で登場!

こんなにシンプルだったのね。

生地からはほのかなバニラ香が。

セントレジスのパンケーキ

ティータイムにはデザートブッフェが行われているようなので、甘党のみなさま、チャレンジしてみては?

セントレジスのパンケーキ

わたしたちは、ホットケーキとおいしい紅茶を。
バターも素材が厳選されていて、美味。

セントレジスのパンケーキ

ふたりでぱくぱく、食べてしまったのでした。

ちょっぴり優雅なティータイム、ぜひセントレジスのパンケーキでどうぞ。
 

Takoyaki LOVE

大阪たこやき

大阪日記も順調に進んでおりますが・・・
何かが足りない!
というミナサマ、正解でーーーす!

大阪たこやき

そうです、これです。
たこ焼きバンザイ!

大阪たこやき

友人おすすめのなんば花月となりの「わなか」へ。
当日もずらりんと人人人!
大人気です。

大阪たこやき

結構大きめのたこ焼きが10個で500円。
ねぎなどのトッピングはひとつ50円だそうですが、あまりみんなトッピングしていなかったかも?

ちなみにソース以外にもポン酢につけて食べる「たこポン」もありましたゼ。

大阪たこやき

中はかなりトロトロ。
熱々なたこ焼き。焼いているときのたこは大きく見えたのに、実際食べると結構小さい。(笑)

地元の人に聞いたところ、たこ焼きは間食としていただくそうです。

へーーー!

セントレジス・パパラッチ

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

大阪ホルモンツアー

大阪 モツ鍋 新世界

そんなわけで、大阪初日のディナーはPARTY前に軽く「モツ鍋」へ。
ヒットミーの知り合いがおすすめしてくれた梅田のモツ鍋「新世界」は駅からも近いのでアクセス良。

大阪 モツ鍋 新世界

まずはビールで乾杯!
乾燥しているからこのひとくちが最高においしいのよね。

大阪 モツ鍋 新世界

店員さんはとても親切で、何も聞かないのに「モツ鍋とすじポンとレバーがおすすめです!」というので、その全部をお願いしてみることに。

本当は豚足も食べたかったけど、この日は売り切れなので、コラーゲン美女作戦はかなわず。(笑)

大阪 モツ鍋 新世界

すじは大阪でははずせない食のひとつ。
よく処理してあって、とっても美味。すっきりしてるのにこってり。

大阪 モツ鍋 新世界

レバーは甘めのタレが東京とは違っていて楽しい&おいしい。
どれもたっぷりとしていて、とてもお得に感じました。

お酒も東京に比べて3割から5割くらい安いイメージ。味はもちろん間違いなし。何でも大阪の人はハッキリしているので、まずい店はすぐつぶれるんだって。CP重視の土地柄はわたしもとっても好きでした。

いやあ、大正解。

そんなわけで、軽くご飯の大阪ホルモンツアー、大満足です!!!

新幹線にまつわるストーリー

新幹線

実はワタクシ、新幹線にかなりヒサカタぶりに乗りまして。
たいてい飛行機移動なので、新幹線のルールもわからず、チケットを購入するときに自由席があることを知ったような状態。

たぶん、駅員さんにあきれられたと思う。もしくは相当かわいいと思われたか、どちらかね。(ボコッ)

というわけで、GWだというのに直前まで予定が決まらず、チケットを手配しなかったので(新幹線のチケット、別の時間の電車に振り返られることも知らなかったのだよ・・・)結果、こだまの切符しか取れませんでした・・・。

時間が長いので、グリーン車でGOGO!

何気にグリーン車デビューでもあります。

新幹線

とりあえず、新幹線といえば駅弁とビールとおつまみ、だったので、ビールはゲット。駅弁はめぼしいものがなく、しかたなくじゃがりこをポリポリしてました。でも十分しあわせ!

そしてグリーン席、ほんと広い!

でもできれば、電源とネット環境が欲しい。

新幹線

けど、風邪をひいていたのでビールをぐびぐびして、薬を飲んだらあっという間に大阪に到着。新幹線ってやっぱりいいね!

帰りののぞみも超快適でした!ネットも電源も使えたのでかなり早く到着した感じ。まあ、名古屋大阪間は新幹線でも1時間なので、その差は大きいですが・・・。

たまには新幹線トリップもまたしようかな、と。あー、楽しかった!

TOP SHOP PARTY !!!

TOPSHOP PARTYhttp://japan.topshop.com/

初大阪にして、関西発上陸のTOPSHOPクルーズ。
そしてアフターパーリーにも呼んでいただけたので、チラリとツインズでお邪魔してきましたぜ!

TOPSHOP PARTY

こちら、大阪ではかなり有名なクラブ?らしいです。
HOTSPOTだそうです。

インテリアがまた素敵でちょっと大人で、いい感じ。
クラブぅー活動はあまり行く機会がないのですが、かわいい大阪女子をたくさんみかけました。さすがTOPSHOP!!!

TOPSHOP PARTY

TOPSHOP PARTY

ZIMAの缶だなんて初めて見たのでこちらをオーダー。こんな味だったんだ、とふたりで感動しちゃいました。ちゃんとレモンもつけてくれて嬉しい。

TOPSHOP PARTY

会場は大変な熱気!
すごい人でしょ?

私たちは運よく椅子に座ってゆったりPARTYを楽しみました。

TOPSHOP PARTY

TOPSHOP

TOPSHOPのフォトセッションではこんな写真も撮れたり。
配られた紙のサングラス、ドイツのブランドらしい。

PAPPBRILLE

おひとつ3.95 €

何かの機会にはまた使いたいかも。

ドイツ、英国、イタリアにお店がありまするー。

TOPSHOP PARTY

TOPSHOP PARTY

PARTYに行ってたまたま友人とバッタリ。
さすが、有名Fashion Blogger・・・大阪でまさか会うとは!

おそるべし、ファッションアディクト!!!

この間、伊勢丹ディスプレーで登場した、Vogue Bloggerの吹雪ちゃんきたもっち。そして真ん中の美女は吹雪ちゃんのお友達。

楽しい夜になりましたーーーー。

LUCUA OSAKA

ルクア

大阪に登場したLUCUAはおしゃれなファッションビル。
5月4日にOPENして、TVでもずいぶん放送されていたみたいだから、チェックした人も多いのでは?

ルクア

わたしたちもOPENの記念で大阪へ。

一足早く、チェケラ☆させていただきました。
ぜひ大阪へ起こしの際の参考になれば。

大阪LUCUA

というわけで張り切って、潜入!!!
OPEN初日、日中は長蛇の列ということで、閉店1時間前に滑り込む。それでもまだぜんぜん混んではいましたが、入場制限は解除されてました。作戦成功、うっしし!

大阪LUCUA TOPSHOP

どこもすごい人、人、人!
閉店時間でもこんなに人がいます。お出かけの予定の方は時間をずらすなどの対策が効果的かと。もちろんお隣は三越伊勢丹です。(同時OPEN)

大阪LUCUA TOPSHOP

当日のファッションはこんな感じ。この後、PARTYにお呼ばれしていたので、シルバーのキラキラワンピにジャケットを羽織って。BAGはボッテガですよーー。

大阪LUCUA TOPSHOP

さて、LUCUAのTOPSHOPに到着。
なにげにTOPSHOP好きなわたし。価格と流行の取り入れ方が結構好きで、重宝するアイテムのたくさん。ついついお財布もゆるゆるに。特にアクセサリー、サングラスの完成度高し!うーむ、ほしいものがたくさんありすぎ!

大阪LUCUA TOPSHOP

チラリと店内を観察してみると、TOPSHOPは関西初上陸なのと、お手ごろ価格のせいか、どんどん売れていってます!!!大阪のガールズ達にも大人気ですねーーー。

大阪LUCUA TOPSHOP

私が気に入ったのは、このワンピ。風に揺れるとラインがとてもきれいです。

大阪LUCUA TOPSHOP

あー、あれもこれも欲しいね!!!

とヒットミーと報告しあい、ブツヨクが最大限に刺激されたところで、楽しい大阪のPARTYへお出かけするのでした。つづく。

セントレジスの朝

セントレジスの朝

8:30AM、ホテルの朝はちょっとゆっくり。ベッドで、もぞもぞと睡魔との攻防を繰り広げる。そんな風にうたたねするのが好き。

セントレジスの朝

8:45AM、せっかくなので、広いバスルームでゆっくりタブに体を沈めることに。そんなときにはやっぱり、ジョーマローンさまの登場!旅行に便利なミニサイズがうれしい。

これはシャワージェル。バスタブに入れるとバスフォームにもなる優れもの。んー、優雅な時間。次は、バスタブにお湯をためている間にコーヒータイム。

セントレジスの朝

9:00AM、お部屋に備え付けてある、ネスプレッソでコーヒーを。ネスプレッソは見た目も格好いいので、ちょっとHAPPYなコーヒータイム。おめめパッチリ。

セントレジスの朝

バトラーサービスの一環で朝のドリンク(到着したときと朝のドリンクはサービスの一環でついているのです)もお願いすれば持ってきていただけるのだけれど、セルフでゆーっくりしてしまうワタシ。

9:20AM、バスタブにカラダを沈めて深呼吸。みるみるうちに目が冴えてきて、

10:00AM、外出。
朝食用のパンを購入するために近所で評判のパン屋さんへ。GWでお休み。ガッカリ。スタバで変わりに大好きなBLTサンドとスパークリングとラテを購入。

11:50AM、チェックアウト。

セントレジスの朝

素敵な時間には素敵なアイテムが必須、ということでまたまたジョーマローンをつれて帰ってしまったのでした。なはなは。

大阪滞在の拠点は・・・

セントレジス

そう、セントレジス。

せっかく1泊するので、ちょっぴり贅沢して、セントレジスにしてしまいました・・・。

ウヒ。

うら若き女子ふたり・・・
ツインズで泊まる客は珍しいらしく、すぐに覚えていただけました。ラッキー!

また詳しくレポしまーす。

ひといき。

赤福茶屋

大阪の三越伊勢丹でお買い物の間に一息。

ほっ、とします。

わたしは赤福と抹茶をお願いしました、うふふ。

今日のランチ。

鈴波

昨夜は名古屋に住む友人とヒットミーと深酒。

というわけで、ランチは何か名古屋らしいものを、と考えたのですが、オイリーなものは避けたかったので鈴波で粕漬けを食べました。

実は東京でも食べられるのですが、まあ、名古屋名物ということで。
ムフフ。

お土産も買いたかったので、松坂屋の地下の店へ。
やっぱり、粕漬けLOVEです。

名古屋トリップ!

徳川園

今日はヒットミーとは別行動。
わたしは栄付近をお散歩して、ランチして、徳川園へお邪魔してみることに。

最寄の地下鉄の駅からはバスが出ている、と聞いていたのでバスにのるつもりがタッチの差で出てしまい・・・次は1時間後。ガビーン!名古屋なのに、バスは1時間に1本なんだ・・・。というわけで、徒歩10分だったので、お散歩してみることに。

徳川園

やや不安気味に歩いていると、案内の看板が・・・。
ああ、よかった!

そして徳川園のこの塀がまたいい感じです。

徳川園

そんなわけで、唯一の観光がこの徳川園に。
美術館も併設されていたので、鑑賞してきました。

また続きはゆっくりレポしまーす。

のぞみ、チュウ。

新幹線 のぞみ

新幹線のぞみ乗車中。
名古屋から東京までは1時間半強なんですね。

近い!

運よくPCの電源がある席をゲットできたので、パチパチしてます。ネットも使えるぞー、わーい。

Renaissance Phuket #2

プーケット ルネッサンス

今までのプーケットのイメージを払拭してくれるような、パーフェクトなリゾート、Renaissance Phuket. まったりとした時間が写真からも伝わるかしら?本当に素敵だったの!

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

プーケット ルネッサンス

あっ、これはわたくしではありません。
ホテルのプライベートビーチに感動してしまったほんまでした!

あっ、もう少しだけ続きます。ホテルパパラッチしてきましたんで。

Renaissance Phuket #1

プーケット ルネッサンス

ホンマニアな皆さんにはもうご存知の様子ですが・・・リゾートより断然シティ派なわたくし、ほんまです。とにかく、シティのホテルでもひたすらにのんびりできる適当肌代表O型なものでして。

いやしかし!
やっぱりリゾートはリゾートで楽しいな、という発見が今回の旅ではできたのでした。

プーケット ルネッサンス

そう、バンコクから離れ、飛行機で1時間。
プーケットにやってきました。

るんるんるーーーん!
週末トリップです!!!

プーケット ルネッサンス

Renaissance Phuket Resort は空港から車で15分ほどのところにある、静かなエリア。繁華街の反対側で、引きこもり系高級ホテルがずらりとある場所です。

わたしは夜遊び興味ゼロなので、ホテルでのんびりするのが好き。どこにいっても観光はあまりしないかも。

プーケット ルネッサンス

とにかく、超素敵なホテルでして。

そんなホテルの魅力をお伝えするべく・・・くわしくはまた近いうちにレポいたします!!!

つづく。

ミシュランシェフのバンコク1お高いタイランチ、Sra Bua

Sra Bua bangkok

バンコクに今HOTなレストランがOPENしている!と聞いてお出かけしてきたのが、Sra Bua@Kempinski Residences Siam。ぬわんと、ミシュランで星を獲得した外国人のタイ料理シェフの店だという。そもそもミシュラン嫌いで有名な(笑)ほんまでも、バンコクにそんな店があるなら・・・とタイ料理専門ライターのマイペンルイさんと大ファンのセレブ駐妻micaさんとご一緒させていただいてお出かけしてきました。

Sra Bua

とにかくホテルの内装やレストランの箱はとてもすばらしく、ここはバンコクではあるまい!というくらい感動。また、いまだかつてない2000バーツランチ(正確にいうと1500B++なので1800Bだが)=6000円!!!しかもランチで、と聞いて否応にも期待値MAX。はっきりいってタイでは信じられないほど高いです。ディナーだってひとり2000Bってかなり高級な店なのです。

Sra Bua

前菜とメイン、デザートを各2種からひとつずつ選ぶスタイル。
しかし、メニューを見たとたん、正直何かいやな予感が・・・だって前菜もメインもすべてにグリーンカレー、レッドカレーがついている・・・。普通は前菜とメインではまったく違う種類の味のものを出すのが日本人からしたら当然のルール。あれっと思いました。

Sra Bua

その違和感はアペタイザー(前菜の前)で確信に。
すべてしょっぱい!味が濃い!!
それもちょっと濃いとかいうレベルではなく、すんごく濃いのです。

Sra Bua

Sra Bua

メインのロブスターも液体窒素でごまかしただけではあるまいか?!という疑念をもたらすほどでして。

Sra Bua

メインのカレーも涙が出るほどしょっぱい!
わたしも思わず泣きそうに。

人生で一番高くて一番おいしくないと思われるレストランに出会ってしまった・・・。

ああ、ショック。

Sra Bua

あくまでも箱はパーフェクトなのに!
どうしてこんなことになるのかまったく計算があわない・・・。

ほんとうにほんとうに惜しい!
この内装がもったいないよーーーと心の中で絶叫したのであった。

結論。
ミシュランはやっぱり信じない・・・。

Sra Bua

追伸、デザートはおいしかったです。
これはアールグレーのアイスに中国茶のスープ的なものでした。

それにしても、写真はきれいだよね・・・・。(笑)

Kempinski Residences Siam

Kempinski Residences Siam

さてさて、バンコクジャーニーもあと少し。今回は初めてその存在を知ったKempinski Residences Siamにお邪魔してきました。

実はここ、サイアムパラゴンに併設された高級ホテル。
バンコクはびっくりするほどホテルがたくさんあるのだけど、ドイツ系というのは珍しいと思う。

インテリアが非常にわたし好み。

Kempinski Residences Siam

すごく洗練されています。
agodaでチェックしたら、部屋は狭いみたいだけど、料金はわりと手ごろ。3泊すると1泊13351円(本日のレート)。税サービスでプラス20%弱です。とするとざっくり16000円くらい。

Kempinski Residences Siam

でもやっぱり、まだまだ宣伝が徹底されていないようで、ホテルはわりとのんびりムード。

Kempinski Residences Siam

今回はここのタイ料理レストランへランチをしにきました!

レポートはこの後すぐ!!!
 

Air ASIAの秘密

air asia

バタバタしていて、なかなかレポできなくてすみません!
というわけで、Air ASIAの秘密・・・3日ぶりに復活です!!!

air asia

まず、Air ASIAではチケット購入時に往復が基本だったものを片道ずつ手配する、という新ルールに変更。しかもフライトの4時間前までチケットを販売する!という斬新なアイディアも。

今までは片道切符はとても高価だったのです。けど、よく考えたらこれっておかしな発想ですよね?しかも販売は基本ネットで完了なので、すごく楽。間に入るマージンも圧縮。ちなみに日本ではHISが専属販売契約を結んでいるらしいです。

長距離ではハイクラスにあたるX プレミアム・フラットベッド席もかなりよさそう。

わたしは短距離のバンコクープーケット間だったので、機体はわりと小さめ、機内販売用のドリンクや機内食は前後ろにコンパクトにまとめられて収納、クルーも前後に座っていました。

飛行機内はすべて前方にあるタッチスクリーンで行われ、非常に合理的。なるほど、見れば見るほどよくできていることがわかります。他社の半額程度でいけるとあって、シェアがこれだけ急激にアップしたのもうなづけます。

そもそも短距離で機内サービスなんていらないしね。←長距離でもパーソナルテレビもほぼみないで寝てすごすオンナ、ほんま。

ぜひ一度は体験すべし!Air ASIAです。ちなみにわたしは行き帰りともに少し大きいスペースのシートでした。どの席が広くなっているのか一目瞭然で、予約時にも指定しやすいです。

窓のそと

空

飛行機に乗ると、すぐに眠くなるかわいい習慣?を持つわたくし。(ボコッ)

いつでもどこでも寝られるという図太い神経のおかげで海外のときには非常に役に立つ。特に耳や頭が痛くなるので映画をみたりするのは苦手でして。そうすると、もう寝るしかない。

ビールやワインをもらって、ごくごくごくと飲み、爆睡。これが基本。

だからたいてい、窓の外をじっくり眺める・・・なんてことはしないのだけれど、ふと目が覚めたときにこんな窓からの景色を見るのが好き。

シンプルで透き通った景色。

ビアヒマ

今日は終日打ち合わせで、あまり更新できなくてごめんなさい!
ちなみにこれからディナーの予定。

ビアヒマ

一番好きなタイレストランのビアヒマはいまだにひとりでは行けないお店のひとつ。もちろん、タイ語のみでしかオーダーできないのと、海鮮タイ料理なので、大勢で来るのがベスト。

いつもタイ人でいっぱいです。

こちらでは高級な海鮮で予算はひとり5000円くらい。でもすごく大きいしゃことか、カニのゆでたものとかが信じられないほど美味。

ビアヒマ

ビアヒマ

ビアヒマ

ビアヒマ

そして何より、このシャリシャリの凍ったビールがなんとも言えず・・・大好き。暑いバンコクではこれ絶対人気が出そうだと思うけど、想像以上に難しいらしく、ほかのレストランでは見たことがありません。むふふ。

ビアヒマ

基本的に生の貝系は避けるのが原則のタイですが、わたしはいっちゃいます。(ここでは初めて食べたけど)ここはタイの牡蠣で、市内にある輸入もののオイスターバーとはまた全然違う味。日本の牡蠣に近いです。

超新鮮でぷりぷり。今までバンコクのオイスターバーで食べた中で一番かも。

ビアヒマ

ラストは口がさっぱりとするこの黒蜜系のデザートで仕上げ。
幸せのひととき。

タイ土産番長:トムヤムの素

トムヤムの素

またまた「素」シリーズ。

こちらはトムヤムクンの素なわけですが、実は春雨サラダ(ヤムウンセン)を作るときにもいいとか?実はまだ使ったことはないのですが、パッケージもかわいく、コンパクトなので、タイらしいお土産としてどっさりと購入。

一番うれしかったのは、ミニチュアサイズのものを発見したこと。

あまりにかわいくて大人買いしました。

最近お気に入りのクロレッツとセットにしてお土産セットを製作。

タイ土産番長

 

どちらかがお手元に届くかと。

ちょこっとプレゼントに気に入ってます。別名「番長土産」と巷では呼ばれているそうです。(ウソ)

タイ土産番長:空芯菜の炒め物の素

空芯菜の炒め物の元

バンコクでのお土産。
もちろん、いろいろな定番があるのだけれど、やっぱり気軽にプレゼントできて、かさばらないものがおすすめ。今回はこの空芯菜の炒め物の素をドッサリと。

これ、空芯菜の炒め物の素だけではなくて、どんなものにも使える万能ペースト。お肉や魚介の炒め物もばっちり。実は、バンコクの伊勢丹にしか置いていない商品なのです。

空芯菜の炒め物の元

というのも、このタイの台所シリーズ、実は外国人による外国人のためのタイ料理調味料だからです。つまり、日本人がおいしいと感じるように作られているわけ。

で、帰って検索してみたら・・・ありました、ありました!楽天で買える じゃないの!しかもあまり値段も変わらない・・・という衝撃の事実が判明。ガビーン!

もしもお気に入りならば、業務用の6箱分を購入 するとかなりお得です。今度から、ここで買おう!!!

ちなみにおまけでパッケージの中に入っている、このタイの台所新聞もかなり楽しい!

・・・と思っていたら、今回お会いしたタイ専門フードライターのmaipenruiさんの連載が!すごい偶然でこれまたびっくり、なのでした。

チーズフォンデュ@bangkok

スイス料理

バンコクで初めてスイス料理を食べにお出かけしてきました!
うわさには聞いていたけど、おおおー、久しぶりのチーズフォンデュです!!!

なつかしいぞー、昔めちゃくちゃ流行ってましたよね?
我が家ではチーズフォンデュキットをいただいて、時々自宅でもやってました。ソーセージつけたり、野菜つけたり・・・。チーズが濃くなってくると白ワインを足すんだよね、たしか。

というわけで、まさかバンコクでスイス料理が堪能できるなんてちょっと感動。

でも一番おいしかったのは、ステーキだったりするところがバンコクらしくて楽しい。

タイ料理@ソイ39

タイ料理 ソイ39

スクンビットソイ39は、わたしにとってもとてもなじみのある通り。というのも、プロンポンと呼ばれる日本人御用達エリアにあり、わたしのお気に入りスポットがいくつもある。このレストランの並びにはよく行く、駐妻御用達のローカルネイルと美容室のお店、ゲーガイがあり、何度も前を通っていたのだった。でもどうしてか、この店には入ったことがなかったのよね。しかし、店名はわからず。(笑)

タイ料理 ソイ39

どうやら、由緒正しきタイ料理の老舗の支店らしく、壁には一面に新聞に掲載された記事が張り巡らされている。おいしいタイ料理の店があるというので、mocaの編集部にお邪魔したときにつれてきてもらったのだった。うふふ、ラッキー!注文は完全タイ語のため、現地に住んでいてもオーダーが難しいとのこと。タイ人スタッフにおすすめメニューをタイ語で書いてもらってそれを持ってきたので、ちゃっかりそのメモをいただいて帰ってきちゃった。(最後の写真参照)

タイ料理 ソイ39

特においしいのは、このポークチョップ。あんかけソースって珍しいですな。ちなみにポークは信じられないほどやわらかくて美味。こちらは辛くないので、日本人は大好きかと。

タイ料理 ソイ39

これはほぼカニの身が詰まったコロッケ。おいしいーー!
メモによると、プーチャーというらしい!?

タイ料理 ソイ39

これがまた辛いのだけど、パクチーも乗っていて最高にワタシ好み。えびです、エビ。

タイ料理 ソイ39

梅干入りのスープもこれまたすっきりとしていて美味。

タイ料理 ソイ39

もう、どうして今までこんなおいしいお店の前を素通りしていたんだろう・・・。今度両親を連れてきてあげよう、と心に誓ったのであった。むふふ。

ほんと、素敵なお店を発掘するたびに幸せになれる単純なほんまなのであった。

ソンブーンシーフード

ソンブーン

そういえば、今回は超ひさしぶりにソンブーンシーフードへ。
ここは日本人にはおすすめのタイ料理やさんで、いつも人でいっぱいです。

タイ料理が苦手な人もここなら大丈夫、って人も多いので、
辛いものが苦手とかタイ料理はあまり得意じゃない人にもおすすめのお店。

ソンブーン

特にプーパッポンカリーははずせません!

スラウォンの観光客がよく行く店(全部で4店舗ある)へ行ったので、帰りはヴァーティゴへご案内することに。でもスラウォンの店の前のタクシーはメーターではなく交渉してこようとするので、若干イライラ。こんなこと、いつもは絶対ないのに・・・。やっぱりもうここのソンブーンは来ないわ・・・。もちろん、即降りて違うタクシーにのりましたけど、何か?

わたしたちにとっては微々たる金額でも、こういうことが許されるんだ、と思うといつも交渉するようになって、タクシーが使いづらくなるでしょ?なのでわたしはこういうことには徹底的に戦います。

そのわりに降りるときチップたくさんあげちゃうときもあるんだけどね。あははー。でも、それとこれとはぜんぜん意味が違うのです!!!


ソンブーン スラウォン店

169,169/7-12 Surawong Rd., Bangrak , Bangkok
●TEL●
0-2233-3104
0-2234-4499
●OPEN●
16:00−23:30



 

まつげにピント

ほんまちゃん

その昔、まだわたしがものすごーく若かったとき(10代の後半)に、写真と出逢った。
そして、この写真を見たときに一番に思い出したのが「まつげにピント」だった。写真の基本はまつげにピントがあっていることだから、と教えてくれたことを今でもちゃんと覚えている。

18歳ではじめて写真と出逢って、芸術とは程遠い人生を歩んできたはずのわたしの生活に写真展めぐりが加わった。とにかく、いろんな本物の写真や美術を見て回った。飽きるくらい毎日。学生だったし、時間は信じられないほどたくさんあって、まわりにはいっぱいの大人や美女がいて、自分が彼女たちと比べて劣っていることは容易に想像できた。わたしはただの無垢な少女だったから。けれど、そのまっすぐさがよかったのかな、と今では振り返っていたりする。何もわからず、ただ必死にまっすぐだったから。おかげで目上の人に本当にかわいがっていただいた。もちろん、変な意味じゃなく。

きれいな人は世の中にたくさんいて、自分がとってもちっぽけに思えた。その気持ちは今でも変わらずにそのまま残っているけれど。わたしは私だけの魅力を見つけたい、とますます強く思った。

本物をちゃんと、自分の目で見ることの大切さを教えてくれた非常にいい写真を撮る人がわたしの写真をよく撮ってくれて、目をかけてくれた。ひとつひとつ丁寧に写真のことを教えてくれて、今思えばそれは不思議な経験で、とてもありがたい思い出。

もしかしたら今、わたしが写真を撮ったり、サイトのデザインをしたり、そういったデザインの仕事ができるのは、このころに磨かれたおかげなのかな、と思う。

どちらにしても、過去を振り返ると、運命の出逢いだったのかな、、、と思う出来事がきちんとつながるのが面白い。人生に無駄なことなんてひとつもない。いつもそのときそのときにやりたいことをやっていくのは怖いけれど、後から振り返ると、きちんと繋がっているからきっと大丈夫。

だから今でもわたしは、本物に強く惹かれるのかな、なんて思う夜。

 

 

Renaissance Phuket Resort and Spa

プーケット ルネッサンス

わたしにしてはめずらしく、週末利用してプーケットまでひとっ飛び。
念願のAirAsiaデビューも果たして幸せだけど、それ以上にプーケットリゾートライフも楽しかった。

プーケット ルネッサンス

ホテルのプライベートビーチでまったりと過ごして、食事もおいしいピッツァをいただいてのんびり、ひたすらのんびーり過ごす。

プーケット ルネッサンス

ここはとても静かで人ごみが特に苦手な私にはぴったりの場所。

プーケット ルネッサンス

素敵なビラに滞在して、とにかく夢のような週末を過ごす。
何もしない贅沢ってあると思う。こんな旅なら、どこへでも行けるよね。なんだかずいぶん、緊張していた心もほぐれたみたい。

館内も広く、洗練されていて、とても素敵なので続く・・・かも?

Vertigo@BANYAN TREE BANGKOK

ヴァーティゴ

ヴァーティゴ

定番ではあるのだけれど、一番好きなバー、BANYAN TREE BANGKOKのVertigoへ。
由布子ちゃんとお友達を案内しつつ、かなり満喫。

この日はいつもよりもスモーキーだったけれど、それでもここはバンコク一、ロマンティックなバー。

ぜひ初めてのバンコクにははずせないスポットです。

うら庭@エカマイ

うら庭 エカマイ

バンコクに到着して、最初の夕食はmoca編集部のみんなとエカマイにある「うら庭」へ。
エカマイとトンローは今最もHOTなお店が並ぶ通りで、行ってみたいところがたくさん。

うら庭もゴージャスなお店で、ジャパニーズタイ料理のお店なんだって。
ちなみに沖縄に本店があるそうです。

うら庭 エカマイ

テラス席が最近できてようで、なかなか素敵。
次回はテラスでまったりしたい。

今回はとても広い個室で食事をいただきました。

うら庭 エカマイ

お刺身の盛り合わせ的なものが売りのようですが、わたしたちは普通にタイ料理を中心にオーダー。

うら庭 エカマイ

もちろん、タイにきたらビールははずせません!!!

うら庭 エカマイ

ソムタムタイ、は大好物のひとつ。
青パパイヤのサラダですね。

うら庭 エカマイ

ハンバーグも人気とのこと。
そういえば、バンコクでハンバーグ、初めて食べたかも。

うら庭 エカマイ

実はうら庭、mocaのクーポンでディナータイムに大人4人以上で来るとワインボトル1本プレゼントしてくれちゃうという太っ腹具合!すごーい!(絶対に今月のmocaを持参しませう!)

ちなみにタイではワインは日本よりも高いのです。モノにもよるけど、うーむ、2-3倍くらいかな。。。日本で1000円のワインが3000円くらい。飲食店か!?というつぶやきは心の中にとどめています。

そして、ずーと会いたいと思っていたタイ専門フードライターのmaipenruiさんとこれまた美味なる駐妻ライフブログのmikaさんを紹介いただきました。うわー、きゃーどうしよう、緊張してうまく話せなかったわ・・・。

とかいいつつ、後日maipenruiさんとmikaさんとご一緒にセレブゥランチしてきたので、そのご報告も近いうちに。超うれしい出来事のひとつでした!ぐふふー。

Bangkok Taxi

bangkok Taxi

bangkok Taxi

走って、走って、走る。Run,Run,Run,,,,

夜のバンコクは渋滞と喧騒と明かりに満ちている。生暖かい空気と力強い生命力。夜のタクシーが好きなのは、朝の清清しさとは正反対に、どこか艶かしい空気のせいかもしれない。

もうすっかり慣れたタイ語とタクシーと大通り。いつでも、自由に生きていける、どんなことがあっても大丈夫、とそんな気にさせてくれる。

気を抜くと、すぐに押し寄せるトラブル。思うようにはいかない。けど、完璧さを求められないという点では安らげることもある。そういう緊張感とリラックスのあいだ。

自由でいられる選択肢があるからこそ、いつもそこにある、目の前の一見平凡にも思える東京での日常を愛せるのかもしれない、と思う。そして違う国で違う自分になれるような錯覚を覚える。実際は少しも変わらず、いたってそこにいるのは日常の自分なのに。そして別に違う自分なんてちっとも望んでいないことに気がつく。

Airport massage

イミグレがかなり混雑しているらしい、という情報をゲットしていたので、律儀に2時間前にチェックインカウンターへ。深夜便は翌朝早朝に成田へ着くので、とっても便利。

空港

地震のおかげでANAのカウンターはガラガラ。
すぐにチェックインでき、席も空いてるから移動できますよ、とのこと。

言葉に甘えて、前の席に移動させてもらう。
でもEXIT前がいいっていってるのに2番目だったよ、おねえさん・・・。

イミグレも信じられないくらいスムーズで15分くらいでもう機内の荷物チェックまで終わってしまった・・・。ガビーン。

空港マッサージ

というわけで、夕食もばっちり済ませた後だったので、空港のマッサージへ行ってみることに。30分からあり、なかなか便利かも。結構繁盛してました。

空港マッサージ

フットマッサージにしたので、フライト前にむくみもスッキリ。
うたた寝したので、機内でもすぐ爆睡できました。

空港マッサージ

うーむ、このコース結構いいかも・・・。
 

カルマカメットTeaRoom

カルマカメット

バンコクへ来ると、ここでゆっくりとハーブティーをいただく。

カルマカメットというアロマブランドのTearoomなので、かなりコアな場所なのだけれど、サイアムモーニングデュウというMix harb Teaにガムシロップをちょっぴり加えていただくのが定番。

ひとつ180Bとややお高めではあるのだけれど、これは2人でシェアできます。本当は2人用だけど、わたしはゆっくりゆっくりいただいてリラックスタイムを過ごしています。

カルマカメット

今回はお高いエステにはなんとなく行く気分ではなくて、もっぱら街のマッサージばかり行ってました。またいつでも来られるし・・・バンコクは本当に慣れているので、東京にいるのとほぼ変わらない感覚で過ごせます。

お気に入りスポットがいくつもあるので、ほんと便利です。

ちなみにこのTeaRoomはセントラルワールドのForever21やZaraの並びにポップアップストアのような形で存在しています。反対側はショップになっていて、グッズも入手できます。ぜひチェックしてみて。

Oriental Chocolat

オリエンタルショコラ

宝石のような美味なるショコラを今朝はコーヒーと一緒に。

さすが、オリエンタルのショコラ、、、バンコククオリティを超えてます。

とろける口どけでHAPPY度UP!!!

んー、至福のひととき。

本当に必要なもの

旅

たいてい、1週間でも1ヶ月でも荷物の量というのはかわらなくて、このふたつが私の定番。

ローラーがめちゃくちゃ優秀で、重い荷物もコロコロさせて移動できるスーツケースとケイトモスforロンシャンの赤ボストン。

私の場合、ノートPCや一眼レフなどは絶対必要なので、仮に3泊くらいでも変わらないかもしれない。

今回は、スーツケースのほとんどをインスタントラーメンで埋め尽くして、もしも物資が足りない人がいたら渡せるように・・・と思ったのだけど、実際今日近くのコンビニへ行ってみたら必要なものはなんでも揃ってました。必要なかったかも。ある意味、ホッとした。

こんな非常事態になって、私たちは不必要なものをたくさん抱えていたのかもしれない、とも思うようになった。本当は生きていくために必要なのはこの程度の荷物なのかもしれない。

電気も無駄遣いせず、たいせつに大切に使っているし、物の大小ではなく、誰といるかが実は大切なのかな。食事も一緒だよね。何を食べるかよりも、誰と食べるかが大切。停電でたとえ暗闇でも、愛する人と一緒だったら、きっと平気なんだと思う。

こういうときにそばにいたいと思う人が自分にとって大切なのかも。。。と同時にこういうときにそばにいたくない・・・という事実も判明したりしたら、ちょっと怖いよね・・・。(考えすぎ?)

どちらにせよ、ある意味、断捨離だわ・・・。

これを機会に自分自身に本当に自分はどうしたいのか、と問いかけたほんまでした。ひょえー!

愛しいカオマンガイ

カオマンガイ

今回の滞在で初めて、大だいダイ好きなカオマンガイを食することに成功!ほんと、おいしーーー (^ - ^)

ここ以外では食べる気がせず。美味です。

バンコクに来ると、ついついタクシーで移動。なぜかカオマンガイよりも高い・・・。

マイペンライ、です。

というわけで、最終日にギリギリ駆け込みカオマンガイでした!

ALL HEARTS FOR JAPAN

募金

バンコクはリトルTOKYOともいえる親日都市。
ここに住むタイ人、欧米人はみな日本のことを気にかけています。

募金箱があちこちで設置され、みんな協力してくれる姿を見るたびに、心がじんわりと温かくなります。もちろん、わたしもちょっぴり協力。

自分らしく、またがんばらないと、という気持ちになれます。そしてずーと、この感謝の気持ちを忘れないでいたい、と思うのです。

Air ASIA

air asia

日本にも登場して以来、乗ってみたかったAir ASIA。
いよいよデビューしちゃいました。

週末、ちょっとした小旅行(1時間のフライト)時に。
詳しくはまたのちほど・・・。

あと1日・・・

ほんまちゃん

こんにちは、ほんまちゃんです。
ふうー、いよいよ明日バンコクから東京に戻ります。

というわけで、相変わらずばたばたばた・・・。

Moca編集部のオフィスにお邪魔したり、ちょうどバンコクに来ていた美女友由布子ちゃんと合流したり、とにかくたくさんの人とお会いできたのが嬉しい。

というわけで、若干言い訳気味ですが、また時間を見つけてレポートしますぜ!

本日も・・・

スタバ


予定満載な毎日を過ごしています。
スタバロゴはバンコクでも新しくなっていました。

マグは前のままだけどね。

ほんと、毎日があっという間に過ぎていきます。

ヌードル、ヌードル、ヌードル!

ヌードル



おはようございます、ほんまちゃんです。
バンコクに来たら、絶対食べたいもの。

それがタイヌードル。

フードコートでも、屋台でもお店によって味が全然違います。

おいしいところを見つけて、自分のおなじみの店を作りましょう!

たいてい1杯30B(100円くらい)のところが多いですよー。

 

旅先でも美しい指先で

ハンドクリーム

今回の渡航で、すごく活躍してくれているのがハンドクリーム

カサカサの時期に大活躍のイメージがあるけど、実は日焼け後のダメージを受けた肌にもかなり効果的。

しかもこれはオーガニックなので安心して使えます。

旅先でも美しい指先をキープできるのがうれしい。むふふ。

DEAN & DELUCA Bangkok

ディーン&デルーカ

実はバンコクにもDEAN & DELUCAができたのです。
ずーと気になっていて、行きたいなぁと思っていたので、お出かけしてきました。

ラテをオーダーしたら、フォーシーズンズのマークが!(笑)

リッツカールトンレジデンスのところに建っているのに・・・。

けれど、さすがDEAN & DELUCA。バンコク一、おいしいラテが出てきました。

ディーン&デルーカ

天井が高くて、きもちいいです。

店内はかなり混雑していて、リッチなタイ人や外人のお客さんであふれかえっています。製品はセレクトはなくて、すべてDEAN & DELUCAブランドのもの。

お気に入りスポットができたので、今回はここでカフェワークしようと思っています。

今夜はここのデリをテイクアウトしようかな・・・。

暑い国ならではの女子のたしなみ

日焼け止め

バンコクの3月は、暑い。けれど、こちらに到着して数日は信じられないほど涼しくて、びっくり。

しかし、紫外線はしっかりと降り注いでいるので、高品質の日焼け止めははずせないのです。というわけで、いくつかのコレクションを持参。

ばっちり活躍してもらって、日焼けは最小限に。とはいえ、しっかり焼けてますが・・・。

ホワイトルーセント

3月14日の資生堂ホワイトデー、地震でばたばたしていて、なかなか思い出す余裕がなかったけれど、きちんと実行。香りもとてもいいので、ささくれ立った心を少しずつすこしずつ癒してくれています。

海外でも手に入る、ホワイトルーセントシリーズはこんなときに強い味方に。

久しぶりの

ブログ復活です。

バンコク

実は今、バンコクに来ています。

地震があって、一時は飛ぶことができないかもと思ったのですが、なんとか電車も飛行機も動いているようだったので、思い切って予定通りの日程を過ごしています。

それでも、毎日NHKのニュースをチェックしたり、街中でいろいろな人に地震のことを説明したり、話をしたりしています。バンコクでも募金活動は行われていて、とてもありがたいなぁと思ったりしています。

というわけで、わたしは元気に毎日過ごしています。

雪霞と寝台特急

雪霞

北海道での出来事。
空港までの電車の中で一瞬だけ降った雪。

雪霞。

駅のホーム

ちなみに駅のホームは旅情にあふれていました。
やっぱり東京とは違うのね。

いつか寝台特急で旅をするのもいいかもしれない。というわけで、調べてみたら上野から札幌までのカシオペアは片道ふたりで64,630円からだった!ひょえー、結構高い!いきなり旅情どころではなく、現実に戻されたのだった・・・。ネットって便利だけどロマンティックではないね。(笑)

N43 おしゃれな札幌のBarで

N43 札幌 Bar

札幌滞在時にみんなでお出かけしたおしゃれなバー、N43。
たしか、札幌駅からタクシーで2500円くらいかな。
わりと走ったところにあるおしゃれバーなのです。

N43 札幌 Bar

横に長いカウンターと両面ガラス張りの席。
ここからは札幌の夜景がきれいに見渡せます。

ちなみに窓に映っているのは後ろの白樺ね。

N43 札幌 Bar

ガールズにもうれしいスイートワインとケーキセットがあったり、カクテルも充実。
素敵な彼と来たいワーーー、を皆で口々に叫んでみる。

N43 札幌 Bar

彼と札幌旅行の時にはぜひぜひおでかけを。
 

N43 (エヌヨンジュウサン)
011-551-0043
北海道札幌市中央区伏見3-13-20
17:30~翌1:30
無休

meet lounge @ Cross Hotel Sapporo

meet lounge

えー、実はまだバリもバンコクもUPしたい情報があるのですが・・・まったく追いついてません。申し訳ございません。そのうち、なんでやねん!なタイミングで披露させていただきますので、ぜひぜひお楽しみに。

というわけで、札幌ネタも忘れないうちに。

旅先で入るカフェというのがわたしは異様に好き。
お茶を飲む=リラックスタイム(←ただボーっとしてるだけ)なので、その街で自分が生活していたら、なんて妄想に浸っていたりするわけなのです。それは日本でも外国でも変わらない気がするなぁ。

meet lounge @ Cross Hotel Sapporo

札幌ではスタバもタリーズもあって、ぜんぜんお茶するのには困らないんだけど、せっかくなので、オサレなホテルのカフェでハーブティーをいただいてみました。

あー、優雅。(笑)

しあわせの札幌タイムでしたー。


meet lounge

〒060-0002
北海道札幌市中央区北2条西2丁目23
011-272-0069
ウェブサイト

 

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

人はきっと、美しくなくても生きていくことはできるし、それぞれにそれぞれの幸せがあるのだと思う。別に美しくあることが幸せの絶対条件ではないし、美しくても不幸であることはあるのだろうな、と思う。

けれど、もし自分が生まれ変わったとしたら、やっぱり美しくありたいと思う。そして美しくありたい、という気持ちが美しさを作るんじゃないかな。

そういう意味でいえば、美人は作られるものなのだ。美人は努力で作られる。人は知らず知らずのうちに自分の考えていることが、体験したことがその人を作るものだから。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

美しい景色を観て、感じる。「みる・かぐ・あじわう・さわる・きく」をなめてはいけない。人は無意識に五感で感じることに影響されるもの。化粧品は味わうことは少ないだろうけど、みる、かぐ、さわる・・・そしてきく。感覚をフルに使って、自分にあったものを探す。

わたしは、昔から資生堂というブランドが好き。
というのも、この五感のバランス感覚が他社の製品と比べて抜群に高いから。

年を重ねて、本当に欲しいものしか欲しくなくなった今、それでもやっぱり欲しいと思うのは資生堂であることが多い。特にアジアをよく旅するわたしには資生堂のホワイトルーセントは以前から愛用しているアイテムのひとつである。

シンプルなパッケージに高性能な製品、どのホテルのバスルームにおいても、それは芸術のように美しく、自分が女性であることを自覚させてくれるアイテムでもある。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

先日のアジアに向けたPartyでは、世界の資生堂、を強く印象付けるイベントで、またアジア市場での絶対的信頼、ブランド力を改めて確認させていただいたのです。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

美しい会場で、美しい景色に囲まれて、美白についてだけ考える時間を持つ幸せ。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

日本的で美しいケータリングのプレゼンテーションに

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

おいしくて、可愛らしいホワイトチョコのファウンテン。
綺麗で隅々まで気が配られた「美白」三昧。

知る幸せと知った不幸。
不幸になったとしても、美しいものを求めてしまうジョシでありたいほんまでした。

もう今年は美白三昧するしかないな!
ほんまちゃんの美白貪欲美女デビューをお楽しみに。

資生堂ホワイトルーセント White Day

資生堂ホワイトルーセント

実は・・・今回の旅は、資生堂が世界に発信するブランド、資生堂ホワイトルーセントの「White Day Party」に出席するためのものでした。3月14日のホワイトデーにはわたしたち女性の「美白」についても考えることにしよう、というのがその趣旨。

資生堂ホワイトルーセント
(C)SHISEIDO

真っ白な雪に囲まれた北海道のモエレ沼公園(あの、イサムノグチが設計した)のガラスのピラミッドで行われたのです。ホワイトニングを愛するアジア女性に向けて、各国のプレスが大集合!

資生堂ホワイトルーセント

それはもう、美しくて、美しくて、感動。
そして、今一度自分の「美白」についても考える時間。

資生堂ホワイトルーセント

本当にアジアすべての国から、このPartyのために北海道に集合しているのです。美白へのあくなき追求がアジア人共通の目標であり、理想なんだ、と改めてその意識の高さを感じることができました。

資生堂ホワイトルーセント
(C)SHISEIDO

そして、アジア各国の資生堂のPRをしている栗山千明さんやチェ・ジウさん、日本に住んでいたこともあるという美女のフェラ・チェンさんとともに美白デーとよりいっそう美しい美白美肌を目指してがんばる!という宣言を一緒にしてきました。このボードにもサインしちゃったほんまです、どうも。

資生堂ホワイトルーセント

美しいアジアを代表する女優さんとかなりの至近距離でお会いしてしまいました!うわー、きゃー、美女ですぜーー!(絶叫)
日本代表として、ご招待をうけてしまうなんて、本当に光栄な機会に恵まれて、幸せものです。ウヒ。

資生堂ホワイトルーセント

というわけで、今年の初春は「美白命!」でホワイトルーセントをゲットしに走らねば!なのです。美白力の高いオンナ目指して、努力あるのみ。がんばれー、ワタシ!

ブルク BURG ベーカリー

世界や日本のあちこちに行く機会がわりと多いほんまですが、そんな昨今の副作用というのが・・・「その土地でしか味わえないものの減少」。せっかくだから、北海道でしか買えないものを買いたい!と思ったのですが、そこは資本主義日本、おいしいものはほぼ東京でも買えます。となると、おいしいお店に行く、しか選択肢はないわけですが・・・

ブルクベーカリー

今回は札幌のデパチカで発見した「ブルク BURG ベーカリー」のパンを買ってみました。

あくまでも、カンだったのですが・・・「北海道産の小麦をつかったパン」ということで、ここでしか買えないカモ?といくつか購入しました。というわけで、ここ数日はブルク BURG ベーカリーのパンをちびちびと食しています。

ブルクベーカリー

ちなみにここのパン、わたし好み。おいしい!カリカリめにトーストしていただいているのですが、昔ながらの丁寧に作られた味が好き。生地がきゅーっと詰まっている感じ。

帰ってネットで調べてみたら、本店はこんな感じのようです。ビバ、ネット!ああ、あんぱん買いたかった・・・といまさらジロー。

ドイツパンということで地元で愛されているパンやさんなのでした。

金寿司 札幌

金寿司

せっかく札幌に来たのだし、おいしいお寿司でも食べて帰らないと気が済まない!と帰る日のランチはひとり別行動とさせていただき、リサーチしてお昼でもおいしいお寿司が食べられるという地元の金寿司さんにやってきました。

ちなみに札幌駅付近からタクシーで1メーターか2メーターくらい。(1000円弱)近いです。

金寿司

わたしは11:30の開店と同時にカウンターを予約しておきました。
おいしいものを食べるコツがあるとすれば、確かな情報筋からの口コミとリサーチ力。これに尽きます。さらに予約は必須!

金寿司さんは昼・夜の区別なく通し営業をされているので、お昼でも夜と変わらないクオリティのお寿司が楽しめるそうですよー。

金寿司

時間が早いせいか、お昼のおかげか、貸切状態!
すごく丁寧に接客していただいちゃいました。

ちなみに、わたしは若い方の前の席に座ったので、その方が担当してくださいました。

あらかじめ、北海道の地元のものを食べたい、というのと貝類が好き、そして量は食べられないのでしゃりはかなり小さめにしてください、とお伝えしました。

最初の3つくらいでシャリの量の調節をしていただいて、かなりの軽量化に成功!

金寿司

というわけで、大量に北海道で取れる貝類をたっぷりいただきました。

金寿司

アワビの歯は軟骨みたいで食感がコリコリしていて面白かったですよー。

金寿司

金寿司

また蛸も物ほしそうな顔で見ていたら、おつまみで出してくださいました。蛸の香りが高くでていて、おいしかったです。

金寿司

うにも繊細でやさしい甘さと風味で本物の味。

金寿司

大助。非常に繊細な味で美味。

金寿司

そしてたらの白子ちゃん。
かるくあぶってあり、とろりととろけます。

金寿司

そしてラストはえびの頭の塩辛に、中身の入っていない細い手巻き!につけていただくお寿司を。うわー、こんな技があるのね!

というわけで、結構ほかにも食べたのですが、そのあたりは省略ということで。うふふ。

ゆっくりと堪能できる、昼寿司はかなりおすすめかも。ちなみに創業75年、今は3代目だそうです。地のものをたっぷり堪能し、大満足な北海道の旅でした。


金寿司 (きんずし)
北海道札幌市中央区北二条東7
11:30~21:20
日曜休(日・月曜祝日連休の場合、日曜営業・月曜祝日休業)
011-221-2808
 

金寿司 寿司 / バスセンター前駅苗穂駅
昼総合点★★★★ 4.0

JALよしもとTV

JALよしもとTV

こちらも噂に聞いていたJALよしもとチャンネル

残念ながらあまりゆっくりはチェックできなかったけど、 ここだけで観られる吉本らしい。

ふへー。

北海道到着、そして・・・

海鮮駅弁当

この日はまだ何も口にしていなかったので 札幌駅までの電車で駅弁。 海鮮駅弁当、とってもおいしかったです。

電車で駅弁ってなんかちょっとワクワクして いつもよりもおいしく感じるから不思議。
火の通ったうにが個人的にベストでした。好きなのよねー。うふふー。

クロスホテル CROSS HOTEL

クロスホテル 札幌

デザインホテルがここ、札幌にも。

クロスホテル CROSS HOTEL
駅からも近く、非常に便利でおしゃれ。
次回もこちらにお世話になりたい。

クロスホテル 札幌

ちなみにお部屋はこんな感じ。 ネットは有線LANのみFreeで使用できます。PCは1000円でレンタルすることも。わたしは加湿器をお借りして、ずーと焚いてました。 おかげで超快適。

クロスホテル 札幌

デザイン系ビジネスホテルという感じで、サービスもとってもGood!!! 最近はこういうホテルも出てきているのね。

ベッドもシモンズで熟睡。

クロスホテル 札幌

ロッテホテルでも感じたけれど、ここ数年でぐっとビジネスホテルのレベルは上がったよね。物価の高いといわれている日本、でもこういうビジネスホテルを上手に使うと旅はもっと自由で楽しく、そして気軽になる。

ぜひ海外の人にも紹介したいな。

と、思ったらやっぱり海外でも人気の模様・・・。

トリップアドバイザー Travelers'Choice2011の『アジア-おしゃれなホテルTop10』の6位に選ばれたそうな。うーむ、納得!

と、いうわけで・・・

札幌

ものすごーく久しぶりにこの街にやってきました!
そう、サッポロ。

今までに数回訪れているのだけど、約24時間滞在の弾丸ツアー?はもちろん初めて。今年はものすごく雪が多いらしいです。

ここはまさに中心部だけど、道路わきには雪が積もりまくり!!

今期初の雪ですぜ!いぇい!

 

 

サマンサCAFE

サマンサCAFE

羽田から久しぶりに北海道へ。
珍しくJALだったので、第一ターミナル。

・・・するとこんな可愛いカフェが!
サマンサタバサのカフェでお茶がいただけます。

サマンサCAFE

わたしがお願いしたラテはぬるかったけど、 可愛いので満足。

ちなみに販売されているスイーツはいろいろな人との コラボみたい。女の子へのお土産には喜ばれるかも。 ちょっと可愛い旅にはおすすめ。

羽田ふたたび

羽田空港

えー、またまた羽田空港です。
でも今回は・・・国内線。

これから寒いところへ出発です。

Bangkok Love Peace

バンコク

平和で安全であること。

やっぱりこれが一番。

日本は本当に平和ですばらしい国だと思う。

けれど世界にはまだまだ平和とは言えない国もたくさんあって、利害や利権も絡んでいたり、平和でないほうが自分の利益になると考えている人もいる。

バンコクも、かなり平和に近づいたとはいえ、まだ時々赤シャツのデモ行進はあるみたい。

こういったものには絶対に近寄らないというのが、ビジターの鉄則。

気をつけて、バンコク滞在を楽しんでね。

伊勢丹の上で発見したJAPANトレンド!

プリクラ

今回の滞在中、とっても嬉しかったことのひとつが、セントラルワールドの一部復活!
定宿にしているブリストンからも徒歩圏内にあるワールドは5月のクーデターにより火を放たれてしまい、長い間CLOSEDしていたのです。

大好きなカルマカメットのTeaRoomとか、何かと便利なブランドショップがこれでもかー、というくらい集まっているデパートなのです。

そしてその並びというか、一角にあるのがバンコクの伊勢丹。
The Japanなものがここでは購入できます。

そのアッパーフロアーには見事、ばくだん屋をはじめとする日本のフードコートが!TVチャンピオン、ラーメン職人選手権優勝のちゃぶ屋というラーメン屋さんもこのワールド内に入ってます。

わたしはラーメンに詳しくないので、あまりよく知らないのですが・・・なはは。

フリーマーケット

そしてまたフリーマーケットのような感じで小さなお店屋さんが登場。これははじめてみました。

アクセサリーのパーツをその場で組み合わせて作ってくれるお店やちょっとした手作り小物とか、みんな思い思いの店でとってもかわいかったです。

そして、あの進化系プリクラもどーんと!
日本のKawaiiはこんなところでもがんばっています。バンコクはFaceBookが爆発的人気みたい。トイレで自分撮りしているかわいいタイ人も何人か見かけました。

すごい勢いで進化するバンコク、これからも目が離せませんよー!

タクシー天国

タクシー

バンコクで便利なもののひとつ。
それがタクシー。

初乗りは35Bだから100円くらい。
たいてい100Bもあればどこへでも行けちゃうし、本当によく走ってます。

バンコクは一通が多いので、「遠回りされてる?」と若干疑心暗鬼になっちゃうけど、そこはわたしたちも「マイペンライ」の気持ちでいればたいてい大丈夫。

問題は行き先を告げるためのタイ語を覚えることで、まずは行きたい場所の通りの名前と番号を言えるようになること。

一流ホテルの入り口のドアマンに英語で伝えるとタイ語にしてくれるけど、時々結構雑な言い方をしていたり、間違えていることもあるので、自分で念押しできると最高です。

ホテルから電車までの駅なら「BTS ○○○駅」でも大丈夫かも。
またタクシーに乗ったら、必ずメーターが動いているのを確認してくださいね。

これから帰国デス

帰国

無事、バンコク滞在も終了・・・。
寒い日本&厳しい現実へ逆戻りなり。

というわけで、そろそろ搭乗開始時間です。

今回は羽田便を使っているので、早朝に羽田着、即仕事モードにオン、なのです。

というわけで、また東京で会いましょう!

ロングチェーンストラップ、大活躍!

ロングチェーンストラップ 

マルチカバーと一緒にゲットしたこちら。最近、Jaspperがマイブーム。スパンコールのキラキラアイテムは女子ココロをつかんで離さないのダ!

ちなみにチェーンストラップ、今回の旅に一緒に連れてきたのだけど、これがまた本当に便利!

バンコクではバンコク専用携帯を使っているのだけど、バッグの中に入れておくと、着信やメールが来ても気がつかないことも。へんなボタンを押して、間違い電話をかける心配もないし。またシンプルな服のアクセサリーがわりとしても活躍してくれちゃいます。

これをぶら下げて歩いていると、お店のお姉さんに「可愛いねー、どこで買ったの?」なんて聞かれることも。

ロングチェーンストラップ

ちなみにチェーンの長さはこんな感じ。
でももっと短くすることもできるし、ほんとアイディアしだいで何パターンでも使えちゃうんです。

しかも可愛い。

というわけで、わたしのはロングチェーンストラップ ホワイト フラワーチャームなんだけど、ヒットミーは、ハートチャームの方かフラワーの黒いストラップにしようか迷っているみたい。

ちなみにカルマカメットでお茶してるときもつけてます。(笑)

何気にわたくしるのツボ。お友達へのプレゼントにもいいかもなぁ・・・。

プールサイドで

プールサイドで

うっかり、朝と昼を食べ逃して、遅いお昼にプールサイドのカフェでごはん。
ちょっと優雅にパソコンをぱちぱちしながら過ごす午後。

そうです、シーロムのマリオットホテルに滞在中。プールサイドでのんびりとランチしてます。

特にポテトがお気に入り。

カルマカメットでお茶タイム

カルマカメット

バンコクのセントラルワールドにあるカルマカメットが復活。
早速お茶タイムを楽しみました。

ここのハーブティーは2人分でセットなのだけど、いつもたっぷりお茶をいただいています。

ばくだん屋

ばくだん屋

こんにちは、ほんまちゃんです。
さて、バンコクで流行っているもの・・・それはズバリ、日本のラーメン。
1杯700円前後から、とタイでは強気の価格なのですが、ここ数年で一気に増えた印象。

ばくだん屋

というわけで、ラーメンにはあまり詳しくないのですが、広島風つけ麺にチャレンジしてみることに。

四谷のぶちうまをイメージしていたのですが・・・やっぱり違うね。
久しぶりにぶちうまに行きたくなったわたくしです。

ちなみにばくだんやさん、バンコクの中心地、セントラルワールドの一角にある伊勢丹デパートの上のほうにあります。

ぜひ興味のある方はお試しを。
 

ばくだん屋

★広島風つけ麺 210B

住所
6thFloor, Isetan Department Store 4/1-4/2 Central World, Rajdamri Road, Kwaeng Pathumwan, Khet Pathumwan, Bangoko 10330 Thailand

電話番号
02-255-9895

営業時間
10:00~21:00

バンコクで韓国デビュー!

そうです、わたくし、バンコクで韓国料理デビューしちゃいました!

実は日本と同様、ここ数年バンコクでも韓国がブームになっているんですよ。とはいえ、化粧品や男性アイドル、またドラマを中心に盛り上がっているみたい。

スクンビットプラザ

私が連れて行ってもらったのは、そんな韓国ブームさなかの韓国街ともいえるビルにある韓国料理、ドゥーレ。

ドゥーレ

いぱいお店があるんだけれど、いろいろな地方の料理別に一応お店になっているようなんですね。すごいぞ。

ドゥーレ

ドゥーレ

骨付きカルビやカムジャタン、ヌードルなどをいただきました。
んー、おいしくて幸せ。

タイ料理に飽きたら、韓国料理もおすすめです!

海外でも便利なjaspper!

jaspper

よく聞かれることのひとつ・・・それは海外へ行ったときに貴重品の管理はどうしてる?なんて話。わたしはとにかく荷物が多いので、jaspperのマルチカバーを使ってます。

とにかくたくさんのポケットやカードフォルダーがついていて、細かいものの管理に超便利!以前、黒のスパンコールを購入して以来、すっごく便利なので、ツインズで愛用中。というわけで、追加購入。(笑)

手帳カバーにも文庫本のブックカバーにもなるんですよー。母子手帳として使っている人もいるらしい。とにかく自分のライフスタイルに合わせて使えるのがうれしい。

両替のときにパスポートを見せる必要があるとき、入国出国のときにパパパッと取出しやすいのでわたしはバンコク関係のカード類や必要書類は全部これに挟んで管理。エージェント経由で予約したホテルの予約バウチャーも折りたたんで管理。飛行機のチケットもみんな一緒。さらにレシートもチャックのポケットに投げ込んで完了。後で整理するときも楽ですぜ。

jaspper

そして、イチバン気に入っているのがこのキラキラスパンコールなこと。パスポートも可愛くしてくれてます。ちなみにこのピンクとシルバーのボーダーカバー、最近発売されたばかりなのです。しかも雑誌にも結構取り上げられていて、今注目されている便利小物なんだって。

ちなみに今サイトをチェックしたら、24日まで送料無料キャンペーン!
いまなら2940円のみでゲットできちゃうノダ!

キラキラグッズ、おそるべし・・・。

天空のBar、VERTIGO

ヴァーティゴ

ヴァーティゴ

バンヤンツリーホテルの最上階にあるヴァーティゴはバンコクで一番お気に入りのバー。なんといっても59階のルーフトップにあるのに、柵がない!というすごいバーなのです。よって360度の景観が楽しめます。

ここはバンコクへ来たら絶対お連れしたいおすすめスポットのひとつ。

有馬温泉デビューしました!

有馬温泉

噂の有馬温泉デビュー。
とはいっても、日本で言う温泉のことではありません。
タイマッサージやさんのことね。うふふ。

なんとここでは耳掃除のメニューもあるんだって。
というわけで、初体験。

フットマッサージと同時進行なのですが、 これがまたなんともいえず気持ちいい! 癖になりそうで怖いです。 フットマッサージもむくみやすい体質のわたしには かなり嬉しい。

オイルとクリームでほどよい強さの マッサージをしてくれるのですが、うとうとしながら まどろむのが最高に贅沢。 終わった後は、足がつるつる。 やめられませんぜ。

ParaDo カルジェル風トップコート

パラドゥ

最近流行っている、カルジェル風にぷっくりと仕上がるトップコート。
これがまたプチプラで偉い!

旅に出ると、時々気圧の関係でネイルの蓋がゆるくなって流出してしまうこともあるので、できるだけプチプラbut使える子を発掘してはお供しています。

今回はこの子をチョイス。

2日か3日に一度トップコートを塗りなおしておくと、ネイルも長持ちしますよー。

ちなみに昨日、OPIのピンクのダイヤ入りネイルの上に赤ネイルを重ねて、トップコートで仕上げました。

Harvey

harvey

以前から気になっていた「harvey」のランチへGO!
もちろん、おひとりさまですが、何か?

トンローのソイ9の奥を曲がって100mくらいのところにあります。

harvey

ここはカルフォルニア・キュイジーヌのレストランでいろいろなグルメの賞を総なめしているというレストランなのだけど、基本的にはイタリアンの要素が強い感じ。最近のキュイジーヌって基本的に何でもあり、だからもはやカテゴリーはあまり気にしなくていいかもね。

harvey

お昼だけど、せっかくなのでグラスワインをお願いしてみました。
このちょっぴりアミューズ&パン&バター3種がおいしい。バターとトリュフバター、トマトの3種。それぞれ非常に繊細なつくり。

harvey

2コースランチが390B、3コースが490B。
わたしは3コースをチョイスしました。

1皿目がパスタ。
かにとバジルのバランスが最高!
タイで食べたパスタの中でイチバンかも。

あっさりとしています。

harvey

メインは牛ほほ肉。
かなりこってり、しっかりとした味。
これも美味。

harvey

店内には大きなワインセラーがあったり、リッチなタイ人がランチしていたりと、セレブなお店です。

harvey

デザートはピーチヨーグルトケーキ。
正直、パスタとメインのクオリティからするとやや劣る印象のデザート。

個人的には次回は前菜とパスタ、メインでいいかも。
もしかしたら、2コースもありかな。

ぜひ再訪したい、すごくお気に入りの店。

 

Harvey

129 Sukhumvit 55, Thonglor Soi 9,
Sukhumvit Road, Klongton-Nua, Bangkok 10110
T. 662 712 9911
F. 662 712 7123
e-mail : rsvn@harvey.in.th

ソントン・レストラン

ソントン

ソントン

バンコクへ来たら、必ず1度はお邪魔するタイ&海鮮中華のソントンレストラン。
スクンビットソイ24とラーマ4世通りが交差するところにある、有名店らしい。

なぜか日本のガイドブックにはあまり載っていないんだけど、我が家はよくここに来ます。

今夜はプーパッポンカリーとエビのスチーム、空芯菜の炒め物、そしてビール。

美味でございます。うふふ。

バンコクなう!

ほんまちゃん

今日、東京はこの冬イチバンの寒さとのこと。
ひとりで暖かい国に逃亡中のほんまです、どうも。

いやしかし・・・この気温差は正直しんどい!
のどがガラガラで咳が止まらない病を発症しています。

でも熱はないからまだ楽なんだけどね。

というわけで、バンコクでせっせとお仕事に勤しんでいます。

とはいえ、合間にマッサージでリフレッシュもしております、二ヒヒ。

やっぱり寒いところより温かいところのほうが気分もアガるというものです。みなさんスイマセン。

引き続きバンコク☆ジャーニーお届けいたします。お楽しみに。


 

Bootsでボディクリーム

boots ボディクリーム

今回、掘り出したもののひとつ。
ラベンダーのBootsブランドのクリーム。

これが程よい固さのテクスチャーであっという間に 肌になじみます。 そしてラベンダーのいい香り。 パッケージもかわいいので、今回はお土産にこれを いくつかゲットして帰ろうかな、と思ってます。

るるるーーん。

ふかひれでお肌ぷりぷり

ふかひれ

大好きなふかひれのお店に連れてきてもらっちゃいました。

日本ではなかなか食べる機会の少ないふかひれですが バンコクに来ると時々お邪魔しています。 バンコクでももちろん、超高級なのですが、日本と比べると わりと手ごろなのかも?

濃厚なスープであっという間におなかがいっぱいになるんだよね。 幸せ。
もちろん、本日のお肌はぴかぴかなり。

 

Surawong Kieak Shark Fin Cuisine
สุริวงศ์ เกี๊ยก หูฉลาม
ギヤックフカヒレレストラン

294/3-4, Surawong Rd, Bangrak,Bangkok 10500
02-236-1747
10時30分から22時30分

カオマンガイ、再び

カオマンガイ

今回の滞在初の平日、ということで大好きなカオマンガイの屋台へ。
偶然お店でヒットミーに遭遇。 ふたりで堪能してきました。

ブリストン



今回もいつも滞在しているサービスアパートにしてみました。 Bliston Hotelというところね。
建物自体はそんなに新しくないんだけど、 オーセンティックなつくりと部屋が広いのでなんとなく落ち着くんですよ。 ちなみにネットもFREE WiFiだから安心。 トラベルエージェント経由でいつも予約しています。

ここは中心地へも歩きで行けるし、スーパーもデパートもあるので、 初心者にもおすすめ。 日本人滞在者も比較的多いです。 ちなみにこちらのカオマンガイやさんも徒歩10分くらいの距離で わたしにとってはタイでの隠れ家という感じかな。

点心ランチ

点心

ルンピニー駅からすぐの複合施設に入っている 点心のお店。
点心は大好きなので、早速試してみることに。

うーむ、ぶっちゃけ味はまあまあ。
タイは魚介類が比較的豊富なので、点心系もおいしい確立が高いかと。 冷凍の点心がわりとポピュラーらしいので、これもそのうちのひとつかもしれません。

全部で100B(300円)くらいなので文句は言えないですけど・・・。

スタバLOVE

スタバ

毎日のように通ってしまうのがスタバ。

お部屋を掃除してくれている間に・・・とか ちょっと歩きつかれた時やまったりしたいときには おいしいコーヒーが飲めるカフェはなかなか便利なのです。

考え事をしたり、本を読んだり、またカフェワークしてみたり・・・と そんなバンコクタイムを過ごしています。

マニキュア&ペディキュア

ネイル

バンコクへ来たらまずすること。
それはローカルなネイル&ペディキュアやさんへ駆け込むこと。

わたしは自分で管理のできるノーマルなマニキュアが好きなので バンコクへ来るたびにマイネイル(OPIが多い)をサロンに持ち込んで ネイルしてもらっています。

ここはケアもしっかりとしてくれるので、自分ではなかなか時間がなくて できないケアをしてもらうために通っている感じ。 手先、足先が綺麗だと滞在中気分よく過ごすことができるので とっても好きな、おすすめの場所のひとつ。

うっかり・・・

のどをやられまして。
熱はないのでまだいいのですけど・・・。

声が微妙に出ません・・・。えーん。

早く回復しなくちゃ。

というわけで、今日はなるべく安静にしていようかと。

ああ、ショック。
 

無事に・・・

バンコク

バンコク滞在2日目。
ばたばたとしていますが・・・すっかりバンコクの気候にも慣れ・・・昨日はマッサージ三昧。

美容室で髪をセットしてもらい、ペディキュア&ネイルで手先足先をぴかぴかに。

んー気持ちいい。

その後、タイマッサージして、お買い物。
またフットマッサージへ。

リフレッシュしております。むふふー。

 

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca

La Buca
220/4 Sukhumvit Soi1 Wattana Bangkok 10110
02-253-3190

カスケード・インドネシアン

カスケード・インドネシアン

まだまだじゃんじゃん、旅レポ、続きます!
実はこちらは宿泊したヴィラ、ヴァイスロイのレストラン、カスケードにて特別にインドネシアンディナーメニューをお願いしておいた、バリ初日のディナーなのです。

8時スタートのディナー時にはすでに外は漆黒。これはこれで静寂さが味わえて素敵!半分屋外のこちら、とてもロマンティック。ここで、デートしたい!そういう素敵なレストランです。

ちなみにカスケード、料理の味・質・サービスが評価され、American Express と Indonesia Tatlerにより Best Indonesia Restaurantとして、また160本を越す世界各国の良質なワインを取り揃える優秀なレストランとして Wine Spectator USA より認定・表彰を受けているそうです。すごい!

今夜のシートはとっておきのテーブル。

カスケード・インドネシアン

キッチンで焼いたというパンが本当においしい!
いくらでもいけるところですが、これを食べ過ぎると最後までたどり着けないので、ひとくちで自粛。

カスケード・インドネシアン

春巻き、インドネシアン風。

カスケード・インドネシアン

こちらはスープ。
スープの隣はこれまた自家製ポテトチップス。
ぱりぱりと砕いてスープにいれていただきました。

カスケード・インドネシアン

そしてインドネシア名物のAya。
小皿料理が少しずつ提供されるスタイル。

カスケード・インドネシアン

特においしかったのが、ポークリブ。
ポークリブってあまり食べたことないんだけど、本当においしいのね!
とくにカスケードのポークリブは上品で深みのある味。
しかもお肉がホロホロととろける・・・。うまし!

なんかこう、ちょっとずついろいろなものを・・・というのが女子にはツボなんだよね。

カスケード・インドネシアン

最後にはデザートも。インドネシアもあずきなのね。
なんとなく日本風な気分になり、さすがアジア!を感じたはじめてのバリごはんでした。

営業時間:
ブレックファースト : 07:00 – 10:00
ランチタイム : 12:00 – 14:00
ハイティー: 12:00 – 18:00
ディナータイム : 18:00 – 22.00

Cascades

Address :
Jl. Lanyahan, Br Nagi, Ubud, Bali 80571 Indonesia.
Phone :
+62 361 971 777
Fax :
+62 361 970 777

SPA 1930

SPA1930

すごく久しぶりにSPA 1930へ。
懐かしいような、昔のタイのお家のようなお店のつくりがなんだかホッとできる。

わたしはオイルマッサージの90分(2200B)をお願いしてみました。

SPA1930

以前よりも上手に感じたかも。
またふらりと寄ってみようかな・・・。

 

SPA 1930

Opening Hours : 09:30 a.m.- 09:30 p.m. daily Advance reservations are recommended. Baan Sam Sila Limited Partnership 42 Soi Tonson, Lumpini, Patumwan, Bangkok 10330 Tel : 66-2254-8606 Fax : 66-2254-8607 E-mail : contact@spa1930.com www.spa1930.com

ルノートルのマカロン

ルノートル

バンコクで唯一おいしいと思うのが、ルノートルのマカロン。
ルノートルはホテルのカフェだったり、デパートの中に出店していることが多いのだけれど、ちょっとお茶したいときに便利。

ぼーっとしながら考え事をしたり、人との待ち合わせにもおすすめです。

屋台のバーミー

屋台のラーメン

ふうー、やっとバリレポが一段落。いや、まだ残っているんだけどね、とりあえずね。
というわけで、時計の針を戻して・・・最初のバンコク滞在に。

バンコクに到着。フライトの間中も到着した夜もずーと食べたい症候群だったバーミー(ラーメン)を食べる。

たいてい私の場合、ぼーっとしながらベッドでごろごろして過ごすのに飽きると街へ繰り出す。
ネイルに行ったり、ちょろちょろとお買い物して、中途半端な時間だったので少なめのバーミーがまた嬉しい。

屋台のラーメン

「アオ バーミー ヌン カァー!」

とわたしはいつも言う、「ラーメンをひとつください」といってるつもり。これであっているかはよくわからないけどサ。わたしは日本のラーメンよりもタイの非常にシンプルなこっちのほうが好き、だったりする。

BEBEK BENGIL アヒル料理

BEBEK BENGIL アヒル料理BEBEK BENGIL アヒル料理

BEBEK BENGIL というアヒル料理の超有名へお邪魔してきました。ウブドに訪れる要人はみんなこちらに行く、というのが定番だそう。

BEBEK BENGIL アヒル料理

ダックなんてあまり食べる機会もないし、これは絶対行きたい!というわけで、ランチタイムにお邪魔してきました。というのも、こちらのダックやさん、目の前に広がるライステラス(田んぼ)も売りのひとつなのです。

BEBEK BENGIL アヒル料理

きょろきょろしてみると、みーんなこれを食べてました。そりゃそうだ、ダックの名店だもんね。特に中華系アジア人がよくお出かけするみたいですぜ。

BEBEK BENGIL アヒル料理

わたしたちは一応、バリ名物の盛り合わせもお願いしてみました。もちろん、ダックも載ってます。

BEBEK BENGIL アヒル料理

席からはこんな感じ。とにかくお店は広いので、好きな席が空いていればチャレンジしてみて。

BEBEK BENGIL アヒル料理

そしてココナッツケーキもおいしいと聞いてチャレンジ。んー、おいしいけど、すいません、感動ゼロ。日本のスイーツってものすんごくレベル高いもんね。

BEBEK BENGIL アヒル料理

というわけで、ライステラスの前でお決まりの記念撮影。
すいません、超うるとらスーパー薄メークです、なはは!
 

Bebek Bengil Restaurant
(Dirty Duck Dinner)
62-361- 975 489
Padang Tegal - Ubud

ルンバスパ@ヴァイスロイ

ルンバスパルンバスパ

ホテルスパを堪能するなら、やっぱり滞在しているホテルがおすすめ。
終わった後にノーメークでボーっとできるし、景色や技術も安心できるもんね。

今回は隠れ家としてマニアにおすすめのヴァイスロイに滞在していたので、ホテル内スパの「ルンバスパ」にて。宿泊している人は自分のヴィラで施術をうけることも可能だけど、2回受ける予定だったので、初回はスパ施設を探検。

ルンバスパ

吹き抜けの施設はとっても気持ちがいい。
施術後はここでのんびりするもよし、まずはウェルカムドリンクを出してくださるので、ぼーっとするのもまたよし!

ルンバスパ

ここから見えるバリの絶景と仏像のモニュメント、水のきらめきがこれ以上ないくらい、綺麗で、癒されるのでございます。うふふー。

ルンバスパ

トロピカルMIXジュースが美味でしあわせ。
女友達と乾杯、ジョシの幸せってこんな瞬間なのです。

ルンバスパ

ルンバスパ

ちなみにルンバスパの個室はこんな感じ。
こちらは2人用個室で同時にエステが行えます。

綺麗でロマンチックでしょ?

わたしはバリニーズ マッサージ(US$54)とフェイシャル(US$ 37 )にチャレンジ。各1時間ずつ。ちなみにこれに21%(税金+サービス税)が上乗せされるよー。たいていの外人むけのホテルやカフェではこれがつくのをお忘れなく。

ルンバスパ

Lembah Spa

Jl. Lanyahan, Br Nagi, Ubud, Bali 80571 Indonesia.
+62 361 971 777

 

ルンバスパ@ヴァイスロイヴィラ

ルンバスパ

今回の滞在中、ホテルスパ2時間×2回を体験しました!
1回目はスパ施設で、2回目はヴィラにエステティシャンを呼んでプライベートヴィラにて。

ルンバスパルンバスパ

簡易ベッド持参で、自分のヴィラで、というのがなかなか素敵☆
個人的にはこちらがおすすめかな。

わたくしめがチョイスしたのはこちら。

Standard in villa package  スタンダード イン ヴィラ パッケージ

ヴァイスロイのヴィラにお泊りでないお客様でも、ご予約当日にご利用可能なヴィラがあれば客室内でスパ・トリートメントを体験する 事が出来る特別なパッケージです。プライベートが完全に守られ、静寂に包まれた贅沢なトリートメントをご堪能頂けます。初めにバリニーズ・ルルールで古い 角質を取り除き、バリニーズ・マッサージを施します。ヨーグルトパックをした後、フラワーバスをお楽しみ下さい。最後は景色をご覧頂きながらフレッシュ・ フルーツジュースをお召し上がり頂きます。
2時間  US $ 120

ほかにもメニューがたくさん。メニューリストはこちらをチェックしてみて。

ほかにもランチがセットになったパッケージもいいかも。

ルンバスパ

というわけで、素敵な景色を前にゴージャスなエステタイム。
うわー、きゃー!なんと幸せなんでしょ、もうとろけてなくなってしまいそうだよーーー!

フラワーバス

そして仕上げはこれでもかーーー!

というフラワーバス。すごいでしょ?入るときにどうすればいいのか一瞬迷った小市民代表ほんまです。とかいいつつかなり堪能しましたけど・・・。なおフラワーバスから上がるときに全身に花びらがついて綺麗です。ある意味セクシーです、ふふふ。
 

Lembah Spa

Jl. Lanyahan, Br Nagi, Ubud, Bali 80571 Indonesia.
+62 361 971 777

MANGGA MADU マンガマドゥ

MANGGA MADU マンガマドゥ

ものすごーくお手ごろ価格でおいしいワルン(食堂)ということで、ヴァイスロイ近くのMANGGA MADUへお邪魔してきました。閉店は10pmなのですが、9:30pmに飛び込んでも大丈夫でした。このあたりのワルンは個室?みたいなテーブルコテージ席と普通の席とあって、やっぱり個コテージ席が人気の様子。

MANGGA MADU マンガマドゥ

こんな感じでとっても素敵です。

MANGGA MADU マンガマドゥ

地元へ行くと必ず地元のビールで乾杯。
グラスも冷えていて嬉しい!

MANGGA MADU マンガマドゥ

今回のたびはナシゴレン研究をしていたので、どこのお店でもナシゴレンはオーダーしていたのだけど、ここは一番シンプルでした。

MANGGA MADU マンガマドゥ

とにかく、何を頼んでもおいしい。
そして安い!この日、ひとり500円か600円くらいだったんじゃないかしら。

MANGGA MADU マンガマドゥ

わたしはローカルもたっぷり堪能したいタイプなので、とっても嬉しかったなぁ。
 

Warung Mangga Madu

JL.GUNUNG SARI No.1 Br.AMBENGAN,PELIATAN-UBUD
(0361)-977334

フォーシーズンズ・バリ

フォーシーズンズバリ

ヒットミーいちおしのフォーシーズンズへお茶&ランチしに行ってきました!
エントランスから入ったところがまたまた素敵☆

つり橋を渡って、絶景を見ながらカフェ&レストランスペースへ。

フォーシーズンズバリ

入り口ではこんなかわいい、ちょっぴりひょうきんなこの子が迎えてくれます。

フォーシーズンズバリ

そしてなんといっても、この風景。
池には蓮の花がちょうどいいバランスで咲いていておもわず、うわー!と叫んでしまいます。

フォーシーズンズバリ

広々とした席と視界がなによりの贅沢。
バリは本当に自然がいっぱいです。

フォーシーズンズバリ

景色が見渡せるオープンな席に案内してもらい、メニューをじっくり観察←ただの趣味。

フォーシーズンズバリ

定番のナシゴレンは非常に日本的な味で、ここは日本か?!とツッコミしたかった。(笑)
上品で癖のない味です。

お茶はサービスの方がオススメだというアールグレイを。

景色は正直いうと、ヴァイスロイの方がいいけれど、ここはここでまたいい感じ。ほかのホテルをチェックできたのは貴重な経験でした。なんかデフォルトがヴァイスロイだとどこも感動が薄くなるような・・・。ほんと人間って贅沢な生き物ですよねー。あはは。

6-7pm,Viceroy Bar Time

ヴァイスロイ・バリ

ヴァイスロイではもうひとつお得な特典が。
それは6-7pmのヴァイスロイバータイム。

宿泊している方はホテルのバーで飲み物の提供があるのです。
今回はバタバタしていて1度しか利用できなかったんだけど、絶景の景色の中で少しずつダークに染まっていく空を見ながらゆっくりとカクテルタイムできます。

ヴァイスロイ・バリ

有名レストラン「カスケード」の中にあるバーなので、もちろん素敵な景色&サービス。

ヴァイスロイ・バリ

こんなメニューリストから好きなものをチョイスできるんですよ。
1杯いただいてから、お外へディナーに出かける、というのもおすすめです。

ヴァイスロイ・バリはいろいろな得点がついてくるから、なんだか相対的にお得に感じるんですよね。ちょっと高いかな・・・なんて思っても、ネットもルームドリンクもカクテルタイム、そしてウブドエリアの送迎もついてくるから、実は同レベルのホテルよりもずーとお安いということに一度泊まるとわかるという仕組みなんです。

ぜひウブドで素敵な時間をすごしたい方にはヴァイスロイおすすめです。うん。

お部屋でも美味なコーヒー[オンナノコのための極上バリ案内]

ヴァイスロイ・バリ

ほんまちゃんです。
まだまだ[オンナノコのための極上バリ案内]続きます。

今回は感動したホテルサービスを紹介。

実はヴァイスロイではお部屋にあるコーヒー、紅茶、そして冷蔵庫の中にあるアルコール以外の飲み物はすべて宿泊費に含まれているんです!

なので、気兼ねなく、ホテルライフを楽しめるような演出がされているんですね・・・。

イリーのコーヒーイリーのコーヒー

で、早速コーヒーを試してみることに。
今までネスプレッソタイプのものしか知らなかったけど、こちらはillyのもの。
カプセルはこんな形状をしています。

イリーのコーヒー

ちゃーんとクレマの立ったおいしいコーヒーが入れられますよ。
きゃーん、うれしい!

ヴァイスロイ・バリ

というわけで、コーヒー片手に仕事中・・・。(涙)

そうそう、バリではワインはものすごーく高いです。日本で1本1000円くらいの安いワインでも1本3000円くらいはするんですよ・・・。ホテルでモエとかヴーヴのシャンパンなんて声も出ないくらい!だって、1本で3本ですよ?売価でその価格でホテルだとさらにその倍・・・。6本分・・・。庶民な発言ですみません。

というわけで、ワインを愛する皆さん、おひとり1本までは免税ですのですてきなワインのお持込をお勧めします。ちなみにビールは1缶スーパーで150円くらいなのでお安いです。

タナロット[オンナノコのための極上バリ案内]

 タナロット

バリの観光名所といえば、タナロット。
こちらは大きな寺院なのですが、一番のウリは海に沈む夕日!

タナロットタナロット

また海まで降りられるのもすごいところ。
ただし、このあたりは波が強いので十分気をつけないといけないんですが・・・。

タナロット

そしてまた夕日が売りなので、高台にはドリンクを飲みながらゆっくりと落ちていく夕日がチェックできます。そういうカフェがたくさん並んでいます。

私も早速カフェへGO。
まったりと夕日が沈んでいく様子をチェックしたのでした。

とはいえ、いざ!というときに厚い雲がかかり、結局夕日が完全に海に落ちる様子はチェケラできなかったんですけどね。でも十分、ダイナミックな様子は確認できました。

ぜひ新婚カップルにおすすめスポットかも?

クレポン [オンナノコのための極上バリ案内]

クレポン

バリ島の伝統菓子のひとつ「クレポン」はひとつひとつ丁寧に作られる日本の餅菓子に近い食べ物。草もちの中にとろりと溶け出す黒蜜、そしてもちのまわりにはココナッツが!

クレポン

3つで1セットになっていて、丁寧に葉で包まれていて、とってもかわいい。
なんだかほっこりとした気持ちに。

クレポン

大変日本人好みの味でありました。
美味美味。
 

オンナノコのための極上バリ案内!~Viceroy Bali~

ヴァイスロイ・バリ

こんにちは、ほんまちゃんです。
少しずつ、ほんとうに少しずつですが、オンナノコのための極上バリ案内レポをお届けしてます。

なんといっても、バリの魅力といえば、自然とホテルと食べ物、そしてスパ&ショッピングゥ。

そんなわけで、その女子的ブツヨクのすべてを満たすバリツアーの全貌をどうぞ。

ヴァイス・ロイ

まずはなんといってもはずせないポイント。
それが宿泊するホテル。

わたしが今回選んだのは「ヴァイスロイ」です。
このホテル、実は知る人ぞ知るホテルなのです。

もちろん、バリには「アマン」や「フォーシーズンズ」、「ブルガリ」などなど超高級ホテルがたくさんあるのですが、わたしが「ヴァイスロイ」をおすすめするのは、ここが大きなホテルではないということ。
また日本人スタッフのYUKARIさんが丁寧なケアをしてくれるので、日本語しか話せない・・・という方もとっても安心。

つまり、本当にプライベート感たっぷりで、丁寧な対応をしてくれるのです。こういう小さいけれど、極上のサービスを提供してくれるホテルを「スモールラグジュアリー」ホテルと呼ぶそうです。

ヴァイス・ロイ

お部屋には広いプライベートプールと、完璧なランドスケープが!
実はフォーシーズンズへもお茶しにいったのだけど、ここの景色があまりにもすばらしいので、正直どこへいってもあまり感動しなかった・・・。そのくらい、このホテルの景色はパーフェクトなんです。

ヴァイスロイ・バリ

お部屋では、もちろんWiFi(しかも無料デス)もかなり快適に使用できるので、お仕事もメールチェックもビシビシできちゃいます。忙しいダーリンでもこのホテルなら問題なし!

ヴァイスロイ・バリ

ウブドマーケットで一目ぼれして買ったワンピースを早速着て、お部屋でお仕事タイム。
ホテル内ではひとつひとつがまるで美術館のように美しいつくり。

苔むす感じが日本人には懐かしく、美しく感じるんですよーーー。

ヴァイスロイ・バリ

そしてレストラン、カスケードでの特別席。
ここからは美しい景色とおいしい料理とすべてが完璧なダイニングです。

ぜひレストランだけでも訪れる価値ありですよーーー!

Viceroy Bali

Address :
Jl. Lanyahan, Br Nagi, Ubud, Bali 80571 Indonesia.
Phone :
+62 361 971 777
Fax :
+62 361 970 777

BBQ 豚のリブロース

BBQ

バリで一番おいしいと思ったもの。
それがBBQの豚リブのグリル。

あの、BBQソースに使った豚リブがほんとうにほんとうにおいしい!

BBQ

ちなみにこのお店、大衆的な食堂のワルンなのですが、きれいだし、かなりヘビロテしてしまいそう。

BBQ

食べて祈って恋をして、、、を捩ったこんなポスターもキュート!
「食べて、払って、帰る」
あははーー!

BBQ

ちなみに牛のグリルもあります。
シンプルに塩コショウで焼いた感じ。
バリでは牛はわりとさっぱりとした味のものが多いですね。

BBQ

とにかく店先でじゅーじゅー焼いているので、煙がすごい!
でもこの煙もくもくがおいしさの秘訣なんだよねー。

BBQ

ちなみにマスタードソースで食べる生野菜サラダも美味です。

NURI'S WARUNG

Tromol Pos No. 219, Ubud, Bali, Indonesia
361/977547

※ネカ美術館や有名なフレンチMozaicの近く。本店と2号店があって、2号店はメキシカン料理メインでおしゃれな感じ。ポークリブはどちらでも食べられます。

これから空港へ

うえーん、これから空港へ向けて出発です。

出発

バンコクの滞在期間がものすごく短かったので、バタバタとした毎日を過ごしておりました。

明日早朝に東京に戻ります。おうちに帰ったらまたたくさんレポートします!

それでは、またねー。

はじめての○○○

フラワーバス

ぬわんと、バリにてフラワーバス初体験!

それはもう、超ゴージャス。

見渡す限り、花花花!

詳しくはまたのちほど。

いよいよ今夜日本に帰国です。

ウブドマーケットIN BALI

ウブドマーケット

ウブドマーケット

ウブドマーケットに朝早起きして行ってきました。

早朝はフルーツや野菜、お花のお店がたくさんでています。
ちょうど大切なお祝いの前の日で準備のために多くの人でにぎわっていたようです。

カラフルでまぶしいくらいでした。

ぜひローカル気分を味わいたい場合にお出かけしてみて。

IBUOKA UBUD

IBUOKA

ウブドで超人気店、IBUOKAへいってきました。
豚の丸焼きの店で、ランチのみ。
ご飯と豚のお肉と野菜を混ぜてたべるワンプレートごはんです。

いわゆるローカルの定番の店ともいえるべき存在で、王宮から歩いて5分くらい。以前の店舗は王宮のとなりだったのだけれど、移転して立派だけど、かなり奥まった場所に移動したようです。

IBUOKA

持ち帰りもその場で食べることもできます。
その場で食べる場合は、席についてオーダーします。

IBUOKA

観光客で一杯の店内。
IBUOKAはひとつ30000.Rpだから300円くらい。

IBUOKA

じゃじゃーん、そしてこれが噂のIBUOKAです。

非常に癖のない食べやすい味で、バリの伝統料理みたいです。

ぜひまた再訪したいお店。

バリのココナッツ石鹸

バリのココナッツ石鹸

ウブドで有名なココナッツ石鹸工房見学へ。実はここの石鹸、日本でもソニプラで販売されていて、非常に高品質なんですって。

ただ、いかんせん、場所がわかりづらい。

なんとかたどり着いて、道とは思えない道をゆく。

つづく・・・。

バリのココナッツ石鹸

KOU 石鹸

バリのココナッツ石鹸

バリのココナッツ石鹸

おすそわけ精神

突然だけれど、バリの人々は95%はヒンドゥー教なのだそう。

ちょうど今年の世界一周旅行でカンボジアに行ったときに、ヒンドゥーと仏教のストーリーや関係性について勉強したばかりだったので、なんとなく感じることができるわたし。

やっぱりバリとタイは似ているところもあるし、故に日本人との相性もいいんではないだろうか。

おすそわけ

話はそれるけれど、バリにきていいなぁと思うのは、このおすそわけ精神。毎日、あらゆるところでお供え物が新しく祭られていて、見た目にも美しい。

これはホテルのもので、レストランの断崖絶壁のところにちょこん、と祭られている。すごく素敵です。

おすそわけ

またお店の前にもこんな風にちょこん、と鎮座しています。
お花とかビスケットとか、色とりどりのものが美しくて華やか。

バリの虫たちはこのお供え物に寄ってくるのだけれど、人間だけではなくて自然、木や花や草や虫とともに生きているのだと感じさせるライフスタイルに癒されるんです。自分さえよければそれでいいじゃないか、というアメリカ的個人主義はそれはそれで理解できるけれど、本当の豊かさとは違う気がします。

そういう意味で言えば、バリの人々の神を大切にする生活はわたしたちに新たな発見をたくさんくれるのかもしれませんね。

というわけで、ワタシもしばし、心のデトックス中・・・。

恋するエッグベネディクト

エッグベネディクト

毎朝、とっても楽しみなのがこのエッグベネディクト。
たくさんのメニューリストの中から好きな1品が選べるのだけれど、もうこれが好きで好きでたまらないのです。

というわけで、毎日ヘビロテ中。

とにかく繊細な味わいで、ポーチドエッグの火の入れ方が感動的。

ぜひウブドへ来たら、このヴァイスロイのエッグベネディクト(wikiによるとサーモン・ベネディクトと呼ぶらしい)を食すべし!いくらとスモークサーモンの塩気がたまらなく美味。

ウブドのSARA SPA、一度は体験すべし!

SARA SPA

バリでもどうしてもローカルなスパへ行きたくて、ウブドにあるSara Spaへ。
ここはオイルマッサージ2時間1000円前後、クリームバス(ヘアエステ)1時間で550円とかなりお安い。そのかわり、とても混雑しているし、わかりにくい場所にある。そして白人のお客さんでいっぱい。

SARA SPA

わたしはバリで有名だというクリームバスに初挑戦。

アロエとアボガド、そして漢方のメニューからアロエをチョイス。
アロエの成分の入ったクリームをたっぷりと頭になじませながらマッサージ。この担当のおねえさんの力加減が絶妙で超気持ちいい。

いやあ、ローカルスパに毎日通いたい、ローカル好きなほんまです。もちろん、バンコクにはかなわないけれど、バリに来たらスパ三昧しないともったいないもんね。

というわけで、SARA SPA おすすめです。二ヒヒ。

KOU CUISINE Bali

KOU CUISINE

ウブド バリ 戦利品

バリに来る前から行きたかったお店「KOU CUISINE」にお邪魔してきました。

バリでは圧倒的に洗練されたお店と製品は誰にプレゼントしても喜ばれるかも?パッケージもとてもすてきで、ぜひラッピングしてもらうのがおススメ。お土産は自分がほしいものを差し上げるのがほんまちゃん流。

さて、これらはいったい誰の元に届くのか?
お楽しみに。

My Bali's Home...Viceroy Bali Hotel

ヴァイス・ロイ

どうせバリに来たのなら、素敵なホテルに泊まって、すばらしいサービスを心行くまで堪能する。そんな経験を一度はしてみたい。

もしも、ハネムーンをバリでしたいと思っているなら、当然一度バリを訪れてみるべきだと思う。

特に、通好みとして知られるViceroyははずせないのです。

ヴァイス・ロイ

とにかく、広くて洗練された部屋は仕切りがなくて究極に広さと自由さを感じるし、とにかく居心地がいい。部屋にプライベートプールがあるのはもちろん、ぼーと読書を楽しめるテラスもある。

ここは特にツリーハウスのようにまるで森の中に浮いているような気分になれるとっておきスポットなのだ。

ヴァイス・ロイ

上質なソファにおいしいコーヒーマシンがすぐそばにあって、いつでも冷蔵庫の中にあるソフトドリンクはフリーチャージ。こんなに素敵な経験は絶対結婚前に予行練習しておくべし。もちろん、予行演習は女友達がベスト。女性の目線は厳しいですから。(笑)

ヴァイス・ロイ

数少ないダブルベッドで快適な睡眠を。本当にシーツも肌触りがよくて、ずーと寝ていたいような気分に。(←危険)

もしも彼がこんな素敵な部屋を取ってくれたら、幸せでずーと微笑みが絶えないだろうなぁと妄想。とにかく、スペシャルな滞在が約束されます。

My Bali's Home...Viceroy Bali Hotelで決定です!

 

タナロットでサンセット

タナロット

いってきましたー!

山と海で囲まれているバリは、実はサンセットはどこででも見られるものではないのです。というわけで寺院と海に夕日が沈む様子をチェックできる観光スポット、タナロットへお出かけしてきました。

ここの細工はとても繊細で美しく、わたし好み。

ちょうどこの時期はおおきなお祭り前で仏像もデコレーションされていたり、飾りが町中を覆っていたりします。

この日は珍しく雨が降らず、とても綺麗な夕日を見られました。

おはようございまーす!

本日は早朝からお出かけです。

食べて祈って恋をして

というのも、「食べて祈って恋をして」のジュリアロバーツを気取るべく、ウブドマーケット散策にちょろりと出かけるのです。

どんな感じなのかな・・・。
 

ヴァイスロイ

が、どうしてこんなに早朝にのんびりしているかというと、、、車の準備ができてなくて、あと30分ほど時間がかかるからなのです。

昨日のうちにお願いしておけばよかったのですが・・・あはは。

というわけで、ブログを書いておりますです。
でも美しいホテルからサンライズも見られたし、ちょっと得した気分です。

無事、帰還。

こんばんは、ほんまちゃんです。
いやー、それにしても時間が足りない!

今日は新たな出会いや発見や気づきがたくさんあった日でした。すごく素敵な一日。

そろそろレポートをたくさんお届けしたい頃なのですが、とにかく記事を書く時間がありませぬ。バリ調査に通常ワーク、メールチェックであっという間に時間切れ。おうまいごっど。本当にすみません(T-T)

というわけで、また時間を見つけてちょくちょく更新させていただきますぜ。

それでは、おやすみなさいませ。

 

本日は・・・

それではいってきまーす。

今日はウブドではなく、クタ方面に遠征です。

たのしみたのしみ。

ではまたね。

本日の戦利品!

ウブド バリ 戦利品

ウブド バリ 戦利品

えー、本日の戦利品。

バティックのリゾートドレスと同じ柄のトップス、それから狙っていた塩。洗練されたものを探すのは困難だけれど、そういうものとの出会いは嬉しい。

はじめまして、バリ!

ややローカル色の強いバリの空港に到着して、その場でビザ代25ドルを支払い、数レーンしかない荷物レーンでのんびりと待つ。旅行へ行くたびにこの荷物がコトコトと揺られながら、あのベルトコンベアに揺られて出てくる様子を不思議そうに見つめてしまう。

かなり早い段階で私のもとに届くと、早速X線の審査を受けて(これからバリに出るのに!?)脱出。

空港の待ち合わせポイントでホテルのピックアップの方が素敵なバリ・コスチュームに身を包み、わたしの到着を待っていてくれたのだった。

冷たいおしぼりとお水がうれしい。バリの空気はとっても優しくて、温かい。いい旅の予感がする。

ヴァイス・ロイ

車の中で、1時間強ほどドライバーさんとお話する。わたしについて、ドライバーさんについて、家族や名前の付け方など、綺麗な英語を話す彼とあっという間に仲良くなる。

ホテルピックアップだからこそ、すごく安心していろいろな話ができるのも魅力的。また上質なサービスを受けることができるから、個人的には素敵なホテルに宿泊するときはピックアップもホテルにお願いするのがいいと思う。

 ヴァイス・ロイ

というわけで、素敵なヴァイス・ロイに到着。
チェックインの時にはおいしいウォーターメロンジュースが嬉しい。

さて、それではわたしのヴィラとのご対面にバギーカーに乗って、お出かけしてみましょう。
 

ただいまー!

ビンタンビール

こんばんは、ほんまちゃんです。
無事ホテルの部屋に帰り着きました。

今日1日ふらふらと彷徨って、少しずつバリについてわかってきたかも?

というわけで、これから少しバリについてレポートしていきます。

どうぞお付き合いくださいませー。

まずは、現地のビール「BINTANG」でホッといたします!むふふ。

 

ヴァイス・ロイ LIFE

バリ インドネシア

こんにちは、ほんまちゃんです。

昨日、無事バリに到着してます。

ではまた後ほど。

バリへ向けて出発

バンコク タクシー

あっという間に前半のバンコク滞在が終了・・・。

これから朝のフライトでバリへ向かいます。
うー、眠い・・・。(ただいまバンコクは朝の6時)

またバリについたら更新しまーす。

今日も素敵な一日を。

ネイル負傷につき、サロンへ

ネイル

重いトランクを上げたり下げたり・・・・
パッキングも結構力が必要だったりして。

旅するとネイル負傷・・・ということがよくあります。

今回もそう。(涙)

というわけで、人差し指がボキッと折れてしまったので、よく行くローカルネイルへダッシュ!

赤ネイルは肌を白く見せてくれるので、最近お気に入りです。

んー、なんとなく落ち着いたわ。

DANIのトラベルキャンドルが大活躍!

DANI

この旅のために、、、DANIのトラベルアロマキャンドルをゲットしました!

旅先でも自分らしい、リフレッシュタイムを楽しみたいわたくし。小さくていい香りのアロマキャンドルは本当に便利!

ゆっくりお湯につかるバスタイムに甘い香りが漂って癒し効果大!

クローゼット

裏技としては、クローゼットの中にふたを開けて入れておくだけで、お洋服もいい香りに。トランクにギュウギュウ詰めにされてよれよれになった服もこうしてスタンバイ。

着るときに気持ちよく、ファッションを楽しもう、という気になりますよ。

ten face Hotel bangkok

ten face

ten face

明日、バリに向けて出発ですが・・・またバンコクに戻ってくる予定。今回泊まっているホテルはTen Face なるバンコクのデザインホテルです。

アートなホテルで部屋も広く、リビングとベッドルームに分かれています。

嬉しいのがBTSの駅までのトゥクトゥクサービス。
24時間対応してくれて便利です。

バンコク市内でもかなり激減したトゥクトゥクですが、やっぱり気持ちがいいですヨ。

hyde&seekデビュー!

hyde&seek

ホテルにチェックインして、簡単にパッキングを解いて、、、よし、ヌードルでも食べよう!と出かけてみたものの・・・このあたり、何もないのね。(涙)

けれど、近くに行ってみたかったバー&レストランの「hyde&seek」があったのでそちらに。
ビールとカラマリをオーダー。

すごくおしゃれな店で、セレブタイ人がたくさんいましたぜ。

ドラフトビールの大きいやつ(300Bくらい?)とカラマリは200Bくらいだったかな。日本で考えたらお安い!

でもヌードルが食べたい気持ちを抑えられず、仕方なくコンビニでタイラーメンゲット。
こちらのヌードルは少量なので気軽に食べられるんだよねー。

というわけで、ホテルに戻りずるずるとラーメンを食し、お休みタイム。

今回は滞在期間が少ないから、厳選しなきゃダワ。
これからランチをどこにするか考えまーす。
ではまたね。

Bangkok Hotel なう。

こんばんは、ほんまちゃんです。

ふー、ようやくホテルに無事チェックインできました。プーケットでのトランジットだったのですが、やっぱりローカルすぎてキツイ・・・。(笑)、何もすることがありませんでした・・・なはは。

8時ごろバンコクの空港に到着(日本時間10時ですね)、空港とシティーを使う電車に乗ってみました。結果、快適。いきなりタクシーじゃなくて、とりあえずこの電車に乗ってシティまできて、それからホテルまでタクシーというのもありかと。特にひとりだとおすすめです。

肝心のホテル、今回初めてのところだったのですが、なかなかいい感じにおしゃれです。

またゆっくりレポートしますね。

とりあえず、屋台かレストランで軽くディナーにいってきまーす。
それでは、またねー。

 

Roma,Roma,Roma

ローマ

ローマは1日にしてならず。
本当にみるべきものがたくさんあります。

ローマ

ものすごーく古いものが今も現役でそこにいるという奇跡にただただ驚き、また今の自分は何百年も何千年も前に生きていた人とそんなに変わらないなぁと思う。

私たちの進歩は恐ろしくなるほど、気が遠くなるほど遅いのかも、ね。

ローマ

けれど、いつだって世の中の大多数の意見や考えに寄り添うのではなく、自分の思いや感覚、勘のようなものを大切にしたいと思う。自分が信じるものを信じる、すごいと思うことをやる。

ローマ

ただただ美しいものを撮る、そういうシンプルさが好きなのです。

 

かわいいお店

ヴェネツィア

こんにちは、ほんまちゃんです。
なんとなくホッとする日曜日。

写真をゴソゴソと整理していたらお気に入りが見つかりました。

とってもかわいいお店ですよね?

こういう旅先で出会った写真をデザインの参考にすることもあります。

不思議なもので、実際に自分が体験したことでないとうまく書けないし、記憶に残らないんですよね。本当はもっと器用に生きられたら、なーんて思うこともあるけれど、それができないから今の自分がいるわけです。ええ。

けれど、もしも自分がホニャララだったら・・・なんて妄想するのもまた楽しいです。

それでは引き続き素敵な休日を。

MY Favorite Restaurant in Venezia

ヴェニスレストラン

いまさらですが、ほんまちゃん的旅の楽しみ第一位はやっぱり「食事」。ヌーヨークでもバンコクでも、とにかく美食のために旅をする、というのがテーマだったりします。

食べるものなら、高くてもたかが知れているし、とにかく掘り出し物、おいしいものと出会えただけでぐーんと幸せ度が高くなるのも事実。

どうせお金を払うなら、おいしいところで食事しなくちゃ!

ヴェネツィアレストラン

というわけで、唯一今回リサーチしたレストランへ行くことができたのがここヴェネツィア。いわゆる、居酒屋系レストランなのですが、ここがとっても素敵。イタリアって立ち飲みがけっこうたくさんあって、はしご酒なんていうのもやる人が多いみたいです。

はっきりいって超ど真ん中の店は高くてまずいことが多いです。ここは少し外れた魚市場の一角にあるレストランで、市場が近いせいか、このあたりのレストランはどこもおいしそうでしたヨ!

ヴェネツィアレストラン

わたしは席のある部屋でハウスワインをお願いしました。こんなお猪口タイプのグラスがでてきたのですが、このワイン、とってもおいしかったなぁ。おそらく10ユーロくらい。イタリアはワインが本当に安くて、おいしいので、飲まなきゃソン!って感じ。

ヴェネツィアレストラン

サラミとパルメザン、いわしの酢漬け、干しダラの3種盛り、手長海老のパスタなどを完食!どれもおいしくて、幸せなひととき。ワインも飲んでひとり15-20ユーロ、2000円前後というのがうれしいですね。ランチもディナーも同じ値段&メニューです。

 

Cantina Do Spade (カンティーナ ド・スパーデ)

Calle Do Spade, S.Polo 859/860, Venezia Italy
+39 041-5210583

くわしくはAMOITALIAへ。

ヴェネツィア Fish Market

ヴェネツィア 魚市場

さすが水の都、ヴェネツィア。
地図で調べてみると、魚市場があるではないですか!

今回はヴェネツィア本島のホテルに宿泊したので、どこへでも歩いていけるのが便利。ヴェネツィアは小さい島かつほぼすべてが観光系のお店なので、魚市場があるのは正直驚きでした。

ヴェネツィア 魚市場

午前中に開かれるFish Market、いくつかのお店が氷の上に商品をきれいに並べて売っています。わたしもふらふらしてみて、とっても楽しかったですよー。

ヴェネツィア 魚市場

こんな子や・・・

ヴェネツィア 魚市場

あんな子や・・・

ヴェネツィア 魚市場

こやつまで・・・ってこれは売り物ではありません!
真っ白でかわいかったです。

普通に住んでいる人がMarketで買っているみたい。

ヴェネツィア 魚市場

規模はそんなに大きくないけれど、鮮度はかなりよくて、ちょっと感動。
さすが海に囲まれているところは違いますね。

楽しいお散歩になりました!

ベストイタリアン

ヴェニスレストラン

今回の旅で一番好きだったレストラン。

詳しくはまた後でね~。

ぎょえー、真実の口?

真実の口

あの、ローマの「真実の口」
前回もチャレンジしたのですが、今回も。

「手を口に入れると、偽りの心がある者はその手首を切り落とされる、あるいは手が抜けなくなるという伝説」があって、超どきどきの心を変顔で再現しときました!

と、おもいきや、これは実は真実の口の偽者。ローマ三越にある真実の口なのです。偽りまくりなあたしです。そりゃドキドキもするわ。最近この真実の口、本物はめちゃくちゃ並ぶのだとか。並ぶのがとにかく嫌いなわたくしめはこれで十分だわ、ということでこちらでパチリ。そんなに変わらないような・・・。←情緒のないオンナ代表

それにしても、ローマの一等地にも三越があるなんてすごいですね!

そうでした、引き続きオトナ女子部の銀座三越特集もお見逃しなく!うふっ。

メトロ

イタリア電車

ミラノのメトロは以前乗ったことがあったのだけれど、ローマでは初めて。
イタリアの電車はアメリカみたいにちょっと薄暗くて、落書きがいっぱいの電車が走っているのです。それはミラノと一緒だったなー。

イタリア電車

片道1ユーロのチケットを券売機で購入。
手前に写っているのは海外旅行用財布です、セカンドバックじゃありませんぜ!(笑)

イタリア電車

イタリア電車

イタリアはイケメンが多いです。
あくまでも比率の問題ですが。

なんとなく、おしゃれなんだよなぁ。それに比べて世間で言われているほど女性はおしゃれではないような気がするほんまです。ほんとうに、東京の女の子ってもれなくみんなかわいいので、日本人女性が外人にモテるというのは納得してしまうのでした。

ってこれ、何のハナシ?

イタリアごはん@Roma

イタリアごはん

ローマはテルミニ駅(中央駅)の近くにあるレストランへ。
やけにカラフルな店内はとても個性的。

イタリアごはん

ローマといえば、薄焼きピッツァ。
パリパリでワインのお供に最高!
いくらでも食べられます。

イタリアごはん

意外と食べられないのが生野菜。
そしてドリップタイプのコーヒー。

私の中では別物なので、やっぱり両方飲みたいのだけれど、ドリップとは結局一度も縁がなかったワ。

イタリアごはん

ローマというか、イタリアってほんとうに観光の町だなって。
世界中からたくさんの人が訪れて、いろんな言葉が聞こえてくる。

いろんなひとが世界にはいて、もしかしたらこれから出逢う誰かとすでにすれ違っていたりして、そうやって世界を旅していると、どんなことが起きてもたいして驚くべきことじゃないのかも、と思う。

旅が好きなのは、やっぱり自分とは違うものや誰かと出逢うためじゃないかな。

AMEDEI

112307.jpg

イタリアへ行ったら、どこででも購入できると思っていたAMEDEI、実はほとんど街中では見かけませんでした。というわけで、見つけたら即ゲットが大切のようです。

ちなみに日本で輸入取り扱いしていた業者はすでに取引をストップしているようです。うーむ、今後はどうなるんだろう。

まっ、それはともかく、とにかく繊細な味わいが好きです。

 

 

ヴェネツィアで1番の生ハムチーズ!

ヴェネツィア

ベネツィアでは魚市場をふらふら。
正直、観光の街なので、おいしいものにはなかなかありつけない、と聞いていたのだけれど、この魚市場実はおいしいものの巣窟でした。

ホテルは街の超中心だったので、徒歩で魚市場を目指す。

途中、やたらめったら地元民でごった返す、うるとらスーパー狭いチーズ&生ハムやさんをみつけ、思わず並んじゃうわたし。←反射神経で反応。
ショーケースを見ると今にはとろけそうな極上のチーズと天井にはボンボンぼんっと生ハムがぶら下がってる!そして次から次へと現れるお客さん。

ヴェネツィアヴェネツィア

待っている間にきょろきょろと店内を見渡すと・・・アンジーのサインが!?もしやここは超有名店?

オーダーのときにイタリア語しか話していなかったので、やばい、これはイタリア語しか通じないか?とハラハラどきどき。しかし若いお兄さんがわたしの番になったら流暢に英語を話し始めてびっくり!(小さいお店におじさまとおにいさまのお二人が・・・)イタリア会話集をきつく握り締めて覚悟した3分くらいを返してくれ!と心の中で叫ぶ。

ヴェネツィア

というわけで、ベーシックな生ハムとブルーチーズ、ワインを購入してスキップしておうちへ。
夕食の後の2次会&試食会として食されたのでした。

本当においしい。フレッシュでこんなにおいしい生ハムもチーズも食べたことないよ!というくらい激うまっ。全部で1800円弱くらいかな。ふうー、食べきれないよ!!!

というわけで、今回一番発掘したおいしいものでした。うへへー。

Caffe bar

カフェ

カフェ

フィレンツェにある立ち飲みカフェにてカプチーノを。

イタリアは立ち飲みカフェが主流で意外と席のないカフェが多い。なぜか座ると倍から3倍の料金になるしくみ。とっても面白い。

そしてお店によって味は違うものの、基本的に濃くておいしいコーヒーが飲めるのです。

というわけで、イタリアではぜひ立ち飲みコーヒー体験をお忘れなく。うふふ。

The Water City

ヴェネツィア

The Water City...

ヴェニスは水の都と言われる意味を訪れて初めて知った。
時間によって水位が驚くほど変化し、ところどころが浅い湖のようになる。

歴史ある建物がその薄い鏡に映りこんでそれはそれは美しい。

ヴェネツィア

しかし、すべてのものは船によって運ばれる必要があったり、こんな感じで水をよけてちゃぽちゃぽいいながらリヤカーを引く必要があるみたいだ。

ヴェネツィア

ちなみに去年の1月は水位が1.5mも上がって、にっちもさっちもいかなくなったとか。

ヴェネツィア

この黒いゴンドラは1つ1000万円近くするらしい。
ひょえー!

ヴェネツィア

奥深いヴェネツィアなのでした。

Sometimes Sunny Rain

ヴェニス

今のシーズン、イタリアは雨。
ほんとうに雨が多い。

けれど、時々晴れ間が見えるとそれはそれは素敵な光が差し込む。
空気が澄んでいてなんともいえない幻想的な風景を映し出す。

まるで海が地上の延長みたいなヴェニスは今まで訪れたどの都市にも似ていない。

Sometimes Sunny Rain...

なんだか幸運が舞い込みそうな予感。

ベネツィアで出逢ったシーリングスタンプ

ベッドにもぐりこんでみたものの、ね、寝れにゃいぃー!
深夜に仕事モードに一瞬スイッチが入り、さらに覚醒・・・。というわけで、イタリアにも持っていったバフェットのスノーボールの続きを読んでいます。Venchi ショコラをこっそりつまみながら。(味見のつもりがすでに数欠片消滅。カカオが濃厚で確かにうまい!)

そんなわけで、またまたイタリアの続き。

ヴェネツィア

ベネツィアで出逢った素敵なもの。
それがずーと長い間欲しいと思っていたシーリングスタンプ&ワックス。

ヴェネツィア

わたしはわりと手紙を書くのが好きなので、小道にある、全部で3.5坪程度のとっても素敵な文房具屋さんを見つけて、ふらりと中へ入ってみる。

ヴェネツィア

素敵なマダムが丁寧な接客をしてくれて、悩みまくるわたしにとことん付き合ってくれる。たとえば、hommaniaのイニシャルHのごくシンプルなものをチョイスしていたのだけれど、ほかにもアルファベットに複雑な文様を施したものやWイニシャル付のものなど、見れば見るほど迷ってくる。

また実際にシーリングワックスで留めてみると、複雑な文様はきれいに出すことが難しく、思っていた結果にならないものもあって、結果、名前と苗字のWイニシャルのものをチョイス、お買い上げしてみました。

とってもロマンティックなお買い物でスキップしながら帰ったのでした。さて、誰に手紙を書こうかな・・・。うふふー。

 

そうそう、イタリアつながりで、ただいまヒットミーはアルファ​ ​ロ​メ​オMiTo 「CaptureYourStyle」キャンペーンに参加中!一緒にロードトリップしている気分が味わえます。ステキチ!俄然MiTo のオートマ車が欲しくなってきたヨ!こちらのイタリア車情報もわくわくドキンドキンですぜ。

詳しくはちょこちょこと更新されている
キャンペーンサイトTwitterFacebookをチェックしてみて。

時間を巻き戻して・・・Roma

こんばんは、ほんまちゃんです。

快適なネットライフを取り戻し、また飛行機で寝っぱなしだったためまったく眠くない(!)ので、ちょっぴり夜更かしして、時間軸を今から未来に少しずつ戻しながら、今回はイタリアを振り返ってみようかと思います!

まずはローマから。

ローマ

やっと半日のローマ探索の時間をゲット!
この日のコーディネートはこんな感じ。
最近マイブームのロンシャン「ギャビー」BAGがポイントです。

ローマ

ローマの中心街をぶらぶら。
すごい人だーー。

これはスペイン広場へ向かう道すがら。
観光客もすっごく多いですぜ。
(ローマはスリに要チウイ!)

ローマ

トレビの泉は久しぶりに来たらものすごく立派になってました。
もちろん、後を向いてコインを2つ投げてみたよー。

ちなみに、コインは1つだとローマにまた来られる、2つだと願い事がかなう、3つだと離婚できる、、、という言い伝えがあるそうです。とくに3つ目には効果覿面らしいですぜ。

ご要望のみなさまはローマへGO!

ローマ

そして念願のジェラート。
気分はもちろん、オードリー。
クリーム系は甘そうだったので、リモーネとキゥイをチョイス。

トレビの泉のすぐ横でしたが、人だかりができていておいしかったです。フルーツが濃いのでペロリ。たしか2ユーロだったかと。240円くらいかな?

 

そうそう、イタリアつながりで、ただいまヒットミーはアルファ​ ​ロ​メ​オMiTo 「CaptureYourStyle」キャンペーンに参加中!一緒にロードトリップしている気分が味わえます。ステキチ!俄然MiTo のオートマ車が欲しくなってきたヨ!こちらのイタリア車情報もわくわくドキンドキンですぜ。

詳しくはちょこちょこと更新されている
キャンペーンサイトTwitterFacebookをチェックしてみて。

イタリアン・ボジョレー

ボジョレー

初めて、イタリアのボジョレーを。
今夜はただいま、の気持ちを込めてイタリアボジョレーを空けました。

なんとかわたしも、ボジョレーに間に合ったかも?!

安くておいしい一本でした。大満足。

 

そうそう、イタリアつながりで、ただいまヒットミーはアルファ​ ​ロ​メ​オMiTo 「CaptureYourStyle」キャンペーンに参加中!一緒にロードトリップしている気分が味わえます。ステキチ!俄然MiTo のオートマ車が欲しくなってきたヨ!こちらのイタリア車情報もわくわくドキンドキンですぜ。

詳しくはちょこちょこと更新されている
キャンペーンサイトTwitterFacebookをチェックしてみて。

Venchi ショコラ&ジェラート

Venchi

イタリア滞在中、2度目のジェラートはローマの空港の搭乗時間の合間に。

全然知らなかったのだけれど、トリノの超有名ショコラティエ"Venchi"のショップだったらしく、恐る恐るオーダーしたジェラート(ちなみにこれはピスタチオ)がすっごくおいしい!

濃厚で甘すぎず、美味なものをイタリアで探すのは本当に大変!

Venchi

あまりにおいしいので、ショコラもちょっぴり購入。
調べてみたら、日本では明治屋で少しだけ取り扱いがあるそう。
実は先にAMEDEI のショコラを購入していたのだけど、こちらのVenchiも同じくらいイタリアを代表するショコラティエなんだそうな。

Venchi

大好きなピエールマルコリーニ級のおいしさでちょっと感激。

新しい美味なるものとの出会いって旅のひとつの楽しみでもあります。

再び、TOKYOに向けて搭乗

こんにちは、ほんまちゃんです。
ただいまアムスでは午後5時前です。

これからまた長距離のフライトです。

結局、お買い物する時間もほとんどなく、イタリアンをたっぷりと堪能する時間もなく・・・滞在が完了してしまいました!

アムステルダムはぜひ次回滞在して、街をぶらぶらしたくなりました。

というわけで、また東京でお会いしましょう!

アムステルダムなう!

112002.jpg

イタリアを脱出して、アムステルダムに到着。
今はトランジットの合間の長い時間、空港でふらふらしたり、ネットをしています。

112003.jpg

今回の旅ではじめての快適なインターネット環境ですいすいチェックできますよー。
アムステルダム、バンザイ!

というわけで、小腹を満たすために何か軽くたべちゃおうっと。

日本到着は明日の昼すぎです。
あー、早くまったりしたい!

エノテカデビュー!

112001.jpg

なんとローマの街中には弥生時代に作られた遺跡が今もまだ存在しています。
右をみても左を見ても遺跡・・・。

古いものはとても趣きがあって素敵。

そんなパンテオンの近くにおしゃれなエノテカを見つけたのでお邪魔してみました。

フロマージュのもりあわせとグラスワインの白&赤を堪能。
エノテカはやっぱりワインがおいしいです。ふふふ。

イタリアン・コーデ

111903.jpg

やっと取れた今日半日のフリータイムにはこんなファッションでお出かけ。
動きやすさと可愛さのあいだでセレクトしました!

今日はひとりでエノテカで昼からワインをがぶがぶ。
チーズも美味でした!

明日の早朝にはイタリアを離れて、アムステルダムへ飛びます。
結局、買い物する時間はほとんどなく、バタバタとしたイタリア滞在でした。

今夜はそろそろお休みです。

ヴァチカン

111802.jpg

ヴァチカンでミケランジェロまつりしてきました!

やっぱり本物はすごいです!

頭の中でぐるぐると芸術家の名前がごちゃまぜになってます。(笑)

ロロピを清水買い!

ロロピアーノ

イタリアで唯一購入したもの。
それが極上のパシュミナストール。

ロロピアーナの手触りは本当に気持ちがよくて、天にも昇るほど。

これから大切にたいせつに使いたいなぁ。
 

最後の滞在都市、ローマ

こんにちは、ほんまちゃんです。
やっとローマでネットにつながりました!

というわけで、ただいま必死にメール対応しています。

ちなみに今はシェラトンにいるのですが、ハイスピードのネット契約のはずなのに、全然ハイスピードじゃない!という結末。無駄にストレスをためております。

今回は本当に忙しい滞在で、ほとんどPCに向かう時間がありませんでした。帰ったらちょっぴりハードめに更新したいと思いますので、みなさま、どうぞお待ちくださいませ。なお帰国は月曜日の昼すぎです。トランジットのアムスではなんと5時間もあるので、なんとかネットができればいいな、と思っています。まあ、あまり期待はしないでおこうっと。

今日は半日、フリータイムなので、PCをパチパチする時間が取れました。これからローマ市内をうろうろとして、お散歩の予定ですが、外は見事に雨。

というわけで取り急ぎ、締切の仕事をホテルに引きこもってネットと格闘しながらこなしております。

それではSee you later !!!

ヴェネツィア

ヴェニス

たびたび登場のほんまちゃんです。

本当に今回はとてもハードでして、ゆっくりPCに向かう余裕がまったくナッシング!
とにかくタイトなスケジュールで主要都市をめぐる必要があって、今日はヴェネツィア、そしてこれからフィレンツェへ向かいます。

今日のランチで初めておいしいイタリアンを食したくらいで、後はかなり地味に・・・(T-T)

なんとかここではネットが通じているので、せっせと更新しています。

というわけで、次はいつネットに通じるのか?

それではまた近いうちにお会いできますように。

 

ミラノ

111702.jpg

ミラノは東京よりも若干寒いです。
天気は悪く、雨が降ったりやんだりを繰り返してます。

それではまたね!

イタリアにて

111701.jpg

おはようございます、ほんまです。

今週はイタリアへ来ています。

ハードスケジュールで、またネットの状態もよろしくなく、なんとかこちらに来て初めてネットがつながりました。現在、こちらは夜の10時です。

詳しくレポートしたいのですが、それはまた時間のあるときにゆっくり。

というわけで、メール等返事が遅くなってご迷惑おかけいたします。

それでは、また!

 

Your Singaporeで妄想旅行を!(Business Class編)

シンガポール

というわけで、ファーストクラスの旅に引き続き、ちょっと現実的なビジネスクラスの旅に出発してみましょう!

まずはやっぱり「Your Singapore」で気になるスポットや食べ物などを検索→登録して、自分だけのツアーをつくってみました。

シンガポール

なんといっても食いしん坊なほんまちゃんは一番初めにレストランチェックです!
わたしはチキンライスが大好物なので、チキンライスのおいしいお店を探したい、、、とシンガポールの中でも「中華」に注目。シンガポールはさまざまな国からの移民でできた国ともいえるので、さまざまなテイストの料理が楽しめるのがうれしいですね。

シンガポールシンガポール

そんなわけで、このイベントの時に試食させていただいたのは、こちらのラクサ(ココナッツカレー風味の辛ラーメン)とチキンライス。ラクサはヒットミーがオーストラリアにいたときに大好きでよく食べていたもので、シドニーにお出かけした時に初めて食べたのですが、シンガポール料理だったんですね。チキンライスもバンコクでよく食べているのですが、もともとはシンガポールのものだとか。

シンガポール

それから、TWGの紅茶。おいしい!いい香りでリフレッシュ。んー、しあわせ!

シンガポール

おなかを満たしたら・・・次はエンターテイメント情報を調べてみよう!というわけで、マリーナベイサンズエリアにある55階建ての一番上にあるSands SkyPark(サンズ・スカイパーク)へ。シンガポールの街を360度見渡す眺望。ここはホテルの利用客だけでなく、ビジター利用も可能だそうなので、夜食事を終えてからバー使いしたいスポット。ちなみにレストランだけじゃなくて、プールもあるんですって。

シンガポールシンガポール

それから、カジノやエステや建築などもすごく楽しそう!この日はカジノ体験ということで、ちょっぴり勝負してみました。いままでカジノってほとんどしたことがないのですが、シンガポールに行ったらぜひ体験してみたいことのひとつ。

さて、リサーチはこの「Your Singapore」でかなりできたので、実際にフライトの手配をしてみましょう!

こちらも直接シンガポールエアラインのサイトで予約すると、、、11月5日から10日までで、シンガポールエアラインのビジネスクラス、羽田-シンガポール間だと・・・税金やサーチャージ込で・・・349,860円!約35万円でビジネスクラス体験できちゃいます!

ファーストクラスは約54万円だったので、その差約20万円ですね。

ちなみにエコノミークラスだと・・・オールインクルードで44,860円から!!!安い!思っていたよりもずいぶん安いですね。

シンガポール航空

というわけで、早速搭乗タイムです!
まずは美しいお姉さまの笑顔に迎えられて・・・いってきまーす!

シンガポール航空

おっ、わたしのシートはこちらです。うわー、こちらも広い!はっきりいってほかのエアラインのファーストクラスレベルの広さです。もちろん足も伸ばせちゃいます。

シンガポール航空

機内食ももちろん日本食は菊乃井監修の「HANAKOIREKI」が選べます。日本酒の用意もあるそうなので、空の上でも大好きな日本食が食べられるのもうれしいですよね。

シンガポール航空

実際にビジネスクラスシートをお試ししてみました!うわー、レザーシートがすごく気持ちいいです!これなら熟睡できて、翌日すぐのお仕事にも全力で取り組めそうですよねー。

シンガポールエアライン

そんなわけで、シンガポール妄想ツアーみなさんも一緒に楽しめましたか?
次は妄想でなく、本当にシンガポールの街案内をレポートしたいと思います。そんな日を夢見て、まずは今夜あたり、シンガポール料理でも食べに行きたいなぁ。うふふ。

 

Your Singaporeで妄想旅行を!(First Class編)

シンガポール

無類のアジア好き、旅行好きのほんまです、どうも!(今年はすでに世界一周でカナダ、ブラジル、南アフリカ、オーストラリア、カンボジア、そしてバンコク2回、韓国1回お出かけしてました!)ということもあってか、今回はシンガポール妄想旅行編と称して「シンガポール」旅行体験ができちゃうイベントにサイバーバズさんにお声掛けいただき、参加してまいりました!!!

実はまだ一度もシンガポールへは行ったことがないわたくし。そんなわけで、この日はドキドキ、ワクワク。

実際にシンガポールには何があるのか?やどんなことができるのか、おいしいシンガポール料理なども試食できちゃうという豪華なイベントです。はい。

シンガポールシンガポール

実は今回、シンガポール政府観光局が新しくリリースしたサイト

「Your Singapore」

のお披露目でもありました!

とにかくこのサイトがすごいのは、観光をはじめすべてのシンガポール旅行者がほしい情報をギュッと詰め込んでいること。直接ホテルの予約がこのサイトができちゃったり、自分だけの旅行の日程表がつくれちゃったり、と従来の観光情報サイトとは一線を画しているということなんです!!!

シンガポール

というわけで、実際にシンガポール旅行のシュミレーションをやってみました。まずは飛行機のチケットをYour Singaporeで検索。仮に11月5日(金)から11月10日(水)までと入力。簡単です!

シンガポール

さまざまなエアラインがずらりと並びます。ちゃんと料金順に出てくるのがえらい!便利です。

この中で、今回は「ファーストクラス」の旅なので、シンガポール航空を体験すべく、航空会社は・・・新しくなったシンガポール航空の「First Class」で、11月1日から就航される羽田-シンガポールラインを選択。

ちなみにシンガポールエアラインから直接購入すると羽田-シンガポール間、ファーストクラスで税金やサーチャージ込で・・・「538,860円」!!!約54万円でファーストクラス体験できちゃうのです。うふふー。

しかも、わたくしのメインは「スターアライアンスグループ」なのでマイレージも貯まります。ちなみにファーストクラスだと150%たまるので大体片道4,968ポイント貯まります。うっふふー。実はマイレージはコツコツためると使う機会も結構あるのでチケットを選ぶ際にはとっても重要!

同様にホテルもこのYour Singaporeで検索、予約できちゃいます。もう複数のサイトをうろうろしなくてもいいので楽チンですよーー。

シンガポール航空

というわけで、早速ファーストクラスに乗り込みましょう!!!
まずは笑顔のフライトアテンダントさんがお出迎え。ピエール・バルマンがデザインした民族衣装「サロンケバヤ」はひとつひとつオーダーメイドで作られるとか。ちなみに日本人クルーは100名ほどだそうです。

シンガポール航空

ボーイング747-400に搭載されたファースーストクラス「スカイスイート」。まずはその広さに驚愕!!!はっきりいっていままでたくさんのファーストクラスをチラ見してきましたが、こんなにゴージャスで広いシートなんて見たことありません!実はワタクシ、ずいぶん前にファーストクラスに乗ったことがあるのですがシートはたしかこの半分くらいだったような・・・。

シンガポール航空

お休みタイムはこんな感じでベッドになります。もちろん、ためしにごろごろしてみたのですが・・・これがまた信じられないくらい快適!わたし、一生ここに住めますけど・・・(笑)

シンガポール航空

そしてまたすごいのがコレ!お食事です。京都の菊乃井監修の「KYO KAISEKI」は超豪華。もちろんほかに4種類ほど用意があり、まずはシャンパーニュとサテーをいただきながらどれにするかゆっくり選べるそうです。ふむふむ。ちなみに4つのお盆がありますが、縦に線を引いて右側が夕食、左側が朝食です。

もはやここは高級旅館!!!

シンガポール航空が数々の賞に毎年輝く理由がわかりますね。妥協のないサービスと革新、そして安全性の高さ(飛行機は6年たつと新しいものに刷新されるとか)常に最新のテクノロジーで運営されています。

シンガポール航空

そんなわけで、ワタクシ、こんな感じでスカイスイートに搭乗しているイメージ。(※合成ではありません) うふふー。広さを実感していただけたでしょうか?もっとファーストクラスについて知りたい!という方はこちらのサイトでチェックしてみてくださいね。

ああー、妄想しているうちに本当にシンガポールに行きたくなってしまいました・・・。

シンガポールエアライン

というわけで、実はワタクシ、ビジネスクラス体験もしてきましたので、引き続きシンガポール妄想旅行をお届けしまーす。まだまだ続くゾ?

空港でもしぶとく、マンゴーツリー

マンゴーツリー

マンゴーツリー

マンゴーツリー

オリエンタルホテルにて

オリエンタルホテル

サヨナライツカの舞台にもなった、オリエンタルホテルにも連れて行っていただき・・・トラディショナルタイワールドを堪能。やっぱり歴史ある感じがとても好き。

オリエンタルホテル

映画もそろそろDVDが出たはずだから、チェックしてみようかな。

オリエンタルホテル

楽しいおしゃべりとおいしいカクテルでバンコクの夜はふけていくのであった。

i sawan spa at グランドハイアットエラワン

i sawan spa

無事に31歳になりましたーーー!
ぱちぱちぱちーーー。

i sawan spa

そんなわけで、一足お先にバンコクでSPAへ行ってきました。
今回のスペシャリテは「i sawan spa at グランドハイアットエラワン 」でーーーす。

i sawan spa

6つあるうちのひとつのコテージへ。
もうホテルスパで働いて10年、マッサージは20年近くやっているという担当のおねえさまは、丁寧な英語を話し、おもてなし度高し!!!

そして技術レベルも最高。激うまです。とっても気持ちよく、コリにビビビッと指が入ります。

i sawan spa

i sawan spa

やっぱり素敵だなぁ。
これは確実にリピですね。

あー、最高です!!!

 

i.sawan Residential Spa & Club, Bangkok

spa website
Grand Hyatt Erawan Bangkok

494 Rajdamri Road, Bangkok, Thailand 10330
Tel: +66 2254 1234
Fax: +66 2254 6283

 

どっぷりと、facebar。

facebar

本当に久しぶりのfacebar。
ここのエントランスが好き。

facebar

最近は欧米人のたまり場と化している模様・・・。
ここはなんだかほっとするんだよね。

facebar

お決まりのモヒートと何を食べてもおいしいデザートプレート(チーズケーキ)をいただき、至福のひととき。最近は東京にいてもバンコクにいても、なんだか暮らしているような気持ちになるから不思議。

facebar

それは慣れたともいえるし、知りすぎたともいえる気がする。
とはいえ、どこにいても幸せなのは変わらないんだけどね。ウヒヒ。

ちなみにヒットミーの視点だとこうなる・・・。
 

最終日は55ポチャナーで

55ポチャナー

最終日はトンローにある55ポチャナーへ。
ここの牡蠣と玉子とじ(オースワン)が絶品!

タイ料理にはビール!
ということで具合が悪くてもあくまでビール党はやめられません!

55ポチャナー

55ポチャナー

ヤムウンセンもオーダーしたら、意外とおなかいっぱいになり、撃沈。
パッタイも別の屋台で食べたかったのにーーー!

55ポチャナー

というわけで、カクテルとデザートを食べにまた移動です!

ちなみにヒットミーの視点だとこうなる・・・。

お気に入り屋台のバーミー

屋台のバーミー

やっぱりここのバーミー(ラーメン)もはずせません。
量が少なめなのでスタバとバーミーでちょうどいいんだよね。

やっぱりいつでもおいしい。
 

いつもの一軒家スタバにも

スタバ ランスアン

スタバ ランスアン

やっぱり出没。
ここはなんだかほっとするんだよねー。

というわけで、まったりと読書タイム。
藤沢周平はほぼ全作品読破しました!
 

ビールバー潜入!

ビールバー

バンコクでは行ったことがなかったビールバーへ。
ギネスなどが飲めてゆったりまったり大きなスクリーンでスポーツ観戦もできちゃいます。

ビールバー

わたしはヒューガルデンのクリーミーなビールにチャレンジ。
んー、おいしい。

何よりもゆっくりと飲みながら過ごす時間がしあわせよね。

ギャックふかひれでぷりっぷり

キアック ふかひれ

日本では高級すぎてなかなか食べられないふかひれちゃんに連れて行ってもらいました。
うふふ。

ふー、あつあつですぜーーー

ギァック ふかひれ

このあつあつのところにパクチーをどっさり。
絶対おいしいーーー、そしてマスタードをたらすのも重要だとか。
うー、おいちいーーー。

ギャック ふかひれ

いろいろと頼んでくれたのだけど、おなかいっぱいで全然食べられず。力がほしい!うううー。

ギャック ふかひれ

〆はあわびごはん。
うわー、あわびもおいしい!

なんだろー、この高級づくしは!!!
贅沢です。ほんとうにありがとう。

幸せでスキップしそうな夜。もちろんこれだけでは終わりません、ええ。

Wiseにお邪魔してきました!

Wise

今回の旅のメインは・・・そうです、バンコクmoca連載でお世話になっているWise編集部へのご挨拶と打ち合わせでした。

いやあ、ぶっちゃけわたくしこの日体調最悪でして、ちっとも会話にならず・・・みなさま本当に申し訳ありません!かわりにヒットミーがトークしていたのでプラスマイナスゼロということで・・・(ボコッ)

Wiseのみなさんはとても働き者で、素敵な方ばかりでした。

ユニークでアグレッシブだからこそ、タイでも働けるのね・・・と心から尊敬したほんまです。

いつも支えてくださいる編集部のみなさま、お邪魔いたしました!
それから今後ともどうぞよろしくおねがいいたしまーーす!!!

そうそう、mocaの記事は左のmoca特集でチェックできまーす。ぜひ熟読をおねがいいたします!二ヒヒ。

フードコートで

フードコートで

フードコートで

マッサージやヘアサロンへ行くといちにちがあっという間に過ぎてゆきます。
中途半端な時間のランチはフードコートが便利。

ここはお気に入りのセントラルのフードコート。
ぼーっとしながらバーミーをすすります。

でもやっぱりいつもの屋台のほうが好きかも?
約100バーツなり。

ある日の3食-絶不調編

ある日の3食

少し熱が上がったときの食事。
ぜんぶ赤。

赤いフルーツって意外とないよね?

ドラゴンフルーツとアメリカンチェリー。
これで生きていけます。

アジアはフルーツがたっぷりなのがうれしい。

久しぶりにバライコーンへ

バライコーン

体調がよろしくなかったので、とにかく寝ていればいいオイルマッサージへ。
久しぶりのバライコーン。

うーむ、ここの残念なところは訪れる度にレベルが落ちているところ。昔は好きだったんだけどなぁ・・・。でもローズの香りでもみもみしてもらい、リラックス。げほげほしながらマッサージを受けるという不思議な体験。なはは。おかげで楽になりました。

やっぱりリラックスが足りなかったのかな?

Baan Glom Gig

Baan Glom Gig

コンラッドの裏にあるGIGさんというタイのコメディアンの人が経営するタイダイニングがこちらの「Baan Glom Gig」。今回こちらに駐在する素敵なご夫婦に連れて行っていただき、デビューすることに。おふたりとも本当にありがとう。

Baan Glom Gig

とにかく広々としていて居心地がいい素敵なタイ料理。
どれもとってもおいしい。

Baan Glom Gig

これはヤムウンセン。洗練された味です。タイ料理が苦手の人でもここならいけるかと。それとフルーツのソムタムが実はわたしは好きでした。角切りのパパイヤがりんごみたいで美味。

Baan Glom Gig

この春巻き、いくらでも食べられちゃいそうですよーー。

Baan Glom Gig

チキンウイングも大好き。

Baan Glom Gig

げほげほしながらも楽しいタイの話や仕事トークで盛り上がって、幸せ。あー、本当はもっと面白いこといいたかったのに・・・猫かぶっているわけじゃなかったのに、実力を発揮できなくて本当に残念。

せっかくのデートだったのに、ごめんなさい。次回は東京で続きを楽しみにしてマース。うふふ。

サイアム・タラート

サイアムタラート

バンコクの超中心地、サイアム。
サイアムパラゴンという超巨大デパートの向かいには小さなお店がごちゃごちゃと並んでいて、ローカルな流行をキャッチするのにすごくいいのだけれど・・・なんと赤シャツ騒動でその一部が燃やされていました。あーショック!

そんなわけで、急遽サイアム通りに臨時で?タラート(市場)が出展中。

フリーマーケットな気分でうろうろできます。値段は安くないけれど、掘り出し物もありそうです。暑いので(とはいっても日本のほうが暑いけど)水分補給はお忘れなく。

 

やっぱりスタバ好き

スターバックス

スターバックス

サイアムパラゴンで結局スタバランチ。
パラゴンは終日すごい人で、近づく体力がなく・・・(笑)

お買い物&街歩きにつかれたら、お茶が鉄則です。

TO DIE FOR bangkok,

トゥダイフォー

トゥダイフォー

トゥダイフォー

 

TO DIE FOR BAR & RESTAURANT
Website

H1 Place Soi Thonglor.
Sukhumvit 55, Vadhana.
Bangkok 10110
Tel. 0-2381-4714 Fax. 0-2381-4715
E-mail : TDF1_S@yahoo.co.th
Hi5 : todieforstardog.hi5.com

Love, ビアヒマ

ビアヒマ

こちらに住む友人に連れて行ってもらったビアヒマ。
毎回バンコクに行くたびに「どこに行きたい?」には「ビアヒマ!」と答えるくらい大好きなお店。

ビアヒマ

しゃりしゃりの凍ったビールがおいしい。
ほんとうにほんとうにおいしいのダ。

ビアヒマ

それから高級なしゃこ。
日本ではちいさいものをお鮨でいただくのだけれど、バンコクでは巨大なしゃこをガーリックと一緒にあげてパリパリにしていただきます。んー、いつ食べてもおいしい!

ビアヒマ

ビアヒマ

お野菜や貝も美味なりーーー!
ここだけはいつも自分ではいけないので、連れてきていただくのだけれど、バンコクで大好きなお店のひとつ。つれてきてくれる友人にはいつも感謝です。うふふー。

Ohana Fresh CaféでFree WiFiデート

カフェOhana

スクンビット ソイ24にあるOhana Fresh Caféはオーストラリアスタイルのカフェ。
すごくまったりとできるカフェのひとつ。

特にカプチーノがおいしかったかな。

カフェOhana

店内にはなぜか木・・・これはエラワンか?(笑)
リッチなタイ人のたまり場のような状態に。
なぜか日本人の姿はあまり見かけず・・・。

うれしいFree WiFiなので、こちらでPC持参でパチパチしてゆったりお茶してすごすのは、かなりおすすめなデートコースです。

takecare で まつげパーマ

takecare まつげパーマ

ここのところ・・・(って2回目だけど)バンコクへ行くとまつげパーマをかけるのが習慣に。日本でもやっているんだけどねー。なにしろ下向きのまつげが「バービー」になるのが気持ちよくて、そして日本よりも丁寧で安いのです。るるるーん。

わたしのおなじみはBTSプロンポン駅降りてすぐのTake Care ソイ33のお店。ここはとてもきれいでそして日本語も通じますよーー。タイ語ペラペラの日本人の女性?がいるのです。

takecare まつげパーマ

TakeCareは、ネイルで有名なんです・・・こんな王女さまソファで手と足両方の施術が可能です。欧米人や日本人に人気。マニュキュアもペディキュアもたしか500バーツ(1500円)ほど。日本で考えたら相当お安いですよね。

takecare まつげパーマ

ちなみにエクステンションもやってくれます。たぶん、100本で5000円くらい。日本の半額くらいかしら?

わたしはまつげパーマ500バーツ、1500円。清潔で丁寧なのでうれしいのです。わたしは幸運にも奥の個室にて。うふふー。

これでバンコクでも「まつげだけバービー」ライフ再開です。びゅんびゅんでつけまつげしてるみたいよ?

トゥクトゥク

トゥクトゥク

幼いころのタイの記憶といえば、このバイクタクシーの「トゥクトゥク」。最近はメータータクシーが主流になってあまり見かけなくなってしまったけれど、タイのトゥクトゥクをみるとバンコクにいるんだぁーという実感がわいてくる。

ちなみに乗るときは必ず交渉しないといけないのでご注意を。できればタイ語で、できなくても英語が通じることもあります。たいていボラれますが・・・。でもまあ観光料金だと思えば・・・我慢できます。とにかく、まっ、いいかという寛大な気持ちで。マイペンライ、マイペンライ。

生暖かい風を受けながらバンコクの喧騒を楽しむのがおすすめ・・・かも?
 

グランドハイアットエラワンで朝食を。

グランドハイアットエラワン 朝食

あのまったりとできるロビーでお茶する気分で朝食を。
シルバーのカトラリーがぴかぴか輝いていてそれだけでしあわせになれちゃいます。

たいていは紅茶とたっぷりのフルーツを。
のんびーり、のんびーり。

グランドハイアットの朝食ブッフェは豪華でなんでもあって、楽しいですよー。

グランドハイアットエラワン 朝食

そうそう、えび餃子もまいうーです。
ぷりっ、ぷりっ、でつるんとしたのどごしがたまりませぬ。

グランドハイアットエラワン 朝食

天井を眺めるときれいな光が。
こういう、ゆったりとしたリズムがタイが好きな理由のひとつかも。

んー、しあわせ。
 

Shiseidoでヘアセット

グランドハイアットエラワン

実はバンコクにも数店舗、資生堂のサロンがあるのです。

バンコクではたいてい1000円前後でシャンプー&ブローをしていただけるので、よく利用しています。なんといっても、具合が悪くても座っていればいいだけなので楽チン。

自分は何もしなくてもきれいにしてもらえるのって女子にとっては幸せなことのひとつですよね?

そんなわけで、センスのいい資生堂はリッチなタイ人であふれていますが、時々間借りしてかわいくセットしてもらってます。

おすすめはサイアムパラゴンにある資生堂店舗が広くておすすめです。

カットも上手そうでしたよーー!

グランドハイアットエラワン bangkok

いつもはサービスアパート型ホテルに滞在することが多いのだけれど、今回は半分をグランドハイアット、半分をキッチン付サービスアパート(ついでにネットも使えるのです)にしてみました。

グランドハイアットエラワン

何気にグランドハイアットは初。お茶やごはんをしたことはあったのだけれど、お泊りは初めて。
グランドハイアットエラワンは、このロビーにある木が印象的ですよねー。

なんだかほっとするのが不思議。

グランドハイアットエラワン

とにかく総じてサービスが想像以上にいい、という印象。
なんだか好きになっちゃったかも。

実はこのグランドハイアット、あの赤シャツ騒ぎのときには1ヶ月休業していたとのこと。大好きなトラベルライター寺田直子さんのブログに紹介されていたので、詳しくはそちらをチェックしてみて。

グランドハイアットエラワン

室内も広々としていてまったり。
伝統的なインテリアもわたしが好きなもののひとつ。

とにかく上品で落ち着いているのね、という印象かしら。

グランドハイアットエラワン

バスルームもひろびろ。
外出している間にサッとリネン類を1日に数回取り替えてくれるのはとても感動。

いつでも綺麗でパリッとした状態で使えます。うふふー。

グランドハイアットエラワン

ベッドもすべすべでいつまでも寝ていたい気分。←実際寝てばかりいたけど。

グランドハイアットエラワン

サービスのお兄様のユニフォームもとても素敵です。
タイのあの笑顔がまた癒され度高し、なのよね。

ちなみに宿泊客に日本人はあまりいないもようで、中国や台湾からのお金持ち旅行者がとっても多いような気がしました。

 

携帯のセッティングゥー

携帯

まずは携帯の開通。 わたしはいつもプリペイドのsimとチャージを使っているので、空港の専用ブースでこのセットを購入。

199Bなので、600円くらい。
simカードを挿すだけで特別な設定はいらないので便利です。 これでぐっとバンコクライフが快適に。

本体はカルフールなどで3000円くらいから購入できますよーー。

バンコク1発目は・・・

待ちぼうけ。

深夜、バンコク入り。着陸直前からバンコクはスコールが降りだした模様。 そのせいで預けていたトランクを取り出す作業ができないとのことで、レーンの前で1時間近く待ちぼうけ。 (すでに相当お疲れ気味・・・)

こんなこと今までうん十回来ているけどここまで時間がかかったのは初めてかも。

バンコクの夜の第一印象は「思っていたよりも涼しい」。 東京よりも気温が低い感じ。 さあ、バンコクライフのはじまりです。

Air Trip by ANA

飛行機

わたしたちのほとんどの旅はANAと決めている。
日本語が通じる、ということよりもやっぱり日本人のサービスのきめ細やかさが好きだから。

海外へ行けばいくほど、日本ってすごい国だなぁといつも思う。
あのかゆいところに手が届く感や相手を尊重する力というのは真似しようと思ってすぐ出来るようなレベルじゃない。

欧米系の航空会社では「はっ?これがサービスですか?」といいたくなるようなものもあるし、合理化という名目の元でパサパサの味気ないサービスにがっかりさせられることも少なくない。席も狭いし、シートテレビも見たい映画が1本もないことも多い。

飛行機

せっかく旅行へいくなら気持ちよく旅したい。
実は飛行機に乗っている時間も結構長いし、何気ないトラブルも多い。ちょっとしたことで台無しにしたくないから、私達は可能な限りANAを利用しています。

もちろん、マイレージも貯まってお得に旅も出来るしね。ふふふ。

そんなわけで、今回もANAでAir Trip。

楽しいたびのはじまり、はじまり。

やぶ医者騒動!

こんばんは、ほんまちゃんです。

無事7時半ごろお家にたどり着き、食事をしながら家族で団欒し、メールをチェックしたり、郵便物を開けたり・・・と1週間の雑務をこなして気がついたらこんな時間。

おうまいがー!

今回の旅は、約30パーセントくらいの能力しか発揮できず・・・よってぜんぜんネットをする時間も能力もなく、ご心配をおかけいたしました。

今はもう60パーセントくらいでして、やっと人間らしさを取り戻したレベルで存在しとります。そんなわけで、期待せず・・・でもちょっと実は期待してるわ、程度で暖かく見守っていただけると嬉しいです。

というわけで、小話をおひとつ。

今回、念のため旅行前に薬を持参して供えていたワタクシ。
日ごろ風邪もひかず(バ○は風邪をひかない)、薬もほとんど飲まないというのに・・・几帳面にいただいた薬を飲み続けてました。しかし、一向によくならず・・・むしろ悪化の一方。そこで帰国2日前の深夜、暴挙にでてみました。(といいつつも、バンコクでおとなしくしているはずもなく、うろちょろしてビールもがぶがぶしていたワタクシが悪いのですが・・・)

飲み合わせが悪かったら最悪大変なことになるな・・・と思いつつも、そう、ヒットミーが持ってきていた一般薬「パブ○ン」さまに手を出したのです。

すると、次の朝・・・症状が改善されている!!!!!なぬー、医者の処方した薬よりも一般薬かよーーー!!!と絶叫。そこで、やぶ医者騒動勃発。

まあ、ドクターも完璧じゃないわけで、たまたまワタクシめがこの薬が効かない特殊体質かもしれないし・・・と思い直したものの、ふつふつと湧き上がるこのイライラ感はいったい!!!慣れないことはするな、というわけでまたひとつお勉強になりました。

あー、今月はとにかくスタートから体調が悪く、頭の回転も鈍く、相当「厄」づいている月ですが、もうこれで数年分の「厄払い」が出来たような気がするポジティブシンキングぅーなほんまでした。ほんと、健康第一だわ。みなさんも体調管理を怠りなく、ご注意を!

そんなわけで、また明日からボチボチとバンコクライフお届けいたします。

ららばい☆

See you next time!!!

おはようございます、ほんまちゃんです。

こちらはただいま朝の5時。
うー、眠いです・・・。

これから身支度して空港へ。

8時のフライトで日本に戻ります。

今回は過去最悪の体調でゆっくりレポートできなくて本当にスミマセン!

日本に戻り、体調が復活したら必ずレポートさせていただきますのでお楽しみに。

それまではHitmeでお楽しみください。

では、また東京で逢いましょう。

 

カルジェルデビュー

nail

久しぶりのブログ更新ですみません!
ほんまちゃんです。

ちょっぴり風邪の具合がよろしくなく・・・パワフル更新できずにここ数日過ごしておりました。

というわけで、少しずつですが、バンコクライフをみなさまにお届けいたします。

昨日はカルジェルデビュー。
ぬわんと、タイ航空のCAさんが趣味でやっているというカルジェルに潜入。

ものすごく上手です。

なんでもタイと日本を行き来しながらスクールに通っているとのこと。

ついには教える免許まで取ったという方で、びっくり。

すごいバイタリティです。

そんなわけで、つるつるのネイルはおてんばなわたくしめにもぴったり。

とにかく楽チンです。

 

 

生きてます

サワディーカー!

ほんまちゃんです。

やっとネットが使えるホテルに移動してネットライフ再開です。

うふふー。

まだ風邪が完璧に治っておらず、ぐずぐずですが、最高のデトックス・・・と自分に言い聞かせています。

ちなみに3泊したグランドハイアットエラワンは想像以上にサービスがよくってびっくりしました。
また次回も泊まってしまうかも・・・・。

というわけで、無事バンコクライフ、楽しんでます。

 

バンコクなう!

昨夜遅くに無事バンコクに到着!

今日は朝ごはんを食べて、両替して、まつパーし、タイマッサージ、ネイルと大忙し。

やっとカフェでお茶タイム。 夜はこちらに住む友人とごはん。

楽しんでます♥

なりた、なう

こんにちは、ほんまちゃんです。ただいま、なりたでビールなう。

これだけ聞くと代々木の「なりた」っぽいですね。これで飛行機で爆睡です。ふふふー。

ところで今日は13日の金曜日なのですよーー。だからチケットとれたのかな・・・(笑)

というわけで、無事なりたです、あー、早くバンコクに行きたいーーー!なぜかバンコクに着いたとたんバカンスモードに入るのです。

それでは、続きはバンコクからお届けします。

 

 

続・アルケッチァーノ・ライブ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ・ライブ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

いよいよ、スタート。

アルケッチァーノ

どきどき、わくわく。

アルケッチァーノでごはん。

続きはわたしの今日の晩御飯が済んでから~。

引っ張りすぎてスミマセン!(笑)

アルケッチァーノで夕食を

アルケッチァーノ

何度来ても、不思議なお店。
それがアルケッチァーノ。

アルケッチァーノ

でも今回は・・・
ぬわんとバス停ができてました。

アルケッチァーノ

そしてお隣にはカジュアルなイルケッチャーノも。
こちらではピッツァやドルチェなどがいただけます。

いよいよ山形ツアーも佳境に。
悶絶ディナーはまたのちほど。

知憩軒

心があったまるお料理を「知憩軒」にて。
まめごはんおいしかったから沢山買っちゃった。

こんどはここに泊まりにくるからねー!

知憩軒

知憩軒

知憩軒

知憩軒

知憩軒

知憩軒

完熟のさくらんぼ

さくらんぼ

超久しぶりにさくらんぼ狩りへ。
実は我が家はこの時期になるとかならずアメリカンチェリーが冷蔵庫に保管されているというくらいチェリー好き。というわけで、かなり気合まんまんで参戦してきましたーーー。

さくらんぼ

これはアメリカンチェリーみたいだけど、日本のさくらんぼで「紅○○○」って名前でした←忘れとるやんっ!
甘みが強くて、まさに和製アメチェです。農家さんいわく、ジャムにするといいんだって。いや、わたくしは生で食べるけどね。ウヒヒ。

さくらんぼ

自分の背丈くらいのところは取り尽くしたので、はしごに登っていいですか?と聞いたら、プロが取ってくれました。そのとき私は下のほうにあるさくらんぼをひたすらむしゃむしゃしてました。

本当に美味~。

しあわせ。

さくらんぼ

で、結果・・・じゃじゃーーん!
たっぷり収穫できました。むふふ。

ほとんど農薬を使っていないので、安心していただけます。みんなで分け分けして、おうちに持って帰ったのですが、その日中に完食。やっぱりチェリーは鮮度命です。

枝の上で完熟したものは、やっぱり最高。

そうそう、佐藤錦はひとつの品種だけだと実がつかないんですって。別のさくらんぼも植えないとダメで、だから貴重なんですね。

たしかに少し頂いたのですが、本当に美味しかったワ。
これからさくらんぼシーズンですので、ぜひぜひ山形のおいしいさくらんぼ、ネットでゲットしてみては?

 

真鴨くん、大活躍。

真鴨くん

庄内といえば、有名な米どころ。
車を走らせていても、あちこちに田んぼのグリーンが美しく揺れてます。

ふうー、癒されるワ。

と、そんな畑のひとつに真鴨くん発見。

真鴨くんたちは24時間、1時間休憩して15分活躍、を繰り返すらしい。ちなみに真鴨くんは、田んぼの雑草や虫などを食べてくれるそうです。稲は食べないんですって。

これ、見つけた人がすごいよね。

いやしかし、この真鴨くんを狙う輩もいて、そのために田んぼには電線が張り巡らされてます。安全って手間がかかるのね。

旅ファッションの鉄則

ほんまちゃん

いやあ、やっぱり旅はいいです!
最高です。

旅するときの鉄則は・・・シワになりづらい服を選ぶこと。
そして動きやすいこと。

そんなわけで、今回はこんな姿&メリッサのリボンレインシューズを。ゴムで出来ているからじゃぶじゃぶ洗えて便利。ベージュなので足と同化して足長効果もあり。(笑)

畑をめぐるツアーにはおすすめです!

山形農家を訪ねる、感動の再会!

山形農家を訪ねる3

さて、ラスト1件は・・・ワッツワッツファームさんです。
こちらはベビーリーフのハウス。

わたくし、ここのベビーリーフ大好きなんです。
一般的にベビーは栄養分がぎっしりつまっているといわれていて、いつも以上に必要な栄養素をとることが出来るんですね。

山形農家を訪ねる3

スーパーで買うベビーリーフはどれを食べても野菜本来の味が薄くて、残念な気分になることが多いのですが、こちらのはひとつひとつの葉の味が濃くて、ひとくち、またひとくち・・・と味に変化があるのが楽しいです。また農薬等もほぼ使用していないので、安心。

いつまでも食べ続けられます!

山形農家を訪ねる3

本当に本当にすてきな生産者のサトウコウイチさん。(今、あの人を想像したでしょ?イヒ)笑顔がとてもキュートな方です!ちなみにワッツワッツファームさんでは収穫体験もできるみたい。くわしくはお問い合わせを!

もちろん、お野菜はネッ トで購入できるのダ!おすすめは、お試しセット8種類も しくは11種類。 いろんな味が楽しめる上、送料込。ベビーリーフはサトウさんのものです。これが絶品!

わたしもお取り寄せしちゃいました!

一度おためしあれーー!

山形農家を訪ねる、その2

山形農家を訪ねる2

さて、お昼にお寿司を食べておなかも膨れたところで・・・
山形農家さんを訪ねる第二弾!

次は茄子と胡瓜。

なんと、茄子はみつばちが受粉してくれるそうで、こうして巣箱から放しています。一瞬、このハウスにいったい何百匹のみつばちが?!と恐怖におののいたのですが、全然大丈夫。

山形農家を訪ねる2

一見、どう見てもふつうの茄子なのに、これは水茄子なのです。ちなみにこちらでは普通のタイプと水茄子と両方作っているそうです。

山形農家を訪ねる2

本当に山形の農家さんはみんないいひとなんだよなぁ。
作る人によって野菜の味は変わる気がします。
いいひとから作られた野菜は、ほんとうにおいしい。
なんでもそうだけれど、人間性はとても大切ですね。

山形農家を訪ねる2

テントの前にはこんな手作りの旗も。
黒いビニール袋がはためいてます。
ちなみにこれは茄子のテントね。ニヒヒ。

山形農家を訪ねる2

次は胡瓜。
なんだかハウスの中は迷路みたいで楽しい。
童心に帰ってしまいます。

山形農家を訪ねる2

びっくりしたのが・・・胡瓜にとげがない!
うええーーー?
新鮮さが見分けられない・・・(笑)

新種のえぐみの少ないタイプの胡瓜なんだそうです。
すごいねー、知らないうちにお野菜も進化してます。

山形農家を訪ねる2

ちなみにこれは・・・つるむらさき。
生でかじってみたら、やっぱり粘り気があって、おいしい。
とれたてのつるむらさきのサラダ、おいしいんじゃないかしら、と妄想中。

ちなみに山形のこちらの生産者のお野菜もネッ トで購入できるのダ!おすすめは、お試しセット8種類もしくは11種類。いろんな味が楽しめる上、送料込。

鈴政でランチ

鈴正

さて、山形での1食目は・・・
鈴政のお寿司!

割烹&お寿司やさんのようで、あの「おくりびと」にもチラリと登場したそうです。

鈴正

想像したよりも(!)美味しくてうれしい。
やっぱりおいしいもので一気にヒートアップするほんまです、どうも。

鈴正

岩かきは天然ものなので、非常に美味。
実はいままで養殖のものしか食べていなかったようで、あのわざとらしい濃厚さが好きではなかったのです。でもこれはおいしい。

いくらでもいけそうな感じ。ムヒヒ。

山形農家を訪ねる

山形農家を訪ねる

今回の旅は生産者を訪ねながら、山形の魅力を味わい尽くす旅。
あまり農薬などは使わずに、ていねいにていねいにお野菜を作っているところを案内していただいています。
ちなみに上の写真は何か分かりますか?

山形農家を訪ねる

そうです、実はこれ、アスパラ。
にょきにょきとこうして生えてくるそうです。

山形農家を訪ねる

そしてパプリカ。
知ってました?グリーンのものは未熟で、完熟すると色づくんだって。

山形農家を訪ねる

取立てをそのままかじるとみずみずしくて美味。
本当においしいーーー!
これって最高の贅沢ですよね?

山形農家を訪ねる

東京からUターンして戻ってきたという生産者さん。とてもいい方でなんだか癒されます。ちなみにワタシよりヤングゥーです。(笑)わたしは、若い人が山形に戻って農業をがんばってらっしゃるところからおいしいお野菜を購入したいんですよね。やっぱり若いというのはとても大切なこと。

ちなみに山形のこちらの生産者のお野菜はネットで購入できるのダ!
おすすめは、お試しセット8種類もしくは11種類
いろんな味が楽しめる上、送料込。

便利な世の中ねー!
 

魚の養殖

スコールのような大雨のなか向かったのは、鮎やいわななどの魚の養殖場。

中に入ってみて思ったのは、「あれっ、釣堀のにおいだ・・・」ということでした。
 

魚の養殖

魚の養殖

魚の養殖

魚の養殖

牛渡川

この日は水温が低くて、気温が温かい日だったので「霞」がかった幻想的な風景に。

牛渡川

マイナスイオンでたっぷり深呼吸。

牛渡川

これは藻なのだけれど、グリーンが鮮やかでここを流れる水がものすごく澄んでいるのがわかります。やっぱり、お水がいいから、お米も野菜も美味しいんだろうなぁ。

牛渡川

雪解け水でできた湖はグリーンにも青にも見えます。
すごくすごく綺麗なの!

まずは・・・

庄内を案内してくださる、あの人と吹浦駅で待ち合わせ。
空港からはレンタカーでこちらの駅まで。

うわー、超レトロ。
 

 

吹浦駅

吹浦駅

吹浦駅

吹浦駅 

ひさしぶりの国内線

ひこうき

旅好きとして知られるほんまちゃんですが・・・
実は国内はあまりあちこち行ったことがないのです。

というわけで、久しぶりの羽田。

知らないうちに噂の機内サービスは有料に。
けれど、わたしはべつにこれはこれでいいのでは、と。←機内食もほぼ食べない人

サービスは0円ではありません。外国では当たり前のこと。
でもスマイルは0円であって欲しいな。

というわけで、これから山形レポお届けします。

突然ですが・・・

羽田空港

ただいま旅にでております。1年半ぶりに山形、庄内でございます。

今夜はアルケッチャーノでディナーの予定。
超たのしみ。むふふ。

というわけで、ただいまホテルにチェックインして、PCをパチパチしはじめたところ。

今朝は4時に起きて、1便の飛行機で庄内までやってきました。さて、これからバスタイムかおひるねタイムかどうしようかな・・・。

空港と飛行機と。

飛行機

さて、いよいよカンボジアレポも最後です。
ふうー、やったわん。

ということで、衝撃的なネタをご披露。

じゃじゃーーん、これチャーター機です!
って嘘です。
そんなわけないやん!

帰りのバンコクまでの飛行機。

飛行機

とにかく、小さい。飛行機に乗り込むのに、こんな低い階段ですよ?
HS-PGGという謎の文字。
たぶん、機体の種類だと思いますが。

小さいし、揺れるだろうなぁ・・・と思い覚悟を決めましたが・・・
あら、意外と揺れない!(あくまでも意外とという言葉がミソ)

快適かもー!まあ、機内は狭くて体の大きな人は窮屈そうでしたが。

飛行機

ちなみにシェムリアップではすべてが地上に到着し、階段で降りて入国審査を受けます。久しぶりに地面を歩いたわ。というか、今回はバンコクでも階段で降りて、バスで入り口まで連れて行ってもらうってことも多くて、なんか懐かしい感じでした。

 

Best Food & Note

生春巻き

カンボジアで食べて美味しかったもの。実はこの生春巻きだったかも。さっぱりとした味わいの食べ物が好きだから、薄味でヘルシーなものに反応してしまうのかしら。

モレスキン

ちなみに、ちょっと感動したこと。
アメリカから観光に来ていたガールズたちが使っていたのはモレスキン。いやーん、わたしも使っているわよ!と嬉しくなりました。最近、本当にモレスキン使っている人をよく目撃するんです。私の周りでもとても多くて。いい商品だから、一度使うとずーと使い続けちゃうんだよね。

というわけで、世界はひとつ~♪のテーマが頭を流れていたのでした。うふふー。

bodia spa [スパ/オールドマーケット]

ボディアスパ

もしも、カンボジア、アンコールワットでちょっと素敵なスパへ行きたい!という貴方、そんなときはこの「bodia spa」をおススメします。ほかと比べて施設が綺麗なのと、価格もホテルのスパと同じか少し安いくらい。そしてオールドマーケットの一角にあるので、アクセスがいいのです。