Home > タビニッキ > 日本 Archive

日本 Archive

名古屋なう!

大阪タビ日記

魯庵 名古屋

魯庵

名古屋STAYの際にお邪魔した魯庵さん、まだレポできていませんでした!
本当にほんとに素敵なお店だったので、気合を入れてレポートです。

魯庵

名古屋の中心地から歩いていける距離にあるのですが、やや住宅街なのか、レストランの周りはとっても静か。しかし、とても洗練されているので、お店を見つけられないということはないでしょうね。

魯庵

本当に隅々まで心配りがされたお皿。
まずは前菜ということで、貝と魚のカルパッチョを。

これがまた、悶絶するおいしさでして。

どれも好きだったけど、でもこの貝のカルパッチョが一番わたし好みかしら。

魯庵

ハマグリとホワイトアスパラは、口にいれたとたん、はまぐりのお出汁が口に広がって、ホワイトアスパラのしゃきしゃきとした歯ざわりと香りがまたベストマッチ!

魯庵

魯庵

フォアグラのパイ包みはパリパリで甘い。
絶妙のバランス。

魯庵

平貝のグリルはお野菜もしっかりおいしい。

全体的に火の通し具合が完璧で、名古屋にもいいお店ってあるんだなぁ・・・と感動。

ぜひ名古屋を訪れた時には再訪したいですね。

それにしても、ワインのセレクトといい、お皿のセレクトといい、完成度の高いお店でした。

IZUMI PINCHO

IZUMI PINCHO

IZUMI PINCHO

名古屋に住む友人につれていってもらった「IZUMI PINCHO」。

なんでも、泉という場所にあるレストランだから「IZUMI PINCHO」
・・・もちろん、あの方を想像しましたが何か?

わたしは「ピンチョス」とついつい勝手に"子"的なものをつけて呼んでます。お料理も不思議な串焼きがたくさんあって、楽しいです。ちょっと食べてすぐまた次の店へ・・・少しの滞在で多くの店を味わう秘密のワザです。

OSAKA 三越伊勢丹パトロール

大阪 三越伊勢丹

とにかく、びっくりするくらい広い・・・ステーションシティ。(ルクアと三越伊勢丹を総称してこう呼ぶらしい)

大阪 三越伊勢丹

関西初上陸のラッシュ!
普段、東京にいるわたしの感覚だと、もうとっくに関西に上陸しているんだろうなぁ・・・というものが実は初めてだった、ということが少なくない。

大阪 三越伊勢丹

クリスピークリームドーナツもモツロン、初。
そしてお決まりのひとひとひと!!!

大阪 三越伊勢丹

ペニンシュラブティックも入ってるなんてすごいねーーー!

大阪 三越伊勢丹

とにかく、写真をチェックしたら、食べ物系の店しか激写していない・・・というていたらく。あはは!

わざわざ東京に来なくても、大阪の食はさらにバラエティーに富んだラインナップ、ということで、大阪グルメ、ますます目が離せません!!!

メーグル!

実はこんな便利なバスがあったことを知らなかったのですが・・・たまたま徳川園から帰ろうとしたときにバス停を発見!

えええーーー、と覗いてみると、それは「メーグル」でした。

メーグル

偶然、わたしは地下鉄とバスの1日券を購入していて、ガイドブックにそれをはさんでいたので、美術館が割り引きになった(受付のお姉さんが教えてくれた)り、メーグルもそのチケットで乗れました。むふふ。

どこまでラッキー体質なんだろう、あたし。(心でありがとう、と唱えました)

メーグル

メーグルは普通のバスより綺麗なようだし、窓も大きくて名古屋の景色もよく見えます。また観光名所をルートで案内してくれるので便利!

もっと早く知ってたら、朝からこれに乗って観光したのにな。

メーグル

そんなわけで、あっという間に栄付近に到着。

快適なバスの旅でした。

Starbucks Addict !!

スターバックス 大阪

大阪でも、名古屋でも、泊まるホテルの前にはいつも、スターバックス!
こんな立地なら、朝ごはんは常にスターバックスでOK,というわたくしたち、ほんまツインズ。

なんとなく、おいしいコーヒーを簡単手軽に楽しめるから、Starbucks Addict !!しちゃうのです。

スターバックス 大阪

そんなわけで、狙っていたパン屋に振られ・・・結局はスターバックスのお世話に。

スターバックス 大阪

スターバックスでしか買えない、強めの炭酸が嬉しい、ロスバッハーのスパークリングが最近のお気に入り。これで酔える気がする・・・うふふ。

大阪三越伊勢丹:Jo Malone

長いトンネルを抜けると・・・そこは雪国だった・・・

大阪 三越伊勢丹

わけではなく、長い行列の先には入り口があり、その玄関となる初めの店舗がジョーマローンだったのだ。

大阪 三越伊勢丹

本当に入り口すぐのジョーマローンさま。
そうです、モチロン、関西初上陸。

うまれたてほやほやの店舗です。

大阪 三越伊勢丹

でも、やっぱりツウな関西ファッショニスタのみなさん、ちゃんとジョーマローンを知っていらっしゃるようでして。この日もお店はたくさんの人でにぎわっていました。

大阪 三越伊勢丹

ティーシリーズも関西用に在庫が用意されていたようで、並んでましたYO。
どうしても・・・という人は大阪でゲットできますよーー!

大阪 三越伊勢丹

というわけで、プレオープンとオープン初日、翌日の3日間、数量限定で出ているというコロンのコンバーニングセットをゲットしちゃいました。前からこれが欲しいと思っていたので、ラッキー★

これでいろいろと試してみて、気に入ったものは大きいボトルを購入しようと思ってます。

るるるーん。

551

551

551

大阪名物、いっても過言ではない、551の肉まん。なぜに大阪から戻る新幹線ではこの551の袋を下げている人がこんなに多いのでしょうか?

とかいいつつも、ワタクシメもゲット。

でも普通にお店で売っているものは、基本その日中に消費せよ、とのこと。
というわけで、誰かに差し上げるのは憚られますが・・・家族用ならいいよね?

というわけで、厳重に冷蔵庫に保管して、自宅に戻ってすぐ冷凍。そんなわけで、ただいま我が家の冷凍庫に眠ってます。明日の朝にでもいただこうかな、ムフフ。

ソース文化

大阪

おはようございまーーす!
今朝は雨でちょっぴり寒いです・・・。

しかし、大阪で激写したこの写真を見たら元気になってきました!!!

大阪はソースの文化なんですね。
これってお土産用?それとも普通なんでしょうか?

重そう(液体)なので、購入はしなかったのですが、ソース専門店とか、お好み焼きやさんで好きな大阪ソースが選べる店とか面白いかもしれません。

すでにあったらぜひ教えてください!

Odaiba さんぽ

お台場

そうか、お台場は「リゾー島」だったんだ!
というわけで、おのぼりさん状態でお台場さんぽ。

お台場

お台場

お台場

お台場

なんちゃってヌーヨークの旅

お台場のタビ

よく考えたら、お台場ツアーの記事をほとんどPOSTしていなかったほんまです、どうも。というわけで、先にこちらをUPしまーす!

実は1週間前までGWの予定がゼロだった、ワタクシ。
というのも毎年引きこもって仕事をするという過ごし方をしてますね、たいてい。ちなみに去年は世界一周していました。二ヒヒ。もうあれから1年経つのですね。

今年は震災の影響もあって、かなり空いてようだったので、思いつきで2泊ほどお台場STAYしてみました。

お台場のタビ

目の前がフジテレビ(笑)のホテルでまったりーー。
なんかホテルって楽しいよね。加湿器を持ってきてもらったり、ホテルでDVD観たり・・・、お家にいるとついつい仕事をしてしまうので、まったく気分が違うのです。

お台場のタビ 

ゆっくりバスタブに浸かってみたり、とにかく普段の何気ないことが楽しい。むふふ。

HOTEL

近いので、いつでも少ない荷物で移動できるのもいいし、いつもの電車に乗っているのに、なんか旅気分。

表参道

とかいいつつ、表参道をふらふらしたり・・・はいつも通り。なんでやねん!残念ながらランチしようと思った246+1食堂はお休みでした。また近いうちにおじゃましまーす!

けれど、なんだか楽しい1日。

徳川園&徳川美術館

徳川園

と、そんなワケで、名古屋に来たのでたまには観光でもしてみようかな、と徳川園へ。
地下鉄に乗って20分くらい?のところに最寄り駅がありまーす。

駅前は意外と閑散としている感じ。
とはいえ、この日はGWの間の平日のせいかも?

徳川園

徳川園まで歩いて10分ほどということで、お散歩してみることに。
今はつつじが旬ということで、道の脇にも大輪のつつじが!
満開です。

徳川園

いかにも日本的な塀が現れたら一安心。
とはいえ、この塀が見えてから門にたどり着くまでが結構な距離でして。

徳川園

徳川園にはレストランもあるので、しっぽりと過ごすのが楽しそうですね。

徳川園

さて、門が見えてきました。間から見えるのが美術館。徳川家のお宝がたくさん見られるはずです。どきどきどき。

徳川園

門をくぐったら、美術館です。
わたしは閉館1時間前くらいだったので、さらりとチェックしてきました。

刀などには興味がないのですが、当時の巻物や着物、お茶道具など細工系が本当に美しくて、昔もこんなに美しい職人技が生きていたのだと思うと、もしかしたら昔の方がずーと優雅な暮らしだったんじゃないかしら、と思うことがあります。

徳川園

ほうーとため息をつきつつ、次はお庭を探検いたしまーす!
徳川園探索、まだまだ続きまーーす!!!
 

セントレジス伝説のパンケーキ

セントレジス

セントレジスの名物といえば、ブラッディマリー。

ブラッディマリーの伝統は、フェルナンド・プトワがセント レジス ホテル ニューヨークのバーテンダーとして働き始めた1934年、パリで作っていたトマトジュースとウォッカのカクテルを再現した時から始まったとか。

セントレジスのパンケーキ

ちなみにフランス人シェフの作るパンケーキも有名ということで、せっかくなのでチャレンジしてみることに。ぶっちゃけ写真のパンケーキをイメージしていたのだけど、結構変わり果てた姿で登場!

こんなにシンプルだったのね。

生地からはほのかなバニラ香が。

セントレジスのパンケーキ

ティータイムにはデザートブッフェが行われているようなので、甘党のみなさま、チャレンジしてみては?

セントレジスのパンケーキ

わたしたちは、ホットケーキとおいしい紅茶を。
バターも素材が厳選されていて、美味。

セントレジスのパンケーキ

ふたりでぱくぱく、食べてしまったのでした。

ちょっぴり優雅なティータイム、ぜひセントレジスのパンケーキでどうぞ。
 

Takoyaki LOVE

大阪たこやき

大阪日記も順調に進んでおりますが・・・
何かが足りない!
というミナサマ、正解でーーーす!

大阪たこやき

そうです、これです。
たこ焼きバンザイ!

大阪たこやき

友人おすすめのなんば花月となりの「わなか」へ。
当日もずらりんと人人人!
大人気です。

大阪たこやき

結構大きめのたこ焼きが10個で500円。
ねぎなどのトッピングはひとつ50円だそうですが、あまりみんなトッピングしていなかったかも?

ちなみにソース以外にもポン酢につけて食べる「たこポン」もありましたゼ。

大阪たこやき

中はかなりトロトロ。
熱々なたこ焼き。焼いているときのたこは大きく見えたのに、実際食べると結構小さい。(笑)

地元の人に聞いたところ、たこ焼きは間食としていただくそうです。

へーーー!

セントレジス・パパラッチ

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

セントレジス

大阪ホルモンツアー

大阪 モツ鍋 新世界

そんなわけで、大阪初日のディナーはPARTY前に軽く「モツ鍋」へ。
ヒットミーの知り合いがおすすめしてくれた梅田のモツ鍋「新世界」は駅からも近いのでアクセス良。

大阪 モツ鍋 新世界

まずはビールで乾杯!
乾燥しているからこのひとくちが最高においしいのよね。

大阪 モツ鍋 新世界

店員さんはとても親切で、何も聞かないのに「モツ鍋とすじポンとレバーがおすすめです!」というので、その全部をお願いしてみることに。

本当は豚足も食べたかったけど、この日は売り切れなので、コラーゲン美女作戦はかなわず。(笑)

大阪 モツ鍋 新世界

すじは大阪でははずせない食のひとつ。
よく処理してあって、とっても美味。すっきりしてるのにこってり。

大阪 モツ鍋 新世界

レバーは甘めのタレが東京とは違っていて楽しい&おいしい。
どれもたっぷりとしていて、とてもお得に感じました。

お酒も東京に比べて3割から5割くらい安いイメージ。味はもちろん間違いなし。何でも大阪の人はハッキリしているので、まずい店はすぐつぶれるんだって。CP重視の土地柄はわたしもとっても好きでした。

いやあ、大正解。

そんなわけで、軽くご飯の大阪ホルモンツアー、大満足です!!!

新幹線にまつわるストーリー

新幹線

実はワタクシ、新幹線にかなりヒサカタぶりに乗りまして。
たいてい飛行機移動なので、新幹線のルールもわからず、チケットを購入するときに自由席があることを知ったような状態。

たぶん、駅員さんにあきれられたと思う。もしくは相当かわいいと思われたか、どちらかね。(ボコッ)

というわけで、GWだというのに直前まで予定が決まらず、チケットを手配しなかったので(新幹線のチケット、別の時間の電車に振り返られることも知らなかったのだよ・・・)結果、こだまの切符しか取れませんでした・・・。

時間が長いので、グリーン車でGOGO!

何気にグリーン車デビューでもあります。

新幹線

とりあえず、新幹線といえば駅弁とビールとおつまみ、だったので、ビールはゲット。駅弁はめぼしいものがなく、しかたなくじゃがりこをポリポリしてました。でも十分しあわせ!

そしてグリーン席、ほんと広い!

でもできれば、電源とネット環境が欲しい。

新幹線

けど、風邪をひいていたのでビールをぐびぐびして、薬を飲んだらあっという間に大阪に到着。新幹線ってやっぱりいいね!

帰りののぞみも超快適でした!ネットも電源も使えたのでかなり早く到着した感じ。まあ、名古屋大阪間は新幹線でも1時間なので、その差は大きいですが・・・。

たまには新幹線トリップもまたしようかな、と。あー、楽しかった!

TOP SHOP PARTY !!!

TOPSHOP PARTYhttp://japan.topshop.com/

初大阪にして、関西発上陸のTOPSHOPクルーズ。
そしてアフターパーリーにも呼んでいただけたので、チラリとツインズでお邪魔してきましたぜ!

TOPSHOP PARTY

こちら、大阪ではかなり有名なクラブ?らしいです。
HOTSPOTだそうです。

インテリアがまた素敵でちょっと大人で、いい感じ。
クラブぅー活動はあまり行く機会がないのですが、かわいい大阪女子をたくさんみかけました。さすがTOPSHOP!!!

TOPSHOP PARTY

TOPSHOP PARTY

ZIMAの缶だなんて初めて見たのでこちらをオーダー。こんな味だったんだ、とふたりで感動しちゃいました。ちゃんとレモンもつけてくれて嬉しい。

TOPSHOP PARTY

会場は大変な熱気!
すごい人でしょ?

私たちは運よく椅子に座ってゆったりPARTYを楽しみました。

TOPSHOP PARTY

TOPSHOP

TOPSHOPのフォトセッションではこんな写真も撮れたり。
配られた紙のサングラス、ドイツのブランドらしい。

PAPPBRILLE

おひとつ3.95 €

何かの機会にはまた使いたいかも。

ドイツ、英国、イタリアにお店がありまするー。

TOPSHOP PARTY

TOPSHOP PARTY

PARTYに行ってたまたま友人とバッタリ。
さすが、有名Fashion Blogger・・・大阪でまさか会うとは!

おそるべし、ファッションアディクト!!!

この間、伊勢丹ディスプレーで登場した、Vogue Bloggerの吹雪ちゃんきたもっち。そして真ん中の美女は吹雪ちゃんのお友達。

楽しい夜になりましたーーーー。

LUCUA OSAKA

ルクア

大阪に登場したLUCUAはおしゃれなファッションビル。
5月4日にOPENして、TVでもずいぶん放送されていたみたいだから、チェックした人も多いのでは?

ルクア

わたしたちもOPENの記念で大阪へ。

一足早く、チェケラ☆させていただきました。
ぜひ大阪へ起こしの際の参考になれば。

大阪LUCUA

というわけで張り切って、潜入!!!
OPEN初日、日中は長蛇の列ということで、閉店1時間前に滑り込む。それでもまだぜんぜん混んではいましたが、入場制限は解除されてました。作戦成功、うっしし!

大阪LUCUA TOPSHOP

どこもすごい人、人、人!
閉店時間でもこんなに人がいます。お出かけの予定の方は時間をずらすなどの対策が効果的かと。もちろんお隣は三越伊勢丹です。(同時OPEN)

大阪LUCUA TOPSHOP

当日のファッションはこんな感じ。この後、PARTYにお呼ばれしていたので、シルバーのキラキラワンピにジャケットを羽織って。BAGはボッテガですよーー。

大阪LUCUA TOPSHOP

さて、LUCUAのTOPSHOPに到着。
なにげにTOPSHOP好きなわたし。価格と流行の取り入れ方が結構好きで、重宝するアイテムのたくさん。ついついお財布もゆるゆるに。特にアクセサリー、サングラスの完成度高し!うーむ、ほしいものがたくさんありすぎ!

大阪LUCUA TOPSHOP

チラリと店内を観察してみると、TOPSHOPは関西初上陸なのと、お手ごろ価格のせいか、どんどん売れていってます!!!大阪のガールズ達にも大人気ですねーーー。

大阪LUCUA TOPSHOP

私が気に入ったのは、このワンピ。風に揺れるとラインがとてもきれいです。

大阪LUCUA TOPSHOP

あー、あれもこれも欲しいね!!!

とヒットミーと報告しあい、ブツヨクが最大限に刺激されたところで、楽しい大阪のPARTYへお出かけするのでした。つづく。

セントレジスの朝

セントレジスの朝

8:30AM、ホテルの朝はちょっとゆっくり。ベッドで、もぞもぞと睡魔との攻防を繰り広げる。そんな風にうたたねするのが好き。

セントレジスの朝

8:45AM、せっかくなので、広いバスルームでゆっくりタブに体を沈めることに。そんなときにはやっぱり、ジョーマローンさまの登場!旅行に便利なミニサイズがうれしい。

これはシャワージェル。バスタブに入れるとバスフォームにもなる優れもの。んー、優雅な時間。次は、バスタブにお湯をためている間にコーヒータイム。

セントレジスの朝

9:00AM、お部屋に備え付けてある、ネスプレッソでコーヒーを。ネスプレッソは見た目も格好いいので、ちょっとHAPPYなコーヒータイム。おめめパッチリ。

セントレジスの朝

バトラーサービスの一環で朝のドリンク(到着したときと朝のドリンクはサービスの一環でついているのです)もお願いすれば持ってきていただけるのだけれど、セルフでゆーっくりしてしまうワタシ。

9:20AM、バスタブにカラダを沈めて深呼吸。みるみるうちに目が冴えてきて、

10:00AM、外出。
朝食用のパンを購入するために近所で評判のパン屋さんへ。GWでお休み。ガッカリ。スタバで変わりに大好きなBLTサンドとスパークリングとラテを購入。

11:50AM、チェックアウト。

セントレジスの朝

素敵な時間には素敵なアイテムが必須、ということでまたまたジョーマローンをつれて帰ってしまったのでした。なはなは。

大阪滞在の拠点は・・・

セントレジス

そう、セントレジス。

せっかく1泊するので、ちょっぴり贅沢して、セントレジスにしてしまいました・・・。

ウヒ。

うら若き女子ふたり・・・
ツインズで泊まる客は珍しいらしく、すぐに覚えていただけました。ラッキー!

また詳しくレポしまーす。

ひといき。

赤福茶屋

大阪の三越伊勢丹でお買い物の間に一息。

ほっ、とします。

わたしは赤福と抹茶をお願いしました、うふふ。

今日のランチ。

鈴波

昨夜は名古屋に住む友人とヒットミーと深酒。

というわけで、ランチは何か名古屋らしいものを、と考えたのですが、オイリーなものは避けたかったので鈴波で粕漬けを食べました。

実は東京でも食べられるのですが、まあ、名古屋名物ということで。
ムフフ。

お土産も買いたかったので、松坂屋の地下の店へ。
やっぱり、粕漬けLOVEです。

名古屋トリップ!

徳川園

今日はヒットミーとは別行動。
わたしは栄付近をお散歩して、ランチして、徳川園へお邪魔してみることに。

最寄の地下鉄の駅からはバスが出ている、と聞いていたのでバスにのるつもりがタッチの差で出てしまい・・・次は1時間後。ガビーン!名古屋なのに、バスは1時間に1本なんだ・・・。というわけで、徒歩10分だったので、お散歩してみることに。

徳川園

やや不安気味に歩いていると、案内の看板が・・・。
ああ、よかった!

そして徳川園のこの塀がまたいい感じです。

徳川園

そんなわけで、唯一の観光がこの徳川園に。
美術館も併設されていたので、鑑賞してきました。

また続きはゆっくりレポしまーす。

のぞみ、チュウ。

新幹線 のぞみ

新幹線のぞみ乗車中。
名古屋から東京までは1時間半強なんですね。

近い!

運よくPCの電源がある席をゲットできたので、パチパチしてます。ネットも使えるぞー、わーい。

雪霞と寝台特急

雪霞

北海道での出来事。
空港までの電車の中で一瞬だけ降った雪。

雪霞。

駅のホーム

ちなみに駅のホームは旅情にあふれていました。
やっぱり東京とは違うのね。

いつか寝台特急で旅をするのもいいかもしれない。というわけで、調べてみたら上野から札幌までのカシオペアは片道ふたりで64,630円からだった!ひょえー、結構高い!いきなり旅情どころではなく、現実に戻されたのだった・・・。ネットって便利だけどロマンティックではないね。(笑)

N43 おしゃれな札幌のBarで

N43 札幌 Bar

札幌滞在時にみんなでお出かけしたおしゃれなバー、N43。
たしか、札幌駅からタクシーで2500円くらいかな。
わりと走ったところにあるおしゃれバーなのです。

N43 札幌 Bar

横に長いカウンターと両面ガラス張りの席。
ここからは札幌の夜景がきれいに見渡せます。

ちなみに窓に映っているのは後ろの白樺ね。

N43 札幌 Bar

ガールズにもうれしいスイートワインとケーキセットがあったり、カクテルも充実。
素敵な彼と来たいワーーー、を皆で口々に叫んでみる。

N43 札幌 Bar

彼と札幌旅行の時にはぜひぜひおでかけを。
 

N43 (エヌヨンジュウサン)
011-551-0043
北海道札幌市中央区伏見3-13-20
17:30~翌1:30
無休

meet lounge @ Cross Hotel Sapporo

meet lounge

えー、実はまだバリもバンコクもUPしたい情報があるのですが・・・まったく追いついてません。申し訳ございません。そのうち、なんでやねん!なタイミングで披露させていただきますので、ぜひぜひお楽しみに。

というわけで、札幌ネタも忘れないうちに。

旅先で入るカフェというのがわたしは異様に好き。
お茶を飲む=リラックスタイム(←ただボーっとしてるだけ)なので、その街で自分が生活していたら、なんて妄想に浸っていたりするわけなのです。それは日本でも外国でも変わらない気がするなぁ。

meet lounge @ Cross Hotel Sapporo

札幌ではスタバもタリーズもあって、ぜんぜんお茶するのには困らないんだけど、せっかくなので、オサレなホテルのカフェでハーブティーをいただいてみました。

あー、優雅。(笑)

しあわせの札幌タイムでしたー。


meet lounge

〒060-0002
北海道札幌市中央区北2条西2丁目23
011-272-0069
ウェブサイト

 

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

人はきっと、美しくなくても生きていくことはできるし、それぞれにそれぞれの幸せがあるのだと思う。別に美しくあることが幸せの絶対条件ではないし、美しくても不幸であることはあるのだろうな、と思う。

けれど、もし自分が生まれ変わったとしたら、やっぱり美しくありたいと思う。そして美しくありたい、という気持ちが美しさを作るんじゃないかな。

そういう意味でいえば、美人は作られるものなのだ。美人は努力で作られる。人は知らず知らずのうちに自分の考えていることが、体験したことがその人を作るものだから。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

美しい景色を観て、感じる。「みる・かぐ・あじわう・さわる・きく」をなめてはいけない。人は無意識に五感で感じることに影響されるもの。化粧品は味わうことは少ないだろうけど、みる、かぐ、さわる・・・そしてきく。感覚をフルに使って、自分にあったものを探す。

わたしは、昔から資生堂というブランドが好き。
というのも、この五感のバランス感覚が他社の製品と比べて抜群に高いから。

年を重ねて、本当に欲しいものしか欲しくなくなった今、それでもやっぱり欲しいと思うのは資生堂であることが多い。特にアジアをよく旅するわたしには資生堂のホワイトルーセントは以前から愛用しているアイテムのひとつである。

シンプルなパッケージに高性能な製品、どのホテルのバスルームにおいても、それは芸術のように美しく、自分が女性であることを自覚させてくれるアイテムでもある。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

先日のアジアに向けたPartyでは、世界の資生堂、を強く印象付けるイベントで、またアジア市場での絶対的信頼、ブランド力を改めて確認させていただいたのです。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

美しい会場で、美しい景色に囲まれて、美白についてだけ考える時間を持つ幸せ。

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

日本的で美しいケータリングのプレゼンテーションに

モエレ沼公園 資生堂ホワイトデー

おいしくて、可愛らしいホワイトチョコのファウンテン。
綺麗で隅々まで気が配られた「美白」三昧。

知る幸せと知った不幸。
不幸になったとしても、美しいものを求めてしまうジョシでありたいほんまでした。

もう今年は美白三昧するしかないな!
ほんまちゃんの美白貪欲美女デビューをお楽しみに。

資生堂ホワイトルーセント White Day

資生堂ホワイトルーセント

実は・・・今回の旅は、資生堂が世界に発信するブランド、資生堂ホワイトルーセントの「White Day Party」に出席するためのものでした。3月14日のホワイトデーにはわたしたち女性の「美白」についても考えることにしよう、というのがその趣旨。

資生堂ホワイトルーセント
(C)SHISEIDO

真っ白な雪に囲まれた北海道のモエレ沼公園(あの、イサムノグチが設計した)のガラスのピラミッドで行われたのです。ホワイトニングを愛するアジア女性に向けて、各国のプレスが大集合!

資生堂ホワイトルーセント

それはもう、美しくて、美しくて、感動。
そして、今一度自分の「美白」についても考える時間。

資生堂ホワイトルーセント

本当にアジアすべての国から、このPartyのために北海道に集合しているのです。美白へのあくなき追求がアジア人共通の目標であり、理想なんだ、と改めてその意識の高さを感じることができました。

資生堂ホワイトルーセント
(C)SHISEIDO

そして、アジア各国の資生堂のPRをしている栗山千明さんやチェ・ジウさん、日本に住んでいたこともあるという美女のフェラ・チェンさんとともに美白デーとよりいっそう美しい美白美肌を目指してがんばる!という宣言を一緒にしてきました。このボードにもサインしちゃったほんまです、どうも。

資生堂ホワイトルーセント

美しいアジアを代表する女優さんとかなりの至近距離でお会いしてしまいました!うわー、きゃー、美女ですぜーー!(絶叫)
日本代表として、ご招待をうけてしまうなんて、本当に光栄な機会に恵まれて、幸せものです。ウヒ。

資生堂ホワイトルーセント

というわけで、今年の初春は「美白命!」でホワイトルーセントをゲットしに走らねば!なのです。美白力の高いオンナ目指して、努力あるのみ。がんばれー、ワタシ!

ブルク BURG ベーカリー

世界や日本のあちこちに行く機会がわりと多いほんまですが、そんな昨今の副作用というのが・・・「その土地でしか味わえないものの減少」。せっかくだから、北海道でしか買えないものを買いたい!と思ったのですが、そこは資本主義日本、おいしいものはほぼ東京でも買えます。となると、おいしいお店に行く、しか選択肢はないわけですが・・・

ブルクベーカリー

今回は札幌のデパチカで発見した「ブルク BURG ベーカリー」のパンを買ってみました。

あくまでも、カンだったのですが・・・「北海道産の小麦をつかったパン」ということで、ここでしか買えないカモ?といくつか購入しました。というわけで、ここ数日はブルク BURG ベーカリーのパンをちびちびと食しています。

ブルクベーカリー

ちなみにここのパン、わたし好み。おいしい!カリカリめにトーストしていただいているのですが、昔ながらの丁寧に作られた味が好き。生地がきゅーっと詰まっている感じ。

帰ってネットで調べてみたら、本店はこんな感じのようです。ビバ、ネット!ああ、あんぱん買いたかった・・・といまさらジロー。

ドイツパンということで地元で愛されているパンやさんなのでした。

金寿司 札幌

金寿司

せっかく札幌に来たのだし、おいしいお寿司でも食べて帰らないと気が済まない!と帰る日のランチはひとり別行動とさせていただき、リサーチしてお昼でもおいしいお寿司が食べられるという地元の金寿司さんにやってきました。

ちなみに札幌駅付近からタクシーで1メーターか2メーターくらい。(1000円弱)近いです。

金寿司

わたしは11:30の開店と同時にカウンターを予約しておきました。
おいしいものを食べるコツがあるとすれば、確かな情報筋からの口コミとリサーチ力。これに尽きます。さらに予約は必須!

金寿司さんは昼・夜の区別なく通し営業をされているので、お昼でも夜と変わらないクオリティのお寿司が楽しめるそうですよー。

金寿司

時間が早いせいか、お昼のおかげか、貸切状態!
すごく丁寧に接客していただいちゃいました。

ちなみに、わたしは若い方の前の席に座ったので、その方が担当してくださいました。

あらかじめ、北海道の地元のものを食べたい、というのと貝類が好き、そして量は食べられないのでしゃりはかなり小さめにしてください、とお伝えしました。

最初の3つくらいでシャリの量の調節をしていただいて、かなりの軽量化に成功!

金寿司

というわけで、大量に北海道で取れる貝類をたっぷりいただきました。

金寿司

アワビの歯は軟骨みたいで食感がコリコリしていて面白かったですよー。

金寿司

金寿司

また蛸も物ほしそうな顔で見ていたら、おつまみで出してくださいました。蛸の香りが高くでていて、おいしかったです。

金寿司

うにも繊細でやさしい甘さと風味で本物の味。

金寿司

大助。非常に繊細な味で美味。

金寿司

そしてたらの白子ちゃん。
かるくあぶってあり、とろりととろけます。

金寿司

そしてラストはえびの頭の塩辛に、中身の入っていない細い手巻き!につけていただくお寿司を。うわー、こんな技があるのね!

というわけで、結構ほかにも食べたのですが、そのあたりは省略ということで。うふふ。

ゆっくりと堪能できる、昼寿司はかなりおすすめかも。ちなみに創業75年、今は3代目だそうです。地のものをたっぷり堪能し、大満足な北海道の旅でした。


金寿司 (きんずし)
北海道札幌市中央区北二条東7
11:30~21:20
日曜休(日・月曜祝日連休の場合、日曜営業・月曜祝日休業)
011-221-2808
 

金寿司 寿司 / バスセンター前駅苗穂駅
昼総合点★★★★ 4.0

JALよしもとTV

JALよしもとTV

こちらも噂に聞いていたJALよしもとチャンネル

残念ながらあまりゆっくりはチェックできなかったけど、 ここだけで観られる吉本らしい。

ふへー。

北海道到着、そして・・・

海鮮駅弁当

この日はまだ何も口にしていなかったので 札幌駅までの電車で駅弁。 海鮮駅弁当、とってもおいしかったです。

電車で駅弁ってなんかちょっとワクワクして いつもよりもおいしく感じるから不思議。
火の通ったうにが個人的にベストでした。好きなのよねー。うふふー。

クロスホテル CROSS HOTEL

クロスホテル 札幌

デザインホテルがここ、札幌にも。

クロスホテル CROSS HOTEL
駅からも近く、非常に便利でおしゃれ。
次回もこちらにお世話になりたい。

クロスホテル 札幌

ちなみにお部屋はこんな感じ。 ネットは有線LANのみFreeで使用できます。PCは1000円でレンタルすることも。わたしは加湿器をお借りして、ずーと焚いてました。 おかげで超快適。

クロスホテル 札幌

デザイン系ビジネスホテルという感じで、サービスもとってもGood!!! 最近はこういうホテルも出てきているのね。

ベッドもシモンズで熟睡。

クロスホテル 札幌

ロッテホテルでも感じたけれど、ここ数年でぐっとビジネスホテルのレベルは上がったよね。物価の高いといわれている日本、でもこういうビジネスホテルを上手に使うと旅はもっと自由で楽しく、そして気軽になる。

ぜひ海外の人にも紹介したいな。

と、思ったらやっぱり海外でも人気の模様・・・。

トリップアドバイザー Travelers'Choice2011の『アジア-おしゃれなホテルTop10』の6位に選ばれたそうな。うーむ、納得!

と、いうわけで・・・

札幌

ものすごーく久しぶりにこの街にやってきました!
そう、サッポロ。

今までに数回訪れているのだけど、約24時間滞在の弾丸ツアー?はもちろん初めて。今年はものすごく雪が多いらしいです。

ここはまさに中心部だけど、道路わきには雪が積もりまくり!!

今期初の雪ですぜ!いぇい!

 

 

羽田ふたたび

羽田空港

えー、またまた羽田空港です。
でも今回は・・・国内線。

これから寒いところへ出発です。

続・アルケッチァーノ・ライブ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ・ライブ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

アルケッチァーノ

いよいよ、スタート。

アルケッチァーノ

どきどき、わくわく。

アルケッチァーノでごはん。

続きはわたしの今日の晩御飯が済んでから~。

引っ張りすぎてスミマセン!(笑)

アルケッチァーノで夕食を

アルケッチァーノ

何度来ても、不思議なお店。
それがアルケッチァーノ。

アルケッチァーノ

でも今回は・・・
ぬわんとバス停ができてました。

アルケッチァーノ

そしてお隣にはカジュアルなイルケッチャーノも。
こちらではピッツァやドルチェなどがいただけます。

いよいよ山形ツアーも佳境に。
悶絶ディナーはまたのちほど。

知憩軒

心があったまるお料理を「知憩軒」にて。
まめごはんおいしかったから沢山買っちゃった。

こんどはここに泊まりにくるからねー!

知憩軒

知憩軒

知憩軒

知憩軒

知憩軒

知憩軒

完熟のさくらんぼ

さくらんぼ

超久しぶりにさくらんぼ狩りへ。
実は我が家はこの時期になるとかならずアメリカンチェリーが冷蔵庫に保管されているというくらいチェリー好き。というわけで、かなり気合まんまんで参戦してきましたーーー。

さくらんぼ

これはアメリカンチェリーみたいだけど、日本のさくらんぼで「紅○○○」って名前でした←忘れとるやんっ!
甘みが強くて、まさに和製アメチェです。農家さんいわく、ジャムにするといいんだって。いや、わたくしは生で食べるけどね。ウヒヒ。

さくらんぼ

自分の背丈くらいのところは取り尽くしたので、はしごに登っていいですか?と聞いたら、プロが取ってくれました。そのとき私は下のほうにあるさくらんぼをひたすらむしゃむしゃしてました。

本当に美味~。

しあわせ。

さくらんぼ

で、結果・・・じゃじゃーーん!
たっぷり収穫できました。むふふ。

ほとんど農薬を使っていないので、安心していただけます。みんなで分け分けして、おうちに持って帰ったのですが、その日中に完食。やっぱりチェリーは鮮度命です。

枝の上で完熟したものは、やっぱり最高。

そうそう、佐藤錦はひとつの品種だけだと実がつかないんですって。別のさくらんぼも植えないとダメで、だから貴重なんですね。

たしかに少し頂いたのですが、本当に美味しかったワ。
これからさくらんぼシーズンですので、ぜひぜひ山形のおいしいさくらんぼ、ネットでゲットしてみては?

 

真鴨くん、大活躍。

真鴨くん

庄内といえば、有名な米どころ。
車を走らせていても、あちこちに田んぼのグリーンが美しく揺れてます。

ふうー、癒されるワ。

と、そんな畑のひとつに真鴨くん発見。

真鴨くんたちは24時間、1時間休憩して15分活躍、を繰り返すらしい。ちなみに真鴨くんは、田んぼの雑草や虫などを食べてくれるそうです。稲は食べないんですって。

これ、見つけた人がすごいよね。

いやしかし、この真鴨くんを狙う輩もいて、そのために田んぼには電線が張り巡らされてます。安全って手間がかかるのね。

旅ファッションの鉄則

ほんまちゃん

いやあ、やっぱり旅はいいです!
最高です。

旅するときの鉄則は・・・シワになりづらい服を選ぶこと。
そして動きやすいこと。

そんなわけで、今回はこんな姿&メリッサのリボンレインシューズを。ゴムで出来ているからじゃぶじゃぶ洗えて便利。ベージュなので足と同化して足長効果もあり。(笑)

畑をめぐるツアーにはおすすめです!

山形農家を訪ねる、感動の再会!

山形農家を訪ねる3

さて、ラスト1件は・・・ワッツワッツファームさんです。
こちらはベビーリーフのハウス。

わたくし、ここのベビーリーフ大好きなんです。
一般的にベビーは栄養分がぎっしりつまっているといわれていて、いつも以上に必要な栄養素をとることが出来るんですね。

山形農家を訪ねる3

スーパーで買うベビーリーフはどれを食べても野菜本来の味が薄くて、残念な気分になることが多いのですが、こちらのはひとつひとつの葉の味が濃くて、ひとくち、またひとくち・・・と味に変化があるのが楽しいです。また農薬等もほぼ使用していないので、安心。

いつまでも食べ続けられます!

山形農家を訪ねる3

本当に本当にすてきな生産者のサトウコウイチさん。(今、あの人を想像したでしょ?イヒ)笑顔がとてもキュートな方です!ちなみにワッツワッツファームさんでは収穫体験もできるみたい。くわしくはお問い合わせを!

もちろん、お野菜はネッ トで購入できるのダ!おすすめは、お試しセット8種類も しくは11種類。 いろんな味が楽しめる上、送料込。ベビーリーフはサトウさんのものです。これが絶品!

わたしもお取り寄せしちゃいました!

一度おためしあれーー!

山形農家を訪ねる、その2

山形農家を訪ねる2

さて、お昼にお寿司を食べておなかも膨れたところで・・・
山形農家さんを訪ねる第二弾!

次は茄子と胡瓜。

なんと、茄子はみつばちが受粉してくれるそうで、こうして巣箱から放しています。一瞬、このハウスにいったい何百匹のみつばちが?!と恐怖におののいたのですが、全然大丈夫。

山形農家を訪ねる2

一見、どう見てもふつうの茄子なのに、これは水茄子なのです。ちなみにこちらでは普通のタイプと水茄子と両方作っているそうです。

山形農家を訪ねる2

本当に山形の農家さんはみんないいひとなんだよなぁ。
作る人によって野菜の味は変わる気がします。
いいひとから作られた野菜は、ほんとうにおいしい。
なんでもそうだけれど、人間性はとても大切ですね。

山形農家を訪ねる2

テントの前にはこんな手作りの旗も。
黒いビニール袋がはためいてます。
ちなみにこれは茄子のテントね。ニヒヒ。

山形農家を訪ねる2

次は胡瓜。
なんだかハウスの中は迷路みたいで楽しい。
童心に帰ってしまいます。

山形農家を訪ねる2

びっくりしたのが・・・胡瓜にとげがない!
うええーーー?
新鮮さが見分けられない・・・(笑)

新種のえぐみの少ないタイプの胡瓜なんだそうです。
すごいねー、知らないうちにお野菜も進化してます。

山形農家を訪ねる2

ちなみにこれは・・・つるむらさき。
生でかじってみたら、やっぱり粘り気があって、おいしい。
とれたてのつるむらさきのサラダ、おいしいんじゃないかしら、と妄想中。

ちなみに山形のこちらの生産者のお野菜もネッ トで購入できるのダ!おすすめは、お試しセット8種類もしくは11種類。いろんな味が楽しめる上、送料込。

鈴政でランチ

鈴正

さて、山形での1食目は・・・
鈴政のお寿司!

割烹&お寿司やさんのようで、あの「おくりびと」にもチラリと登場したそうです。

鈴正

想像したよりも(!)美味しくてうれしい。
やっぱりおいしいもので一気にヒートアップするほんまです、どうも。

鈴正

岩かきは天然ものなので、非常に美味。
実はいままで養殖のものしか食べていなかったようで、あのわざとらしい濃厚さが好きではなかったのです。でもこれはおいしい。

いくらでもいけそうな感じ。ムヒヒ。

山形農家を訪ねる

山形農家を訪ねる

今回の旅は生産者を訪ねながら、山形の魅力を味わい尽くす旅。
あまり農薬などは使わずに、ていねいにていねいにお野菜を作っているところを案内していただいています。
ちなみに上の写真は何か分かりますか?

山形農家を訪ねる

そうです、実はこれ、アスパラ。
にょきにょきとこうして生えてくるそうです。

山形農家を訪ねる

そしてパプリカ。
知ってました?グリーンのものは未熟で、完熟すると色づくんだって。

山形農家を訪ねる

取立てをそのままかじるとみずみずしくて美味。
本当においしいーーー!
これって最高の贅沢ですよね?

山形農家を訪ねる

東京からUターンして戻ってきたという生産者さん。とてもいい方でなんだか癒されます。ちなみにワタシよりヤングゥーです。(笑)わたしは、若い人が山形に戻って農業をがんばってらっしゃるところからおいしいお野菜を購入したいんですよね。やっぱり若いというのはとても大切なこと。

ちなみに山形のこちらの生産者のお野菜はネットで購入できるのダ!
おすすめは、お試しセット8種類もしくは11種類
いろんな味が楽しめる上、送料込。

便利な世の中ねー!
 

魚の養殖

スコールのような大雨のなか向かったのは、鮎やいわななどの魚の養殖場。

中に入ってみて思ったのは、「あれっ、釣堀のにおいだ・・・」ということでした。
 

魚の養殖

魚の養殖

魚の養殖

魚の養殖

牛渡川

この日は水温が低くて、気温が温かい日だったので「霞」がかった幻想的な風景に。

牛渡川

マイナスイオンでたっぷり深呼吸。

牛渡川

これは藻なのだけれど、グリーンが鮮やかでここを流れる水がものすごく澄んでいるのがわかります。やっぱり、お水がいいから、お米も野菜も美味しいんだろうなぁ。

牛渡川

雪解け水でできた湖はグリーンにも青にも見えます。
すごくすごく綺麗なの!

まずは・・・

庄内を案内してくださる、あの人と吹浦駅で待ち合わせ。
空港からはレンタカーでこちらの駅まで。

うわー、超レトロ。
 

 

吹浦駅

吹浦駅

吹浦駅

吹浦駅 

ひさしぶりの国内線

ひこうき

旅好きとして知られるほんまちゃんですが・・・
実は国内はあまりあちこち行ったことがないのです。

というわけで、久しぶりの羽田。

知らないうちに噂の機内サービスは有料に。
けれど、わたしはべつにこれはこれでいいのでは、と。←機内食もほぼ食べない人

サービスは0円ではありません。外国では当たり前のこと。
でもスマイルは0円であって欲しいな。

というわけで、これから山形レポお届けします。

突然ですが・・・

羽田空港

ただいま旅にでております。1年半ぶりに山形、庄内でございます。

今夜はアルケッチャーノでディナーの予定。
超たのしみ。むふふ。

というわけで、ただいまホテルにチェックインして、PCをパチパチしはじめたところ。

今朝は4時に起きて、1便の飛行機で庄内までやってきました。さて、これからバスタイムかおひるねタイムかどうしようかな・・・。

ルラシュと森林浴とおすすめスポット

というわけで、まだ書いていなかった小淵沢のレポの続きを。

小淵沢といってもピンとこないなんて方もいるのでは?ルラシュのある小淵沢は八ヶ岳南麓のひとつなので、つまり高級避暑地の「八ヶ岳」にあるのです。非常に自然豊かなマイナスイオン溢れる土地なので、森林ウォーキングなどもおすすめかも。

ルラシュ

でもまー、私の場合、ただの森林ウォーキングなどできるはずもなく・・・車でルラシュから5分ほどの位置にある「アウトレット」まで森林欲(笑)に。
あちこちに紅葉が見られ、またにんじんを目の前にぶら下げられているので、よく歩く!歩く!

ルラシュ

ちょいちょい、こんな「大自然」を満喫できたりして、これはかなりおすすめでは?

ルラシュ

そしてもちろん、これまた車で5分の位置にあるリゾナーレでお茶したり、本を物色したりハロウィンを満喫したり・・・とかなり楽しめます。
もちろん、道の駅で足湯したり、新鮮お野菜を買ってお土産にしたり・・・と観光としても存分に楽しめます。やっぱり、宿だけしかない・・・というのはドライブ旅行にはちょっとつらいですもんね。なんといっても、オンナノコは欲張りですから!(もちろん、いい意味で)

ルラシュ

綺麗に整備されたお庭を見つつ、早起きしてヨガにチャレンジしたり・・・もちろん、エステもできるし。

ルラシュ

ひやっとする気温だけど、やっぱり早起きは気持ちいい!もちろん、ヨガも目覚める感じがする。
 

ルラシュ

そして、ヨガの後はおいしいマクロビ朝食!(夕食はこっち)
玄米がゆとお野菜を蒸したもので大満足。

心も体も綺麗になれる旅でした。あー、しあわせ。

ルラシュのマクロビごはん

この間、マクロビごはんを食べて美しくなる旅をしてきたのーー!
というと、たいてい「マクロビごはんってどういうものがでるの?」と聞かれるので、遅いブランチ風にレポート。

まずは夕食。マクロビフルコースでございまーーす!

マクロビごはんマクロビごはん

マクロビごはんマクロビごはん

マクロビごはん

マクロビごはんマクロビごはん

マクロビごはん

デザートまでついてきたのにはびっくり。
ちなみにハンバーグに見えるものはお肉ではなく、穀物とたまねぎを固めて焼いたものです。確かにハンバーグ風だったなぁ。

お坊さんがお肉に似せてお肉みたいな精進料理を作って食べた、とかそういう食いしん坊な話を聞くのだけれど、それならお肉食べればいいのに・・・と思ってしまうわたくしはまったく神には近づけないのだろうと思います。なははー。逆に食べてはいけないから、なんとしてでもそれらしいものを作り出そう、というところに人間の欲深さ?を感じてしまうのでした。

これだけ食べてたら、確実にやせると思うのだけれど、やっぱり早死にしても、太ってもいいから、お肉とかお魚も食べたい・・・わたしなのでした。やっぱり人生、バランスですね?

といってるとそんな機会もないので、ルラシュにおでかけして半強制的にマクロビだけでデトックスもいいかもね。今度は判断食(ファスティング)もしてみたいんだよなぁ・・・。

ハッピーハロウィン

ハロウィン

いよいよ今週末はハロウィンですねぇ。
というわけで、ホンマニアもちょっぴりハロウィンぽく。

ハロウィン

先週末の小淵沢でリゾナーレにお出かけしたときの写真。
子供がいたりしたら、ここに連れて行って、思いっきりハロウィンを愉しませてあげたいかも・・・と考えていました。だって仮装した子供たちが超かわゆいのです!

ハロウィン

かぼちゃのランプ?もあちこちに点在。

ハロウィン

と思いきや、わりとひっそりとしているお店も。大人ですね・・・。

これで今年のハロウィンを超満喫した気分のほんまでした!
・・・簡単だな。(笑)

ルラシュでエステを。

ルラシュ 癒しの杜

実はルラシュはアルソア化粧品がオーナーのホテルなんです。
わたしはアルソアは使用したことがなかったのだけれど、せっかく来たのだからということで「フェイシャル」を受けてみることに。

アルソアは基礎化粧品として非常にシンプルなラインナップ。

ルラシュ 癒しの杜

エステは宿泊じゃなくても受けられるみたいです。ネイルやボディのメニューも豊富です!
ちなみにフットバスはこんな感じ。広々としていて素敵なのです。

ルラシュ 癒しの杜

フェイシャルは特別な機械をつかって、毛穴の汚れを綺麗さっぱり取り除きます。先日のBX銀座はリフトアップのマッサージだけれど、今回のこれは丁寧に丁寧にたまった汚れを取り除くというもの。フェイシャルでもこの二つは対極にある施術ですね。むふふ。

ルラシュ 癒しの杜

シンプルケア、ということを感じたフェイシャルでした。やっぱり化粧品会社だけあって、基本に忠実に続けることがポイント、とされているみたいでした。
もちろん、ただいま私の肌はつるつるピカピカでございます。やっぱり、たまにはフェイシャルも受けないとね!スペシャルケア、恐るべし!

ルラシュ 癒しの杜

フェイシャル後のこのお茶がかなりおいしくて、幸せ度アップ!
疲れが一気に飛んでいった週末のひとときでした。

ルラシュ 癒しの杜

ルラシュ 癒しの杜

「美しくなるツインズ旅」がテーマのタビにいってまいりました!
今回の滞在先は・・・「ルラシュ癒しの杜」でゴザイマーース。
ルラシュの売りは「マクロビ」の食事と化粧品会社が運営するホテルなので「エステ」かと。

なんといっても、食いしん坊番長のほんまちゃんが「マクロビオティック」通称「マクロビ」に初挑戦! しかもネボスケなのに早朝からヨガ。け、健康的すぎる・・・!

画面の前で「ほんまかいな?」とつぶやいた貴方、ホントです。
なんといってもテーマは「美」ですから!もっともっと美しくなる気まんまんですけど、何か?!女子は貪欲でなくっちゃ、ね。おほほ。

ルラシュ 癒しの杜

あー、いっぱい素敵な写真がありすぎて困るわ。
ということでいくつかに分けてレポしちゃいましょ!
こちらは、宿泊棟の専用ロビー。ネットもできちゃいます。無線も飛んでます。ネット・アディクトにはありがたい。

ルラシュ 癒しの杜

じじゃーーん、これがお部屋でゴザイマス。
すてきでしょ?
コンパクトで必要なものがバッチリそろっております。あー、ここで一生暮らしたい!

ルラシュ 癒しの杜

この部屋で一番のお気に入りがこのベッドです。
ホテルの部屋ってベッドの占める割合が多いですよね?だからここにこだわることがものすごく大事だとほんまは思うわけです。うん。

シモンズの最高級+すべすべの厳選されたシーツのさわり心地といったら。ヘヴンですな。離れたくなーーい!(笑)というわけで、これまた気持ちのいいガウンを羽織り、ベッドにもぐりこんで本を読んで過ごす。最高です。

ルラシュ 癒しの杜

ちなみにアメニティはこんな感じ。
これとは別に肌タイプに合わせて化粧水とパックのセットももらえます。



では次の更新はエステレポをいたしまーーす。
お楽しみにネ。

Le・さんざ・ぷりゅ vol.2

Le・さんざ・ぷりゅ

あー、久しぶりに帰ってきたなぁ、とわくわくしながら席に案内される。 ここは温かな静寂に満ちていて、とっても落ち着くのだ。(パート1はこちら)

この間、食堂かたつむりを読んでいて、思わずここを思い出したの。 その日やってくるお客様に丁寧に丁寧にお料理を出す。

そんなことが本当にできるのかって? それならぜひここにお出かけしてみて。きっとびっくりすると思うなぁ。

Le・さんざ・ぷりゅLe・さんざ・ぷりゅ

スタートは目の前の畑でとれた小豆を塩で煮たもの。小豆の香りが立っておいしい。生の小豆だからでる香りなのだそう。そしてこれまた採ったばかりの枝豆をグリルしたもの。豆の味がぎゅっと詰まっている。

Le・さんざ・ぷりゅ

いろいろなお野菜のワンプレート。華やかで美しい。
もちろん、どの野菜も個性的でおいしい。

Le・さんざ・ぷりゅ

鮎(大好物)と玄米のリゾット。
鮎のいい香りがふわりと漂う。この鮎、別嬪さんだったんだろうなぁと想像。 玄米の歯ごたえもまた素敵。

Le・さんざ・ぷりゅ

川魚のムニエル(イワナとヤマメ)。内臓の部分に入ったハーブがおいしさを引き出すのだ! たまねぎのソースはやさしい甘さで、隣に添えられたきゅうりは歯ごたえがいい。

Le・さんざ・ぷりゅ

完熟トマトの雫。
澄んだ味。これはすごいね。雑味が一切ない洗練の極み。そもそも枝で完熟になったトマトをミキサーにかけ、半日かけて雫のみにするのだ。トマトジュースもおいしかったけれど、やっぱり雫はより最高。

Le・さんざ・ぷりゅLe・さんざ・ぷりゅ

自家製ハーブのハーブティも芳醇な香りでハーブ好きにはたまらないの。うー、おいしい。胃がすっきりとする。

Le・さんざ・ぷりゅLe・さんざ・ぷりゅ

デザートには焼き桃のコンポート(!)に濃厚プリン。

悶絶するくらいおいしい。

わざわざドライブしてでも来る価値があるレストラン、だと思う。何よりもご夫妻の温かな人柄に触れると、じんわりと温かい気持ちになれるのだ。また逢いに、そしてこのお料理を味わいに来たいなぁと思う。

しあわせな食事のじかん。

 

農村の納屋レストラン 
ル・さんざ・ぷりゅ
TEL.FAX 0267-52-2080
長野県佐久市春日3256-2
完全予約制。
お休みは木曜日と水曜日の夜みたい。
電話で確認してくださいね。

Le・さんざ・ぷりゅ vol.1

ル・さんざ・ぷりゅ

のどかな畑と田んぼに囲まれた景色の中に突如浮かび上がるレストラン、「Le・さんざ・ぷりゅ」。
去年の11月末にヒットミーと共に訪れてからもう10ヶ月も過ぎてしまったのね。

ル・さんざ・ぷりゅ

温かいおもてなしと地のものを使ったお料理を出してくれる、唯一無二のレストランなのです。

ル・さんざ・ぷりゅ

ル・さんざ・ぷりゅ

本当に目の前の畑から10分前に収穫した枝豆とか、たくさんのお野菜が迎えてくれます。
可能な限りの地のもの、そして丁寧に丁寧に作られたお料理からは究極のスローライフが見られます。

ちょっぴりおすそ分けしてもらいに、わたしはいつも出かけます。

お料理は夜にでもゆっくりレポしますね。お楽しみに。
 

YUSHICAFE

YUSHICAFE

翌朝起きて、ホテルをチェックアウトして向かったのはここ。
望月の交差点すぐを入ったところにあるYUSHICAFE

ネルドリップのおいしいレギュラーコーヒーが1杯350円から500円くらい。

ご主人がていねいにていねいに入れてくれるコーヒーはなんだかほっこり。おいしいです。

YUSHICAFE

私が一番気に入ったのはここのスペース。
昔の床の間を改造したものらしい。

障子のわくが複雑で見入ってしまう。今度はこの席に座ろうかな。

YUSHICAFE

店内は広々としていて、席もたくさんある。
センスがとってもよくて、わたしはすごく好き。

今度もまた絶対お邪魔しよう、そして読書したりカフェワークしに来よう!と決めました。うふふ。

YUSHICAFE

ちょっとタイムスリップした気分、でしょ?

 

職人館でディナー

職人館

カフェ・ドゥ・モロッコでのんびりとランチを取り、またクルマでぶーんとホテルまで飛ばす。ホテルでチェックインをすませて、お風呂へ。

露天風呂に入ったり、サウナに入ったりして疲れを癒す。るるるーん、しあわせ。

そして向かうは「職人館」。このあたりでは職人館のおそばは有名なのです。夜は完全予約制。4200円のコースから。以前は昼にお邪魔したので、今日は夜デビュー。

まずはみまき豆腐を。豆の味が濃い。聞くところによると、この枝豆でできているそうだ。この枝豆は本当に味が濃くておいしい。いい香りがするの。

ぱくぱくといけちゃうのです。(わたしは大の枝豆好き)

職人館

ゆっくりとゆっくりと味わう。トマトの3種やきのこのクリームやいろいろなお皿が次々と・・・。
食べ切れません・・・。

職人館

けれどその内容は野菜を中心としたものだったので、ホテルに戻ったときには胃はすっとしていた。ご主人の北沢さんはとにかく無農薬、安全性にこだわっていて、この土地の野菜の改革を行っている先生なのです。

ご主人の出してくれるお野菜たちはどれも味が濃くてすばらしいものばかり。

最後に出てくるおそばも絶品。

またお邪魔したいなぁ。

秘密の花園 カフェ・ド・モロッコ

軽井沢の次の佐久ICを降りて、目的の場所とは反対方向へと向かう。

ちょっぴり寄り道して秘密の花園へとお出かけするのだ。冒険家のつもりで。ここは大通りに看板もなく、ここに来ると決めないとたどり着かない場所にある。それでもなんとか細い細い道を迷いながら進んでいくと、非常に地味なレストランへ到着。

しかし、ここは一歩店に足を踏み入れると別世界。モロッコなのだ。

非常に洗練されたリゾートなのである。

この日はここ最近では一番の冷え込みとなった一日。雨が降りそぞき、ここまでの道のりは多くの霧があちこちで発生した。そんなこともここを秘密の花園だと思わせるのに十分だったかもしれない。

1時間遅れでレストランに到着すると、若い女の人ふたりがわたしを温かく迎えてくれた。

カフェ・ド・モロッコ
レストランに到着して席に座るとすっと出されるお茶。グラスがモロッコに旅行した気分を味あわせてくれる。

奥にある外の席(ほとんどが外の席である)に通される。
寒いのでタオルケット使ってくださいね、とか、寒かったら中の席も空いたので移動しても大丈夫ですよ?とか細やかな気遣いがうれしい。

カフェ・ド・モロッコ
豆のスープ。あつあつでいくつもの食材がとろとろに煮込まれた複雑なハーモニーが素敵。

奥にあるモロッコグラスで出されるお茶を掌でギュウっとして暖をとる。寒いけれど、この外のひんやりとした空間で食事をいただきたかったのだ。すがすがしくて、流れている新鮮な空気。そしてボーとする時間。

いくつかあるメニューの中から、クスクスをオーダー。2100円。

そしてやってきたのはこの豆のスープ。実に丁寧に作られた複雑な味のするスープ。ぬわんとオレンジを絞っていただく。レモンに比べて酸味がやわらかいのと若干の甘みがスープにマッチするようだった。すごいアイディア。何よりも柑橘系のフレッシュな香りがまたファービュラス!なのだ。

カフェ・ド・モロッコ

じじゃーーん!登場!これがカフェ・ド・モロッコのクスクス。
たくさんのごろごろっとした野菜とチキンとそしてクスクス。クスクスはパスタなんですよ?知ってた?ご飯のようにかなり細かいパスタ。日本人的にはパスタというよりもシチューみたいだと思うんじゃないかしら。

にんじん、だいこん、キャベツ、かぼちゃ、そしてチキンなどがエレガントでスパイシーなソースで丁寧に煮込まれている。モロッコ料理はヨーロッパとアラブとアフリカ、そしてアジアのすべての文化がミックスされているようだった。非常に複雑なハーモニーを感じるの。おいしい!そしてやさしい味!エキゾチック!

具材がとにかく大きくてインパクトがあるのがグー!そして基本的にはスパイスを効かせたやさしい味に唐辛子のペーストを入れるとグッと味が変化する。パクチーも好き。

カフェ・ド・モロッコ
最後に出していただいたブルーベリーティー。これが不思議でおいしい。お盆もエキゾチックで素敵なの。

お茶を頂きながら、外の景観を眺める。たくさんのグリーンと田畑が広がる。ここは日本じゃないみたいよ?

カフェ・ド・モロッコ
バリ風?のリゾートな外の席は非常に洗練されていて素敵。ゆったりとできる空間。

ここは佐久から少し軽井沢方面に行った「御代田」というところにある。「軽井沢追分」というひともいるみたいだけれど。国道80号線沿いにロッジレストラン「NORO」という看板が小さくある。それを目標にしてまずは目指すといいかもしれない。この「NORO」を通り越してさらに30mくらい進むと、それが秘密の花園である。

カフェ・ド・モロッコ
お手洗いはこんな感じでかわいいでしょう?

お会計をするときに・・・外国の方ですか?と聞かれる。モロッコに住んでいてもおかしくない顔立ちのようだ。シェフからお墨付きをもらう。(笑)
こんな風にモロッコにショートトリップすると思わず現地に行きたくなるから危険ね。そもそもモロッコは行ってみたいとおもっていた国のひとつだし。

カフェ・ド・モロッコ
スリッパはバブーシュ。この日は全身黒(ワンピース+トレンカ+カシミアカーデ)だったので真っ赤なものをチョイス(勝手に)

ぜひ軽井沢&佐久方面にお出かけの際は出かけてみてね。ちなみに車がないとたどり着けないので、あしからず・・・。

 

地下都市

地下街

 博多の天神を歩いて思った。博多は地下都市なのだ。

地下にはいくつものお店があり、必要最低限の法則性とデザイン性を持ち合わせて、その空間にさまざまな形態のお店が並ぶ。ここに来ればデパートに行かなくても何でも揃う。そういう便利な都市なのだった。

地下街

すごく面白いし、住みやすいだろうなぁと。
もしかして、東京を知っていたら飽きるかもしれないけれど。(笑)

意外と暗い照明がとてもいい感じだなあ。故郷のないわたしにはまぶしく感じられた。暗いのにまぶしいだなんてちょっぴりおかしいけれど。

人もみな温かくて、感じがよくて、素敵なところでした。ウヒヒ。

ぜひ博多へお越しの際にはチェックしてみてね。

おとなの社会科見学-アサヒビール博多

生まれて初めて、ビール工場見学へ行ってきました。博多で。(笑)

以前、ウイスキーの工場見学へ行ったときも楽しかったのだけど、今回のビールもなかなか面白かった。機械が次々と動いていく姿はとても美しかったし、またこんな機械を開発する人ってすごいなぁと。今や人じゃなくて機械がモノを作っているのだ、ということを実感させられました。うん。

ビール工場

ビール工場

ビール工場

ビール工場

ひとり3杯までのビール試飲はちょっと笑ったけど、たのしい。
これこそ大人の社会科見学。
ちなみに1杯半くらいしか飲めなかったけどね。
この写真は普通のビールとハーフ&ハーフ、黒ビールです。
ハーフ&ハーフがなかなかおいしいと思ったよー。

ビール工場

楽しい。かなり面白い初体験でした。うふ。

安吉(博多/鮨)

わたしの博多旅行の目的はおいしいものをたっぷりと食べること。
・・・いつもどおりか(-_-:)

博多には過去2回ほどお出かけしたことがあるのだけれど、どれもとても素敵な知人が案内をしてくれたために博多知識ゼロ。今回は年末の忙しい時期なので、知人には秘密でやってきました。ウヒヒ。なんだか申し訳なくて。

安吉 鮨

そんなわけで、メインイベントパート1、博多にあるおすし屋さん「安吉」にお出かけしてきました。とにかく、すばらしい!とてもとても感動してしまいました。わたしにとっては今年最後のお鮨なので素敵なお店とお料理で嬉しかったなぁ。 ちなみにお鮨はすぐにいただくので激写なしです。うっしし。いろいろなものを少しずつは、すし匠スタイルでわたしが最も愛するものなのです。

安吉 鮨

おいしいものをいただくのは経験値アップと本物に触れること、そしてシアワセに生きていくために欠かせないことのひとつ。特にお鮨は決して安くはないのだけれど、一生愛するジャンルと決めている。

安吉 鮨

 ちなみにこれはぼらの精巣だそうです。はじめていただきました。
九州はとても魚がおいしくて、単純に素材が豊富であること、そしてそこにすばらしい仕事が加わると無敵なんだなぁと。和食好きにはたまらない豊かな土地柄ですね。

安吉 鮨

博多へお邪魔した際には絶対に行くべきお店です。

 hommania+grumet

ただいまー

はかた

久しぶりの博多へ。
金曜日、土曜日、日曜日と堪能してきました。

明日からレポートするとして。

まずはとても楽しかった気持ちと報告を兼ねて。

[山形・庄内レポ] アルケッチァーノ

さて、そろそろ「アルケッチァーノ」を。

山形のイタリアンがどうしてここまで有名になったのか・・・?
が知りたくてここまで来ちゃいました。

ale_01.jpg

行ってみて驚いたのはその外観!
間違いなく、知らなかったらスルーしてしまいます。(ごめんなさい)

ale_02.jpg

家庭的ですごく温かそうなレストランです。
ここからどんな独創的なお料理が出てくるのか・・・わくわくしています。

ale_03.jpg

今回は総勢14名でお出かけという、大人の旅行だったのですが、みんなとっても素敵な人ばかりで、心から楽しむことが出来ました。本当にステキな旅にお誘いくださってありがとうございます。ウヒヒ。

では、特に好きだったお皿をUPしてみました。
おそらく、全部で12皿以上はあったような気がするのですが・・・。

前評判では素材をそのまま生かしたお料理でシンプルに味わう、と聞いていたのですが、実は「素材ドーン!」なんてモノよりももっと繊細で、素材と素材が交じり合うようなお皿がわたしは好きでした。とはいっても、シンプル+シンプル=複雑なのだけど。結局シンプルであることにはかわりないかも・・・。うーむ。

ale_04.jpg

葡萄の入ったカルパッチョのハーモニーはとてもすばらしかった。野菜やフルーツが新鮮でとても香りがあるのでうまくコントロールできるとこんな感じになるのだーー、と。

それから、カブの葉とのどぐろのお皿もすごく絶妙なバランス。おいしい。

ale_05.jpg

トマトの甘さと自家製チーズの濃厚でフレッシュ、シンプルな味のパスタはいくらでもたべられそうな気がしたし、そもそもひとつひとつがおいしい。で、それらがあわされるとさらにおいしい。

ale_06.jpg

カブのピッツァは、とれたてで辛味の強いこの地方のカブの個性がうすくてパリパリの生地とバッチリ。
これ、毎日ワインのおつまみとして食べたい。

しいていえば、いくつかのお皿が少し生寄りだった気がしたの。あと少し火を通せば、この生感は生かされるのに、火の通しが甘いためにクサミが出てしまっていたかも。もしくは、下処理?そしてそれが全体の味のバランスを壊していた。でもこんなお皿があったおかげで、個性の強いお料理の危うさ、難しさを感じることが出来たの。これはパクるのは難しい!(笑)
お弟子さんは苦労するでしょう・・・。

それにしても、すごい量。今回はおまかせでお願いしたので、余すところなくです。
わたしは残念ながら少しずつ残してしまいました。うえーん。
前日は3時間しか寝ていなかったからかしら。後はきっとタイミングかな。食べるペースが難しかったの。
久しぶりにミスしたかも・・・。(笑)

食べたいけど、食べたいけど、この先に何が出てくるか分からないから調整できないーーー。

もう一度行ったら、今度はアラカルトでよさそうなものを狙い撃ちしよう・・・。
と心に決めたりしたのでした。

ちなみに隣にはカフェも出来ていて、そこでは気軽にパスタやデザートがいただけます。
とてもよさそうでしたよーー。

[山形・庄内レポ] ワッツワッツファーム

次はワッツワッツファームさんへ。

とってもとっても温かいファミリーで真剣に、まっすぐに農業に取り組んでいる姿勢がわたしにはとても新鮮でまぶしく写ったのでした。品がよくて、本当にステキな人たち。
わたしはその人の顔をみればおいしいものが創れるかどうかかわかるの。ピンッて来る。(笑)

yama_kabu01.jpg

光に照らされた野菜たちがすごく綺麗だったのはたくさんの愛情を受けて、すくすくと育ったせいかな、と。

yama_akakabu01.jpg

以前から、たくさんのニュースで農業が危ない、とか農業がビジネスとして危うくなっているということは知っていたけど、直接農家の人から「国の言うとおりに農業をしていては生きてはいけない」という話を聞いてやっぱりショックだったの。どうしてそんなしくみがまかり通っているんだろうって。しかもそれは国がやっていることなのに。
食べることは生きることなのに、それが軽く見られている気がして仕方がない。

yama_sato02.jpg

ビジネスとして成功しなければ、それは続けることが出来ないと思う。
続けることが出来なければ、失ってしまう。滅びてしまう。それが現実。そもそも国の言うとおりにしていれば生きていけるということ自体おかしな話なのだ。やっぱりきちんと自分の頭で物事を考えないと。その大切さを感じていたりしたの。

yama_sato01.jpg

正直者がバカをみる世の中なんて絶対におかしいと思う。
いいものを創るひとは、それをうまく表現して、きちんとユーザーに伝えていかなくてはいけないって。
そして、そういう個性的な商材を持っていてかつ地方にとって一番の見方はインターネットなんだと思う。

インターネットは年寄りと地方の人にとって一番恵みをもたらすとわたしは信じている。
その信念は今でも変わっていない。
田舎にいることの一番の恐怖は情報の伝達速度が遅いこと。
でもインターネットがあればそれはある程度カバーできるし、またコミュニケーションもカバーしてくれる。
違いが価値を生むのがインターネットの最も優位なところだと思う。

いいものをつくって、それを適正価格で販売する。

ベイビーリーフシリーズなんてどうかしら。
野菜って小さい頃は柔らかくておいしいでしょう?
だからそれをベイビーシリーズとして販売するの。鍋にしても、サラダにしてもいいし。
新鮮とれたて野菜をその日に宅急便で送れば、きっとその貴重価値はあるのではないかなぁ。
珍しいだけでなく、本当においしいものは絶対リピートされる。
リピートが物販にとっては大切なことだから。そういう商品をつくったらいいのではないかしら。

サイトで料理の紹介をしたり、そこの野菜でお料理を出してくれる店を紹介したり・・・。
どんなことを考えて毎日育てているか、とかブランディングを、個性をきちんとだせばまだまだ可能性はあるよね。

そういうことのお手伝いが将来もしかしたら自分には出来るのかもしれないなぁと考えてみたりした。

事実、父の経営する観光業の50%以上の予約はインターネット経由なのだ。
本当に欲しいと思っている人にいいものを届けることさえできれば、もっともっと日本の農業は変わるかもしれない・・・と思ったのでした。

幸福感と幸運

なんとなく、庄内レポがただ単に出来事を書き記したメモみたいになってしまい、つまらなさを感じてしまったので、ここで大きく進め方を変えてみよう、と今この記事を書いている。
どうか、うまく行きますように・・・。

今回の旅の目的は「アルケッチャーノ」へいくこと。
そして山形を知ること。
新しい出逢いを楽しむこと。
一緒に旅をする人とたくさんの話をすること。

わたしはプロではないし、正確な味覚に自信があるかといわれれば正直良く分からない。
だけど自分がおいしいと感じることは分かるし、好きか嫌いか、幸せを感じるかどうかは分かる。

誰がなんと言おうと好きなものは好き。おいしいものはおいしいし、何より、食べることは自分自身を幸福にすることだと思う。

幸福には知識は要らない。ただ感じるだけ。
おいしいと感じて、幸せだなぁと思えれば、実は合格なんじゃないかしら。
ワインだってそう。プロじゃないんだから知らなくてもいいことはたくさんある。
でも、それをおいしいと感じるかどうかは絶対に必要な感覚なのだ。

わたしは、若い女の子が料理についてうんちくを語っている姿って見苦しいんじゃないかって思うの。ただ一方でおいしいしか表現できないのもまた見苦しい。
分かっているけれど、口には出さない。そういう美しさってあるんじゃないかしら。

とはいっても、実のところ「おいしい」って心からそう思って幸福そうにしていたほうがよっぽど伝わるし、ただしい食との向き合い方のような気がする。(でもどうしておいしいのか、と考えることは大切だし、その理由は知りたいと思うことは素敵よね。そんなときはプロに聞きましょう、そしてその知識を増やしていけばいいのだと思う)

おいしいお店との出逢いは幸運が必要だし、おいしいお店を知っている人との出逢いもまた幸運なんだと思う。

[山形・庄内レポ] 庄内の野菜

今週は庄内のタビレポとして少しずつタビレポをUPしていきます。
ぜひお楽しみに。

庄内野菜 元青果
さんは楽天でお店を持っているらしいので、庄内野菜を手に入れたい人にはぴったりです。
ほんまちゃんも利用しようーーっと。

yama_zuiki01.jpg

赤葱の次は「ずいき芋」なるお野菜を見学。初めてみる野菜に???マークでいっぱいのほんまちゃん。

yama_zuiki02.jpg

根の部分の芋は煮物などに。茎の部分は乾燥させたりして味噌汁などにいれて食べる野菜。
ここでしか取れないもののようです。また、この農家では水栽培だけど、畑でもとれるらしい。

yama_zuiki03.jpg

到着したら、実際に食べてみて欲しい、と味噌汁が用意されていたりして、とてもありがたいなぁと思った。それだけ農業とちゃんと向き合っているってことだもの。すごいなぁ。わたしもちゃんと聞かなくちゃ、と気合が入る。

yama_shiitake01.jpg

ずいきの次はしいたけ。
このしいたけは香りが強くて、美味。おいしい。

yama_asupara01.jpg

これは何かわかりますか?
わたしね、全然想像できなかったの。

・・・・実はこれ、アスパラなんです。
根元にたけのこみたいにニョキニョキアスパラが生えてきます。

yama_papurika01.jpg

それでもって、フルーツみたいに甘くておいしい、パプリカ。
生のままもいでかじったのだけど、ジューシーでおいしい。
こんなにおいしいパプリカ初めて。

いくらでもおかわりできそう。(笑)

yama_nasu01.jpg

そしてなす。しっかりとしていて、艶があるのだ。
山形の野菜は美人が多いなぁ、というのが大きな印象。
とても綺麗な色をしていて、育ちのよさが伝わってくる。

こんなに大好きな野菜に囲まれることって今までなかったから、余計に嬉しいの。
貴重な体験をさせてもらいました。

今度は山形の野菜を使ってお料理してみたいなぁ。

[山形・庄内レポ] 赤葱の畑

山形、庄内にておいしいものをめぐる旅にに参加させていただく。
庄内というのは自然の宝庫で、海のもの、山のものが同時に取れるのだそうだ。
お水もおいしくて、野菜も独特の味だということ。

山形が東北だということすら知らなかったよ・・・。
そういえば、昔一緒に働いていた、ものすごく尊敬している上司は山形出身だといっていたなぁ。

庄内へは飛行機で。たった45分で到着。
飛行機ってすごいな・・・。

庄内空港でメンバーの紹介。よかった、同い年くらいの美人さんがたくさん。
実は人見知りなので・・・ちょっとほっとしたのでした。
すごくステキそうな方たちばかりでますます楽しみになってます。ウヒヒ。

yama_akanegi01.jpg

というわけで、現地ではコーディネーターさんに本当に丁寧にあちこちに案内していただいたの。
まずは赤葱の畑。農家で実際に作っている人が説明してくださるのダ。
スペシャルすぎます。

外側が赤いこの葱はポリフェノールたっぷりでとても健康にいいらしい。ちなみに生で食べると辛いそうです。火を通して食べると辛味成分がなくなって、甘さがでてきます。(→アルケッチャーノでよく使われます)
庄内野菜といって、この地域でしか取れないものなのだそうです。

yama_akanegi02.jpg

ちなみに、東京のデパートでも買えるらしいので、ぜひ。

おはようございまーす!

昨日の夜はアルケッチャーノで庄内のおいしいものを頂いてきました。レポはのちほど。 今日も楽しい一日になりそうです。

野菜見学

すごくいい天気です!

久しぶり。

久しぶりの早起き。
久しぶりの旅行。

yama_01.jpg

羽田に向かうモノレールから綺麗な朝日を眺めて、ひとりわくわくしてしまった。

たくさんの発見がありそうで、たくさんの出逢いがありそうで、すごくいい経験になりそうです。
こんなドキドキ感がとても嬉しい。

キュウシュウの旅-味美 [中洲/割烹/博多]

最終日の夕方、博多の中洲にある味美さんへいってきました。
飛行機が7時半くらいだから短時間でパパパっといただきました。
のれんの感じからいて美味しそうなオーラが漂っています。

ajimi10.jpg

暑い日だったのでまずはビール。くーぅ、おいちい。
先付けも繊細できちんとしたお味。京都で修行された?ご主人らしく、生麩がとてもおいしかった。

ajimi02.jpg

そしてそしてそして、秋の味覚まつたけさまと鱧の土瓶蒸し。(鱧入っていたか、記憶があいまい・・・(^∀^;)
今年初松茸でした。今はまだ中国産しか出回っていないらしいのですが、はごたえといい、ほのかな香りといい、とても美味しかったです。ハツモノっていいですね!

ajimi03.jpg

こちらは鱧と季節のお魚のお刺身。梅酢のソースと鱧が最高でした。
本当にこちらの魚貝はおいしい。

ajimi04.jpg

そろそろ酔ってきた証、写真を撮る前にたべちゃいました。
川魚の塩焼き。んーまい。

ajimi05.jpg

こちらは野菜のジュレ。さっぱりとしていて、つるんっとした食感。いくらがアクセント。

ajimi06.jpg

こちらは小鍋。うれしい。特に火鉢が気に入りました。ウサギの絵でかわいいのだ。鳥獣絵巻?風のイラストでした。ヒヒヒ。

ajimi07.jpg

そしてそしてそして、これはくじらのさえずり。
さえずり=あごだとずーと思っていたのだけど、舌なのだそう。
勘違いしてました。
さえずりが最高に脂がのっていて、おつまみに最高。
くじらってやっぱりおいしいのね。カンゲキ!

ajimi08.jpg

締めはちりめんゴハンに赤だし。んー、日本人でよかったぁ。
ごはんものをいただくとほっとします。

帰りには味見特製の牛飯弁当をいただきました。
この牛飯弁当、空港の5番ゲート近くのANAの売店で売っているらしいです。
帰ってきて、頂いたのですが、激うま。
ご飯に牛煮、そして卵の黄身が!癖になります。
ほかにも、ちりめん山椒やうなぎ茶漬けうに明太、珈琲黒豆の瓶詰めなどおとりよせできそうなので、興味のある方は調べてみてね。

ajimi09.jpg

割烹 味美
〒810-0801
福岡市博多区中洲4-1-10
第2きよたけビル1F
TEL/FAX:092-262-0381
営業時間:夕方5時~
定休日:日曜日

コース:
5千円~1万3千円
(季節によって変わります)

キュウシュウの旅-ハウステンボスライン編

このままだと今週中にレポートが終わらないのでちょっとだけ多めに更新。
あと、クルージング編と味見編が残ってます。お楽しみに。

ngsk01.jpg

いよいよ今日は最終日。
ハウステンボス駅から博多へ向かいます。

ngsk02.jpg

正直、ハウステンボス情報がなかったほんまちゃん。
でも思っていたよりもすごいリゾート。
こういうテーマパーク系ではいちばんディズニーに近いのではないかしら。
徹底した世界観を作り出しています。

ngsk03.jpg

ちなみに、博多までいく電車は1時間に一本。
東京の感覚からしたら驚き。
でもこれもまた旅の楽しみかも。
乗ってしまえば1.5時間くらいだし、意外に近いのね。

そして、電車も可愛かった。

博多までは2500円くらいだったような・・・。

キュウシュウの旅-ホテルヨーロッパ編

今回の宿泊はホテルヨーロッパ。
ハウステンボスの中でも一番いいホテルでございます。パチパチパチ。

he03.jpg

キャリーを積む姿を見ると旅にでているんだなーという実感が・・・。
あいちゃんのキャリー、本当に可愛かった!

he01.jpg

しかも、今回のお部屋は・・・案内してくれた方が電話をしてくださって、アップグレードされてました。
・・・それもかなりいいお部屋に。
ひ、広い。ヒィィ。だってこれ、普通の2倍あるよ。洗面所も2つあるし。
ありがとうございます。な、泣きそう!

he04.jpg

he05.jpg

レトロな感じが素敵でしょ。

he06.jpg

ドアを開けるとまたドアが・・・そこから部屋の中を見るとこんな感じ。

he09.jpg

ピカピカで可愛いバスルーム。ちょっとかわいらしい感じ。
わたしにぴったり。にんまり。(抗議は受け付けません!)

he07.jpg

he08.jpg

そんなわけで、お部屋でワインをのんでみたり。
朝早くに半身浴したり。広いバスタブの横にシャワーブースまであって
快適なホテルライフでした。

とかいいつつ、この日の夜、わたしはあいちゃんを放って、ひとりでむにゃむにゃ夢の世界へ行っていたのでした。

あいちゃん、ごめんね。ウヒヒ。
ほんと、ほんまちゃんは仕方ありません。

キュウシュウの旅-ホテルヨーロッパ・メインダイニング編

he02.jpg

誕生日のディナーはホテル・ヨーロッパのメインダイニングでフレンチを堪能。
まずはシャンパーニュで乾杯。
あいちゃん、ほんとうにありがとう。

hd01.jpg

前菜にはスモークサーモン。これが味が濃くておいしい。
スモーク系が大好きなほんまとしてはかなりカンゲキ。

hd02.jpg

パテ。これまたさっぱりとしていてグー。
パテという存在自体が大好きなのです。お酢の効いた夏野菜ピクルスがアクセントにバッチリ。

hd03.jpg

ミネストローネにクリーム。あつあつで素材の味が出てます。

hd04.jpg

お魚。皮はパリッと中身はジューシー。

hd05.jpg

そしてお肉。お肉はレア~ミディアムレア派です。これがまたとろけるのぅ。幸せってあるね。

hd06.jpg

そしてそしてワゴンのデザート。
すごい量です。

全部ひとくちずつ食べたくて、わがままをいってみたり。
でもって、デザートの時にあいこんぐ嬢が仕込みしてくれて、バースディープレートも一緒にやってきた。
もー、あいこんぐ嬢ったら・・・。完璧です。うるうるうるうる・・・・。
そしてそして、そして!
ぬわんとお誕生日にティファニーのボールペンを頂いてしまったの。
一緒に過ごしてくれるだけでも女神のように後光が差して見えるのに・・・。
危うく、まちがいをおこしそうに・・・・なりませんでしたけどね。ハハハ。

そんなわけで、誕生日のディナーは美味しくて幸せなひとときでした。
ホテルのダイニングってやっぱり特別な気がする。

27歳もがんばります!!!

・・・できるだけ。(笑)

キュウシュウの旅-博多編

cu01.jpg

えーっと、行ってきちゃいました、九州。

土曜日の朝8時発だったので朝からバタバタバタ・・・な旅のはじまりです。
うしし。

たまたま休みが取れそうなのが誕生日付近だったので、大親友のあいこんぐ嬢と遅めの夏休みです。(しかも初めて誕生日割引を使えたの、カンゲキ)
海外に行くには日数が少ない・・・というわけで、ずーと行きたかった九州へ。

スターフライヤーの時にお世話になったY様アテンドで今回も充実した旅でした。

まずはギリギリ?飛行機に乗り込み、Jクラスでまったり博多まで。
やっぱりJクラス最高です。全然疲れないし、らくちんです。
今回は沖縄に続き2回目。

ほんま家はずーと前からANAがメインカードなのに、なぜかJALにのってしまうほんまちゃんでした。

そんなわけで、あっという間に博多に到着。
想像以上にはやいよ、キュウシュウ。

しかも博多は空港と駅がすんごく近いので便利。
素敵です。

まずはマリーナでジェットバイク。バナナボートに乗せていただきました。
見事にひっくり返ってびっしょり。あははは!
これ、たのしい。きゃっきゃっきゃっ。

ha02.jpg

そんなスポーツの後は・・・(←たいしてやっていないけど)
ビール。お昼に飲むビールってどうしてこんなにおいしいのかしらん。
海には相当久しぶりにきました。えっ、水着?
とてもおみせできまへん。Tシャツ短パン姿で大サービスです。(何が?Σ(´Д`;)

ha06.jpg

ランチは近くの島へボートで移動。総勢20名だったので3つのボートで移動。
ぶーーんっっ。あっという間です。
ボート?(正式名称と区別がつかないので)って格好いいね。そして大きいのから小さいのまでいろいろあるのね。今回で全て経験させていただきました。ありがとうございます。にんまり。

もちろん、ボートで島に上陸。ボートでランチにいくんですよ、奥さん。
すごい。すごすぎる。格好いい!

ha03.jpg

海の幸たっぷり。ビールとか焼酎も一緒に。おいちい。
やっぱりキュウシュウは魚がおいしい。

ha04.jpg

締めにうどん。これもまたさっぱりとしていてうれしい。
食べすぎ?否定できない・・・。~( ̄ε ̄;)

ha05.jpg

帰りはわがままをいって、ジェットバイクの一番後ろに。
3人乗りなんだけど、真ん中は意外に怖くないと聞いていたのでチャレンジャーほんまとしては後ろでしょう。
実はジェットバイクの臨場感とスピード感が一番好きだったりする。
ガタガタ揺れる感じとか。最高です。そして水って結構重いのね。
そして当たり前だけど、海の水はしょっぱい!

そんなわけで、博多ではマリーナで海遊び。

本当にたのしかったぁ。

最後に告知。
これから今週いっぱいはキュウシュウ特集をボチボチお届けします。
お楽しみに☆

キャンプ

キャンプにきてます!うえーん、虫除けスプレーをしまくってるのにあちこち刺されて腫れてます。気を取り直して誰かのハンモックを占領してお昼寝しちゃおう。ウヒ。

出発!

それではそろそろ用意して出発しますか。

山梨のキャンプへ向けてGOなのです。

曇りのち雨の予報はどこへ??

今日も暑くなりそうです。

ではいってきまーす。

最新記事・もっと読む!
8月  7月  6月 

Home > タビニッキ > 日本 Archive

AVEDAのスカルプヘッドスパ

2011年秋。夏のダメージケアはAVEDAで解決!極上ヘッドスパでパーフェクトなスカルプケア体験してみよう!そしてこのシーズンには手放せないダメージレメディシリーズ。ツインズそろってヘビロテしてます。
AVEDA
AVEDA ボタニカルスカルプスパ! new
AVEDAでスカルプケア。 new
いい天気! new
タイの台所新聞インタビュー
Classy
タイの台所新聞「インタビュー」にほんまちゃん登場させていただいてます!
glam+three

ほんまツインズ、Glamのthree特集に出演中!「肌を着替えて新しい私」に!
Glam、three特集
glam×THREEに登場中! new
BALLY

今年のBALLYはスクールガールの逆襲!8月4日に銀座店OPEN。かなり評判いいですヨ!
BALLY SITE
PR BLOG
FaceBook
BALLY 160!!! new
BALLY meets 新宿伊勢丹!
BALLY萌え
MAUBOUSSIN

MAUBOUSSINのジュエリー、めいっぱい堪能しました!
MAUBOUSSIN SITE
MAUBOUSSIN Night new
MAUBOUSSINギャラリー
MAUBOUSSIN PARTY
FURLA

9月3日に銀座店リニューアルOPEN!本当にフルラが好きなファッショニスタを集めてのPARTYも開催予定!等身大アイテムをゲットすべし!
FURLA SITE
FaceBook
FURLA PARTY Time... new
FURLA,FURLA,FURLA! new
今夜は・・・
FURLA PARTY !!!
mocaで連載

バンコクマガジン「moca」で連載させていただいてます。祝1周年!4月号からボリュームアップ!1Pまるごとhommaniaでかわいい誌面にリニューアル!
連載のお知らせ
オフィシャルサイト
掲載記事
華奢な女をジュエリーで演出
P77をチェックしてねん new
大人のガールズゴルフ
日焼け止めコレクション!
ジンジャーで女子力UP!!
NO SWEETS NO LIFE!!
TOKYOブランドレポ!
実はわたしも“アージョ”です!
LANDS OF Eden

LANDS OF Eden、デビューコレクション!この秋いよいよ登場!
LANDSOFEden SITE
Twitter
After Party new
LANDS OF Eden, 9.17. new
LANDS OF Eden Deview...
バンコク・痩せタイ・食べタイ
bangkok07.jpg
バンコクからTOKYOなう。
今回のテーマはズバリ、痩せタイ・食べタイ・楽しみタイ。そんなバンコクの旅をお届けします。
7月のバンコク滞在ALL
バンコク☆ジャーニーALL
バンコクまとめ vol.3 new
バンコクまとめ vol.2 new
バンコクまとめ vol.1 new

map
かわいいバンコクおいしいバンコク[バンコクマップ]

moca
mocaでも毎月コラム連載中!
史上最強のジンジャーレモネード

今年発売された進化したジンジャーシロップにただいま本気でハマり中!おいしすぎるやろーー!
ヴェーダヴィー・ジンジャーシロップ
ヴェーダヴィー3姉妹 new
Every morning,,,love it.
デジイチデビュー
baccarat meet vedavie ♥
今日も・・・
日本の夏を涼しげに
大人のガールズGOLF

今度こそ本気でゴルフ上手になる!おとなのガールズ達に贈る愛と涙と根性と冷や汗の女子のためのゴルフライフレポート!
GOLFサンクチュアリ広尾
Golf Partner
ガールズゴルフライフALL

NEW POST
来週こそは・・・
ゴルフを始めるなら・・・
ゴルフ、お預け状態
昨日のレッスン
昨日も・・・
ウチッパ2
ごるれん2:落書きメモ
大人のためのゴルフ:Lesson.2
うちっぱ1:落書きメモ
ウチッパ1:フェミナ
オロシタテ。
ごるれん1:落書きメモ
大人のためのゴルフ:Lesson.1
GOLFサンクチュアリ広尾で体験レッスン!
GUAMでGOLF
史上最強の女子カメラ

【お盆休みまでの限定復活!】
世界最小、最軽量の一眼レフカメラ。夏休みの思い出はNEX-C3で残そう!7月のhommaniaは、NEX-C3でお届けしました。
NEX-C3
SONYのサイトに登場中。 new
デジイチデビューにぴったり
NEX-C3体験レビュー!
NEX-C3は史上最強の女子向けカメラ
NEX-C3が我が家にやってきた!(期間限定)
腹グレー募金

hommaniaでは3月11日以降に発生したアフィリエイト報酬の全額を寄付する(日本赤十字社)キャンペーンを開催中。女子のブツヨクとショクヨクで日本を元気にしよう!
なお「腹グレー募金」は本音トークを楽しむ女子会から命名したもので、楽しみながら募金するの意です。

8月3日現在
11,732

ASTALIFT
アスタリフトのトライアルキットで1500円が寄付されます。アスタリフトは個人的にも大好きな「定番」ものなので、この機会にぜひお試ししてみて。絶対、損はさせません!

OZの女子飲みでは1回につき300円が寄付されます。
5800円個室ヘアエステ!
8800円カルジェルネイル
5800円のSPエステ
4800円のプリフィクス
4500円飲み放題
露天8800円憧れ温泉宿
8800円のプレミアムステイ

楽天市場では購入金額の1%が寄付されます。
楽天市場

2011年のタビ

大人のグアム
大人のグアムALL
[ Special Thanks, グアム政府観光局 ]


2011年GWのツインズ大阪の旅。 大阪タビ日記ALL


2011年GWのツインズ名古屋デビューの旅。
名古屋なう!ALL


GW前半のお台場STAYの記事をまとめてみました!
なんちゃってヌーヨークALL


2011年バンコク旅
バンコク☆ジャーニーALL

日経ビジネスリーダー

ビジネスリーダーから圧倒的支持を集める日本No.1の経済・経営情報誌「日経ビジネス」ReadingのReaderをさせていただいてます。女性目線の気になる記事をご紹介できたらと思っています。
オフィシャルサイト
Twitter
FACEBOOK
「日経ビジネス」Reading、Readerになりました!
2010年のタビ

オンナノコのための極上バリ


2010年秋の恋するイタリア旅
世界一周

マイクロソフト「ウインドウズフォン」を持って世界一周(カナダ・ブラジル・南アフリカ・オーストラリア・カンボジア)しちゃいました!
世界一周ツインズ旅
 特集ページサイトアップ!
世界一周紀行はこちら。
(SpecialThanks Microsoft)
 携帯更新:MSN世界一周ブログ
CaptureYourStyle

アルファ ロメオ MiToキャンペーンにhitmeが登場!
欲しいリスト


新しくなったトリア、大変評判がよろしいようで。

Return to page top