American Pork, ラブ。

先日、ステキチなパーリーにお邪魔してきました。

そ・れ・も・American Porkを使ったパーティーメニューを
あのワルメンシェフが直々に教えて下さるという !

ポークもワルメンシェフも好きなワタクシ、前のめりで参加してきました。

この日はぬわんと、アメリカから、このアメリカンポークを生産している
生産者さんも参加。

いろいろとお聞きしてきました!

SATCをテーマにした、素敵なテーブルコーディネートで
出迎えて下さったワルメンシェフ。

プッチのテーブルライナーが、、、ま、まぶしい!

夏にぴったりのガスパチョをいただきながら、American Porkパーリーの
HOW TO をたっぷりと。

American Pork はズバリ、アメリカ産の豚肉のことを差すそうなのですが、
とても面白いと思ったのは、ひとつひとつ、ひとりひとりの生産者さんが豚に
食べさせる穀物、とうもろこしや大豆も育てているということ。

そしてそのほとんどはファミリービジネスなんだそうです。
とはいっても規模が大きく、また代々受け継がれることが多い職種の模様。

わたしで5代目です~、なんて方がほとんどでした。

というわけで、ガスパチョをいただきながら、
お料理の仕方もきっちりとレクチャーしていただきました。

豚の皮ににんにくを差しておいておくといい香りがつく、とか。
パーリー料理には何か肉の塊系を出すと迫力&ボリュームがでる、とか。

前もって準備しておけば、あとは焼くだけのメニューはパーリー向きである、とか。

さっぱりとした料理にもこってりとした料理にも使えるので、豚肉はとってもおすすめ。
しかも、価格もお安いし、ブロックで買ってもお財布にやさしい。

気負いせずにホームパーリーできちゃうよって話ですね。ふふふー。

一度グリルして、野菜やハーブを敷いて、載せてオーブンへ。

お野菜で彩りのバランスを取ると、一気にグレード感UP。
ハーブもたっぷり欲しいところ。

バックリブを使ったお肉は、一度圧力鍋で45分火をいれてからオーブンへ。
こうすると骨からお肉がポロリ、ととれて食べやすくておいしい!

すっかりアメリカンポークに魅せられたパーリーでした。

仕上げは千葉のワルメン農園でとれたフレッシュハーブのハーブティ。
あうー、幸せすぎる・・・。

そして、大人気BLOGGER、キャーさんによる、
オトコのPARTY美学についてのトークショーも。
アメリカンポークマーク、早速スーパーでチェックしたいと思います!

 

American Pork
http://www.americanmeat.jp/index.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

About ほんまちゃん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*