ドコモ(FOMA)→iPhoneへのアドレス帳移行をdatelinkを使ってやってみた!

022502

こんにちは、ほんまちゃんです。
先日のごくマニアックな人のためのレポート、お楽しみいただけましたか?

なんとか、SIMは入れたものの、次のハードルがアドレス帳。

他の携帯会社(au softbank)であれば、移行する人が沢山いると思うので
いくつかやり方があるようなのですが、このパターンはあきらかに症例が少ないので、
自分用にというか自分と同じ状況になった人のために
hommaniaでもご案内しておきます。

まず、docomoのケータイを使用している人には無料でアドレス帳のバックアップ
ができるサービス、datelinkが用意されています。

一昔前なら、専用の移行ソフトとケーブルがセットになったやつを
購入していたけど、実は探せばdocomoが直接こんなサービスをしていたのですね。

というわけで、簡単にネットでバックアップができる「datelink」ぜひチェックしてみて。

ドコモ携帯のアドレス帳のバックアップと移行

①datelinkをインストールする(会員登録しておく)

②転送ができる携帯用のUSBコード
(100円均一などでも購入できます、ただし充電だけのモノが多いのでチュウイ)
↑できれば、foma用のUSBコードとiphone用のUSBコード両方ともに
充電&転送できるものが望ましいです。

③移行前の携帯の機体暗証番号を調べておく
(初期設定だと0000かも?その後の暗証はデータリンク指定の1111と入力)

④携帯のUSB設定をSDではなく転送設定にしておく

⑤datelink上にアドレスのバックアップを取る

⑥datelinkからエクスポート設定でoutlookに吐き出すを選ぶ

⑦outlookの連絡先に携帯電話のアドレス帳が読込されたのを確認

⑧outlookの連絡先とiphoneの連絡先をiTuneで同期させる

完了!

こんな流れ。

わたしの場合は、USBが充電専用だったため、吐出しができずてんてこまい。
また、前の機種がプラダフォンという珍しい機種だったため何が原因なのか迷いました。

本来は簡単にできるとおもうので、今回移行は関係ないもーん、という方も
念のためこのdatelinkでバックアップしておくといいかも。

ちなみにワタシが参考にしたのがこのページ
お世話になりました~。
もっとくわしく解説してー、という方はぜひこちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です