{ 鹿児島・桜島 } 見れば見るほど欲しくなる!芸術品と呼ぶにふさわしい薩摩切子の華麗なる施設見学!

022112

鹿児島(薩摩)といえば?
そうです、薩摩切子。

艶やかなカットの入った高級グラスの切子は日本の伝統文化とも
いえる工芸品のひとつ。

というわけで、今回は薩摩切子の工場見学にもお邪魔してきました。

こちらは地元でも有名な工房のひとつだそうで、たくさんの職人さんが
ひとつひとつ丁寧に切子を作っている姿が印象的でした。

022102

022103

工場は特に予約なども必要なく、また案内人もいないので、自分の
ペースでゆっくりと切子を作っている様子を見学できます。

人見知りさん(=ワタクシ)にもぴったり。

022104

絶妙なチームワークで仕事が行われていました。

切子は内側の透明なガラスと、加工する外側のカラーのガラスとの
二重構造にする必要があるためひとりは透明を、
もうひとりはカラーの熱々に温めたガラスをあわせる必要があります。

022105

うわー、こんな風に形を整えているのでしょうか・・・。
絶妙、絶妙すぎる技です。

022106

ちなみにこうして二重構造にしたガラスをさらに美しくするための
カット作業がこれから始まります。

もともとの形をつくるのも、カットするのも両方とも大事。
気が抜けません。

022108

こちらの方はカットするラインに線を入れています。
何気にこの作業、大変そう・・・。(かつ、重要)

022107

ガラスなので反射がとっても大事。
というわけで、ライトをあてながら、丁寧に慎重に切り込みを入れていきます。

022109

うわー、むやみに話しかけたりしちゃだめだよね、絶対。
ちなみにフラッシュ撮影も禁止です。

集中、集中・・・。

022110

そんなわけで、ひとつひとつ丁寧にたくさんの人の手が入れられて
薩摩切子は完成していきます。

カットした後に磨くことであの美しい輝きになると思うと・・・
これ発明した人は天才だな、とため息交じりに思っちゃいますね。

022111

工場にはもちろん、ギャラリーもございまして・・・・

022113

カラーバリエーションも豊富。
じーとグラスを眺めると、やっぱり上質なオーラを感じるんですね。
何もわからなくても、美しいものの前では人はわかる!わかってしまう。

022114

綺麗過ぎて何時間でも眺めていられそう・・・
ぜひ鹿児島を訪れた薩摩切子見学、してみてください。
確実に物欲がフツフツされられます。

薩摩ガラス工芸(株)
鹿児島県鹿児島市吉野町9688−24
099-247-2111
※仙巌園のとなりにあります





【TRAVEL】
2月の鹿児島&桜島
ほんまちゃんの鹿児島女子ガイド
{ Special Thanks, 鹿児島市 }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です