{ Movie } 博士と彼女のセオリーはやっぱりすごかった!本当の天才は考え方と行動力とユーモアが必要!?

042202

042203

042204

ものすごく久しぶりに機内で映画を。
公開前から観たいと思っていた「博士と彼女のセオリー」

アカデミー賞でエディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した作品。

天才物理学者、スティーヴン・ホーキング博士を見事に演じた
エディ・レッドメインが悶絶級にすばらしく、
また妻役のフェリシティ・ジョーンズも、ものすごくいい。

ALSというテーマを描くとき、そこには絶対的な力のある
演技が必要で、それなくしては成立しない、リアリティが求められる。

本当に俳優という職業を尊敬してしまう。
どうやって体験したことのない演技を表現するというのかしら。

最初から最後まで本当にあっという間で、とてもいい作品だと思う。

天才的な頭脳を持ちながらも、難病を患い、それでもあきらめない強さ。

いくつもの困難や、それぞれが追い詰められ、苦悩し、
そしてほかのものに心惹かれる気持ち。相手の幸せを願う気持ち。

そんなどうしようもない、人間らしさもまたあらゆるひとに
感動を与えてくれる映画だと思う。

かなり好きな作品でした。

博士と彼女のセオリー

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です