{ Paris et moi わたしとパリ } パリに行ったら したいこと⑯ 伝説のレストランVEFOURでギーマルタンの世界を堪能!

20160420-2016-04-20_103407758_C99F8_iOS

さて、パリレポートもそろそろ終盤。今回の大イベント、

ギーマルタンによるVEFOUR

にランチに伺ってきました。実はこの日入口で待っていてくださったのはシェフのギー・マルタンご本人でした。

20160420-2016-04-20_103821806_31A4C_iOS

旅がお好きで、アジアは特にお気に入りとおっしゃっていたギー・マルタン氏

は超有名シェフとは思えないきさくさでワタクシたちを迎えてくれました。今回は特別にキッチンの見学も。キッチンでは本当にたくさんの人々が働いていて、その中には日本人の姿も。すべてがピカピカに磨き上げられていて、システマチックに。素晴らしい料理を作ることはすばらしい仕組みをつくることなのかもしれない、と思った瞬間でした。

20160420-2016-04-20_104424715_CD8DB_iOS

というわけで、早速楽しみにしていた、VEFOURランチのスタートです。

20160420-2016-04-20_104719128_AD696_iOS

まずはマグナムのルイナールでスタート。深い味わいのルイナール、この旅でますます好きになりました。

20160420-2016-04-20_105212871_4AC48_iOS

おいしいシャンパーニュを楽しむひととき。優雅でおいしくて幸せ。

20160420-2016-04-20_105832604_7AB74_iOS

20160420-2016-04-20_111640998_6F24E_iOS

20160420-2016-04-20_112410594_A6523_iOS

20160420-2016-04-20_113046617_39D08_iOS

20160420-2016-04-20_114223348_30C22_iOS

20160420-2016-04-20_115502931_983D7_iOS

20160420-2016-04-20_120111628_6A4CF_iOS

というわけで、言葉はいらない素晴らしいおいしさに悶絶しつつ、ペロリとたいらげて。

お皿ひとつひとつはモダンなアプローチ

で、シェフがフランス料理界の人気シェフだというのも納得。とにかく伝統あるレストランでこんなにも世界中の旬のスタイルを反映させ、見事なフレンチに仕上げているのには驚きを通り越して感激すら覚えました。

いろいろと葛藤はあったものの、やはり今回はこちらのレストランを選択して本当によかった。

20160420-2016-04-20_123736800_7C6C3_iOS

食事の最後にはやはりチーズを。

信じられないほどたくさんのチーズを前に動揺するワタシ。おすすめのものをいくつか取り分けていただきました。

20160420-2016-04-20_124851008_076B4_iOS

20160420-2016-04-20_131313733_5869D_iOS

20160420-2016-04-20_132008269_9BE36_iOS

20160420-2016-04-20_132050437_F5AB1_iOS

20160420-2016-04-20_131953399_39CEA_iOS

最初から最後までおいしい、以外の言葉を口にすることはありませんでした。

最高の素材に最高の調理、そして最高のサービス。記念に残るパリでの食事になりました。

VEFOUR
ル・グラン・ヴフール
17, rue de Beaujolais 75001 Paris France
+33 (0)1 42 96 56 27

 

{ Special Thanks, Paris & パリ観光・会議局 & フランス観光開発機構  }

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comments

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です