{ SKYSCANNER TRAVEL in Yogyakarta } 未だに解明されていないラトゥ·ボコ世界遺跡へ

20160926-img_0067

ラトゥ·ボコ世界遺跡を訪れるなら、

夕方のサンセットの時間帯がおすすめ。

というわけで、私が訪れたのもサンセットギリギリの時間帯。この時間帯はたくさんの観光客で賑わいます。そしてもうひとつ大切なのが天気。この日は空が真っ赤に染まるには雲が多すぎてベストショットを撮影することはかないませんでした。けれど門のちょうど真ん中に落ちていく太陽は確かにとても素敵。

20160926-img_0046

オフィシャルサイトによると、ラトゥ·ボコ遺跡は・・・

ラトゥ·ボコ遺跡の歴史は不明であり、遺跡について理解されている内容の大部分は碑文や伝承によるものです。遺跡で発見された最古の碑文は792年にまで遡り、その遺跡をAbhayagiri Wiharaと命名したとされています。

考古学者は、760~780年にシャイレーンドラ王朝の支配者だったラカイ·パナンカランが指導者を引退してからラトゥ·ボコを建築したと信じています。それは彼が心の平穏を見つめて、宗教的な事に集中するために辞任したとされるからです。 Abhayagiri Wiharaとは穏やかな仏教の修道院を意味します。その遺跡では非常に壮観な景色を眺めることができます。

20160926-img_0022

未だに多くの謎が残るこの遺跡はほかの2つと比べるとやや地味ですが、その地味さがわたしには好印象でした。

20160926-img_0026

20160926-img_0027

ラトゥ·ボコ遺跡には伝説があって、その伝説ゆえに愛されているともいえる遺跡です。こうしてセルフィーを撮るのもおすすめ。

20160926-img_0040

20160926-img_0045

インドネシアの世界遺産は、自然の中に突如現れる遺跡ばかりでその緑とのコントラストがまた素敵です。

20160926-img_0077

サンセットが終わると遺跡はクローズです。足元に気をつけて帰りましょう。こんな夜の遺跡の写真もまた個人的には好きなのですが。ちょっぴり早めに訪れてのんびりと園内を探索したり、撮影してみるのはいかが?

ラトゥ·ボコ遺跡
Ratu Baka
Jalan Raya Jogja-Solo, Prambanan, Yogyakarta
06:00~17:00
エントランスフィー:US$13

{ Special Thanks, Sky scanner }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です