{ iliと旅する台湾 } STEP 4 : タクシーで行き先を伝えよう

上手にタクシーを取り入れると快適な旅に

iliと過ごす台湾の旅、まだまだ続きます。今回はタクシー編。日本と比べるとタクシーを気軽に利用できる値段なので、時間が限られたショートトリップには積極的に使っていきたい。

が、ここは台湾。

行先を伝え間違ったり言葉が通じていないのはとても不安・・・。

ドライバーさんによって、日本語や英語が少し理解できたりすることもなくはないのですが、メインは中国語。というわけでiliを使ってタクシーで目的地を伝えるとずいぶんと安心感も違いました。特に台北よりも台中のほうが中国語のみのドライバーさんが多かったです。

株式会社ログバー主催「ili traveler in 台湾」に参加中!

台湾のタクシーは黄色。ドアは自分で開け閉めします。基本的に日本以外のタクシーのドアは自力で開けたり閉めたりします。降りる時もきちんと閉めるのをお忘れなく。

彩虹眷村や台中國際歌劇院はタクシーがおすすめ

特に台中では行きたいスポットとスポットが離れていることが多かったので、タクシーの利用がおすすめ。バスも結構あるのですが、本数や時間が限られているなら断然タクシーを使いこなした方がいいです。私たちのお気に入りの彩虹眷村や台中國際歌劇院は駅から歩くのには遠すぎるのです。また台中の中心駅に出る前に新幹線の台中駅からのほうが彩虹眷村は断然近いので計画的に観光すべし。

料金も日本と同じで仕組みでチェックできるようになっているので便利です。大体1回100から150台湾ドル前後くらいが多かったような気がします。ぜひ台湾でもiliでタクシー体験、おすすめします。

インスタもみてね

ほんまツインズのili台湾旅はインスタでもチェックすべし!ハッシュタグ #twinsMEETSili でおすすめ台湾スポットを紹介してるよ。ほんまちゃんのものは #hommaniaMeetsili にて。また #iliblogger  は今後投稿が増えるかも?

世界初!ウェアラブル音声翻訳デバイス
ili(イリー)
facebook
法人向けページ

{ Special Thanks, ili }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

About ほんまちゃん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*