{ Crash Baggage } 最初からクラッシュしたような旅の相棒、クラッシュバゲッジ!

わたしのクラッシュバゲッジSTORY

こんにちは、ほんまちゃんです。もう5月も終わりですね。
今年に入ってからも相変わらず旅三昧の毎日が続いておりましたが、今はちょっとひと息ついたところ。みなさんはもう夏休みの計画、立ててますかーー?

わたしの場合は突然旅に行くことを決めることが多いので、前日にパッキングなんてこともよくあります。日ごろから旅行セットやリストは更新を繰り返し、あっという間に旅支度が整うことも。最近は自分でもかなり旅慣れて来てるなぁ~と感じることが多くなりました。

さて今回は海外でも人気のおしゃれなクラッシュバゲッジをレビューさせていただく機会を頂いたので、バンコクでのわたしのクラッシュバゲッジストーリーをお届けします。

まるでアート?な旅の必需品、クラッシュバゲッジは見た目も使いやすさもGOOD!

イタリアのベネチア発のスーツケースのCRASH BAGGAGE(クラッシュバゲージ)は、最初からボディがボコボコとダメージを受けているかのような斬新なデザインのスーツケース。もともとは旅好きのデザイナーであるフランチェスコ・パヴィアが旅の途中でボコボコになって出てきたスーツケースに発想を得て、最初からダメージがあるバゲッジがあってもいいのでは!と製品化したものだとか。

ちなみにバゲッジ自体の内側にダメージを感じることはありません。ちゃんと荷物もたっぷり入るのでご安心を。わたしが選んだのは、Pioneer CollectionのS (キャビンサイズ)、Super black。大きいものはすでにたくさん持っていたのと、実は私の場合はキャビンサイズのキャリーの使用頻度が高いので、使う機会の多いこちらをチョイスしました。これなら飛行機内への持込も問題なくOKです。

ジッパーも4つの可動式ホイールの使い心地もパーフェクト!

旅先でキャリーが壊れること以上の悲劇はありません。そのためにわたしは壊れる前に、ある程度使ったら新しいものに買い変えています。そのときも絶対に安物は買いません。なぜなら、いいスーツケースはやさしく押すだけですいすいと進んでくれるホイールがついているから。旅の快適さが全然違います。

それから、クラッシュバゲッジのジッパーもまた美しいのでおすすめです。ジッパーをかけたときのぴったりフィットしている感じ。これもまた壊れたら困る、バゲッジの要ともいえる場所です。現在の私のスーツケースはすべてジッパー式。荷物を閉めて鍵をかけるときに楽なのと、開いたときに急に荷物が飛び出ることがないのでジッパーのものをわたしは選んでいます。

最新の「旅ワザ」は機内持ち込みするものを工夫すること

そんなワタクシが最近はまっているのが「電子機器の機内持ち込み」なんです。タブレットにあらかじめ観たい映画やドラマをアマゾンプライムからダウンロードしたり、電子書籍や漫画もおすすめです。

機内のエンターテイメントサービスはエアラインによってバラバラなのと観たい映画があっても日本語字幕がなかったりで結構ストレスを感じることも。ドラマなら30分や60分のものも多いので、疲れたタイミングでストップもできて実は機内を快適に過ごすのにぴったりです。

というわたしも実は今まではPCや充電器、タブレットなどは重いのと機内の検査でかばんから出すのが面倒なので厳重に保護して、預け入れ荷物に入れていることが多かったのですが、一度PCの画面が割れてしまったことがあって。そのときは現地でなんとか割れた画面で仕事をしていたのですが、旅の最中に必需品のPCがないのは恐ろしいな、と実感しまして。

冷静に考えたらロストバゲージもありえますし。それ以来、PCやさまざまな充電器、コンセントなど絶対になくなったら困るものはすべて機内持ち込みすることに決めました。が、するとまたひとつ問題が・・・それは

荷物が恐ろしいほど重くなる!

こと。空港って実は荷物を持って長い距離歩くことが多いです。ゲートが遠いときにこの重装備を背負って移動するのって本当に体力が要ります。というわけで、機内持ち込みにも小さいキャビンサイズのキャリーを使ってみたら・・・これがものすごく楽!

現在は1週間以上の滞在が多いのと仕事柄、撮影機材などが増えているので最適化の結果、大きなキャリーと小さなキャリーの2つ使いしています。当初はゴロゴロと押すバゲッジが2つあるって邪魔かなぁ・・・とも思ったのですが、やってみたら無問題でした。いや、むしろ快適。

人とは違うものが欲しい、アート好きな貴方に

実際に使ってみて思うのは、誰ともかぶらないこと。私が持っているスーツケースはすでにたくさんの人が同じものを持っているんですね。なので、バゲッジクレームで「あれっ」と思うことも多いです。そのためにスーツケースにはタグを必ずつけるようにしています。が、クラッシュバゲッジならそんなタグも必要ありません!すぐに自分のスーツケースをピックアップできる気持ちよさ。一度味わうとやみつき。

またクラッシュバゲッジを部屋に置いているときにも、ちょっとした現代アートが自宅にあるような気分に。これもお勧めの理由のひとつです。

ちなみにわたしはスーツケースは黒か赤、と決めているのでSuper blackをチョイスしましたが、コレクションにはカラフルなカラーもたっぷり。またちょっと変わったものも用意されているので、自分好みのものが見つかるはず。旅好きな女性にも前のめりでおすすめです。ぜひチェックしてみて。

Crash Baggage
クラッシュバゲッジ
パイオニア コレクション
Pioneer Collection
S (キャビンサイズ)/Super black
32,000円(税抜)

{ Special Thanks, Crash Baggage }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

About ほんまちゃん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*