{ tokyo reporter TAMASHIMA.tokyo } 激辛フェス:羽村市・瑞穂町をめぐる旅【PR】

実は今回の羽村市・瑞穂町をめぐる旅、もうひとつのお目当てがありました。それはズバリ、イルミネーションと激辛フェスでした。

実はワタクシ、辛いものも結構イケるクチなんですよね~。なので前のめりで楽しみにしておりました・・・が実はこの週末、大型の台風が関東を直撃!なんとイベントが中止になってしまうというハプニングが。これはまた来年も来い、と神様からのお告げでしょうか。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

とはいえイベントに先立ちスタートしていた羽村市内~小作駅周辺の15店舗が参加している「激辛スタンプラリー」は無事に行われているということで、小作駅(羽村の隣駅)すぐにある地元で人気の空楽さんで夜ごはん。この日はほぼ予約で席が埋まっている状態。なんとかカウンター席をゲットできました。

「激辛スタンプラリー」とは、参加している店舗を巡りスタンプをゲットするとプレゼントがもらえたり、超激辛メニューを食べ切れればそのメニューが無料になるという楽しい催し。各店舗により難易度は違うのですが、こちらの空楽さんでは時間無制限で超激辛のこの唐揚げをペロリと平らげると唐揚げ料金無料になるそうで。

わたしも早速挑戦してみたら、なんとか完食出来ちゃいました。いや、辛いですよ。でもイケるレベルでした。それよりもひとりだったのでお腹がいっぱいに。

と、ここでビックリするような展開に。それは・・・

おとなりに座っていた妙齢のマダムがツワモノでして、すべての店を制覇して先着10名までのスペシャルTシャツをゲットしにやってきていたのでした。すっかり仲良くなり、奇跡の授与のシーンを写真に収めることができました!わわわ、スタンプカードが・・・コンプリートだ!ヤラセじゃないよ、本当の奇跡ですぞ。

ご近所にお住まいだそうで、今年の激辛スタンプラリーを機にご自身が激辛に強いことを知ったそうです。いやはや、びっくりですわー!

これが、幻の・・・羽村激辛フェス2017の 特別Tシャツです。眩しい、まぶしすぎる!

さらにこちらのお店、雨の日には1グループ1品サービスがあるという。

知らずに行ったのですが、激辛メニューとあわせるとひとりなのに2品もフリーになってしまい、申し訳ない気持ちに。本当に何を食べてもおいしくて、羽村に行ったら前のめりでおすすめです。

この激辛スタンプラリー、なんとマダムと反対側のカウンターに座ったお隣のメンズもスタンプを集めてた&激辛メニューに挑戦していたので、地元でもかなり盛り上がってるようですよ。

お隣のマダムいわく、台風のため撤去されてしまったイルミネーションも激辛をモチーフにしたユニークなものだったそうで、写真に収められなかったことが本当に、本当に残念すぎる・・・!また来年も激辛フェスに来れたらいいなぁ。

羽村イルミネーションと激辛フェス
小作駅周辺にて開催
(今年はすでに終了)

空楽
羽村市小作台1-15-2 2F
042-578-3295
17:00~1:00
定休日:月曜

 

羽村駅からすぐのホテルにステイ!

ちなみに今回宿泊したホテルは、 ホテルリブマックス東京 羽村駅前で。なかなかお洒落にリノベーションされた部屋は海外のお客様にも人気らしい。羽村駅前からすぐの場所にあるのと、朝食は「松屋」さんで食べられるチケットがもらえるのも楽しかったです。これはなかなかいいアイディアだなぁ。

ホテルリブマックス東京 羽村駅前
東京都羽村市五ノ神4-2-15
042-578-5678

というわけで、近場の新しい東京を見つける旅、羽村・瑞穂町編いかがでしたか?ぜひみなさまも今度の週末にでもふらりと遊びに行ってみてね。

 

tokyo reporter TAMASHIMA.tokyo
東京の西多摩地域や島しょ地域を巡り魅力を伝えている「tokyo reporter TAMASHIMA.tokyo」の東京都の観光 PR 事業の取材でお邪魔しています。

{ Special Thanks, tokyo reporter TAMASHIMA.tokyo & 公益財団法人東京観光財団 }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

About ほんまちゃん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*