{ 2度目のチェコ } ちょっぴりディープな街を巡る旅、きほんのき。#ボヘミアンなチェコ旅

こんにちは、ほんまちゃんです。今回もチェコ政府観光局さんからお誘いいただき、2度目のチェコを旅することになりました。

プラハ、ブルノ、プルゼニュは2回目ですが、その他の都市はほぼ初めて。まだ知らなかったチェコの地方をぜひみなさんと一緒に探っていきたいと思います。

さて、1度目のチェコでまとめた「Travel TIPS, チェコを旅するまえに知りたいこと。」も今回の記事とあわせてチェックいただければより楽しい旅の準備になること間違いなし!ちなみに「1度目のチェコ旅」一覧はこちらからどうぞ

そうそう、9月に我が家のヒットミーもチェコ政府観光局さんのサポートでチェコにお邪魔しました。ヒットミーのチェコリポートはこちら

チェコはまだまだネットの情報も少ないのでこうした生の情報はきっと役に立つはずです。実はかくいうワタクシも参考にさせてもらっています。というわけで2度目のちょっぴりディープなチェコ旅、スタートの前に基本情報を簡単にまとめていきます。

もっとチェコについて知りたい!

Travel TIPS, チェコを旅するまえに知りたいこと。
1度目のチェコ旅 一覧
ヒットミーのチェコリポート

 

今回の旅のルートは・・・?

プラハ→オストラヴァ→ズリーン→ルハチョヴィツェ→ブルノ→フルディム→フラデツクラーロヴェー→リベレツ→ノヴィーボル→ボヘミアンスイス→ジャテツ→プルゼニュ→プラハ

という毎日移動の旅。まるで放浪的!というわけで勝手に「ボヘミアンなチェコ旅」と名づけました。(笑)

往復ともにドバイ経由でプラハ入出の予定で、プラハからチェコ第3の都市、オストラヴァとプルゼニュからプラハへは電車で移動します。何気に電車は初めてなのでとても期待しています。

 

前回の復習でもあるのですが、チェコの正式名称は「チェコ共和国」、つまり共和国とは地方と地方の共同体ともいえるわけです。チェコはボヘミア地方とモラヴィア地方、そしてシレジア地方の3つが存在していますが、シレジア地方のエリアは小さいので、ここではモラヴィア・シレジア地方と呼ぶことにします。

ボヘミアはよりドイツの影響を、そしてモラヴィア・シレジアは近隣諸国のポーランド、スロバキア、オーストリアからの影響を受けています。ボヘミアではビールを、モラヴィア・シレジアではそれに加えてワインの製造も。

ちなみに1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離。もともとは1989年の「ビロード革命」によって共産党体制が崩壊したことが原因といわれています。2004年5月1日にチェコは欧州連合(EU)に加盟しましたが、通貨はユーロではなく、独自の「コルナ」を利用。よってチェコではユーロは主要通貨ではありませんのでご注意を。

 

前もって準備したもの

///SIM カード

現地での情報収集用に、ヒットミーがおすすめしていたThreeのSIMをamazonで購入。SNSにアップしたり、地図をチェックしたり。旅が多いわたしは常にネット環境はキープしたいので必須アイテムです。最近は前もってamazonで購入しても現地でも価格はそんなに変わらないので、前もって準備することが多いです。

ちなみにこちらは30日有効、データ12GB(3G)、通話3000分付。イギリス国内と71地域で利用できます。チェコの地方都市では4Gの整備はされていないであろうことを考えると、他のSIMと比べても、とってもお得。あくまでもSIM FREEの携帯で動く仕組みなので日本のキャリアで購入した携帯はお出かけ前に必ずショップへ行き、SIMFREEにしておくことをお忘れなく。

///iPadにドラマや映画をダウンロード

長距離フライト中にドラマや映画を楽しめるように、私の場合はAmazonプライムビデオから自分が見たいものをあらかじめダウンロードしておきます。フライトによっては日本語字幕や吹き替えがないこともあるので、ストレスなく暇つぶしできるように旅行前は自宅のWiFiでイッキにダウンロードが習慣です。(空港ラウンジやFreeWiFiなどで動画をダウンロードしようとすると時間がかかってイライラすることがよくある)

これをしておくだけでフライト中もご機嫌に過ごせます。個人的には韓流ドラマが好きかな。1話30分程度なので細切れ時間が有効活用でき、長時間のヘッドフォン着用が苦手なわたしでも観たり、止めたりが簡単にコントロールできて気に入っています。

 

チェコを旅する前に絶対読むべきブログ

今回チェコを旅するにあたり、参考にさせてもらったのが「How to be Czech」というブログです。Norikoさんは30代後半で初めてのチェコ移住をされた方でとても丁寧にチェコの情報をまとめてくださっていてます。

これからチェコを旅する方には前のめりでおすすめしたいサイトです。特に「チェコを旅するための豆知識」は必読!というわけでわたしも「チェコ旅行で使える便利なアプリ10選」でアプリをダウンロードし、「チェコの物価《2018版》」で旅へのワクワクを勝手に募らせました。

PIDはプラハだけですが、会員登録後カードで切符が買えるのでこれはプラハに行くならマストハブ。IDOSは残念ながらチェコの電話番号がないと決済できないようなので、リサーチ用に。(チェコの電話番号があればオンライン決済できます)

Czechは基本的なチェコ語を教えてくれるアプリでなかなか使えそう。

google MAPはあらかじめ訪れるスポットをマークしてあるので、チェック用に。google Mapでカバーできなかったとき用にMapy.czも。画像でイッキに翻訳できるようにGoogle翻訳にはオフラインで使えるようにチェコ語をダウンロード。

そしてチェコ観光局のアプリはローカルのおすすめスポット探しに。旅はハプニングの連続なので、前もって準備できることはしておく、というのが大事です。

 

リアルタイムレポートはインスタからどうぞ

まずはフライトでドバイまで11時間15分、さらにそこからプラハへは6時間30分。約18時間、約2時間のトランジットを加えると20時間のフライトの旅です。時間があればドバイもしくはプラハにて何か投稿できるかも?

東京と比較すると、チェコの時差はマイナス7時間。旅行中はブログ投稿等は難しそうなのでぜひ旅の様子をインスタをチェックください!チェコの旅のハイライトは#hommaniameetscz1810でどうぞー!

 

チェコ政府観光局
facebook
app

インスタグラム(速報レポート)
ほんまちゃんによるチェコのインスタポスト「#hommaniameetscz1810」「#hommaniameetsczech
チェコに行ったらつけたいハッシュタグ「#チェコへ行こう

※この旅はチェコ政府観光局によるブロガートリップです。

{ Special Thanks, チェコ政府観光局 }

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です