{ シングル女子のスマートホーム化計画 } Arlo Pro2 で我が家のセキュリティーをアップデート

みなさま、改めてあけましておめでとうございます。今年最初の記事は、年末からドはまりしているスマートホームのお話からスタートしたいと思います。

今日ピックアップするのはおうちに取り付けてセキュリティをアップするセキュリティカメラ、Arlo Pro2です。

ところでみなさん、おうちは好きですか?わたしはもちろん大好きです。旅するのもおうちでまったりと過ごす時間も同じくらい大事にしています。

というのもワタクシ5-6年前におうちを買いまして、大きなワンルームにリノベーションして暮らしています。一応女子のひとり暮らしですが、1階には用心棒がわりに兄がそして上の階には姉が住んでいておりまして、かなり自由度の高い住まいです。

とはいえ旅で自宅を空けることも多く、半分外の内階段で各階がつながっているので引っ越してきたときからセキュリティ的には気になっていたのもまた事実。

そんなタイミングでお話をいただき、Arlo(アーロ)さんからArlo Pro2(カメラ2台セット)をご提供いただき、我が家に設置させていただくことに。実はこのアーロ、以前から気になっていたアイテムでした。

アーロが優れているのは設置後に録画したビデオが一定量までクラウド上に無料で保存され、維持費が抑えられる点。容量を増やしたい場合は有料になりますが、個人のおうちではとりあえずは無料分で十分なのではないかな、と思います。もちろん、お店の防犯カメラとしても利用できます。

そしてカメラやステーションのデザインのスマートさ。ぶっちゃけ今までのセキュリティカメラってデザイン的に微妙・・・と思っていたこともありまして、スマートな見た目というのは個人的にとっても重要視しています。

そしてもうひとつ、絶対はずせない条件がこちらの外付けバッテリー。というのも我が家の内階段には一切電源がないんですね。なのである程度長持ちするバッテリーというのははずせないポイント。アーロはバッテリーで動かす、もしくは電源につないで使用することもできます。その場合はバッテリーの充電もいらずさらに便利。

簡単にアーロ(Arlo Pro2)の魅力をまとめると・・・

  • 動作検知や音声検知で録画された動画を7日間無料で保存
  • 1080p HD画質でのビデオ録画
  • 雨や埃に強いIP65の防水、防塵設計
  • 充電式バッテリーでワイヤレス使用可能、コンセントに接続し使用することもできる
  • スマートフォンからカメラに話しかけることができる双方向音声機能
  • 動作や音声を検知すると、100dB以上の警報を鳴らせる
  • 音声および高度な動作検知するとスマートフォンやEメールに即座に通知
  • カメラは暗くなると夜間撮影モードになる
  • Amazon Alexa, IFTTT, Stringifyと連携できる

こんな感じ。個人的な意見ですが、こうしたスマートホーム関連の製品を購入する場合は最新のものをおすすめしています。というのもこの分野は本当にバージョンアップの進化が早いから。バージョンの違いで、できることとできないことが格段に違うことが多い。多少高いと思っても迷ったら最新機種をぜひ。

 

さて続いては設置の仕方、どんな風に使用しているのかをご紹介します。アーロの設置にはドリルで穴を開けてネジを打つのが推奨されているのですが、我が家の場合壁に穴を開けるのがかなり大変だったので、100円均一でマグネット用のパネルとマグネットフックを購入し、取り付けすることに。

ちなみにカメラ1台は約500g。念のため2kgまで耐えられる強いマグネットフックをチョイスしました。これが想像以上にいい感じでして、穴を開けるのはちょっと・・・と思っている方にはぜひおすすめしたい。バッテリー交換のときの作業も非常に楽です。また簡単に違う場所に設置することもできるので、場所を確認したいときにも有効。

内階段を上がっていくとこんな感じでカメラを設置しています。ちなみにカメラの角度はベースのマグネットの角度を変えることでさまざまな調整ができるように。我が家の場合は階段を見下ろせる角度である必要があるので、下向きに調整しました。

携帯でカメラの映像を見ながら調整するだけなので簡単に思い通りの場所を録画できます。また死角ができないように、挟み撃ちする感じでもう1台のカメラも設置すればこれで準備はバッチリ。

早速自分で玄関をウロウロしてみるとすぐにカメラが感知し、画像つきのメールが送られてきました。おおお、凄い!これなら外出中も安心です。

カメラを設置したら、監視カメラ設置のカードも玄関に。一番目立つ場所に張るのがおすすめ。姉いわく「これだけでもかなり威圧感あるねー」とセキュリティアップを実感していました。(笑)

カメラのバッテリー残量は専用アプリから確認できます。カメラ1のバッテリーの減りが早いのは、一度Liveモードで音声テストをしたから。カメラとアプリ間での音声通話では結構パワーを使いました。

設置してからしばらくは「警戒」モードだったので1日でバッテリーの5-10%程度減っていましたが、自宅にいるときには「待機」モードで運用しはじめたら1%程度の減少に。動作検知と音声検知が必要ない場合はアプリから設定を変更し、切っておくこともできます。

もちろん毎日時間を指定して設定を変更することもできるので、自分のライフスタイルに合わせて使い分けられるのも嬉しいですね。

外出先から気になったタイミングでアプリからの確認も可能。左側が夜、右側が昼の画像なのですが、どちらもはっきりと撮影されていることが確認できます。

近々出張で数日家をあけるので「警戒」モードにして、離れた場所から確認してみる予定。いまからとっても楽しみにしています。

ぶっちゃけ、5万円台で2台のセキュリティカメラが設置できて、安心を買うと思えばかなりお安い投資なんじゃないかなと。アーロは女性のひとり暮らしには前のめりでおすすめです。

セキュリティカメラ
Arlo Pro 2
アーロプロ2
amazonでチェックする

{ Special Thanks, Arlo }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です