キュウシュウの旅-味美 [中洲/割烹/博多]

最終日の夕方、博多の中洲にある味美さんへいってきました。
飛行機が7時半くらいだから短時間でパパパっといただきました。
のれんの感じからいて美味しそうなオーラが漂っています。
ajimi10.jpg
暑い日だったのでまずはビール。くーぅ、おいちい。
先付けも繊細できちんとしたお味。京都で修行された?ご主人らしく、生麩がとてもおいしかった。
ajimi02.jpg
そしてそしてそして、秋の味覚まつたけさまと鱧の土瓶蒸し。(鱧入っていたか、記憶があいまい・・・(^∀^;)
今年初松茸でした。今はまだ中国産しか出回っていないらしいのですが、はごたえといい、ほのかな香りといい、とても美味しかったです。ハツモノっていいですね!
ajimi03.jpg
こちらは鱧と季節のお魚のお刺身。梅酢のソースと鱧が最高でした。
本当にこちらの魚貝はおいしい。
ajimi04.jpg
そろそろ酔ってきた証、写真を撮る前にたべちゃいました。
川魚の塩焼き。んーまい。
ajimi05.jpg
こちらは野菜のジュレ。さっぱりとしていて、つるんっとした食感。いくらがアクセント。
ajimi06.jpg
こちらは小鍋。うれしい。特に火鉢が気に入りました。ウサギの絵でかわいいのだ。鳥獣絵巻?風のイラストでした。ヒヒヒ。
ajimi07.jpg
そしてそしてそして、これはくじらのさえずり。
さえずり=あごだとずーと思っていたのだけど、舌なのだそう。
勘違いしてました。
さえずりが最高に脂がのっていて、おつまみに最高。
くじらってやっぱりおいしいのね。カンゲキ!
ajimi08.jpg
締めはちりめんゴハンに赤だし。んー、日本人でよかったぁ。
ごはんものをいただくとほっとします。
帰りには味見特製の牛飯弁当をいただきました。
この牛飯弁当、空港の5番ゲート近くのANAの売店で売っているらしいです。
帰ってきて、頂いたのですが、激うま。
ご飯に牛煮、そして卵の黄身が!癖になります。
ほかにも、ちりめん山椒やうなぎ茶漬けうに明太、珈琲黒豆の瓶詰めなどおとりよせできそうなので、興味のある方は調べてみてね。
ajimi09.jpg
割烹 味美
〒810-0801
福岡市博多区中洲4-1-10
第2きよたけビル1F
TEL/FAX:092-262-0381
営業時間:夕方5時~
定休日:日曜日
コース:
5千円~1万3千円
(季節によって変わります)

Comments

  1. 割烹 味美

    福岡で、子連れで食べられるような個室のある店という難しいオーダーに対して、何店か推薦いただいた内の1店。
    カウンターとテーブル席と奥に座敷があり、こ…

    Reply
  2. 私はこちらの店に11月の初めに伺いました。なかなかの満足度でした。Lucyがすっごく喜んで、土瓶蒸しやあらの小鍋を食べてくれてそれだけでも嬉しかったです。いい店ですよね。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です