壁のその先にあったもの

0602604

0602702

06027040602703

0602705

何気に好評をいただいているよう、なリノベ・ニッキ。
お待たせしました、続編です。

正直、そんなに大きくはないシンプルな構造なので、柱や押し入れを
抜いたところで大丈夫なんじゃない?

と軽く思ってました。(いざとなったら、自分でも・・・と、妄想する)
でも作業の工程をみると・・・本当に大変そう。(笑)

まずは大工さんがすべての壁を取り払います。

するとこんな感じで建物の構造そのものがコンニチハ、します。

うわー、天井ってこうなってたんだーーー、と新鮮な驚き。

そしてやっぱり壁を取り払った先にあったのは・・・
光でした。

窓は結構多かったので、部屋全体に光が入り込んで、以前の倍
くらい隅々まで明るく感じます。

おおおー、すごいーーー!

さて、問題はここから。

この柱って何本くらい残さなきゃだめなのかしら?
と不安に思っていたら・・・

綺麗さっぱり、全部大丈夫だよ、と強いお言葉。

けれど、ただ柱を切るわけではなくて、添え木を入れて、
強度を強化しながら・・・「壊しながらつくる」工程です。

また残す壁にまあるい穴をあけて、配線を整理。

あっという間に穴があいて、整理が終わったらまた添え木して
まんまるにくりぬかれた壁を元に戻します。

上にはクロスを貼ってしまうので、見えなくなるんだよーと
解説。ふむふむふむ、なるほどね。

というわけで、数日かけてこの作業を繰り替えし、やっとすべての
柱が抜かれたときにはかなり感動。

というわけで、次は細かな作業に入ります。

つづく。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です