{ 伊勢志摩 } 志摩ベイサイドテラスでインスタ映えする賢島ガールズトリップへ!

約3年ぶりに国立公園に指定された英虞湾、リアス海岸の伊勢志摩にある賢島へ。今回はそんな国立公園内の絶景エリアを楽しむことができるホテル、志摩ベイサイドテラスへ。

実はこちらの志摩ベイサイドテラス、G7伊勢志摩サミットで各国首脳がステイした「志摩観光ホテル」と同一の経営である都ホテルズ&リゾートグループのひとつ。特に伊勢志摩エリアに強く全部で5つものホテルと旅館を持っており、まさに伊勢志摩ステイには欠かせない素晴らしい旅のパートナーホテルなのです。

実は3年前には志摩観光ホテルにもステイしており、今回の志摩ベイサイドテラスもとても楽しみにしていました。ちなみに以前は「プライムリゾート賢島」という名前で営業されていたそうで、昨年一部リノベーションが行われ、より快適なステイが楽しめるように。

東京からは新幹線で名古屋へ(新幹線(指定席) 11,090円/片道)。さらに名古屋からは近鉄特急で賢島(特急(指定席)3,580円/片道)までノンストップ。車内でガールズトークを楽しみつつ、4時間10分ほどであっという間に到着していました。1回乗り換えだからとっても楽。

わたしたちが到着した時刻には賢島の駅に観光列車「しまかぜ」が停車中。いつか乗ってみたいなぁと思いつつ、まだ実現ならず。駅のホームにずらりと停車する電車たちを横目にホテルの無料シャトルバスへと乗り込みます。

ちなみに伊勢神宮(内宮)から直接ホテルに行くことができる有料・予約制のシャトルバス「パールシャトル」もあり、こんなサービスを利用するのもよさそう。

5分ほどでホテルに到着、チェックインもスムーズに完了。今回私たちがステイするのはリニューアルされてより素敵になった「スーペリアツインルーム(禁煙)」。

インスタでチェックしていた「#志摩ベイサイドテラス」の風景が目の前に!きゃー、素敵すぎるんですけど!というわけで早速ツインズで撮影会。(笑)

スペインをテーマにした客室のインテリアはブルーとイエローが印象的なスタイリッシュな空間。窓の外に広がるのは美しい英虞湾の景色。もうずっとこのソファでまったりと外を眺めていたい。

広いテラスも印象的で、天気のよい日にはテラスで朝食も。まさに夢のような時間でした。

わたしのお気に入りポイントとしては、広くて気持ちのよいバスルーム。アメニティもミキモトコスメティックスが用意されており、優雅な気分が味わえます。お手洗いも広々なつくりで好印象。壁紙もかわいくて、いちいちインスタ映えしまくり。これは女子が喜ぶこと間違いなし!

お部屋にはコンプリメンタリーのミニボトルのワインやコーヒーも。マイペースに楽しめるサービスはとても日本人的でツボでした。ちなみにホテルの1階には売店もあり、ご当地のお酒やビール、お土産も購入できます。

さて、長くなったので今日はこの辺で。次回はお食事を中心にさらに深く、志摩ベイサイドテラスの魅力をレポートします!

 

都リゾート 志摩 ベイサイドテラス
三重県志摩市阿児町鵜方3618-33
0599-43-7211
insta
facebook

{ Special Thanks, 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comments

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です