究極の極上焼肉をコース仕立てで楽しむ、焼肉Xで至福のひと時を。

先日の夜ツインズでお邪魔したのは、西麻布にある焼肉Xでした。

紹介してくれたグルメな友人からは「焼肉の世界観を軽々と超えているスペシャルな店」とは聞いていたけれど、体験してみるとさらなる衝撃が!高級フレンチのコース仕立てで焼肉が楽しめる上にワインのペアリングが半端なく素晴らしい!

グラスやカトラリー、そしてお肉のプレゼンテーションもまた驚愕!最初から最後まで気が抜けない素晴らしいディナー。正直いってわたしの中の焼肉の概念がガラガラと音を立てて崩れていきました。(もちろんいい意味で)

客単価5万円~ということでちょっぴり色眼鏡で見ていた自分を深く反省しました。想像していた以上に素材の味を活かす味付けで非常に洗練されていて、決して安くはないけれど、一度は経験してみる価値のある店。特別な記念日におすすめ。

今回お願いしたのは、おまかせコース32,000円+15000円のワインペアリング。(税サ別)

というわけで写真たっぷりで「焼肉X」レポートをお送りします。

オーダーを終えると、まずは「究極のコンソメスープ」が!とにかく美しい黄金色に透き通ったスープはじわじわとお腹を温めてくれます。食欲もムクムク。透明感が半端ないお味です。

続いてナムル盛り合わせが少しずつ色々と。小さな器もみなとても可愛い。

そして但馬玄のユッケは、なんと融点が12度!口に入れたとたんとろけます。口に入れるときにはうにとトリュフもぜひご一緒に。口の中で一体化してなんともいえない口福の嵐!

薄切り黒タン、厚切り黒タン、黒タンのしゃぶしゃぶと大好きなタン3種が楽しめるというのも嬉しい。カットの仕方で同じタンなのに味わいがこんなに変わるなんて。ちなみにわたしは薄切りの牛タン(半面焼き)の美味しさに痺れました。これ永遠に食べられるやつです。

そしてミノサンドは口の中で良質の脂の洪水が。癖が全くなくて、いつもはホルモンが苦手というひとも好きになれると思う。

さらには土鍋で炊き立ての白いご飯の用意も!いけないと思いながらもやっぱり焼肉と白飯の誘惑にはあらがえません!

が実は、焼肉Xこだわりの凄さはお肉の美味しさはもちろん、サイドメニューの美味しさに顕著に表れていると思う。チョレギサラダの野菜のパリパリ感、美味しさはハッと目を見張りました。

そしてお口がさっぱりとリセットされたところで、レバーの炙り(搾りたてごま油にホワイトポートワインをあわせて)、丸腸のシャンパン煮込み、都萬牛(赤身)、ギアラと続きます。

松坂牛サーロインはすき焼き風の甘いタレで。松坂牛は絶対すき焼きがおいしい、と思っているわたしにはたまりません。厚切りハラミもやっぱりおいしい。私が焼肉屋さんで一番好きなのはハラミなのです。但馬玄 特上カルビもさすが。

さらにこの店の凄さは、ワインペアリングの素晴らしさでもあります。

正直焼肉やさんのお酒はイマイチだなぁと思うことが多くて、焼肉=おいしいワインにはどうしてもならない。まして、1杯ずつ料理にあわせてグラスでワインが楽しめるというのはとても画期的でした。

まるでフレンチのコースを楽しむように、焼肉のコースが楽しめる。これは高級店ならではのコンセプトとして素晴らしい。キャビア冷麺、ホルモンの土鍋炊き込み御飯と〆もいい!

液体窒素で作るマッコリジェラートも目の前でつくられており、エンターテイメント性も高い。しかも全体のコースを通して、自分たちのためだけに個室で、プロが目の前で調理してくれるという贅沢。

とにかく細部までのこだわりが半端ない!焼肉好きなパートナーの誕生日などにぴったりなのでは。東京にもこういう店があったなんて。ぜひ一度体験してみてほしい東京焼肉最高峰のひとつだと思います。わたしは大満足でした。

あっ、そうそう、こちらのお手洗いもとっても素敵なのでカメラ持参で足を運ぶのをお忘れなく。

 

焼肉X (Yakiniku Ten)
東京都港区西麻布1-4-46 カーサスプレンティット西麻布B1
日曜定休
※サイトからの予約はログインPASS『4129』を記入するべし
facebook
instagram

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...