{ グアム } グアム行きのフライトは成田から1日3便のユナイテッド航空で3.5時間の旅を。


グアム行きにユナイテッド航空を選ぶ理由とは?

さて、グアムレポートも本格的に開始!まず旅のはじめにするのは、チケットの手配。

今回はユナイテッド航空、ホテルニッコーグアムのプロモーションということで、ユナイテッド航空さんにお世話になりました。私の場合、グアムに行くときにはユナイテッド航空を利用することが多いですね。日本人にとっては、とにかくグアムに強いエアラインという印象ではないでしょうか。

というのも、日本6都市からグアムへ直行便が飛んでいるから。成田からは1日3便あるのでとにかく便利です。しかもフライト時間は3.5時間。あっという間にグアムに到着。

 

アプリのダウンロードでチケット管理からエンターテイメントまで手のひらで管理しよう!

ユナイテッド航空を利用するときの裏技でおすすめなのが、アプリをダウンロードしておくこと。アプリがあるとこれだけでチェックインやフライトの情報、そして機内のエンターテイメントがスムーズに楽しめます。

今回はチケットの発券はせず、すべてアプリで提示。もちろんチェックインも前日や成田に向かう電車の中でポチリ。チケットが行方不明にもならず、余計なゴミも出ないのが嬉しい。白い四角の部分にはQRコードが表示されていて、このコードを搭乗の際にピッとやるだけ。想像以上に簡単です。

ただし注意点がひとつだけあって、アプリはすべて英語表示になります。英語が苦手なひとは慣れるまで時間がかかるかも。日本語版もできたらもっと便利になりそうだな、とこれからの進化に期待しています。

 

豊富な機内エンターテイメントは自分のモバイルデバイスで

今回の機体ではパーソナルデバイスを使ってエンターテイメントを楽しめる仕様。わたしは自分のiPhone(8plus)やいつもフライトのときに使用しているタブレットを持参していたのでそれで機内エンターテイメントを楽しみました。

まずは機内のWiFiにデバイスをつなげて、専用の画面へ。ちなみにタブレットのほうはアプリをダウンロードしていなかったのですが、WiFiにつなげるだけでスムーズにエンターテイメント画面が映し出されました。というわけでエンターテイメントを楽しむだけの場合はアプリのダウンロードはマストではないようです。ご安心を。

自分の席のデバイスシート(笑)に上手にはめられるので便利。しかもいつも使っているデバイスなので、難しい設定も操作でまごつくこともありません。

わたしはいつもフライトの時には自分のヘッドフォンを持ち込むのですが、今回はSudioの無線ヘッドフォンを。

無線ヘッドフォンの難点としては自分のデバイスでないとつなげられないということがあるのですが、今回はこれもクリア。充電がなくなるようなことさえなければ(足元に電源が用意されています)パーソナルデバイスを使っての機内エンターテイメントは得することしかありません。

ちなみに今回ご用意いただいたシートは「エコノミープラス」という通常よりも足元が広い座席でして、1回ずつもしくは1年間全てのフライトにエコノミープラス席にできる契約もあるそうです。ゆったりとした空間で仕事やリラックスも快適にでき、さまざまな特典があるので快適な旅におすすめ。

わたしはたいていプライベートでも追加料金を支払ってでも、足元の広いシートを確保することが多いです。飛行機内の疲れを軽減することで現地で思いっきり楽しめるから。

もちろん、フライト状況や離陸までの時間も自分のデバイスでチェックできます。

3.5時間のフライトでも機内食が出ます。このときはパスタと親子丼のどちらかが選べました。成田-グアム便は日本語の話せるスタッフが多く、英語が苦手でも問題なく安心して大丈夫。ちなみにアルコールは有料です。

タブレットもデバイスシートにしっかりとはめられるようになっているので、大きい画面でエンターテイメントを楽しみたいひとにはタブレット持参がベスト。もちろんパーソナルデバイスなのであらかじめダウンロードして行った映画やドラマもチェックできます。

さて、いよいよグアムの素敵なホテルやおすすめスポットもこれからアップしていきますよー!どうぞお楽しみに。

ユナイテッド航空
成田からグアム行き 1日3便

{ Special Thanks, ユナイテッド航空、ホテルニッコーグアム }

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

About ほんまちゃん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*