{ SriLanka } 今一番行きたい国、インド洋に浮かぶ真珠スリランカへ!(電車編)

スリランカで体験してよかったことのひとつが鉄道。わたしたちは電車に乗るために手配したドライバーに荷物を預け、キャンディーからヌワラエリヤまで電車旅を。約4時間の旅です。ちなみに車だと2.5-3時間くらいのよう。

早朝8時頃にはキャンディの駅で切符を購入(160ルピー+税金)し、電車がやってくるのを待ちます。

切符売り場は電車のクラスごとに分かれていて、わたしたちは2等席のシートを購入。完全指定席でクーラー完備の1等(1か月前から駅にて予約受付、ネット予約不可)は1週間以上前に売り切れてしまうのが常で、日本からなら前もって旅行会社に手配をお願いする必要があります。

肝心の電車は時刻通りにやってくるかどうかわからないのでドキドキですが、今回はドライバーが入場券を買ってくれて、指定の電車にわたしたちを乗せるところまでサポートしてくれたので安心でした。乗車してすぐは立っているひとでパンパンだったのですが、気が付いたら自分の車両へ移動したのか、そこまでぎゅうぎゅうといった状態ではなくなりました。これはちょっと不思議な感じ。(笑)

個人的には1等席よりも2等席のほうがおすすめです。というのもローカルな気分をたっぷり味わえるから。キャンディから1時間ほどは車内で立っている必要がありましたが、その後は運よく座ることができて、快適な列車の旅を味わうことができました。

車内はぎゅうぎゅうだというのに、車内販売のお兄さんやおじさんはひっきりなしにやってきます。こんな経験も2等席のほうがずっと面白い。というわけで大きな荷物は上の棚に上げるか避けたほうがよさそうです。なるべく少ない荷物で乗る、これが基本です。

そして窓から茶園の様子が眺められるこの路線は本当に気持ちがいい!

車内は結構ガタガタと揺れるので、携帯をずーと操作はできないと考えたほうがよさそう。車の移動もそうだけれど、移動中は結構揺れます。

スリランカの移動中は外の景色をゆったりと眺めて、フルーツでも食べながらまったりとおしゃべりを楽しむ。そんな時間の過ごし方をおすすめします。

そして今一番熱いのがスリランカの電車に乗っている写真を激写することなのですが、走っている最中はかなり危険なので停車中に撮影するべし。結構落ちたり怪我したりする人も多いので決して無理な行動は禁物です。

ちなみに電車の扉はつねにオープンになっており、扉前の床に座って旅を楽しむひとも多数。乗車の際は床に座れるように準備するのも大切かも。写真を撮るときには「ちょっと一瞬だけいい?」と声をかけて写真を撮らせてもらいましょう。

そんなわけで無事にヌワラエリヤに到着。4時間の電車旅は長かったけどとても楽しくて、今度はもっとゆっくりと電車旅を楽しみたい!と思ったほど。電車賃はとっても安いので、のんびりと旅するのにぴったりです。時間はかかるけどまさにプライスレスの楽しさ。

スリランカは移動時間が結構あるので、車を手配していても電車移動も1度くらいは予定に入れると気分転換もできておすすめです。

スリランカトレイン時刻表

ヤートラトラベル

指定席の鉄道チケットが手配できる日本唯一の旅行会社

はじめてのスリランカ

 

スリランカ旅 insta #hommaniaMEETSsrilanka

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...